Ryzen 9 5900HX

管理人管理人

当記事では、Ryzen 9 5900HXの性能スペック及び搭載BTOノートパソコンについて紹介しています。モバイル向けRyzen 5000シリーズのフラグシップモデルです。最高峰のゲーミングノートPCやクリエイターPCを探している方におすすめです。

Zen 2アーキテクチャを採用したRyzen 9 4900Hの後継モデルとなっています。最新のZen 3アーキテクチャ採用によってIPCが改善してより高いCPU性能を期待できます。Ryzenシリーズの存在感が増しています。

Ryzen 9 5900HXの基本スペック

世代第4世代
開発コードZen 3
コア/スレッド数8 / 16
クロック周波数3.30 GHz
ブーストクロック4.60 GHz
内蔵グラフィックスRadeon Graphics
TDP35W-54W
発売日2021年1月12日
価格-

Ryzen 9 5900HXのおすすめ用途

動画視聴Skypeビジネスデュアルデイトレマンガ デザイン
dougahaisin

tvdenwa
businessperson
dulamonitor
kabufx

webdesign
RAW現像動画編集動画投稿DTM ゲーム 実況CAD 

video_hensyu
youtubervirtual

gamedeveloper
gamejikkyouwomen
cad
モバイル向けのトップモデルということもあって対応できる幅は広いです。このモデルで対応できないなら他のモデルでも厳しいでしょう。動画視聴・ビジネス・デュアル環境・デイトレなどは余裕があります。マンガ制作・動画編集・画像編集・DTMなどはノートパソコンの中では高いレベルでの作業が可能となります。

ゲームプレイ・ゲーム実況については搭載されているグラフィックボードに依存します。それでもハイクラス以上のグラフィックスが選択されることが多いのでそれほど心配はいりません。3D CADについてもグラフィックボード依存です。ただし、ゲームなどとは違ってQuadroモデルがないため厳しい側面があります。

Ryzen 9 5900HXのスペック比較

AMD製CPUと比較

 Ryzen 9 5900HXRyzen 9 5900HSRyzen 9 4900H
開発コードZen 3Zen 3Zen 2
プロセス7nm7nm7nm
コア/スレッド8/168/168/16
ベースクロック3.3GHz3.0GHz3.3GHz
ターボクロック4.6GHz4.6GHz4.4GHz
OC××
L3キャッシュ16MB16MB8MB
メモリDDR4-3200DDR4-3200DDR4-3200
CPU内蔵グラフィックスRadeon GraphicsRadeon GraphicsRadeon Graphics
グラフィックコア888
グラフィック周波数2100 MHz2100 MHz1750 MHz
TDP35W-54W35W35W-54W
価格---
発売日2021年1月12日2021年1月12日2020年3月16日
Ryzen 9 5900HXは、前世代のフラグシップモデルであるRyzen 9 4900Hの後継モデルです。末尾のXはオーバークロックに対応していることを意味します。より高いレベルでのPC作業が実現します。Zen 2アーキテクチャからZen 3アーキテクチャへと変わっています。ベースクロックが同じで、ターボクロックが5%アップされただけに留まりますが、このアーキテクチャの変更によってそれ以上のパフォーマンスが期待できます。

CPUコアの最小単位のCCX(CPU Core Complex)が、4コア/4MB×2基から8コア/16MB×1基へと変更となりました。つまり、8コア16スレッドのRyzen 9 5900HXの場合1つのCCXでカバーできるということです。L3キャッシュ容量が倍増となりその上でアクセスも改善されてボトルネック解消に繋がります。メモリサポートはDDR4-3200と同等です。Radeon Graphicsもグラフィック周波数が20%高くなっています。TDPは35W-54Wと同等です。

最後に省電力モデルのRyzen 9 5900HSと比較していきます。コア/スレッドは同じ8コア16スレッドとなっています。ベースクロックがRyzen 9 5900HXよりも9%低く、ターボクロックはどちらも4.6GHzです。Ryzen 9 5900HSはオーバークロックに非対応となっています。L3キャッシュ容量やRadeon Graphicsの性能は同等です。TDPが35Wとかなり消費電力が抑えられていることがわかります。

Intel製CPUと比較

 Ryzen 9 5900HXCore i9-11980HK
開発コードZen 3Tiger Lake
プロセス7nm10nm
コア/スレッド8/168/16
ベースクロック3.3GHz2.6GHz
ターボクロック4.6GHz5.0GHz
OC
L3キャッシュ16MB24MB
メモリDDR4-3200DDR4-3200
CPU内蔵グラフィックスRadeon GraphicsUHD Graphics
グラフィックコア832
グラフィック周波数2100 MHz1450 MHz
TDP35-54W45W-65W
価格-$583
発売日2021年1月12日2021年3月11日
同じ価格帯のCPUであるCore i9-11980HKと比較していきます。どちらのCPUがいいのか悩んでいる方も多いのではないかと思います。スペック的には非常に似ています。Core i9-11980HKはTiger Lake世代のCPUでついに10nmプロセスへと変更されました。8コア16スレッドとモバイル向けモデルの最高峰です。

ベースクロックはRyzen 9 5900HXの方が30%高く、ターボクロックはCore i9-11980HKの方が9%高いです。いずれもオーバークロックに対応していてより高いクロック周波数を出すことが可能です。L3キャッシュ容量についてはCore i9-11980HKの方が50%多く24MBとなっています。メモリサポートはDDR4-3200で共通です。

CPU内蔵グラフィックスについてはUHD Graphicsの方が性能が高いです。Ryzen 9 5900HXはグラフィックコア数が少ないですが、その代わりにグラフィック周波数が高くなっています。TDPはRyzen 9 5900HXの方が抑えられていて35W-54Wです。プロセスの差だと言えるかもしれませんね。10nmプロセスのCore i9-11980HKはどうしても省電力性に劣ります。

Ryzen 9 5900HXってどんなCPUなの?

Ryzen 5000シリーズのトップモデルの一つ

Ryzen 9 5900HXは、モバイル向けのRyzen 5000シリーズのフラグシップモデルとなっています。高性能なゲーミングノートPCやクリエイターPCの購入を考えている方におすすめです。実はRyzen 9 5900HXの上によりクロック周波数の高いRyzen 9 5980HXがラインナップにあります。その省電力モデルのRyzen 9 5980HSもリリースされています。

しかしながら、搭載BTOパソコンは販売されておらず一般的ではありません。Ryzen 9 5900HX搭載モデルとは違ってほとんど目にする機会がないのではないかと思います。クロック周波数だけではそれほど性能差が出ないことが要因かもしれません。つまり、Ryzen 9 5900HXが実質フラグシップモデルだと言えます。Zen 3アーキテクチャになってIPCが改善されて弱点を克服できました。Intel製CPUと比べても優位性がありますね。

コスパはRyzen 7 5800Hに劣る

Ryzen 9 5900HXは確かにモバイル向けCPUとして高い性能を持っています。しかしながら、下位モデルであるRyzen 7 5800Hと比べて価格に合う価値があるかと言われると難しいところです。予算度外視で考えられるお金持ちの方であれば購入を辞める必要はないかもしれませんね。AMD製CPUはIntel製CPUと違って価格は公開されていませんのでRyzen 7 5800Hと比較しづらいです。

そこで競合であるIntel Core i9-11980HKとCore i7-11800Hの価格差を参考にすると$188(約21,000円)です。また、ゲーミングノートPCのラインナップを比較するとASUS「ROG Strix SCAR 15 G533QS」の場合Ryzen 9 5900HX搭載モデルとRyzen 7 5800H搭載モデルで3万円の差があります。Ryzen 9 5900HXに2万円~3万円を出すのであればその分グラフィックボードにコストを掛ける方がフレームレートは高くなります。

従来モデルよりもラインナップが多い

従来モデルのRyzen 9 4900Hよりも明らかにラインナップの数が増えています。Ryzen 9 4900Hも魅力的なCPUでしたが、Zen 3アーキテクチャを採用したRyzen 9 5900HXはより魅力が増しています。ようやくモバイルの分野でもRyzenシリーズの地位が確立された理由だと言えますね。

また、Ryzen 9 5900HXの派生モデルであるRyzen 9 5900HSまで含めれば選択肢は多く選びがいがあります。様々なグラフィックスやブランドを選べるのでAMDファンの方にとってメリットは大きいですね。これまでAMD製CPUを候補に入れていなかった方も検討する価値があります。

Ryzen 9 5900HXのベンチマーク

Cinebench R20

Cinebench R20ryzen95900hx-cinebenchr20

マルチスレッド性能においてはトップのパフォーマンスを持っています。IntelのフラグシップモデルであるCore i9-11980HKよりも4%スコアが高いです。下位モデルのRyzen 7 5800Hとの差は7%とそれほど大きくありません。Zen 3アーキテクチャのおかげでシングルスレッドでも高いパフォーマンスを発揮します。Ryzen 9 4900HSよりも18%も高いです。ただし、Core i9-11980HKよりも4%低いです。

Adobe Photoshop

photoshopryzen95900hx-adobephotoshop

画像処理に関するパフォーマンスをまとめています。Ryzen 9 5900HXはCore i9-11980HKよりも3%低いスコアとなっています。シングルスレッド性能が重視される画像編集ではやや不利な立場にあると言えるかもしれません。それでも従来モデルのRyzen 9 4900HSよりも17%パフォーマンスが高くシングルスレッド性能が引き上げられていることがわかります。下位モデルであるRyzen 7 5800Hよりも3%スコアが高いです。価格差を考えると少し物足りないですね。

Handbrake

dougahensyuuryzen95900hxhandbrake

動画のエンコードに掛かる時間をまとめています。数値が少ない方が高性能であることを意味します。Ryzen 9 5900HXがIntel勢を引き離してトップに躍り出ました。Core i9-11980HKとの差は18%と大きいです。下位モデルのRyzen 7 5800Hよりも6%高いです。やはりRyzen 7 5800Hと比べると少しパフォーマンスの伸びが物足りません。

Ryzen 9 5900HX搭載のおすすめBTOノートパソコン

ROG Strix G15 Advantage Edition G513QY(ASUS)

ROG Strix G15 Advantage Edition G513QY価格:229,800円(税込)
CPU:Ryzen 9 5900HX
GPU:Radeon RX 6800M
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式

AMD製パーツで揃えたゲーミングノートPCです。AMD独自のSmart ShiftテクノロジーとSmart Access MemoryによってCPUとGPUのパフォーマンスを最大限に引き出すことができます。ゲームだけではなくビデオ編集や3Dレンダリングでも有利です。グラフィックスにはRadeon RX 6800Mを、CPUにはRyzen 9 5900HXを搭載しています。ハイクラスのゲーミング性能を持ちWQHD環境でのゲームプレイにも対応可能です。フルHD環境なら高リフレッシュレートでのゲームプレイも対応できます。WQHD対応モニターを搭載していてより快適なゲームプレイが約束されます。高性能なインテリジェント冷却システム搭載で熱によるパフォーマンス低下を防げます。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実しています。

A7 GIGABYTE A7 X1-CJP1130SH(GIGABYTE)

A7 GIGABYTE A7 X1-CJP1130SH価格:248,380円(税込)
CPU:Ryzen 9 5900HX
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式

17.3インチ144Hz対応モニターを採用しています。よりゲームに没頭することができます。RTX 3070 Mobile×Ryzen 9 5900HX搭載のゲーミングノートPCです。上記のRadeon RX 6800Mよりも僅かに高いゲーミング性能を持っています。レイトレーシング性能も高いです。冷却システムには最新のWINDFORCE冷却システムを搭載しています。2基のファンと5本のヒートパイプで熱対策もばっちりです。メモリ16GB、SSD 512GB NVMeと構成も充実しています。

ROG Strix SCAR 15 G533QS(ASUS)

ROG Strix SCAR 15 G533QS価格:329,800円(税込)
CPU:Ryzen 9 5900HX
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:DDR4-3200 32GB
SSD:1TB×2
HDD:非搭載

公式

グラフィックスにRTX 3080 Mobileを搭載したフラグシップモデルです。Ryzen 9 5900HXとの相性も良好です。15.6インチ300Hz対応のモニターを搭載しています。高いグラフィックス性能を活かすのに最適なモデルだと言えます。メモリ32GB、SSD 1TB×2基と構成もトップクラスです。キーボードには光学メカニカルスイッチを採用したゲーミングキーボードを搭載しています。よりデスクトップパソコンに近い環境を構築できます。このモデルで満足できないことはないでしょう。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、モバイル向けRyzen 5000シリーズのフラグシップモデルであるRyzen 9 5900HXの性能スペック及び搭載BTOノートパソコンについて紹介しました。8コア16スレッドと高いマルチスレッド性能を持ち動画編集・画像編集・DTM・WEBデザインなどのクリエイター作業にも適したCPUです。Zen 3アーキテクチャになってIPCが改善しています。これまでの弱点だったシングルスレッド性能も高くなりゲーミングCPUとしての評価も高いです。

一方で、コストパフォーマンスについては下位モデルのRyzen 7 5800Hに劣ります。Ryzen 7 5800HとRyzen 9 5900HXは非常によく似たスペックでクロック周波数の違い程度しかありません。価格に見合うかどうかはあなた次第ということになります。多少高くても最高峰のモデルを選びたいならRyzen 9 5900HXがおすすめです。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume