raytrek G5-TA

管理人管理人

当記事では、Core i5-11400Hの性能スペック及び搭載BTOノートパソコンについて紹介しています。Intel第11世代のCPUになってCore i5シリーズでも6コア12スレッドに到達しました。前世代のCore i7-10750Hと同等のスペックということになります。

すでに搭載BTOノートパソコンも増えて来ているので、高コスパなモデルを探している方は必見です。45Wのハイパフォーマンスモデルでもある程度価格が抑えられています。競合モデルであるRyzen 5 5600Hもチェックしておきましょう。同じ6コア12スレッドと同等以上のパフォーマンスを発揮します。

Core i5-11400Hの基本スペック

世代第11世代
開発コードTiger Lake
コア/スレッド数6 / 12
クロック周波数2.70 GHz
ブーストクロック4.50 GHz
内蔵グラフィックスUHD Graphics
TDP35W-45W
発売日2021年3月11日
価格$250

Core i5-11400Hのおすすめ用途

動画視聴Skypeビジネスデュアルデイトレマンガ デザイン
dougahaisin

tvdenwa
businessperson
dulamonitor
kabufx

webdesign
RAW現像動画編集動画投稿DTM ゲーム 実況CAD 

video_hensyu
youtubervirtual

gamedeveloper
gamejikkyouwomen
cad
Core i5-11400Hは、最新の高コスパモデルです。6コア12スレッドとスペックが引き上げられたことで様々な用途に対応しやすくなっています。動画編集・動画投稿・ゲーム実況などにも対応できます。3D CADについてはやや苦手な部類です。そもそも3D CADについてはQuadro製GPUを搭載している必要がありますので、ノートパソコンでは難しさがありますね。ビジネス・デイトレ・マンガ制作・WEBデザイン・RAW現像・DTM・ゲームプレイなどは適正があります。これまでのCore i5シリーズに対するイメージはなくしてしまっても良いと思います。

Core i5-11400Hのスペック比較

Intel製CPUと比較

 Core i5-11400HCore i5-11300HCore i5-10300H
開発コードTiger LakeTiger LakeComet Lake
プロセス10nm10nm14nm
コア/スレッド6/124/84/8
ベースクロック2.7GHz3.1GHz2.5GHz
ターボクロック4.5GHz4.4GHz4.5GHz
L3キャッシュ12MB8MB8MB
メモリDDR4-3200DDR4-3200DDR4-2933
CPU内蔵グラフィックスUHD GraphicsIris Xe GraphicsUHD Graphics
グラフィックコア1680-
グラフィック周波数1450 MHz1300 MHz1050 MHz
TDP35W-45W28W-35W35W-45W
価格$250$309$250
発売日2021年3月11日2021年3月11日2020年9月17日
Core i5-11400Hは、Tiger Lake世代のCPUとなっています。従来モデルであるComet Lake世代のCore i5-10300Hと比べると全く別物のCPUになりました。プロセスが14nmから10nmへと縮小化されています。Intelにとっては待望の進化です。プロセスが小さくなれば省電力性が高くなりパワー効率も向上します。CPUの性能に与える影響は大きいです。同じクロック周波数でもより高いパフォーマンスを得られます。

4コア8スレッドから6コア12スレッドへとそれぞれ50%多いです。ベースクロックは8%高く、ターボクロックは同じ4.5GHzとなっています。L3キャッシュ容量も50%多く12MBとなりました。メモリ規格はDDR4-3200になりました。CPU内蔵グラフィックスはUHD Graphicsを搭載しています。グラフィック周波数が引き上げられていることがわかります。TDPは35W-45Wと共通です。価格も$250と変わっていません。

Core i5-11400Hの下位モデルにCore i5-11300Hがあります。これはCore i7-11375Hと同じH35シリーズでTDPが28W-35Wと抑えられています。コア/スレッドは4コア8スレッドとCore i5-10300Hと同等です。ベースクロックはCore i5-11400Hよりも15%高く、ブーストクロックはCore i5-11400Hの方が3%高いです。L3キャッシュ容量はコアに依存するため8MBとなっています。

Core i5-11400HとCore i5-11300Hの大きな違いはCPU内蔵グラフィックスです。Core i5-11300Hではより高性能なIntel Iris Xe Graphicsを搭載しています。グラフィックコアが80とCore i5-11400Hの5倍です。グラフィック周波数はCore i5-11400Hの方が10%程度高いです。価格はCore i5-11300Hの方が$59高いです。これはIris Xe Graphicsの差だと言えますね。

AMD製CPUと比較

 Core i5-11400HRyzen 5 5600H
開発コードTiger LakeZen 3
(Cezanne)
プロセス10nm7nm
コア/スレッド6/126/12
ベースクロック2.7GHz3.3GHz
ターボクロック4.5GHz4.2GHz
L3キャッシュ12MB16MB
メモリDDR4-3200DDR4-3200
CPU内蔵グラフィックスUHD GraphicsRadeon Vega
グラフィックコア166
グラフィック周波数1450 MHz1800MHz
TDP35W-45W35W-54W
価格$250-
発売日2021年3月11日2021年1月12日
Core i5-11400Hの競合モデルであるRyzen 5 5600Hとスペックを比較していきます。Ryzen 5 5600Hは、Zen 3アーキテクチャを採用したCPUです。7nmプロセスを採用していてCore i5-11400Hよりも一回り小さいです。革新性ではRyzen 5 5600Hの方が上だと考えて良いと思います。Core i5-11400HがいかにRyzen 5 5600Hに追いつけるかがポイントとなります。

いずれのCPUも6コア12スレッドというスペックです。このRyzen 5 5600HがあったからこそこのCore i5シリーズが4コア8スレッドから6コア12スレッドへとスペックが強化されました。ベースクロックはRyzen 5 5600Hの方が23%高く、ターボクロックはCore i5-11400Hの方が8%高いです。L3キャッシュ容量は16MBとRyzen 5 5600Hの方が33%多いです。メモリ規格はDDR4-3200と共通です。

Ryzen 5 5600HではRadeon Vega Grahicsを搭載しています。グラフィックコアが6で、グラフィック周波数が1800MHzとなっています。CPU内蔵グラフィックスのスペック比較はそれほど意味がないので参考程度に考えておきましょう。TDPはRyzen 5 5600Hが35W-54Wと幅が広くなっています。Ryzen 5 5600Hの価格は公開されていませんが、Core i5-11400Hと同程度か少し安い程度だと考えて良いと思います。

Core i5-11400HってどんなCPUなの?

Core i5シリーズの最上位モデルでスペックが高い

Core i5-11400Hは、Tiger Lake世代のCore i5シリーズにおける最上位モデルとなっています。下位モデルにあるCore i5-11300H・Core i5-1135G7と比べてスペック・性能が高いです。一番大きなポイントは、コア/スレッドがCore i5シリーズとして初めて6コア12スレッドとスペックが引き上げられたことでしょう。従来モデルのCore i7-10750HやCore i7-10875Hを超えるCPU性能を誇ります。

従来モデルのCore i5-10300Hと同じ価格が維持されているので、しっかりと性能の底上げが行われていることがわかります。動画編集・画像編集・WEBデザインなど負荷の掛かる作業にも対応しやすいのが特徴です。これまでのCore i5シリーズとは一線を画する性能を持っています。やはり同じ6コア12スレッドであるRyzen 5 5600Hが大きいのだと思います。さすがにスペックを上げないと追いつくことはできませんね。

CPU内蔵グラフィックスの性能は控え目

Core i5-11400HにはCPU内蔵グラフィックスを搭載しています。Comet Lake世代のCore i5-10300Hで搭載されているUHD Graphicsとほとんど同じものです。実行ユニットが24→16へと33%ダウンしている一方で、グラフィック周波数は30%引き上げられています。

内部的な変化によって少しパフォーマンスが上がっていますが、性能差を体感できるほどではありません。もっともこのクラスのCPUでは外付けのグラフィックボードを搭載していることが多くデメリットにはなりません。用途をしっかりと考えて選択すると良いですね。

11万円前後で搭載BTOパソコンが購入できる

Core i5-11400H搭載BTOノートパソコンは税込11万円台から購入できるのが魅力です。CPU自体の価格が安いためパソコンの価格も比較的抑えられています。末尾にHを冠したこのCore i5-11400HはCPU内蔵グラフィックスを搭載していますが、RTX 3050やRTX 3050 Tiなどローエンドクラスのグラフィックボードを搭載していることがほとんどです。

ゲームプレイや動画編集などグラフィックス性能が要求される用途を想定して各メーカーが販売しているということです。これらの用途での使用を考えていないのであれば省電力モデルのCore i5-1135G7やH35シリーズのCore i5-11300Hを検討しても良いと思います。より安く購入できたり、より軽いモデルを候補に入れることができます。

Core i5-11400Hのベンチマーク

Cinebench R20

Cinebench R20i5-11400h-cinebenchr20

CPUのレンダリング性能を計測できるCinebench R20でのパフォーマンスを見ていこう。従来モデルのCore i5-10300Hよりもマルチスレッド性能が70%近くも向上しています。シングルスレッド性能も20%高くなりました。従来モデルで同じ6コア12スレッドのCore i7-10750Hよりも34%もパフォーマンスが高いです。シングルスレッド性能も20%近くも向上しました。これらはCPUコアの改良によって実現しています。AMD Ryzen 5 5600Hと比べるとマルチスレッド性能が8%劣りますが、シングルスレッド性能は5%上回ります。大きく差を付けられていたAMD製CPUに追いついたのは大きな成果だと言えますね。

