i59600ktop画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「Core i5-9600Kの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介。ページの最後でCore i5-9600K搭載のBTOパソコンをまとめています。Core i5-9600Kは、2018年10月に新しく登場した第九世代CPUです。同時にCore i7-9700KとCore i9-9900Kも発売開始となりました。i5は上位モデルに比べるとインパクトは小さいもののコストパフォーマンスが高くおすすめのモデルとなっています。ぜひ参考にしてくださいね。

(+) コストパフォーマンスが高いオールラウンドCPU
(+) ゲーム用途で高い性能を発揮
(-) 第八世代からの大きな変更はない

Core i5-9600Kの性能スペック

Intelとの比較

 i5-9600Ki7-9700Ki5-8600K
コードネームCoffee Lake-RCoffee Lake-RCoffee Lake
コア/スレッド6/68/86/6
ベースクロック3.7Ghz3.6Ghz3.6Ghz
ターボクロック4.6Ghz4.9GHz4.3Ghz
L3キャッシュ9MB12MB9MB
TDP95W95W95W
価格$262$420$260
第九世代CPUのCore i5-9600Kは、第八世代のi5-8600Kと比べて変わったのはクロック周波数のみとなっています。コア数やスレッド数は以前のものを引き継いでいます。Coffee Lakeのリフレッシュモデルであることを考えると仕方ないですね。それでも性能は10%程度アップしているのでこれから新調するのであれば第九世代を選択することを推奨します。なお、第八世代CPUが品薄状態になっていましたが、第九世代CPUが登場したことである程度緩和されています。

上位のi7-9700Kになるとコア数及びスレッド数が8コア8スレッドにアップします。前世代では6コア12スレッドでしたので、第九世代で大きく変わったのはi7以上ということになります。i5-9600Kはそれほど大きな変化がなかったのが残念ですが、コストパフォーマンスが高いことに違いありませんのでぜひチェックしてくださいね。今はKのモデルしかないためi7との価格差も大きくi5を選択する理由は大きいですね。オーバークロックを考えている方にも最適です。

AMDとの比較

 i5-9600K5 2600K
コードネームCoffee Lake-RZen+
コア/スレッド6/66/12
ベースクロック3.7Ghz3.6Ghz
ターボクロック4.6GHz4.2Ghz
L3キャッシュ9MB9MB
TDP95W95W
価格$262$229
競合であるAMDのRyzen 5 2600Xと比較しています。スペック的には非常に似ていることがわかります。クロック周波数はCore i5の方が高く、スレッド数はRyzenの方が高くなっています。定価はRyzen 5 2600X方が安いですね。国内価格でも8,000円程度の差が付いていることからRyzenの方がコスパが高いです。

ただし、BTOパソコンから選択するとなるとRyzenはラインナップが非常に少なく選択肢がないのがデメリットです。純粋な性能ではIntel Core i5の方が高くなっています。特にゲーミング用途では適正が高くスペック以上のパフォーマンスを発揮します。

Amazonで購入する

Core i5-9600Kの特徴まとめ

コストパフォーマンスが高い万能モデル

i5-9600Kは非常にコストパフォーマンスが高いCPUです。Ryzen 5と比べるとやや分が悪くなるものの総合性能ではCore i5の方が高く選択肢に入ります。ただ、i5の本領発揮となるのはCore i5-9400当たりが出たときとなるかもしれません。それでもオーバークロックに対応していて現時点ではおすすめできるCPUです。i7には手が届かないという方はメモリやストレージにお金を掛けたいという方にぴったりだと思います。

単コア性能が高くゲーム用途に強い

Core i5-9600Kは、単コア性能が高いのが特徴です。Core i7-9700Kよりもベースクロックが高くゲームなどマルチスレッド性能よりも単コア性能が求められる用途に強くなっています。選択肢として悪くないですね。もちろん、動画編集やRAW現像なども対応可能です。二世代前のi7であるCore i7-7700と比べても同等以上のパフォーマンスを発揮します。CPU性能の進化は凄まじいものがありますね。

>>>Amazonで購入する<<<

ベンチマークでわかるCore i5-9600Kの性能!

文章よりもイラストで見る方が性能について直感的に理解できるでしょう。CPU性能を図るためのベンチマークを駆使して性能を比較していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

一般アプリケーションベンチマーク一覧

Cinebench R15

cpucinebench

レンダリングではCPU性能が重要となります。実際にレンダリングをしてスコア化することができます。レンダリングとは、数値や数値などのデータを処理して画面に映し出すことです。上記の画像も実は文字の羅列で表現しています。

さて、実際に性能を見るとマルチスレッド性能、シングルスレッド性能いずれも高いということがわかります。特にシングルスレッド性能はi7-7700Kと同程度で高い水準にあります。Ryzenは30%以上高くなっていますね。スレッド数が大きいことが要因です。

Handbrake

dougahensyuuhandbrakei5-9600k

Handbrakeはフリーのエンコードソフトです。動画のエンコード速度を計測しています。エンコードとは、動画の形式をWEBに最適な形式に変更することです。一般的にはマルチスレッド性能が重要だと言われています。それでもx265ではRyzen 5 2600Xよりも高くなっています。Intelとの相性が良いことがわかります。x264ではほぼスペック通りとなっています。

7-zip

zip7zipi5-9600k

ファイルの圧縮及び解凍に掛かる時間を計測しています。Core i7-9700Kがやはり高性能ですね。それでも解凍に関してはCore i7-9700Kに匹敵するパフォーマンスを発揮。Core i7-7700Kと比べても同等以上の性能となっています。

PCゲームのベンチマーク一覧

FULL HD+最高設定におけるフレームレートを計測しています。ゲームではマルチスレッド性能がそれほど重要ではないことが多くi5でも十分だと言われることもあります。無理してi7を購入する必要はなく、i5も選択肢に入れてみてくださいね。

Hitman

hitmangtx1050tihitmani5-9600k

ややi7と比べるとベンチマークに差があるもののゲームプレイにおいて大きな差があるわけではありません。例えばRTX2080TiやRTX2080などのハイエンドクラスのグラフィックボードとも使用可能です。Ryzen 5 2600Xは苦戦しています。i5-9600Kと比べて20%近くフレームレートに差があります。

Sid Meier’s Civilization

civ6gtxcivi5-9600k

Core i7-9700Kからi7-7700Kまでほとんど差がありません。これならi5でも十分ですね。ほとんどのタイトルがciv6のようにマルチスレッドが生かせないのでそれほどCPU性能は重視しなくても良いですね。

Amazonで購入する

Core i5-9600K搭載のおすすめBTOパソコン

SR-ii5-7330F/S3/W10(パソコンショップセブン)

SR-ii7-8164F
価格:97,800円 87,800円
CPU:Core i5-9600K
GPU:UHD Graphics 630(オンボード)
SSD:240GB
HDD:非搭載



8万円台で購入することができます。SSD 240GBが標準搭載となっているのがポイントです。ストレージが足りないという方はDropboxなどのクラウドで対応するかカスタマイズで追加すると良いですね。HDD自体は価格が安いのでカスタマイズしやすいですね。動画編集やRAW現像でも満足のいく性能を持っています。

LUV MACHINES iH810SN-SH2(マウスコンピューター)

LUV MACHINES iH800SN-SH2
価格:94,800円
CPU:Core i5-9600K
GPU:UHD Graphics 630(オンボード)
SSD:240GB
HDD:1TB



SR-ii5-7330D/S3に比べると10,000円ほど価格が上がっていますが、SSDとHDDのダブルストレージとなっています。これならカスタマイズをしなくても使用しやすいですね。初めてBTOパソコンを購入する方にとってもハードルが低くおすすめです。

LUV MACHINES iG810HN-M2SH2(マウスコンピューター)

LUV MACHINES iH800SN-SH2
価格:149,800円
CPU:Core i5-9600K
GPU:GeForce GTX1050
SSD:M.2 240GB
HDD:1TB



LUV MACHINES iH810SN-SH2に、グラフィックボードの追加とSSDの種類を変更したモデルです。3Dグラフィックスを扱ったり、たまにゲームをしたりする方におすすめです。M.2は通常のSSDよりも高速で快適性が高くなっています。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Core i5-9600Kの性能スペック及び搭載BTOパソコンの紹介を行いました。Core i5-9600Kは、6コア6スレッドのCPUで単コア性能が高いのが特徴です。また、Core i7に比べて価格が安くコストパフォーマンスの高さに定評があります。動画編集やRAW現像でも過去のi7以上の性能を発揮するイチオシのCPUだと言えます。

BTOパソコンについてはそれほどまだラインナップが多いわけではありません。もともとCore i5のKモデルは種類が多くなくメインはCore i5-9400当たりになるでしょう。それでもコスパが高いことに変わりありません。例えば、パソコンショップセブンの「SR-ii5-7330F/S3/W10」は税抜き8万円台と手頃です。ストレージにもう少し力を入れたいという方ならマウスコンピューターの「LUV MACHINES iH810SN-SH2」が選択肢に入ります。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-8700、 i7-8550U等
gpu

GeForce GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページのベンチマーク計測のテスト環境

マザーボードASRock Z370
メモリ16GB DDR4-3200
SSDCrucial MX300 750 GB
電源ユニットSeasonic SS-860XP
冷却システムNoctua NH-U14S
ソフトウェアWindows 10 64-bit
参照サイト:INTEL CORE I7-9700K REVIEW (PCGAMER)