rx5500xttop

管理人管理人

当記事では、「Radeon RX 5500 XTの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。ミドルクラスの性能はフルHD環境に最適です。誰にとっても扱いやすいグラフィックボードというのが長所だと言えます。

ミドルクラスであることを考えると比較的手頃な価格帯のパソコンとの相性が良いです。性能的には競合のGTX 1650 Superに近いと考えて間違いありません。

(+) FULL HDでのゲームプレイで60fpsを出せる性能
(+) RX 570と比較して性能面・省電力性の高さで大きく上回る
(-) 搭載モデルの数はそれほど増えずGTX 1650 Superが有利

Radeon RX 5500 XTの総合性能

rx5500xt-sougouseinou

総合性能はAMDが目指した位置にしっかりいることができていると思います。GTX 1650 Superとほぼ同等のパフォーマンスを発揮します。つまり、FULL HD環境への適性が高いグラフィックボードだと言えます。かつてそのコスパの高さから人気を博したGTX 1060 6GBをも超える性能は魅力的です。前モデルのRX 570と比較して30%以上性能がアップしています。

Radeon RX 5500 XTの性能スペック紹介

 RX 5500 XTRX 5700RX 570
GPUNavi 14Navi 10Polaris 20
プロセス7nm7nm14nm
ダイサイズ158m㎡251m㎡232m㎡
トランジスタ数6.4億10.3億5.7億
CUDAコア140823042048
ベースクロック1670MHz1465MHz1168MHz
ゲームクロック1717MHz1625MHz-
ブーストクロック1845MHz1725MHz1244MHz
VRAM4GB DDR68GB DDR64GB DDR6
メモリ帯域幅224.0GB/s448.0GB/s224.0GB/s
TDP130W180W150W
公式価格$169$349$169
発売日2019/122019/072017/04
RX 5500 XTでは新しいGPU「Navi 14」を搭載しています。RX 5700のNavi 10の廉価モデルという位置付けです。プロセスは7nmと前モデルであるRX 570の14nmから大幅に縮小化されています。その分ダイサイズも232m㎡→158m㎡へと縮小化されています。ダイサイズが小さくなってもトランジスタ数が10%以上増えているのはプロセス縮小による恩恵だと言えます。

また、GPUアーキテクチャの変更によってパワー効率のアップ及び省電力性の改善が見られます。まず、RX 570では2048のGPUコアが採用されていましたが、RX 5500 XTでは1408に留まります。クロック周波数が40-50%程度引き上げられているとは言えパフォーマンスの向上は眼を見張るものがあります。消費電力についても150W→130Wへと14%引き下げられました。

RX 5700になると価格差が$189もあることからわかる通りツーランク上の性能を持っています。GPUもNavi 10と上位モデルを採用。トランジスタ数を60%増やしてダイサイズも158m㎡→251m㎡へと大型化しています。CUDAコア数も60%以上向上しました。ベースクロック及びブーストクロックは引き下げられていますが、CUDAコアの数で圧倒しています。メモリ容量8GB、メモリ帯域幅448.0 GB/sと余裕があります。

Radeon RX 5500 XTってどんなグラフィックボード?

公式発表とは異なるスペックで登場

公式ではGTX 1650 Superより安くかつ性能が高いということを謳っていたため当該モデルについて期待していました。実際の性能は同等以下で、ゲームタイトルによっては僅かに超えることはあっても基本的には性能は少し下回ります。

性能はやや波のあるAMD社特有の不安定さが気になります。GTX 1650と比べれば価格相応、GTX 1650 Superと比べれば魅力が薄いグラフィックボードです。価格に関しては単体での話であって、RX 5500 XT搭載パソコンの価格は割と抑えられているので価格という特徴を伸ばすことができれば人気も出てくるような気がします。

4GB/8GBの二種類のラインナップがある

Radeon RX 5500 XTにはVRAM 4GBと8GBのモデルがあります。当然メモリ容量の大きい8GBのモデルのほうが性能は高いです。しかしながら、ミドルクラスの性能であるRX 5500 XTにとってメモリ容量が大きいことが必ずしもプラスに働くとは限りません。メモリ容量を活かせる場面では性能が足りず、4GBよりはマシ程度に落ち着いてしまいそうです。

また、4GBモデルより$30価格が上がってしまい、性能を比較する対象がGTX 1650 SuperからGTX 1660 になってしまう可能性があります。RX 5500 XTは優れていてグラフィックボードですが、比較対象のランクが上がってしまうと評価を大きく下げてしまいます。

ゲーム用途でなければ性能は発揮しやすいかもしれません。ただ、それならRX 5500 XTを選ぶ理由もなくなるので8GBモデルは省いて考えたいところです。価格がGTX 1650 Superより安くなりそうなRX 5500 XTは無難な選択肢となると思います。GTX 1650よりも性能は高いので価格次第では選択の利点が生まれるかもしれません。今現在では搭載モデルの数や価格も相まって微妙な立ち位置と言わざるを得ません。

現状あと一歩のグラフィックボード

あえてRX 5500 XT搭載モデルを選ぶメリットが薄いのは搭載モデルの数が少ないことにあります。まだまだ登場したてということもあるので仕方ない部分でもあります。ただ、搭載モデルの構成が限定されるなら選ぶ側が理想とするモデルも少ないことになります。セール対象にもなりにくいのでGTX 1650 Super同様になかなか輝け無いモデルになってしまうかもしれません。

そもそも、GTX 1650 Superの比較対象というのが何とも言えないところですね。フルHD環境で60fpsを出すことに決め打ちするなら適したグラフィックボードかもしれません。それ以上を求めるなら少し性能に不安があり、価格も定価$169とそこまで安いわけではありません。おそらく日本での販売価格は2万円台前半になります。AMD製のグラフィックボードを使用したい場合に限りおすすめできそうなライトミドルな製品です。

Radeon RX 5500 XT搭載PC使用時のフレームレート一覧

実際のゲームプレイ中のフレームレートを計測。フルHD/WQHD/4K+最高設定での計測を行っています。4GBと8GBの性能差やGTX 1650 Super、GTX 1660と比較してどうなっているのかを確認していきましょう。

*フレームレート(fps)とは、1秒間における表示可能なコマ数です。通常60fps以上の数値があれば快適だと言えます。

Assasin’s Creed Odyssey

Assassinscreedrx5500xt-Assassin's Creed Odyssey

Assasin’s Creed OdysseyではGTX 1650 Superの方が性能が高いです。50%程度の差が出ているのは気になりますね。RX 570と比較してもそれほど性能は向上しておらず当タイトルのプレイを考えている方は他のグラフィックボードを選択肢に入れると良いですね。ただ、これだけパフォーマンスに差があればドライバーの更新などで対応される可能性もあります。

Far Cry 5

farcry5rx5500xt-farcry5

Far Cry 5ではRX 5500 XTがGTX 1650 Superよりも5%程度高くなっています。GTX 1660に迫るパフォーマンスは魅力的です。RX 570と比較して32%スコアが向上しています。新しいアーキテクチャによるメリットだと言えます。ただし、この性能帯ではやはり4K解像度のリードはあってないようなもののようです。少なくともRX 5500 XTであっても快適とは言えないレベルです。

Hitman 2

hitmangtx1050tirx5500xt-hitman2

ここではRX 5500 XTは下位に沈んでいます。フルHDでもGTX 1650 Superと15%程度の差があります。それでもRX 570と比較して40%近く性能は向上しています。NVIDIA製グラフィックボードとの相性が良いタイトルだと言えます。解像度が上がるとスコアが高くなる傾向にありますが、対応できる性能がないため意味がありませんね。

Boarderland 3

Boarderland 3rx5500xt-borderlands3

Borderlands 3のフルHD環境ではNVIDA製品がまずまず、一段落ちてRXシリーズが並んでいます。GTX 1650 Superとの差は8%程度です。高解像度になると上回るものの性能不足なため意味をなしません。一番求められるフルHD環境でやや苦手な面があるのは気になりますね。新しいタイトルということもあり今後の最適化に期待されます。

Metro Exodus

Metro Exodusrx5500xt-metroexodus

比較的重めのゲームということもあって60fpsをクリアできたのはGTX 1660とRX 590だけです。GTX 1650 Superよりも4%程度スコアが高くなっています。RX 570との差は20%です。同じ価格帯のグラフィックボードでも世代でこれだけパフォーマンスがアップするのであれば十分だと思います。

Radeon RX 5500 XTの消費電力&発熱

消費電力

rx5500xt-watt

消費電力が引き下げられていることがわかります。RX 570と比べても30%近く省電力となっています。ゲームプレイ時の平均及びアイドル時も低いですね。Naviアーキテクチャの進化は目覚ましいものがあります。

温度

rx5500xt-temp

ゲームプレイ時及びアイドル時の温度をまとめています。GTX 1650 Superと比較してアイドル時がやや高くなっているものの総じて低めだと言えます。


Radeon RX 5500 XT搭載のおすすめBTOパソコン

現時点で搭載モデルは販売されていません。今後ラインナップが追加されたら追記します。

Radeon RX 5500 XTはこんな方におすすめ!

管理人管理人

登場して間もないモデルということもあり価格面を判断するのが難しいです。一つの基準としてはGTX 1650 Super搭載モデルよりも安いかどうかだと思います。仮にGTX 1650 Superより高い場合は安くなるまで待つかGTX 1650 Super搭載モデルを選んだほうが良いでしょう。8GBモデルの場合はGTX 1660との価格差がどのようになっているかです。少しでも安ければRX 5500 XT 8GBも視野に入れることができます。

安くて最低限ゲームに使用できる性能を持つグラフィックボードを求めている方にぴったりなグラフィックボードです。しかし、それはGTX 1650 Superにも言えることなのでRX 5500 XTだけが持つ特徴が見つからない今は率先して選ぶのは早計でしょう。

登場したての製品はセール対象にもなりにくいので、GTX 1660やGTX 1660 Superと同じ価格になってしまうと一気に魅力を失います。RX 5500 XTシリーズの登場を暖かく迎えつつ、来たるセールのときまでじっくり待つくらいが良さそうです。ただし、それもGTXシリーズにも言えることなので特別突き抜けた何かを持たなければなかなかおすすめしにくいです。

RX 5500 XTとGTX 1650 Super、RX 5500 XT 8GBとGTX 1660は性能も価格もとても近いです。RX 5500 XTが気になる人は同時にGTX 1650 Superが、RX 5500 XT 8GBが気になる人はGTX 1660が候補に挙がります。RX 5500 XTは単純にGTXシリーズの対抗製品として見ておくくらいが良いのではないでしょうか。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページベンチマークテスト環境

CPUIntel Core i9-9900K
マザーボードEVGA Z390 DARK
メモリ16GB DDR4
SSD2x 960 GB SSD
電源ユニットSeasonic Prime Ultra Titanium 850W
冷却システムCryorig R1 Universal 2x 140 mm fan
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイAcer CB240HYKbmjdpr 24インチ
参照サイト:Sapphire Radeon RX 5500 XT Pulse 4 GB Review(TECHPOWERUP)