Adobe Photoshop

photoshopi511400h-adobephotoshop

画像編集の処理のパフォーマンスをまとめています。シングルスレッド性能が高くなったことでRyzen 5 5600Hとの差はほとんどないところまで来ています。従来モデルのCore i7-10875Hを超えているのは凄いですね。Rocket Lake世代のCPUの実力は本物です。下位モデルであるCore i5-11300Hよりも10%も性能が高いです。

Handbrake

dougahensyuui511400h-handbrake

動画のエンコードに掛かる時間を一覧でまとめています。Ryzen 5 5600Hよりも9%低いですが、Core i5-10300Hよりも30%程度も高いです。8コア16スレッドのCore i7-10875Hよりも3%高いです。これは驚くしかありませんね。動画のエンコードもある程度対応できると考えて良いでしょう。もちろん本格的に作業を行うならCore i7-11800HやRyzen 7 5800Hを選択するのが無難です。

Core i5-11400H搭載のおすすめBTOノートパソコン

New Dell G15 ゲーミングノートパソコン プレミアム(RTX3050搭載)(Dell)

New Dell G15価格:115,984円(税込)
CPU:Core i5-11400H
GPU:GeForce RTX 3050
メモリ:DDR4 8GB
SSD:512GB
HDD:非搭載

公式

15.6インチのゲーミングノートPCです。RTX 3050搭載で税込み11.5万円は安いですね。グラフィックス処理性能も高めなのでクリエイター作業を考えている方にもおすすめです。ゲームプレイについては設定を妥協すれば対応可能です。メモリ8GB、SSD 512GBと構成は控え目です。本体重量が約2.559kgと重いのがマイナス点です。持ち運びを行うには苦痛なレベルだと言えます。価格が安いのだからそこは妥協すべきところなのかもしれません。

New Inspiron 16 Plus プレミアム(Dell)

New Inspiron 16 Plus価格:118,385円(税込)
CPU:Core i5-11400H
GPU:Intel UHD Graphics
メモリ:DDR4 8GB
SSD:512GB
HDD:非搭載

公式

外付けのグラフィックボードを搭載していない珍しいモデルです。16.0インチノートパソコンで作業が行いやすいのが特徴です。3K液晶モニターを搭載しているのでより鮮明な画像描写が可能となります。画像編集などのクリエイター作業を考えている方におすすめです。6コア12スレッドになったCore i5シリーズは心強いですね。メモリ8GB、SSD 512GB NVMeと構成は最小構成に近いです。

raytrek G5-TA(ドスパラ)

raytrek G5-TA価格:124,980円(税込)
CPU:Core i5-11400H
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB
HDD:非搭載

公式

GTX 1650×Core i5-11400H搭載のクリエイター向けノートパソコンです。ウルトラベゼルデザイン採用で視認性が高くなっています。グラフィックス性能は控え目ですが、価格が抑えられていて選びやすいですね。動画編集やWEBデザインなどグラフィックス性能を活かすことができます。メモリ16GB、SSD 512GB NVMe対応と構成も充実しています。

ASUS TUF Gaming F15 FX506HM(ASUS)

ASUS TUF Gaming F15 FX506HM価格:149,800円(税込)
CPU:Core i5-11400H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB
HDD:非搭載

公式

RTX 3060搭載のミドルクラスのゲーミングPCです。ASUS独自のセルフクリーニング冷却設計によって埃の心配をする必要がありません。メンテナンスに気を使うことなくゲームに没頭できます。最大144Hz対応モニター採用で滑らかなゲーム描写が可能です。フルHD環境でのゲームプレイに適しています。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実しています。

G5 MD-51JP123SH(GIGABYTE)

G5 MD-51JP123SH価格:187,800円(税込)
CPU:Core i5-11400H
GPU:GeForce RTX 3050 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB
HDD:非搭載

公式

RTX 3050 Ti×Core i5-11400H搭載のゲーミングノートPCです。設定調整を行うことである程度ゲームプレイに対応することができます。当該モデルはノートパソコンながら3つのストレージインターフェースをサポートしているため最大6TBのストレージを搭載することができます。メモリ16GB、SSD 512GBと標準的な構成です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Tiger Lake世代におけるハイパフォーマンスであるCore i5-11400Hの性能スペック及び搭載BTOノートパソコンについて紹介しました。10nmプロセス採用でCPUコアも改良されています。6コア12スレッドと従来モデルのCore i5-10300Hよりもスペックが強化されました。

現行のCore i5シリーズの最上位モデルで、Core i7-10750HやCore i7-10875H以上のマルチスレッド性能を持っています。搭載BTOノートパソコンはすでに多くのモデルが販売されています。基本的にはグラフィックボード搭載モデルが多いです。ゲームプレイだけではなくクリエイター作業でも扱いやすさがあります。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume