cpucorei78550u

管理人管理人

当記事では、「Core i5-1035G1の性能スペックと搭載BTOノートパソコン」を紹介しています。第十世代(Ice Lake)のノート向けCPUです。Core i5-8265Uの後継モデルとなっています。

Ice Lake世代は、前世代のWhiskey Lakeと比べてアーキテクチャが大きく変わったのが特徴です。ここでは当該CPUの性能及びアーキテクチャの特徴についてまとめました。

Core i5-1035G1の基本スペック

世代第10世代
開発コード Ice Lake
コア/スレッド数4 / 8
クロック周波数1.00 GHz
ブーストクロック3.60 GHz
内蔵グラフィックスIntel UHD Graphics
TDP15W
発売日2019年9月
価格$297

Core i5-1035G1のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
動画視聴からWEBデザインまである程度対応できる性能を持っています。動画編集やRAW現像については比較的軽いものであれば対応できます。一般的なユーザーであれば性能不足になることはないと思います。ゲームプレイや実況をするのには不十分です。

Core i5-1035G1のスペック比較

 i5-1035G1i7-1065G7i5-8265U
コードネームIce LakeIce LakeWhiskey Lake
プロセス10nm10nm14nm
コア/スレッド4/84/84/8
ベースクロック1.0GHz1.3GHz1.6GHz
ターボクロック3.6GHz3.9GHz3.9GHz
内蔵GPUIntel UHD Graphics
Intel Iris PlusUHD Graphics 620
GPU EUs32 EUs64 EUs24 EUs
メモリ規格DDR4-3200DDR4-3200DDR4-2400
キャッシュ8MB8MB8MB
TDP15W15W15W
発売日Q3'19Q3'19Q3'18
単体価格$297$426$297
搭載PC価格59,980円~119,980円~64,980円~
同じ時期に登場したIce Lakeの上位モデルである「Core i7-1065G7」と前世代の同クラスモデル「Core i5-8265U」を比較しながらスペックを見ていきます。前世代と比較して大きく変わったのはアーキテクチャです。つまり、CPUの基盤となる部分です。このアーキテクチャが変わるとパフォーマンス面及び技術面で一歩先を行くことになります。プロセスが14nm→10nmへと縮小化されています。

単純にベースクロック及びターボクロックを比較するとi5-1035G1の方が低く見えるかもしれません。しかし、当然そのようなことはなくクロック周波数を下げているにも関わらず性能が高くなっています。アーキテクチャが変わってパワー効率が上がったためですね。また、メモリ規格が上がっているのもポイントとなっています。

上位のCore i7-1065G7と比較するとベースクロック及びターボクロックがそれぞれ0.3GHz引き上げられています。当然パフォーマンスは一回り上のものだと言えます。また、CPU内蔵GPUにはIris Plusを搭載していてグラフィックス性能も引き上げられています。その分価格も高く$426となっているため搭載モデルも相応の価格です。コストパフォーマンスだけではCore i5-1035G1に軍配が上がります。

Ice LakeとComet Lakeの違いについて

Ice Lakeの発売と同時期にComet LakeのCPUもリリースされました。同じ第十世代CPUに2種類があるということです。ユーザーにとっては少しややこしいかもしれません。Comet LakeのCore i5-10210U(1.6Ghz・4.2GHz)は、Core i5-1035G1と同等の性能を持つComet Lake世代のCPUです。

このクラスのモデルであればどちらを選んでも良いと思います。Ice Lake世代の強みであるCPU内蔵GPUもそれほど違いがあるわけではなく積極的に選ぶ理由はありません。価格で優位な方を選択すると良いでしょう。

両世代の違いはアーキテクチャにおけるプロセスの大きさです。Ice Lakeが10nmと小さく最新のCPUだと言えます。Comet Lakeは14nmプロセスを採用していて前世代のWhiskey Lakeのリフレッシュ版という位置付けです。また、メモリ規格についてもIce Lake世代の方が新しいです。ただし、性能差を感じられるほどではありません。

性能以外の面ではThunderbolt 3対応のUSB Type-Cが搭載されていたり、Wi-Fi 6に対応していたりとこれからの時代の流れに乗っていると言えます。

Core i5-1035G1ってどんなCPUなの?

Core i5-8265Uよりも10%高いパフォーマンスを持つ

Core i5-1035G1は、第十世代Ice Lake世代の最新CPUとなっています。Core i5-8265Uの後継モデルという位置付けです。新しいアーキテクチャとなり内部で進化しています。前世代のCore i5-8265Uよりも10%程度高いパフィーマンスを持っています。飛躍的に向上したわけではないことは理解しておきましょう。

また、同じ時期に登場したCore i5-10210Uよりもわずかに性能が高くなっています。WEBデザイン、RAW現像などクリエイター向けのCPUとしてもおすすめです。現在Core i3シリーズ以下のCPUを利用しているのであれば買い替えのメリットはあるでしょう。

グラフィックス性能はUHD 620より微増に留まる

Ice Lakeの強みの一つがCPU内蔵グラフィックスの性能です。しかしながら、当該CPUについては「G1」ということもあり前世代のUHD 620と比較して大きく性能が上がったわけではありません。「G1」と比較するとおよそ20%の性能差です。

せっかく最新のIce Lakeから選ぶなら「G4」や「G7」を選択したいですね。内蔵GPUの性能は末尾の数値(Gに続く数字)が大きいほど高くなります。40%-60%程度の性能向上を見込めます。これぐらいの性能があればGeForce MX 250などの外部グラフィックボードを選択しなくても良くなると思います。

i5-10210Uとの差別化が弱く搭載モデルはそれほど増えない?

Core i5-1035G1の性能面での不安はないと思います。しかし、グラフィックス性能が引き上げられたCore i5-1035G4などと比較してComet LakeのCore i5-10210Uとの差別化が弱いです。

実際搭載モデルについてもCore i5-10210Uの方が多くなっています。価格、性能などを考えると妥当と言えるかもしれません。Ice Lakeが輝くのはCore i5-1035G4以上あるいはCore i7-1065G7だと思います。

ベンチマークでわかるCore i5-1035G1の性能!

Cinebench R20

cpucinebenchr20-Core i5-1035G1

定番のベンチマークです。CPUにレンダリングさせてパフォーマンスを数値化させられます。他のCPUとの性能差を図る上で使い勝手が良いと言えます。Core i5-1035G1は、Core i5-8265Uと比較して8%程度高くなっています。Comet LakeのCore i5-10210Uとの性能差はわずかですね。ほぼ同等の性能を持っていると考えて良いでしょう。

Handbrake

dougahensyuuhandbrake-Core i5-1035G1

動画のエンコードに掛かる時間を計測しています。数値の意味を考えるのではなく他のCPUとの比較で考えていただければと思います。60分の動画をエンコードするのに掛かった時間をまとめています。数値が少ない方が高性能ということです。Core i5-8265Uよりも15%程度高速化されていることがわかります。動画編集を考えている方にとっては魅力的ですね。

Fire Strike

firestriketopfirestriike

Ice Lake自慢の内蔵GPUのパフォーマンスを計測しています。Fire Strikeは無料で使えるベンチマークソフトです。グラフィック性能を計測することができます。UHD 620よりも6%-7%程度の性能アップにとどまっています。G1→G7になると飛躍的に性能がアップすることがわかりますね。

Core i5-1035G1搭載のおすすめBTOノートパソコン

New Inspiron 15 5000 プレミアム(光学ドライブ無・大容量SSD搭載)(Dell)

New Inspiron 15 3000価格:87,980円
CPU:Core i5-1035G1
GPU:UHD グラフィックス
メモリ:DDR4 8GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載



15インチのオーソドックスなノートパソコンです。セール中なら67,983円で購入することができます。メモリ8GB、SSD 512GB NVMe対応と十分な構成だと思います。映像を視聴することに力点が置かれています。CinemaColor、CinemaSound、CinemaStreamで究極のパーソナルシアター体験を享受できます。Youtubeを観たり、DVDを観たりしたいと考えている方におすすめです。

New Inspiron 15 3000 プレミアム(Dell)

New Inspiron 15 3000価格:73,980円
CPU:Core i5-1035G1
GPU:UHD グラフィックス
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:非搭載



キャンペーン中は59,483円で購入できます。Dellの廉価ノートパソコンとなっています。デザインはやや古く価格重視の方におすすめです。それでもCinemaColorやCinemaStreamなど「New Inspiron 15 5000」と同等の機能を兼ね備えています。メモリ8GB、SSD 256GB NVMe対応と一般的な用途では十分でしょう。

New XPS 13 2-in-1 スタンダード(ブラック)(Dell)

New XPS 13 2-in-1価格:149,980円
CPU:Core i5-1035G1
GPU:UHD グラフィックス
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:非搭載



キャンペーンコードを利用すれば127,483円で購入できます。タブレットとしても利用できる2 in 1モデルです。他のモデルと比べて高性能で価格も高いです。オプションのタッチペンを購入すればイラストを描くことも可能です。パソコンでイラストを描きたいと考えている方におすすめです。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Ice Lake世代の「Core i5-1035G1の性能スペック及び搭載BTOパソコン」について紹介しました。Core i5-8265Uの後継モデルでおよそ10%程度性能が向上しています。プロセスが14nm→10nmへと縮小化され技術的な進歩が見られます。大きな特徴はパワー効率が上がったためクロック周波数を落としても同等以上の性能を発揮できます。ただし、全体で見ると消費電力は下がっておらずCPU内蔵GPUなど他の部分で消費電力が上がっていると考えた方が良いですね。

安いモデルを探しているのであればDellの「New Inspiron 15 5000」や「New Inspiron 15 3000」がおすすめです。税込みでも6-7万円で購入することができます。画質や音質にこだわりのあるモデルで動画視聴を快適に行なえます。もちろん性能が高くWEBデザインなどにも対応可能です。イラストを描いたりタブレットとして使ったりしたいならDellの「New XPS 13 2-in-1 スタンダード」がおすすめです。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume