Ryzen 7 3700X画像引用元:https://www.pc-koubou.jp/

管理人管理人

当記事では、「Ryzen 7 3700Xの性能スペックとベンチマーク」を紹介しています。Ryzen 7 2700Xの後継モデルです。Zen 2アーキテクチャを採用しています。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高いCPUとなっています。

前世代と同じく多くの用途で高い性能を発揮しコストパフォーマンスの高いCPUです。現行のCPUの中でも特に高い注目を集めていて、搭載ゲーミングPCのラインナップも豊富です。後継モデルは、「Ryzen 7 5800X」となっています。Zen 3アーキテクチャになりより高い性能を期待できます。

Ryzen 7 3700Xのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
当該CPUは性能が高く上記テーブルの通りオールラウンドに対応できます。RAW現像や動画編集も得意としています。動画投稿・マンガ制作・デイトレ・WEBデザイン・DTM・ビジネスなどでは余裕があります。CPU性能不足で不満を感じるということはよほどのことがない限り起こりえません。ただし、ゲーム用途ではIntel製と比べて少しだけ苦手としています。また、旧世代のCPUのため現行モデルと比べると見劣りしてしまいます。

Ryzen 7 3700Xの基本スペック

性能とスペック比較

 7 3700X9 3900X7 2700X
アーキテクチャZen 2Zen 2Zen +
コードネームMatisseMatissePinnacle Ridge
プロセス7nm7nm12nm
トランジスタ数38億76億48億
ダイサイズ74 mm²148 mm²192 mm²
コア/スレッド8/1612/248/16
ベースクロック3.6GHz3.5GHz3.7GHz
ターボクロック4.4GHz4.7GHz4.3GHz
内蔵GPU非搭載非搭載非搭載
L3キャッシュ32MB64MB16MB
TDP65W105W105W
単体価格$329$499$329
搭載PC価格(参考)139,980円~169,980円~99,980円~
発売日2019年07月07日2019年07月07日2018年04月19日
第2世代のRyzen 7 2700Xと比較してみると、大きく成長していることがわかります。大きなところではプロセスが12nm→7nmへと微細化されています。これによってパワー効率の向上、省電力性の向上が見込めます。トランジスタ数は48億から38億へと20%減で、ダイサイズは60%減です。プロセスが小さくなったことでダイサイズが大幅に小さくなっています。

コア/スレッド数は同じで、ベースクロック及びターボクロックはほぼ同等です。しかし、実際には20%以上の伸びを見せていて、省電力性にも長けています。L3キャシュ容量も倍増の32MBに到達しています。消費電力が105W→65Wとなっているのは驚きです。これはすべてRyzen第3世代で採用されたZen 2というアーキテクチャ及びプロセス縮小のおかげです。また、IPC(1クロック当たりの命令数)性能を高めパワー効率が大幅に引き上げられました。

上位モデルのRyzen 9 3900Xになるとトランジスタ数は二倍になります。ダイサイズもちょうど二倍ですね。コア/スレッドがそれぞれ50%ずつ引き上げられて12コア24スレッドとなります。ベースクロックはRyzen 7 3700Xの方が3%高く、ターボクロックはRyzen 9 3900Xの方が7%高いです。L3キャッシュ容量も倍の64MBとなります。TDPは60%アップの105Wとなります。価格差は$170です。

Ryzenの性能を活かす動画のエンコードなどではRyzen 9 3900Xは非常に優秀です。しかし、Ryzen 7 3700Xも性能では及ばずながらも匹敵する力を見せています。Ryzen 7 3700Xが税込み4万円ちょっと、Ryzen 9 2900Xが6万円を超えるているのでコストパフォーマンスはRyzen 7 3700Xのほうが高いと言えるでしょう。搭載モデルも安く、様々なモデルに実装されるRyzen7 3700XはRyzenシリーズを代表するモデルとなり、最も人気の高いCPUとなれます。

Ryzen 7 3700Xはとても優れたCPUであることは分かると思います。上位のRyzen 9 3900Kと比べても遜色無い性能、そして価格は2万円も安い。Ryzen 7 3700Xはただコストパフォーマンスが良いというわけではありません。手頃な値段でトップ争いを繰り広げる性能が何よりの魅力です。今AMD製CPUを選ぶなら間違いなくRyzen 7 3700Xでしょう。

Intel製CPUとの比較

 7 3700Xi9-9900Ki7-9700K
アーキテクチャZen 2--
コードネームMatisseCoffee Lake-RCoffee Lake-R
プロセス12nm14nm14nm
トランジスタ数38億--
ダイサイズ74 mm²--
コア/スレッド8/168/168/8
ベースクロック3.6GHz3.6GHz3.6GHz
ターボクロック4.4GHz5.0GHz4.9GHz
内蔵GPU非搭載UHD 630UHD 630
L3キャッシュ32MB16MB12MB
TDP65W95W95W
単体価格$329$499$385
搭載PC価格139,980円~118,980円~89,980円~
発売日2019年07月07日2018年10月19日2018年10月19日
Ryzen 7 3700Xはintel製CPUで言えばCore i9-9900Kと同じくらいの性能です。スペックも非常に似ていて8コア16スレッドとなっています。ベースクロックも3.6GHzと同じですね。一方で、ターボクロックについてはCore i9-990Kの方が14%高く5.0GHzに到達しています。L3キャッシュ容量は半分の16MBです。TDPもCore i9-9900Kの方が47%高く95Wです。価格差は$170です。

値段の近いCore i7-9700Kは凌駕しています。Core i7-9700Kはハイパースレッディングに対応しておらず8コア8スレッドとなっています。ベースクロックはどちらも3.6GHzで、ターボクロックはCore i7-9700Kの方が12%高いです。L3キャッシュ容量はRyzen 7 3700Xの40%程度に留まります。価格差は$56でRyzen 7 3700Xの方が安価です。

注意が必要なのはRyzen 7 3700X搭載モデルとi7-9700K搭載モデルではRyzen 7 3700Xのほうが価格が高くなることがあります。CPU単体ではRyzen 7 3700Xかもしれませんが、搭載モデルで見ればi7-9700Kやi9-9900Kのほうが安く購入できるのは珍しくありません。性能順に見ていくと下記のとおりです。

  • 総合性能はRyzen 7 3700X、i9-9900K、i7-9700K
  • 動画のエンコードもRyzen 7 3700X、i9-9900K、i7-9700K
  • ゲームではi9-9900K、Ryzen 7 3700X、i7-9700K

競合であるi9-9900Kに対して、ゲーム以外では上回ることもあれば下回ることもあります。しかし価格が近いi7-9700Kに対しては圧倒的に強く、ゲームでも非凡な力を発揮させます。自作を行うのであればRyzen 7 3700Xはとても良く、i9-9900Kやi7-9700KはBTOパソコンでコストパフォーマンスが良くなります。

Ryzen 7 3700Xを搭載しているパソコンが少ないこと、高い性能を保持するCPUなのでゲーミングやクリエイティブな用途に適したパソコンにしか採用されないことが少しネックでしょうか。ただ、これからもっともっと伸びてくるはずですので、今が急成長真っ盛りのCPUです。

Ryzen 7 3700XってどんなCPUなの?

8コア16スレッドの高パフォーマンスCPU

Ryzen 7 3700Xは、4万円前後という価格帯で8コア16スレッドを実現した多機能CPUです。競合と比較しても多数搭載されたコアとスレッドが性能や処理速度につながり、快適な動作を約束してくれることになります。その性能の高さは既にトップクラスにまで登り詰めて上位モデルすら脅かし、Ryzen第3世代の強力さを大きくアピールしています。品切れになってしまうのも無理もないですね。

負荷の高い場面ではRyzen 9 3900Xには当然及びません。それでも、負荷がそれほど掛からない場面では最上位モデルのRyzen 9 3900Xを凌駕します。これはRyzen 9 3900Xに性能のムラがあるということを意味します。一方で、Ryzen 7 3700Xは安定した性能で、競合CPUすら寄せ付けない圧倒的なCPUになりつつあります。

ここまで褒めちぎることができるCPUも珍しいです。i9-9900Kに追いつきそうな性能、i7-9700Kと同じくらいの値段、どんな用途にも対応できる万能性。例え何をするにしても、これを選んでおけば問題ないでしょう。あとはもう少しだけ価格が下がり始めればRyzen 7 3700Xを搭載したパソコンの価格も安くなりそうです。今一番注目されていて話題になっている人気のCPUは評判に偽り無しですね!

クリエイティブ作業からゲームまで対応できる

ゲームに編集、クリエイティブな用途に何でも高水準で対応できます。特に動画のエンコードはAMDが得意としていて動画の編集を行う人ならまず最優先に選びたいですね。エンコード時間の短縮、安定した速度は画質維持やエラーの発生を防ぐことにもなります。

ゲームがやや苦手な傾向にありますが、それらのメリットを考えれば些末なことでしょう。ただ、ゲームをメインに動画を編集したりしないのであれば最優先というわけではありません。更にCPU単体でなくゲームをプレイするためにパソコンを購入するときは特に注意が必要です。

これだけ優れた製品で価格も安いのにも関わらず、Intel製CPU搭載パソコンよりも高価になる場合があります。そのショップの傾向が大きく出る部分ですので、AMD製のCPUを搭載したパソコンは知識が無いと基準を設けにくく選びづらい一面があります。CPU単体では優秀なAMD製CPUも、搭載しているパソコンとなると無難なintel、高性能で特異なAMDという形になってしまいます。もっともRyzen 7 3700Xは多少高くても手に入れる価値のあるCPUです。

内蔵GPU非搭載で価格が微増する

intel製CPUにも末尾「F」(例:i7-9700KF,i9-9900KF)となるCPUには、オンボードGPU機能がありません。比較に出てきたものは末尾「K」ですのでGPU機能が搭載されています。正直CPU内臓のGPU機能はそこまで高性能ではありません。

ただ、内蔵GPUが無い場合はグラフィックボードが必須となりますので、CPU+グラフィックボードの費用がかかります。ゲームや3Dグラフィック等を扱う用途ではグラフィックボードは搭載されています。一方でビジネスモデルにはグラフィックボードを搭載するモデルはあまりありません。

ですのでRyzen 7 3700X搭載モデルはほとんどがゲーミングPCなどにカテゴライズされたグラフィックボード搭載のパソコンとなっていることでしょう。

ベンチマークでわかるRyzen 7 3700Xの性能!

Cinebench R20

cpuRyzen 7 3700X-cinebench

Cinebench R20は、CPUにレンダリングをさせてその性能を測るベンチマークソフトです。驚くべきなのは、Intel最上位のCore i9-9900Kを超える数値が出ているということです。前世代のRyzen 7 2700Xと比べると25%ほど性能が伸びています。マルチスレッドもシングルスレッド性能も非常に高いレベルになっています。その上にいくのがRyzen 9 3900Xでワンランク上の性能を持っています。Ryzen第3世代の進化は驚くべきものがありますね。

動画エンコード

dougahensyuuRyzen 7 3700X-encode

動画のエンコードは、RyzenシリーズのCPUが最も得意とする分野です。上記の数値は動画のエンコードに掛かる時間をまとめています。数値が少ない方が高性能だということです。

動画編集を趣味や仕事で行っている方の強い味方になることは間違いありません。Ryzen 7 3700Xは、Ryzen 7 2700Xと比較して27%程度伸びています。競合のCore i7-9700Kを寄せ付けず20%近く性能を引き離しています。

Battlefield Ⅴ

battlefield5Ryzen 7 3700X-battlefield

ゲームプレイにおいてはやはりIntel製が有利ですね。それでもRyzen 7 2700Xと比べるとFULL HD環境で12%性能が高くなっています。Ryzen 9 3900Xを超えているのは興味深いです。ゲームプレイを考えるのであればRyzen 7 3700Xのコスパの高さが光ります。

Farcry 5

farcry5Ryzen 7 3700X-farcry

Farcry 5でもRyzen 7 3700Xの方がスコアが高いです。Ryzen 7 2700Xと比べて17%スコアが伸びています。FULL HDでもWQHD環境でも同等です。Core i7-9700Kになると13%性能が伸びています。

Ryzen 7 3700Xの消費電力&温度

消費電力

AMD Ryzen 7 3700X-watt

Ryzen 7 2700Xと比べると省電力であることがわかります。ゲームプレイ時でも5%程度消費電力が低くなっています。マルチスレッドでも30%低いです。Core i7-9700Kとほぼ同等なのは素晴らしいですね。特にアイドル時10%低いです。Intel>Intelであることは間違いないですが、第2世代と比べると確実に進化しています。

温度

AMD Ryzen 7 3700X-temp

発熱はやや高いですね。消費電力が低い分Intel製CPUの方が優れています。Ryzen 7 2700Xよりも性能が高くなっている分温度も高いですね。発熱対策はしっかりと行いましょう。

Ryzen 7 3700X搭載のおすすめBTOパソコン

Lightning AH(ドスパラ)

Lightning AH
価格:104,980円
CPU:Ryzen 7 3700X
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4 8GB
SSD:非搭載
HDD:1TB

当該モデルは、Ryzen7 3700Xを搭載したビジネスモデルです。グラフィックボードには、エントリークラスのGT 1030ではなくローエンドクラスのGTX 1650を搭載していますので簡単なゲームには対応しています。CPU性能とグラフィックボードの性能を考えるとグラフィック機能のために付けただけでゲームを目的とするには少し不向きなようにも感じます。高いCPU性能を求める人に向けたCPU特化のパソコンです。

GALLERIA AT(ドスパラ)

galleriaxj
価格:129,980円
CPU:Ryzen 7 3700X
GPU:GeForce GTX 1660 Super
メモリ:DDR4 8GB
SSD:500GB
HDD:2TB

性能の高いCPUと普通より少し高い性能を持つGTX 1660 Superを搭載したパソコンです。ドスパラのゲーミングPCブランド「GALLERIAシリーズ」ですのでゲーマーの方におすすめとなっています。もちろんゲーム以外でも頼もしい性能を持っていますので何でもできます。ただ、4K解像度でゲームをプレイするにはグラフィックボードの性能が不足しています。フルHD向けのゲーミングPCですので注意してください。

G-GEAR GA7A-F194/T(TSUKUMO)

G-GEAR
価格:159,800円
CPU:Ryzen 7 3700X
GPU:GeForce RTX 2070 Super
メモリ:DDR4 16GB
SSD:NVMe 500GB
HDD:2TB

最新のグラフィックボードRTX 2070 superとの組み合わせのゲーム向けパソコンです。Ryzen7 3700Xはゲームをプレイする人に最適なモデルが多い傾向にあります。性能の高さとグラフィックボードが必須であるところを考えれば当然ですね。4K解像度にもそこそこ対応できますのでハードゲーマーにおすすめです。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事ではRyzen7 3700Xの性能及びベンチマークを紹介しました。今AMD製CPUで人気No.1のモデルとなっています。コストパフォーマンスに優れているのが特徴です。スペックで上回るCore i7-9700Kよりも定価で$56も安いのは魅力的です。この価格でハイパースレッディングに対応というのは高評価です。フラグシップモデルのCore i9-9900Kと同等のスペックを誇ります。

BTOパソコンでも評価が高まっています。Intel製CPUを搭載したパソコンよりも高い支持を得ています。次世代のCPUが登場するまではRyzenの時代が来るかもしれません。そんな期待を持つには十分すぎる性能です。ただし、ゲーミングCPUとしての評価はやや低くIntel製CPUに劣ります。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

当ページのベンチマーク計測のテスト環境

マザーボードASRock Z370
メモリ16GB DDR4-3200
SSDCrucial MX300 750 GB
電源ユニットSeasonic SS-860XP
冷却システムNoctua NH-U14S
ソフトウェアWindows 10 64-bit
参照サイト:AMD Ryzen 7 3700X Review (TECHPOWERUP)