ryzen 9 5950x参照元:https://www.pc-koubou.jp/

管理人管理人

当記事では、「Ryzen 9 5950Xの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。Ryzen 9 3950Xの後継モデルでRyzen 5000シリーズ最強のCPUです。16コア32スレッドと圧倒的なスペックを持っています。Zen 2アーキテクチャからZen 3アーキテクチャへと変わりマルチスレッド性能・シングルスレッド性能共に向上しています。

これまで弱点だったシングルスレッド性能が引き上げられたのはポイントとなります。ゲームプレイなどでどの程度のパフォーマンスを発揮できるのかに注目したいですね。16コア32スレッドはどういった用途に最適なのかも見ていきましょう。価格の高いCPUなのでオーバースペックになるともったいないです。

Ryzen 9 5950Xの基本スペック

世代第4世代
開発コードCezanne(Zen 3)
コア/スレッド数16 / 32
クロック周波数3.40 GHz
ブーストクロック4.90 GHz
内蔵グラフィックス非搭載
TDP105W
発売日2020年11月5日
価格$799

Ryzen 9 5950Xのおすすめ用途

動画視聴Skypeビジネスデュアルデイトレマンガ デザイン
dougahaisin

tvdenwa
businessperson
dulamonitor
kabufx

webdesign
RAW現像動画編集動画投稿DTM ゲーム 実況CAD 

video_hensyu
youtubervirtual

gamedeveloper
gamejikkyouwomen
cad
Ryzen 9 5950Xは非常にスペックの高いCPUで様々な用途に対応できます。基本的には苦手な用途はないと考えても良いのですが、ゲームプレイについては下位モデルとのパフォーマンスの差が小さくおすすめできるわけではありません。また、動画視聴・Skype・デュアル環境構築など負荷の軽い作業だけを考えているなら他のモデルを選択するべきでしょう。

Ryzen 9 5950Xが最も輝くのは動画編集・動画投稿・3D CADなどマルチコア性能が要求される用途です。例えば、今Ryzen 7シリーズやCore i7シリーズを使っていて性能不足を感じている方などであれば選びやすいのではないかと思います。

Ryzen 9 5950Xのスペック比較

AMD製CPUと比較

 9 5950X9 5900X9 3950X
コードネームZen 3Zen 3Zen 2
世代第4世代第4世代第3世代
プロセス7nm7nm7nm
コア/スレッド16/3212/2416/32
ベースクロック3.4GHz3.7GHz3.5GHz
ターボクロック4.9GHz4.8GHz4.7GHz
L3キャッシュ64MB64MB64MB
メモリDDR4-3200DDR4-3200DDR4-3200
内蔵GPU非搭載非搭載非搭載
CPUクーラー非同梱非同梱非同梱
TDP105W105W105W
定価$799$549$719
国内価格103,520円~77,576円~-
搭載PC価格298,980円~206,580円~-
Ryzen 9 5950Xは、Zen 3アーキテクチャを採用した第四世代のCPUです。Ryzen 9 3950Xの後継モデルとなっています。プロセスは7nmと変わりありませんが、内部構造の改良によってIPCが19%向上しています。4コアのCCX×4から8コアのCCX×2へと変わりました。これによってCCX間のレイテンシ軽減に繋がります。L3キャッシュ容量も16MB×4から32MB×2になりボトルネックを防ぐことができます。

スペック的にはRyzen 9 3950Xよりもベースクロックが3%低く、ターボクロックは5%高いです。IPC改善とクロック周波数の引き上げで高いパフォーマンスが期待できます。メモリ規格はDDR4-3200と共通です。TDPも105Wと変わっていません。価格が$719から$799へと11%程度引き上げられています。CPUクーラーについては非同梱です。このクラスになるとご自身で用意しなければいけません。

下位モデルのRyzen 9 5900Xでは12コア24スレッドとなっています。CCX内にある8個のコアの内2基を無効化しています。つまり、12コア(CCX 2基×6コア)となります。ベースクロックはRyzen 9 5900Xの方が10%高く、ターボクロックはRyzen 9 5950Xの方が3%高いです。これだけコア/スレッドの多いRyzen 9 5950Xでこれだけのクロック周波数を達成できたのは快挙だと言えますね。Ryzen 9 5900Xとの価格差は$250です。搭載PCについては搭載するグラフィックボードによって変わるので単体の価格を参考にすると良いでしょう。

Intel製CPUと比較

 9 5950Xi9-10900K
コードネームZen 3Comet Lake
世代第4世代第10世代
プロセス7nm14nm
コア/スレッド16/3210/20
ベースクロック3.4GHz3.7GHz
ターボクロック4.9GHz5.3GHz
L3キャッシュ64MB20MB
メモリDDR4-3200DDR4-2933
内蔵GPU非搭載UHD Graphics 630
CPUクーラー非同梱非同梱
TDP105W125 W
定価$799$549
国内価格103,520円~-
搭載PC価格298,980円~299,979円~
IntelのメインストリームのフラグシップモデルであるCore i9-10900Kと比較していきます。価格差は$250です。Ryzen 9 5950Xには敵なしです。スペック差は歴然です。Core i9-10900Kは14nmプロセスを採用しているCPUです。10コア/20スレッドとRyzen 9 5950Xとの差は大きいです。ベースクロック・ターボクロック共にCore i9-10900Kの方がそれぞれ9%高いです。

L3キャッシュ容量はCore i9-10900Kの3.2倍で64MBと大容量です。メモリ規格もDDR4-3200を採用しているRyzen 9 5950Xの方が上です。Core i9-1090KではCPU内蔵グラフィックスが採用されています。CPUクーラーはいずれも非同梱です。Core i9-10900KはTDPが125Wと大きいです。これは14nmプロセスを継続していることのデメリットです。プロセスを14nmのままでクロック周波数を上げるとTDPを下げることは難しいでしょう。

Ryzen 9 5950XってどんなCPUなの?

メインストリームにおける現行最強のCPU

Ryzen 9 5950Xは、いわゆるメインストリームにおける現行最強の性能を持つCPUです。16コア32スレッドというスペックはこれまではHEDT(High-End Desktop)というジャンルのハイエンドモデル(モンスターCPU)でしかありませんでした。具体的にはRyzen Threadripper 2950Xが該当します。それがRyzen 5000シリーズではメインストリームのRyzen 9 5950Xが担っています。

Ryzen 9 5950XはX570・B550・B450などのチップセットにも対応しているので、高価なマザーボードを購入する必要ありません。より気軽にハイパフォーマンスCPUを購入できます。もちろんPCIe 4.0レーンは16に限定されますし、クアッドコアチャネルメモリインターフェイスには対応していません。

それでもこういったものを必要とするユーザーはそれほど多くないでしょう。ゲームプレイなどにおいても必要となることはありません。クリエイター作業などでメニーコアが必要な方にとっては非常に魅力的なモデルになります。メインストリームに16コア32スレッドのCPUがあるだけでも奇跡ですね。

Zen 3アーキテクチャのおかげで省電力性が高い

95950xwatt

Ryzen 9 5950Xは、16コア32スレッドかつ高クロック周波数のCPUとして見ると省電力性の高いモデルだということがわかります。ゲームプレイ時こそ404Wと高い消費電力を記録していますが、マルチコアでは192WとCore i9-10900Kよりも10%も消費電力が抑えられています。Core i7-10700Kと比べると15%も優れています。14nmプロセスのIntel製CPUとの差は大きいですね。Zen 3アーキテクチャと7nmプロセスを採用したAMDの強みです。これは下位モデルだけではなくフラグシップモデルにも当てはまります。

コストパフォーマンスは下位モデルにやや劣る

Ryzen 9 5950Xはコストパフォーマンスの高いCPUとは言えないのが現状です。下位モデルであるRyzen 9 5900Xとの差はおよそ45%ありますが、マルチスレッド性能では20%高いだけに留まります。各種ベンチマークを見ても45%の差を縮めることはできません。また、ゲームプレイだけを考えるとRyzen 9 5900Xとの差はほとんどなく同じです。$449で購入できるRyzen 7 5800Xの方が高いことがあるぐらいです。

Ryzen 9 5950Xの購入を検討中の方はどのような用途で使用したいのかはっきりさせておく必要がありますね。動画編集や画像編集なら多少のプレミアムが上乗せされていても選ぶ理由があります。一方で、ゲームプレイにおいては価格に見合うパフォーマンスを得られることができないので、下位モデルを選択してグラフィックボードに投資した方が良いでしょう。

Ryzen 9 5950Xのベンチマーク

Cinebench R20

cpu5950x-cinebenchr20

Cinebench R20で期待通りの圧倒的なスコアを出しています。下位モデルであるRyzen 9 5900Xよりもマルチスレッド性能が20%高く、シングルスレッド性能は2%高いです。従来モデルのRyzen 9 3900Xと比べるとマルチスレッド性能が42%高く、シングルスレッド性能は22%高いです。これまでAMD製CPUと弱みだったシングルスレッド性能が高くなったのは素晴らしいですね。Intel Core i9-10900Kよりもマルチスレッド性能が130%高く、シングルスレッド性能が34%高いです。メインストリーム最強の名にふさわしいパフォーマンスを発揮します。

エンコード

dougahensyuuryzen95950x-encode

動画のエンコードでも高いパフォーマンスが出ています。Ryzen 9 5900Xよりも6%-9%処理性能が向上しています。Ryzen 9 3900Xと比べると25%-28%速く処理できています。Core i9-10900Kとの差はさらに大きく30%-33%となります。動画の編集作業を考えている方にとって魅力的なCPUだと言えます。

Adobeソフトウェア

adoberyzen95950x-adobe

Adobeソフトで処理に掛かる時間をまとめています。数値が少ない方が高性能だということになります。Adobe Premier ProではRyzen 7 5800Xよりも6%パフォーマンスが低いです。8コア16スレッドのCPUよりもパフォーマンスが低いというのはコアがそれほど重要ではないことを意味します。PhotoshopではRyzen 9 5900Xよりも低くなってしまいます。Photoshopも同様ですね。

Ryzen 9 5950Xのゲームプレイ時フレームレート

Shadow of the Tomb Raider

Shadow of the Tomb Raiderryzen95950x-shadowofthetomnraider

ゲームプレイではかなり苦戦していることがわかります。旧モデルのRyzen 9 3900Xと比べてほとんど差がありません。FULL HD環境ではRyzen 9 5900Xよりも1%低くなってしまっています。16コア32スレッドとコアが多くてもゲームプレイにおいてはうまく活かせないようです。10コア20スレッドのCore i9-10900Kよりもフレームレートが1%-3%劣ります。

Far Cry 5

farcry5ryzen95950x-farcry5

Far Cry 5ではかなり残念な結果となりました。Ryzen 9 3900Xよりも4%-7%程度フレームレートが高くなっていますが、Ryzen 9 5900Xと比べると11%もフレームレートが低いです。Core i9-10900Kとのフレームレートの差は16%と大きい。WQHD環境でも10%程度の差が生じている。ゲームプレイにおいてはやはりコア/スレッドが多くても意味をなさないことが多いです。8コア16スレッド異常になるとそれが顕著でクロック周波数など他の要因が影響を与えるということです。

Metro Exodus

Metro Exodus5950x-metroexodus

Metro Exodusでも完敗です。Ryzen 9 5900Xとの差はほとんどなくゲームプレイにおいてRyzen 9 5950Xを積極的に選ぶ理由は見当たりません。下位モデルのRyzen 7 5800Xの方がフレームレートが高くなっています。さらに、Core i7-10700Kになるとより高いフレームレートを得られます。およそ5%-6%の差があります。

Ryzen 9 5950X搭載のおすすめBTOパソコン

ZEFT R26Q(セブン)

ZEFT R28A
価格:339,980円(税込)
CPU:Ryzen 9 5950X
GPU:GForce RTX 3060 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載
電源:750W GOLD

公式

Ryzen 9 5950X搭載モデルの中で最も安価な一台となっています。PCケースにはデザイン性・拡張性の高さから人気の高い「Thermaltake Versa H26 Black」を採用しています。グラフィックスにはミドルエンドクラスのRTX 3060 Tiを搭載しています。WQHD環境やFULL HD環境でのゲームプレイに適した一台です。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も充実していて初心者でも選びやすいです。電源ユニットは750W GOLDを採用しています。

raytrek AXF 5950X搭載モデル(ドスパラ)

raytrek ZQ2
価格:339,980円(税込)
CPU:Ryzen 9 5950X
GPU:GForce RTX 3070
メモリ:DDR4-3200 32GB
SSD:1TB Gen4 NVMe
HDD:非搭載
電源:850W GOLD

公式

RTX 3070×Ryzen 9 5950X搭載のクリエイターPCす。ミドルタワーケース採用で拡張性の高さもポイントです。クリエイターモデルとあってDVDスーパーマルチドライブ・SDカードスロット搭載となっています。メモリ32GB、SSD 1TBと余裕のある構成です。電源ユニットも850W GOLDと大容量です。

LEVEL-G0X5-LCR59W-VAX(パソコン工房)

LEVEL-G049-iX7K-VAXH
価格:393,778円(税込)
CPU:Ryzen 9 5950X
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:DDR4-3200 32GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載
電源:800W TITANIUM

公式

RTX 3080を搭載したハイエンドクラスのゲーミングPCです。4K解像度でのゲームプレイも行えます。ただし、ゲームプレイだけを考えている方には不向きだと言えます。より安価なCPUでも同等のパフォーマンスを得られるからです。ゲーム実況などゲーム以外の用途を考えている方におすすめです。メモリ32GB、SSD 1TBとずば抜けた構成を持っています。40万円近い価格なのも納得です。

ZEFT RX31Y(セブン)

ZEFT RX31Y
価格:604,780円(税込)
CPU:Ryzen 9 5950X
GPU:Radeon RX 6900 XT
メモリ:DDR4-3200 64GB
SSD:500GB Gen4 NVMe
HDD:4TB
電源:1000W GOLD

公式

Radeon RX 6900 XTとRyzen 9 5950XとAMD製パーツで揃えたゲーミングPCです。PCケースには「COOLERMASTER COSMOS C700M」を搭載しています。高級感のあるケースデザインがいいですね。拡張性も高く将来的にパーツの換装を行うことも容易です。メモリ64GB、SSD 500GB、HDD 4TBとこれ以上ない最高峰の構成です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Ryzen 5000シリーズのフラグシップモデルであるRyzen 9 5950Xの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。16コア32スレッドと圧倒的なスペックを誇るCPUです。Ryzen Threadripperが担っていたHEDT(High-End Desktop)のカテゴリーからメインストリームへと流れてきました。

より安くより高性能なCPUを購入できるということです。動画編集などマルチコア性能を活かせる用途に最適です。シングルスレッド性能しか活かせない画像編集ではスペック以上のパフォーマンスを発揮することが難しい場合があります。ゲームプレイなども同様ですね。ここまで来ると用途にしっかりと合わせて選択する必要があります。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume