GE76 Raider 11U GE76-11UG-596JP

管理人管理人

当記事では、Core i9-11980HKの性能スペック及び搭載BTOノートパソコンについて紹介しています。Tiger Lake世代のフラグシップモデルです。Core i9-10980HKの後継モデルとなっています。8コア16スレッドとモバイル向けCPUとして最高峰のパフォーマンスを発揮します。

特にゲーミング性能に優れていて競合のRyzen 9 5900HXを上回ります。最新の10nmプロセスを採用して省電力性が向上しています。下位モデルであるCore i7-11800Hと比べるとラインナップは少なくある程度限られたモデルの中から選択する必要があります。

Core i9-11980HKの基本スペック

世代第11世代
開発コードTiger Lake
コア/スレッド数8 / 16
クロック周波数2.60 GHz
ブーストクロック5.00 GHz
内蔵グラフィックスUHD Graphics
TDP45W-65W
発売日2021年3月11日
価格$583

Core i9-11980HKのおすすめ用途

動画視聴Skypeビジネスデュアルデイトレマンガ デザイン
dougahaisin

tvdenwa
businessperson
dulamonitor
kabufx

webdesign
RAW現像動画編集動画投稿DTM ゲーム 実況CAD 

video_hensyu
youtubervirtual

gamedeveloper
gamejikkyouwomen
cad
Core i9-11980HKはモバイル向けのCPUとしてトップクラスの性能を持っています。ノートパソコンでできる作業についてはほとんど対応できると考えて良いと思います。ゲーム実況及び3D CADのみやや適正が低いです。CPU負荷が極端に高い用途ではやはりデスクトップ向けのCPUと比べて見劣りしてしまいます。それでもノートパソコン全体で見れば最も高い適性を持っています。RAW現像・動画編集・DTM・ゲームなど幅広く対応可能です。ノートパソコンでも性能に妥協したくない方は必見です。

Core i9-11980HKのスペック比較

Intel製CPUと比較

 Core i9-11980HKCore i7-11800HCore i9-10980HK
開発コードTiger LakeTiger LakeComet Lake
プロセス10nm10nm14nm
コア/スレッド8/168/168/16
ベースクロック2.6GHz2.3GHz2.4GHz
ターボクロック5.0GHz4.6GHz5.3GHz
OC××
L3キャッシュ24MB24MB16MB
メモリDDR4-3200DDR4-3200DDR4-2933
CPU内蔵グラフィックスUHD GraphicsUHD GraphicsUHD Graphics
グラフィックコア3232-
グラフィック周波数1450 MHz1450 MHz1250 MHz
TDP45W-65W35W-45W45W-65W
価格$583$395$583
発売日2021年3月11日2021年3月11日2020年4月2日
Core i9-11980HKは、Core i9-10980HKの後継モデルです。Comet LakeからTiger Lake世代になってプロセスが14nm→10nmへと微細化されました。8コア16スレッドと共通です。ベースクロックはCore i9-11980HKの方が9%高く、ターボクロックはCore i9-10980HKの方が6%高いです。CPUコアがWillow Cove Coreへと一新されてクロック周波数が低くてもより高いパフォーマンスを得られます。L3キャッシュ容量はCore i9-11980HKの方が50%多い24MBとなっています。

メモリ規格についてもDDR4-2933からDDR4-3200へとより高速なメモリに対応しています。CPU内蔵グラフィックスもIris Xe Graphicsをベースに強化されています。Cグラフィックコアも多くグラフィックス周波数も引き上げられています。もっともこの性能帯のCPUの場合外付けのグラフィックボードが搭載されるのが一般的なのでCPU内蔵グラフィックスの性能はそれほど重要ではありません。TDPは45W-65Wの範囲内に収まっています。価格も従来モデルと同じ$583です。

下位モデルのCore i7-11800HもCore i9-11980HKと同じ8コア16スレッドというスペックです。クロック周波数が抑えられている分だけCore i7-11800Hの方が性能が低くなっています。ベースクロックが10%低く、ターボクロックが8%低いです。また、Core i9-11980HKは、Core i7-11800Hとは違ってオーバークロックができます。より高いパフォーマンスを得られるというわけです。ただし、この場合ゲーミングノートPCの冷却システムが機能しない場合期待通りのパフォーマンスが得られないことがあります。

AMD製CPUと比較

 Core i9-11980HKRyzen 9 5900HX
開発コードTiger LakeZen 3
プロセス10nm7nm
コア/スレッド8/168/16
ベースクロック2.6GHz3.3GHz
ターボクロック5.0GHz4.6GHz
OC
L3キャッシュ24MB16MB
メモリDDR4-3200DDR4-3200
CPU内蔵グラフィックスUHD GraphicsRadeon Graphics
グラフィックコア328
グラフィック周波数1450 MHz2100 MHz
TDP45W-65W35-54W
価格$583-
発売日2021年3月11日2021年1月12日
AMDのフラグシップモデルであるRyzen 9 5900HXと比較していきます。Zen 3アーキテクチャを採用したCPUでプロセスは7nmです。Core i9-11980HKが10nmプロセスなので、まだまだAMDが優勢です。8コア/16スレッドとこれらの点は共通です。ハイパースレッディング対応でより高度な作業に対応することができます。

ベースクロックはRyzen 9 5900HXの方が30%高く、ターボクロックはCore i9-11980HKの方が10%高いです。いずれのCPUもオーバークロックに対応しているためより高いクロック周波数を目指すことができます。L3キャッシュ容量はCore i9-11980HKの方が多く用途によっては有利に働くことになるでしょう。

CPU内蔵グラフィックスはそれぞれUHD Graphics・Radeon Graphicsを搭載しています。UHD Graphicsは、高性能なIris Xeグラフィックスベースで従来モデルよりも強化されています。TDPはCore i9-11980HKが最大65Wと高いです。ここにプロセスの差が生じていると言えます。Ryzen 9 5900HXの価格は公開されていませんが、Core i9-11980HKと同様に$600以下と考えられます。

Core i9-11980HKってどんなCPUなの?

OC対応のハイパフォーマンスモデル

Core i9-11980HKは、2021年9月時点で最も高い性能を持つCPUの一つです。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くゲーム・動画編集・WEBデザインなど負荷の掛かる作業にも対応できます。CPUコアの改良でこれまでも得意としていたシングルスレッド性能も高いです。Ryzenシリーズと比べた優位性はこのシングルスレッド性能にあります。画像編集などで特に強みを発揮します。

さらに、オーバークロックに対応していてより高みを目指すことが可能です。競合モデルであるRyzen 9シリーズと同等のパフォーマンスを持っていると言えます。予算が豊富にあって多少の不便さがあってもフラグシップモデルを選びたいという方は要チェックです。性能面については不満に感じることはないと思います。

消費電力が大きく対策が必要となる

Core i9-11980HKは非常に消費電力の大きいCPUです。フラグシップモデルのCPUなのでハイクラスのグラフィックボードと合わせたモデルも多く消費電力あるいは発熱対策が課題だと言えます。大型の冷却システムを搭載するために本体が大きく重量も重くなります。当然バッテリー駆動時間にも期待できません。出先でもゲームを思う存分に楽しみたいと考えている方にとっては期待に添うことができない可能性が高いです。

このモデルは頻繁な部屋間の移動を考えていたり、電源のある環境でゲームをプレイしたいと考えていたりする方向けです。さすがに電源がない環境だとすぐにバッテリー切れになってしまいます。持ち運びに際しては電車や徒歩での移動時間が長いと厳しいです。性能が高い分代償となる部分も大きいです。扱いやすさを重視するならCore i7-11800H搭載モデルがおすすめです。

ラインナップはGPU搭載モデルのみとなる

Core i9-11980HK搭載モデルを探すと、必ずグラフィックボードを搭載したモデルとなります。性能を考えるとそれも納得できます。ゲームプレイや動画編集などのクリエイター作業を行いたいと考えている方に最適です。ラインナップはそれほど多いわけではなく、RTX 3060 Mobile・RTX 3070 Mobile・RTX 3080 Mobile搭載モデルを選択できます。

価格も高く30万円オーバーで中には50万円という価格が付いているモデルもあるぐらいです。十分な予算がある方でないと選びづらいですね。デスクトップパソコンならハイエンドモデルを購入できる価格帯です。Core i9-11980HKのCPU内蔵グラフィックスを非搭載にして価格を抑えて欲しいというのが本音です。CPU内蔵グラフィックスを活かせる場面はそれほど多くないと思います。

Core i9-11980HKのベンチマーク

Cinebench R20

Cinebench R20i9-11980hkbenchmark

Core i9-11980HKは、Ryzen 9 5900HXに次いで高いマルチスレッド性能を持っています。その差は4%程度とこれまでで一番AMDとの差が縮まったと言えます。一方で、シングルスレッド性能ではCore i9-11980HKがトップでRyzen 9 5900HXよりも5%高いです。

従来モデルのCore i9-10980HKよりも35%もマルチスレッド性能が向上しています。シングルスレッド性能も25%高いです。下位モデルであるCore i7-11800Hと比べると13%高いです。Core i9-11980HKの場合オーバークロックができますので、より高いスコアを期待することができます。クロック周波数を重視したいなら魅力的な選択肢になると思います。特にシングルスレッド性能の高さは圧巻です。

Adobe Photoshop

photoshopcorei9-11980hk-adobephotoshop

Photoshopの編集に掛かる時間をまとめています。マルチスレッド性能よりもシングルスレッド性能が重視される用途だと言えます。Ryzen 9 5900HXよりも3%高いパフォーマンスを発揮しています。従来モデルのCore i9-10980HKよりもスコアは伸びていますね。下位モデルのCore i7-11800Hよりも6%スコアが高いです。クリエイターの方にもおすすめしやすいCPUです。

Handbrake

dougahensyuucorei9-11980hk-handbrake

動画のエンコード速度を計測しています。エンコードはマルチスレッド性能が重要となります。Ryzen 9 5900HXよりも20%も劣る結果となりました。Zen 3アーキテクチャの底力を見せつけられましたね。それでも従来モデルのCore i9-10980HKよりも14%エンコードに掛かる時間が短縮されています。Core i7-11800Hとの差はそれほど大きくないのが気になります。

Core i9-11980HK搭載のおすすめBTOノートパソコン

GE76 Raider 11U GE76-11UG-596JP(MSI)

GE76 Raider 11U GE76-11UG-596JP価格:314,800円(税込)
CPU:Core i9-11980HK
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4-3200 32GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式

RTX 3070×Core i9-11980HK搭載のゲーミングノートPCです。17.3インチ360Hz対応の高性能モニターを搭載しています。Core i9-11980HK搭載モデルの中で最も価格が抑えられているモデルとなっています。高リフレッシュレートでのゲームプレイを考えている方におすすめです。メモリ32GB、SSD 1TBと圧巻の構成です。カスタマイズでより優れた構成にすることも可能です。

New XPS 17 スプレマシー(Dell)

New XPS 17価格:410,280円 328,224円(税込)
CPU:Core i9-11980HK
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式

RTX 3060搭載のミドルクラスモデルです。17.0インチの大型モニターを搭載していてゲームに没頭することができます。標準ではFHDモニターですが、カスタマイズでUHD+を選択することも可能です。メモリ16GB、SSD 512GB NVMeと構成は平均的です。Thunderbolt 4搭載など最新モデルらしさが見えます。本体重量約2.21kgと比較的重量も抑えられています。ハイクラス以上になるとそうはいきませんね。

AERO 15 OLED YD-93JP648SP(GIGABYTE)

AERO 15 OLED YD-93JP648SP価格:494,780円(税込)
CPU:Core i9-11980HK
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:DDR4-3200 32GB
SSD:512GB NVMe Gen4+1TB NVMe
HDD:非搭載

公式

RTX 3080×Core i9-11980HK搭載のクリエイターPCです。税込み50万円近い価格は驚きですね。ゲームプレイにも対応することができます。モニターは15.6インチ4Kディスプレイ搭載でRAW現像や動画編集などに適しています。2基の大型ファンと5本のヒートパイプを配置して高い冷却システムを構築しています。ハイエンドクラスにふさわしいモデルですね。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Core i9-11980HKの性能スペック及び搭載BTOノートパソコンについて紹介しました。Core i9-11980HKはモバイル向けのフラグシップモデルで高いパフォーマンスを持っています。8コア16スレッドとスペックも高く様々な用途に対応できます。ゲームプレイ・RAW現像・動画編集など負荷の高い作業も得意です。デスクトップ向けCPUとの差は大きいので過度な期待は禁物です。

搭載BTOパソコンについてはそれほどラインナップが多いわけではありません。MSI・Dell・GIGABYTEなど海外メーカーが中心となっています。最低でも30万円以上の予算を用意しなければいけません。本体重量が重くなるなどのデメリットもありますのでしっかりと理解した上で購入しましょう。ゲーミングノートの最高峰のモデルを購入したいという方向けです。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume