Core i7-10875H

管理人管理人

当記事では、Core i7-10875Hの性能スペック及び搭載BTOノートパソコンについて紹介しています。Intel第十世代Comet Lakeのハイパフォーマンスモデルです。Core i7シリーズでも8コア16スレッドという高いスペックを誇ります。従来モデルの上位モデルであるCore i9-9880HKの価格が安くなってより購入しやすくなったCPUだと言えます。

ゲーミングノートPCだけではなくクリエイターPCにも採用されることが多く目にする機会も多いのではないかと思います。気になるスペックについて詳しく見ていきましょう。下位モデルに位置するCore i7-10870Hについても解説しています。現行モデルは、「Core i7-11800H」です。10nmプロセスを採用してより魅力的なモデルになっています。

Core i7-10875Hの基本スペック

世代第10世代
開発コードComet Lake
コア/スレッド数8 / 16
クロック周波数2.30 GHz
ブーストクロック5.10 GHz
内蔵グラフィックスUHD Graphics
TDP35W-45W
発売日2020年5月22日
価格$450

Core i7-10875Hのおすすめ用途

動画視聴Skypeビジネスデュアルデイトレマンガ デザイン
dougahaisin

tvdenwa
businessperson
dulamonitor
kabufx

webdesign
RAW現像動画編集動画投稿DTM ゲーム 実況CAD 

video_hensyu
youtubervirtual

gamedeveloper
gamejikkyouwomen
cad
ノートパソコン向けのCPUとして高いパフォーマンスを誇ります。対応できる幅は広く基本的に性能について気にする必要はないでしょう。このモデルで対応できなければ他のモデルでも対応しづらいです。3D CADについてはCPU性能が足りないというよりはグラフィックス性能的に厳しいです。Quadro製グラフィックボードを搭載したノートパソコンがほとんどなく3D CADの場合デスクトップパソコンの方が良いかもしれません。動画視聴・Skype・デュアル環境構築・デイトレのみであればオーバースペックです。本領発揮となるのはマンガ制作・WEBデザイン・RAW現像・動画編集・ゲームプレイです。多少負荷の掛かる作業でも対応しやすいです。

Core i7-10875Hのスペック比較

Intel製CPUと比較

 Core i7-10875HCore i7-10870HCore i7-9750H
開発コードComet LakeComet LakeCoffee Lake
プロセス14nm14nm14nm
コア/スレッド8/168/166/12
ベースクロック2.3GHz2.2GHz2.6GHz
ターボクロック5.1GHz5.0GHz4.5GHz
OC×××
L3キャッシュ16MB16MB12MB
メモリDDR4-2933DDR4-2933DDR4-2666
CPU内蔵グラフィックスUHD GraphicsUHD GraphicsUHD Graphics
グラフィック周波数1200 MHz1200 MHz1150 MHz
TDP35W-45W35W-45W35W-45W
価格$450$417$395
発売日2020年4月2日2020年9月17日2019年4月26日
Core i7-10875Hのスペックについて同じCore i7シリーズのCore i7-9750Hと比較していきます。Core i7-9750Hもプロセスは同じ14nmを採用しています。コア/スレッドが6コア12スレッドから8コア16スレッドへとスペック強化が図られています。Core i7シリーズでも8コア16スレッドの時代が到来しました。ベースクロックはCore i7-9750Hに11%劣るものの、ターボクロックはCore i7-10875Hの方が14%も高いです。高いパフォーマンスを期待できます。

L3キャッシュ容量はCPUコア×2となりますので、Core i7-10875Hでは33%アップの16MBを搭載しています。メモリサポートはDDR4-2933まで拡大されています。CPU内蔵グラフィックスについては同等です。TDPも35W-45Wの枠に収まっています。価格は$55アップで$450となりました。スペック差を考えれば妥当な水準だと思います。

Core i7-10875Hの下位モデルにCore i7-10870Hがあります。半導体不足の影響を軽減するために生まれたモデルとなっています。クロック周波数がベースクロック・ターボクロック共にそれぞれ0.1GHz低いだけの違いです。当然クロック周波数を上げるには厳選されたシリコンウェーハを選択する必要がありますので、こういった下位モデルがあればより効率良くシリコンウェーハを使用できるというわけです。

AMD製CPUと比較

 Core i7-10875HRyzen 7 4800H
開発コードComet LakeZen 2
プロセス14nm7 nm
コア/スレッド8/168/16
ベースクロック2.3GHz2.9GHz
ターボクロック5.1GHz4.2GHz
OC××
L3キャッシュ16MB12MB
メモリDDR4-2933DDR4-3200
CPU内蔵グラフィックスUHD GraphicsRadeon Graphics
グラフィック周波数1200 MHz1600 MHz
TDP35W-45W35W-54W
価格$450-
発売日2020年4月2日2020年1月6日
競合モデルであるAMD Ryzen 7 4800Hとスペックを比較していきます。Zen 2アーキテクチャを採用したCPUで7nmプロセスを採用しています。コア/スレッドはどちらのCPUも8コア16スレッドと共通です。Core i7-10875Hは、このRyzen 7 4800Hの影響を受けたと考えて間違いないでしょう。Core i7シリーズで8コア16スレッドと到達は素晴らしいですね。

ベースクロックはRyzen 7 4800Hの方が26%高く、ターボクロックはCore i7-10875Hの方が22%高いです。Intel製CPUは特にシングルスレッド性能が高さが強みとなっています。モバイル向けモデルで5.0GHzオーバーは圧巻です。いずれのCPUもオーバークロックには対応していません。Core i9-10980HKあるいはRyzen 9 4900HXのみ対応可能です。

L3キャッシュ容量はCore i7-10875Hの方が33%多く16MBとなっています。メモリ規格はRyzen 7 4800Hの方が優れていてDDR4-3200です。CPU内蔵グラフィックスについては上記のとおりです。グラフィックス搭載モデルが基本なので内蔵グラフィックスの性能についてはそれほど気にしなくても良いと思います。TDPはRyzen 7 4800Hの方が幅が広く35W-54Wとなっています。実際の消費電力はCore i7-10875Hの方が高いです。Ryzen 7 4800Hの価格は非公開ですが、Core i7-10875Hよりも安価です。

Core i7-10875HってどんなCPUなの?

8コア16スレッドのハイパフォーマンスモデル

Core i7-10875Hは、Comet Lake世代のHシリーズの上位モデルとなっています。現行モデルではランク的にCore i7-10980HKの次に位置するCPUです。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くついにCore i7シリーズでも8コア16スレッドに到達しました。下位モデルのCore i7-10750Hは6コア12スレッドとなっています。

競合のRyzenシリーズが同じ価格帯のRyzen 7 4800Hで8コア16スレッドを実現したためその対抗策だと考えられます。性能のインフレが進行中です。ユーザーからするとメリットが大きい話です。パフォーマンス的には従来モデルのフラグシップモデルであるCore i9-9980HKと同等の性能を誇ります。より安くより高性能なCPUを手に入れられる時代がいいですね。

高いゲーミング性能を持っている

Core i7-10875Hは、高いゲーミング性能を持つCPUです。8コア16スレッドとモバイル向けモデルとして高いスペックを誇ります。実際多くのゲーミングノートPCで採用されています。RTX 2070 SUPER/RTX 3070までのグラフィックスと合わせるとバランスが良いです。このクラスまで来るとパフォーマンスはシステムに依存してしまう側面があります。

つまり、排熱性能が低いモデルの場合熱によってパフォーマンスが低下してしまう可能性があるということです。特にゲーミングノートPCはデスクトップパソコンに比べて熱がこもりやすくしっかりと対策を行わなければいけません。もちろんミドルクラス以下のグラフィックボードを搭載している場合は発熱量がそれほど多くないためパフォーマンスに与える影響は小さいです。

派生モデルもあってラインナップが豊富

Core i7-10875Hが登場してからおよそ五か月後にほとんど同等の性能を持つCore i7-10870Hが登場しました。これは半導体不足による影響で純度の高いシリコンウェーハを効率良く使用するためです。クロック周波数を少し抑えているのでビンの基準が緩くなります。より低コストで入手できるのでユーザーにとってもメリットが大きいです。

Core i7-10875HだけではなくCore i7-10870Hも含めると搭載モデルが多いです。Core i7-10870H搭載モデルの方がラインナップが多いほどです。価格も安定してきていることもあって魅力的なCPUになっています。クリエイターモデルとしても不足はありません。

Core i7-10875Hのベンチマーク

Cinebench R20

Cinebench R20i7-10875h-cinebenchr20

Cinebench R20でCPUのレンダリング性能を見ていきましょう。下位モデルであるCore i7-10750Hよりもマルチスレッド性能が12%高く、シングルスレッド性能が10%高いです。6コア12スレッドのCPUとは一線を画す性能を誇ります。従来モデルのフラグシップモデルであるCore i9-9980HKよりもマルチスレッド性能は7%劣りますが、シングルスレッド性能は7%上回ります。一方で、Ryzen 7 4800Hとの差は大きくマルチスレッド性能では33%も低くなっています。Zen 2アーキテクチャの強さがここにあります。もちろんCinebench R20のベンチマークがすべてというわけではありません。

Adobe Photoshop

photoshopi710875hbenchmark

Photoshopはマルチスレッド性能よりもシングルスレッド性能が重視される傾向にあります。Cinebench R20のマルチスレッド性能では劣っていたRyzen 7 4800Hよりも10%程度パフォーマンスが高いです。下位モデルのCore i7-10750Hよりも12%程度上回ります。GPUによる影響も少なくシングルスレッド性能を図るのに適しています。

Handbrake

dougahensyuui7-10875h-handbrake

動画のエンコードに掛かる時間を計測しています。おおよそCore i9-9980HKと同等のパフォーマンスとなっています。一方で、Ryzen 7 4800Hはこの分野にさらに強くCore i7-10875Hよりも23%も上回っています。動画のエンコードがメインでのPC購入を考えている方はAMD製モデルを候補に入れると良いですね。

Core i7-10875H/i7-10870H搭載のおすすめBTOノートパソコン

GALLERIA XL7C-R36 RTX3060搭載モデル(ドスパラ)

GALLERIA XL7C-R36価格:159,980円(税込)
CPU:Core i7-10875H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-2933 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式

ドスパラの人気モデルの一つです。長らく売れ筋ランキングNo.1となっています。15.6インチで高リフレッシュレート対応モニターを搭載しています。より快適なゲーム環境を作ることができます。グラフィックスにはミドルクラスのRTX 3060を搭載していて安定したゲームプレイができます。動画編集やWEBデザインなどのクリエイター作業にもおすすめです。メモリ16GB、SSD 512GB NVMeと十分な構成を持っています。

Dell G15 ゲーミングノートパソコン プラチナ(165Hz・大容量メモリー・SSD・RTX3060搭載)(Dell)

Dell G15 dell価格:221,980円(税込) 177,584円(税込)
CPU:Core i7-10870H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-2933 32GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式

およそ44,000円OFFで購入できるモデルです。15.6インチ165Hz対応モニターを搭載しています。本体重量約2.4kgとやや重めです。グラフィックスにはRTX 3060を搭載していてある程度余裕のあるゲームプレイが可能です。メモリ32GB、SSD 1TBと圧巻の構成が特徴です。メモリ容量が大きく様々なアプリケーションの使用を想定したクリエイターモデルとしても優れています。

G-Tune E5-165(G-Tune)

G-Tune E5-165価格:208,780円(税込)
CPU:Core i7-10870H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式

マウスコンピューターのゲーミングブランドであるG-Tuneからも搭載モデルがリリースされています。15.6インチ165Hz対応のモニターを搭載しています。RTX 3060×Core i7-10870Hという構成を考えると税込み20万円オーバーというのは少し高いです。それでも本体重量約1.73kgとこの性能帯では最軽量クラスです。デザイン性も高くユーザーからも支持されています。メモリ16GB、SSD 512GB NVMeという構成です。

LEVEL-15FR105-i7-TASX-RCC(パソコン工房)

LEVEL-15FR105-i7-TASX-RCC価格:216,678円(税込)
CPU:Core i7-10870H
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式

15.6インチ144Hz対応モニターを搭載しています。RTX 3070搭載のハイクラスのゲーミングノートPCです。税込み21万円台はお買い得だと思います。高リフレッシュレートでのゲームプレイにも対応がしやすいです。メモリ16GB、SSD 500GBと構成は平均的です。本体重量約2.02kgと持ち運びもできない重さではありません。ハイクラスのモデルを探している方におすすめです。落ち着いたデザインも人気です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Core i7-10875Hの性能スペック及びBTOノートパソコンについて紹介しました。Intel第十世代になってCore i7シリーズでも8コア16スレッドとなりました。また、クロック周波数を少しだけ落としたもののほぼ同等の性能を持つCore i7-10870Hも登場しています。

Core i7-10870H登場後は搭載モデルの数も増えて来ました。ゲームプレイはもちろん動画編集や画像編集などの作業も得意としています。RTX 3060やRTX 3070との組み合わせたいですね。なお、今は後継モデルであるCore i7-11800Hが登場しています。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume