Ryzen 9 5900HX

管理人管理人

当記事では、Core i9-12900HKの性能スペック及び搭載BTOノートパソコンについて紹介しています。Intel第十二世代のフラグシップモデルです。Core i9-11980HKの後継モデルとなっています。前世代までは8コア16スレッドというスペックでしたが、今世代では一気に14コア20スレッドとスペックが高くなりました。PコアとEコアの二つのコアを搭載のハイブリッドコアアーキテクチャを採用しています。

モバイル向けCore i9シリーズの課題は下位モデルであるCore i7シリーズとの性能差です。前世代のモデルと同様にコア/スレッドについてはCore i7シリーズと差別化が図られていません。消費電力の問題もあってデスクトップ向けモデルのようにはいかないのでしょう。どの程度の差があるのかに注目していくと良いと思います。Core i9シリーズは価格が高くコスパ重視ならCore i7-12700Hの方がおすすめです。

Core i9-12900HKの基本スペック

世代第12世代
開発コードAlder Lake
コア/スレッド数14(6+8) / 20
クロック周波数(P)2.50 GHz
ブーストクロック(P)5.00 GHz
クロック周波数(E)1.80 GHz
ブーストクロック(E)3.80 GHz
内蔵グラフィックスIris Xe Graphics
L3キャッシュ24MB
PBP45W
MTP115W
発売日2022年01月26日
価格$635

Core i9-12900HKのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Core i9-12900HKは、ノートパソコン向けCPUとして最高峰のモデルです。このCPUで対応できないなら他に選択肢がないのが現状です。当然デスクトップ向けのCore i9-12900Kと比べると性能差は大きく別物だと理解しておく必要があります。動画編集・動画投稿・RAW現像・マンガ制作・ゲームプレイ・ゲーム実況・DTMなどの用途に適しています。

3D CADについてはプロフェッショナル向けのNVIDIA RTXシリーズを搭載したモデルがほとんどなく適正が高いわけではありません。CPU性能についてはデスクトップ向けモデルと比べると見劣りするもののある程度対応できます。デュアル環境構築も得意です。動画視聴・デイトレ・WEBデザイン・Skype・ビジネスだけであればややオーバースペック気味です。Core i7シリーズやCore i5シリーズでも問題ないと思います。

Core i9-12900HKのスペック比較

Intel製CPUと比較

 Core i9-12900HKCore i7-12700HCore i9-11980HK
開発コードAlder LakeAlder LakeTiger Lake
プロセス10nm10nm10nm
コア/スレッド14(6+8) / 2014(6+8) / 208 / 16
ベースクロック(P)2.5 GHz2.3 GHz2.6GHz
ターボクロック(P)5.0 GHz4.7GHz5.0 GHz
ベースクロック(E)1.8 GHz1.7 GHz-
ターボクロック(E)3.8 GHz3.5 GHz-
L3キャッシュ24MB24MB24MB
メモリDDR5-4800
LPDDR5-5200
DDR4-3200
DDR5-4800
LPDDR5-5200
DDR4-3200
DDR4-3200
CPU内蔵グラフィックスIris Xe GraphicsIris Xe GraphicsUHD Graphics
グラフィックコア969632
グラフィック周波数1450MHz1,400MHz1450MHz
PBP45W45W45W
MTP115W115W107W
価格$635$457$583
発売日Q1'22Q1'22Q2 2021
従来モデルのCore i9-11980HK及び下位モデルに当たるCore i7-12700Hとスペックを比較していきましょう。Core i9-11980HKはTiger Lake世代のCPUで現行モデルと同じ10nmプロセスを採用しています。8コア16スレッドと当時のフラグシップモデルでした。Core i9-12900HKになると14コア20スレッドとそれぞれ75%・25%増えています。14コアの内訳は6つのPコア(パフォーマンスコア)と8つのEコア(エフィシエントコア)です。

前者はゲームプレイなど負荷の高い作業を得意としていて、後者はバックグラウンドでの作業など軽めの作業を得意としています。この二つのコアを組み合わせたハイブリッドコアアーキテクチャの採用でより高いパフォーマンスを発揮します。PコアのベースクロックはCore i9-11980HKの方が4%高く、ターボクロックは同じです。PコアはGolden CoveコアになってIPCが19%改善されています。つまり、クロック周波数を落としてもより高い性能を出せるのです。

L3キャッシュ容量は24MBと共通です。メモリについてはDDR4-3200だけではなく、DDR5-4800/LPDDR5-5200にも対応しています。CPU内蔵グラフィックスはIris Xe Graphicsへと強化されています。グラフィックコアも三倍になっています。PBPは45WとCore i9-11980HKと同じですが、MTPは8%増えて115Wとなりました。ハイブリッドコアアーキテクチャを採用していてこれだけの上昇に抑えられているのは評価できます。価格差は$52で少し高くなっています。

下位モデルのCore i7-12700Hと比較していきます。従来モデルと同様に基本的なスペックは同じです。デスクトップ向けモデルとは違ってコア/スレッドの差別化はありませんね。異なるのはクロック周波数と内蔵GPUの性能だけです。PコアについてはベースクロックはCore i9-12900HKの方が10%高く、ターボクロックは7%高いです。EコアについてもベースクロックはCore i9-12900HKの方が6%高く、ターボクロックも9%高いです。

L3キャッシュ容量・対応メモリは共通です。CPU内蔵グラフィックスはIris Xe Graphicsは共通です。ただし、グラフィック周波数が4%程度高いです。PBP及びMTPは共通です。価格差は$178とやや大きいです。クロック周波数が異なるだけにしてはやや高く感じてしまうかもしれません。

AMD製CPUと比較

 Core i9-12900HKRyzen 9 5900HX
開発コードAlder LakeZen 3
プロセス10nm7nm
コア/スレッド14(6+8) / 208/16
ベースクロック(P)2.5 GHz3.3GHz
ターボクロック(P)5.0 GHz4.6GHz
ベースクロック(E)1.8 GHz-
ターボクロック(E)3.8 GHz-
L3キャッシュ24MB16MB
メモリDDR5-4800
LPDDR5-5200
DDR4-3200
DDR4-3200
CPU内蔵グラフィックスIris Xe GraphicsRadeon Graphics
グラフィックコア968
グラフィック周波数1450MHz2100 MHz
PBP45W45W
MTP115W-
価格$635-
発売日Q1'22Q1'21
第四世代RyzenシリーズのフラグシップモデルであるRyzen 9 5900HXとスペックを比較していきます。Ryzen 9 5900HXはZen 3アーキテクチャを採用したCPUです。7nmプロセスを採用しています。8コア16スレッドと、Core i9-12900HKよりも劣ります。ベースクロックはRyzen 9 5900HXの方が32%高く、ターボクロックも8%高いです。L3キャッシュ容量もCore i9-12900HKの方が50%高く24MBです。

対応メモリはDDR4-3200のみです。2021年時点では一般的なメモリ規格だと言えます。2022年にリリースされたCore i9-12900HKではより上位規格のDDR5-4800に対応しています。CPU内蔵グラフィックスについてはIris Xe Graphicsの方が上です。PBPは45Wと共通です。Ryzen 9 5900HXではMTPという概念はありません。Ryzen 9 5900Xの価格は非公開ですが、ラインナップ的にはCore i9-12900HKと同等の価格帯だと言えるでしょう。

Core i9-12900HKってどんなCPUなの?

モバイル向けハイパフォーマンスモデルの最高峰CPU

Core i9-12900HKは、モバイル向けHシリーズの最高峰モデルとなっています。クロック周波数が極限まで高められれていてより高い性能を発揮します。従来モデルのCore i9-11980HKよりも25%以上高い性能を持つモデルです。デスクトップ向けのCore i7-11700Kに匹敵するほどの性能です。2022年時点でこれ以上性能の高いモバイル向けCPUはありません。

14コア20スレッドというスペックは驚異的ですね。ゲーム実況や動画編集などマルチコア性能が重視される用途に最適です。ついに7nmプロセスを採用した競合モデルであるRyzen 9 5900HXを上回りました。基本的にCore i9-12900HKで不満を感じるようであればデスクトップ向けのCore i9シリーズの購入を検討すると良いですね。Intel第十二世代のCPUは革命を起こしたと言えるかもしれません。

搭載モデルは36万円台~(RTX 3050 Ti Mobile搭載)

Core i9-12900HKは価格が高いことがネックとなります。これはIntel第十一世代Core iシリーズの時も同じでした。RTX 3050 Tiとの組み合わせでも税込36万円台とかなり高いです。Core i7-12700H搭載モデルと比べると割高感があるのは事実です。Core i9-12900HKとCore i7-12700Hの価格差は定価で$178(約22,000円)です。

搭載モデルになるとそれ以上の価格差が生じるのには秘密があります。モデルによっては5万円以上高くなることもあります。Core i9-12900HKになると発熱量が多く、ノートパソコン自体にコストが掛かってしまうためです。ある程度予算に余裕がある方向けのCPUだと言えますね。

Core i7シリーズと比べてラインナップはそれほど多くない

Core i9-12900HK搭載モデルは、Core i7-12700H搭載モデルに比べるとラインナップが少なく選択肢はほとんどありません。これまでの経緯から考えてもドスパラ・G-Tune・パソコン工房などの国内大手BTOメーカーが取り扱わない可能性が高いです。そうなると必然的にASUSやDellなどの海外メーカーが中心となっています。

ハイエンドクラスのCPUとなると合わせるグラフィックスもハイエンドのものが中心となります。組み合わせ的にエントリークラスのモデルは少なくなってしまいます。Core i9-12900HK搭載モデルは価格が高めで売れ筋モデルになることもなく各BTOメーカーが力を入れていないことも要因だと言えますね。

Core i9-12900HKのベンチマーク

Cinebench R23

Cinebench R20corei9-12900hk-cinebenchr23

Core i9-12900HKは、14コア20スレッドとモバイル向けモデルとしてかなり高スペックなCPUということもあってCinebench R23のスコアは気になるところでしょう。Core i9-11980HKよりもマルチスレッド性能が26%高く、シングルスレッド性能が21%高いです。強敵であるRyzen 9 5900HXよりもマルチスレッド性能が16%高く、シングルスレッド性能が28%高いです。8コア16スレッドのCPUと比べると性能差はかなり大きいことがわかります。一方で、同じ14コア20スレッドのCore i7-12700Hとの性能差はそれほど大きくありません。マルチスレッド性能は1%、シングルスレッド性能は5%です。$178高いCore i9-12900HKを選びづらくなってしまいますね。

Adobe Photoshop

photoshopcorei9-12900hk-photoshop

Photoshopはシングルスレッド性能が重視されるアプリケーションの一つです。従来モデルのCore i9-11980HKよりも45%もパフォーマンスが向上しています。Ryzen 9 5900HXよりも45%程度性能が高く圧倒的なパフォーマンスを見せつけています。一方で、下位モデルであるCore i7-12700Hとの差は3%とそれほど大きくありません。クロック周波数が高いだけではうまく性能を引き出せていません。システムの冷却の問題もあるのだと思います。

Handbrake

dougahensyuucorei9-12900hk-handbrake

動画のエンコードに掛かる速度を計測しています。従来モデルのCore i9-11980HKよりも32%高いパフォーマンスを持っています。Ryzen 9 5900HXよりも18%程度パフォーマンスが高いです。下位モデルであるCore i7-12700Hとの性能差は2%に留まります。やはりCore i7シリーズとの差別化がうまく図られていませんね。それはCore i9-11980HKとCore i7-11800Hの関係を見れば同じであることがわかります。

Core i9-12900HKのゲーム性能

ゲームプレイ時のフレームレートを計測しています。ゲーミングノートPCの場合、グラフィックボードを統一することが難しいという特性があります。あくまでも参考値として見ていただければと思います。また、本体ごとに排熱性能なども違うので環境を統一することが困難です。

Gear 5

gears5i9-12900hk-gear5

Core i9-12900HKは最も高いゲーミング性能を持つCPUです。従来モデルのCore i9-11980HKよりも平均FPSが13%高いです。最小FPSも24%高いです。かなり高い水準に到達していることがわかります。Ryzen 9 5900HXとの性能差は16%と大きいです。やはり下位モデルであるCore i7-12700Hとの性能差は1%-2%程度に留まります。コストパフォーマンスを考えるならCore i7-12700Hが魅力的な選択肢となりますね。

Shadow of The Tomb Raider

Shadow of the Tomb Raideri9-12900hk-shadowofthetombraider

Shadows of the Tomb RaiderでもCore i7-12700Hとの性能差はほとんどなく同じ水準にあります。従来モデルのCore i9-11980HKよりも2%-10%程度フレームレートが高いです。もちろんグラフィックボードの差がありますので純粋な比較は難しいです。それでもCPUがボトルネックにならずグラフィックボードの性能に合わせてCPU性能が向上しているということです。

Core i9-12900HK搭載のおすすめBTOノートパソコン

New XPS 15 スプレマシー(Dell)

New XPS 15価格:367,080円(税込)
CPU:Core i9-12900HK
GPU:GeForce RTX 3050 Ti
メモリ:DDR5-4800 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式

15.6インチフルHD+モニター(1920×1200)を搭載しています。一般的なFULL HDモニターよりも少しだけ画面が大きく実用性が高いです。本体重量は約1.84kgと軽めです。持ち運びを考えている方にも最適です。モニターについては3.5KモニターやUHD+モニターにカスタマイズできます。Core i9-12900HK搭載モデルの最安値クラスの一台です。税込367,080円とRTX 3050 Ti搭載モデルとしては高めですが、Core i9-12900HK搭載モデルとしては妥当でしょう。CPU性能を重視したノートパソコン選びを考えている方向けです。メモリ16GB、SSD 512GBという構成です。

Raider GE76 12U GE76-12UH-319JP(MSI)

Raider GE76 12U GE76-12UH-319JP価格:449,800円(税込)
CPU:Core i9-12900HK
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:DDR5-4800 32GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式

17.3インチWQHDモニターを搭載したゲーミングノートPCです。240Hz対応モニターで快適なゲームプレイが約束されます。グラフィックスにはRTX 3080 Mobileを搭載していてWQHDモニターを活かせます。強力冷却システムである「Cooler Boost 5」を搭載していて熱対策もしっかり行われています。税込45万円と高価です。メモリ32GB、SSD 1TBという構成です。ゲーミングノートPCとして最高峰のモデルだと言えますね。

NEW ALIENWARE X17 R2 スプレマシー(ALIENWARE)

NEW ALIENWARE X17 R2価格:511,984円(税込)
CPU:Core i9-12900HK
GPU:GeForce RTX 3080 Ti
メモリ:DDR5-4800 32GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式

税込50万円のフラグシップモデルです。2022年の最高峰の性能を持つ一台となっています。17.3インチ165Hz対応モニターを搭載しています。カスタマイズでFHD 360Hz対応モニターやUHD 120Hz対応モニターを選択できます。グラフィックスにはハイエンドのRTX 3080 Ti Mobileを搭載していてCore i9-12900HKにふさわしい組み合わせだと言えます。メモリ32GB、SSD 512GBという構成です。価格帯を考えるとストレージ容量は控えめです。必要に応じてカスタマイズを検討しましょう。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Intel第十二世代のモバイル向けハイエンドモデルであるCore i9-12900HKの性能スペック及び搭載BTOノートパソコンについて紹介しました。14コア20スレッドと驚異的なスペックを誇りゲームプレイだけではなくゲーム実況や動画編集などの作業にも最適です。デスクトップパソコンに引けを取らない環境を構築できます。ゲーミングノートPCでも妥協をしたくないなら検討する価値があります。

一方で、下位モデルであるCore i7-12700Hとの性能差はそれほど大きくなく割高感があるのも事実です。コスト度外視で考えられる方向けだと言えます。搭載BTOノートパソコンはハイクラスが主流です。Core i9-12900HKとのバランスを考えるとRTX 3070 Ti Mobile以上のグラフィックボードと組み合わせたいですね。MSIやALIENWAREなど海外メーカーを中心にラインナップが増えて来ています。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等