GALLERIA GR1650TGF-T

管理人管理人

当記事では、Ryzen 5 4600Hの性能スペックについて紹介しています。Zen 2アーキテクチャを採用した待望のラップトップ向けのRyzenシリーズです。その中でもこのRyzen 5 4600Hは、手頃なハイパフォーマンスモデルということで評価の高いCPUです。

搭載モデルの豊富さからも人気であることがわかります。動画編集やゲームプレイもこなせる性能の高さは圧巻です。Ryzen 3000シリーズとは別物と考えて良いでしょう。より高次元でのPC作業が可能となります。

Ryzen 5 4600Hの基本スペック

世代第3世代
開発コードRenoir(Zen 2)
コア/スレッド数6 / 12
クロック周波数3.00 GHz
ブーストクロック4.00 GHz
内蔵グラフィックスAMD Radeon Graphics
TDP45W
発売日2020年06月01日
搭載モデル89,980円~

Ryzen 5 4600Hのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Ryzen 5 4600Hは、ハイパフォーマンスのHシリーズのエントリークラスながら高い性能を持っています。マルチスレッド性能が高く動画編集・RAW現像・WEBデザインなどクリエイター作業も得意です。グラフィックボード搭載モデルも多くゲームプレイにも適しています。オールラウンドに対応できるモデルだと考えて間違いありません。

Ryzen 5 4600Hのスペック比較

AMD製CPUと比較

 Ryzen 5 4600HRyzen 7 4800HRyzen 7 3750H
コードネームZen 2Zen 2Zen +
プロセス7nm7nm12nm
コア/スレッド6/128/164/8
ベースクロック3.0GHz2.9GHz2.3GHz
ターボクロック4.0GHz4.2GHz4.0GHz
L3キャッシュ8MB8MB4MB
メモリDDR4-3200MHzDDR4-3200MHzDDR4-2400MHz
CPU内蔵グラフィックスRadeon GraphicsRadeon GraphicsRadeon Graphics
グラフィックコア6710
グラフィック周波数1500MHz1600MHz1400MHz
TDP45W45W45W
価格---
発売日Q2 2020Q2 2020Q1 2019
Ryzen 5 4600Hのスペックについて前世代のRyzen 7 3750Hと現行の上位モデルであるRyzen 7 4800Hと比較していきます。Ryzen 7 3750Hは、Zen +アーキテクチャを採用したラップトップ向けの最上位モデルです。スペックを見るとわかるとおりRyzen 7シリーズでもそれほど性能は高くありませんでした。

コア/スレッドも4コア8スレッドとそれぞれ33%低いです。ベースクロックも23%低く、L3キャッシュも半減の4MBです。メモリ規格についても異なっています。スペック的にも別物のCPUだと言えます。ただし、性能面ではスペック以上にアーキテクチャの違いによるところが大きいです。明らかにRyzen 5 4600Hの方が性能が高いです。CPU内蔵グラフィックスについても同等以上です。

上位のRyzen 7 4800Hになるとさらに性能が高くなります。コア/スレッドがそれぞれ33%高く、8コア16スレッドとなります。ラップトップ向けのCPUとしてはトップクラスのスペックを持っています。ベースクロックは0.1GHz低いもののターボクロックは5%引き上げられています。L3キャッシュやメモリ規格は同じものです。内蔵グラフィックスについてもわずかに性能が引き上げられています。

Intel製CPUと比較

 Ryzen 5 4600HCore i5-10300H
コードネームZen 2Comet Lake
プロセス7nm14nm
コア/スレッド6/124/8
ベースクロック3.0GHz2.5GHz
ターボクロック4.0GHz4.5GHz
L3キャッシュ8MB8MB
メモリDDR4-3200MHzDDR4-2933MHz
CPU内蔵グラフィックスRadeon GraphicsIntel UHD Graphics
TDP45W45W
価格-$250
搭載モデル89,980円~99,980円~
発売日Q2 2020Q2 2020
Intelの同クラスのCPUと比較していきます。搭載モデルの価格を見るとRyzen 5 4600Hですが、構成を揃えるとほぼ同等と考えて良いでしょう。Core i5-10300Hは、Comet Lake世代のCPUです。2020年第二四半期と同時期に販売されています。ハイパフォーマンスモデルのエントリークラスという位置付けも同じですね。

プロセスはRyzen 5 4600Hの7nmプロセスに対して、Core i5-10300Hは14nmプロセスとなっています。Ryzenの方がプロセスの縮小化に成功しています。コア/スレッドは33%少ない4コア8スレッドとなっています。ベースクロックは約15%低く、ターボクロックは約12%高いです。クロック周波数が高い分実際の作業環境では有利に働くこともあります。

L3キャッシュは8MB、消費電力は45Wと共通しています。メモリ規格についてはRyzen 5 4600HのDDR4-3200MHzに対して、Core i5-10300HはDDR4-2933MHzとCore i5の方が劣っています。いずれもCPU内蔵グラフィックスを搭載していますが、外付けのグラフィックボードを搭載していることが多いためそれほど気にしなくても良いと思います。

Ryzen 5 4600HってどんなCPUなの?

前世代のRyezn 7 3750Hよりも大幅に性能アップ

Ryzen 5 4600Hで採用されているZen 2アーキテクチャは前世代のZen +とは別物です。前世代で型番的に上位モデルに位置するRyzen 7 3750Hを大きく上回る性能を持っています。定番のベンチマークソフトであるCinebench R20でも2倍程度スコアが伸びています。

ノート向け第2世代Ryzenシリーズを購入した方はパフォーマンスがいまいち伸びず後悔してしまったかもしれません。事実Ryzen 7シリーズでもCore i5-9300Hに勝てませんでした。この第3世代Ryzenシリーズは期待していただいても良いです。Ryzen 7 3750Hよりも大幅に性能が高く、Intel製CPUと同等以上の性能で満足度も高いはずです。Intel Core i7-10750Hを上回るパフォーマンスを発揮することもあるほどです。

AMD 45WモデルのエントリークラスのCPU

Ryzen 5 4600Hは、ハイパフォーマンスモデル(Hシリーズ)のエントリークラスCPUです。省電力モデルのUシリーズと比べて一段高いパフォーマンスを得られます。15W→45Wと消費電力が増える分パフォーマンスも大きく向上しています。

性能が高いことから動画編集などのクリエイター用途からゲームプレイまで幅広く対応できるのが特徴です。特に省電力モデルでは性能が物足りないと感じる方はチェックしてみてください。それでいてエントリークラスということもあって価格も手頃で購入しやすいです。

低価格帯のゲーミングノートを支える高コスパモデル

Ryzen 5 4600H搭載モデルは価格の安さが特徴となっていることが多いです。それだけコストパフォーマンスに優れたCPUだと言えます。税抜10万円前後のモデルを探すとRyzen 5 4600HあるいはCore i5-10300H搭載モデルだけになります。その中でもRyzen 5 4600Hは最安値クラスのモデルを持っています。

さらに、Core i5-10300Hよりもマルチスレッド性能が高く幅広い用途で強みを発揮するRyzen 5 4600Hは心強い存在です。BTOメーカーのラインナップが多く選びがいがあります。コストパフォーマンスを重視したゲーミングノートPC選びをしたいゲーマーの方は必ず押さえておきましょう。

Ryzen 5 4600Hのベンチマーク

Cinebench R20

cpuryzen-5-4600h-cinebenchr20

Ryzen 5 4600Hは、Core i7-10750Hよりも高いマルチスレッド性能を持つCPUです。おおよそCore i7-108750H(8コア16スレッド)に匹敵します。マルチスレッド性能ではおよそ10%の差があります。一方で、シングルスレッド性能は4%低くなっています。

Core i5-10300Hよりも90%、Ryzen 7 3750Hと比べて100%パフォーマンスが向上しています。アプリケーションなどの使用を想定している方は必見です。シングルスレッド性能についても20%高いです。アーキテクチャの差が出ている形です。

エンコード(Handbrake)

dougahensyuuryzen-5-4600h-handbrake

動画のエンコードに掛かる時間を計測しています。数値が少ないほど高性能であることを意味します。動画配信などで編集をする機会が多い方は参考になる部分だと思います。Ryzen 5 4600Hは、Ryzen 7 3750Hよりも55%パフォーマンスが高く、Core i5-10300Hよりも32%パフォーマンスが高いです。さらに、上位モデルであるCore i7-10750Hよりも14%早いです。これだけの差を付けていればクリエイターの方にとっては魅力的なCPUとなるでしょう。

7-Zip

zipryzen-5-4600h-zip

Zipファイルの圧縮・解凍速度を計測しています。Ryzen 5 4600Hの性能の高さが伺えます。Core i5-10300Hとの性能差は大きく、圧縮で65%・解凍で40%となっています。これだけの差があると体感できるほどだと言えます。圧縮では上位モデルで6コア12スレッドのCore i7-10750Hよりも高速です。解凍でもCore i7-10750Hに匹敵する性能を持っています。前世代の上位モデルであるRyzen 7 3750Hよりも65%・85%高く圧倒的です。Zen 2アーキテクチャのポテンシャルの高さには驚きます。

PCMARK

ryzen-5-4600h-pcmark

Core i5-10300Hとの差が大きくなっています。Ryzen 5 4600Hの方がEssentials Testではおよそ17%、Productivity Testではおよそ34%高いです。前世代のRyzen 7 3750Hから大幅にパフォーマンスが向上していることがわかります。Core i7-10750Hよりもそれぞれ2%・8%の差があります。価格の高いCore i7シリーズを超える性能はさすがです。

Photoshop

ryzen 5 4600h-photoshop

PhotoshopでもRyzen 5 4600Hの性能の高さが際立っています。Core i5-10300Hよりも8%スコアが高いです。Core i7-10750Hよりもスコアが高いのはこれまで見てきたとおりです。Ryzen 7 3750Hとの差もかなり大きく32%と開いています。Ryzen 7 3750Hからの買い替えも十分選択肢に入ります。

Ryzen 5 4600H搭載のおすすめBTOノートパソコン

HP Pavilion Gaming 15(HP)

HP Pavilion Gaming 15価格:87,000円
液晶:15.6インチ
重量:約2.08kg
駆動時間:最大8時間
CPU:Ryzen 5 4600H
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4 16GB
SSD:256GB NVMe
HDD:非搭載



税抜87,000円の最安値のゲーmングノートPCです。15.6インチ・重量約2.08kgと平均的です。本体の両側については狭額縁デザインを採用していて視認性が高いです。バッテリー駆動時間は最大8時間となっています。グラフィックボードにはエントリークラスのGTX 1650を搭載しています。FULL HD環境でのゲームプレイに最適です。メモリ16GB、SSD 256GB NVMeと構成も充実していてクリエイター向けモデルとしてもおすすめです。

GALLERIA GR1650TGF-T (ドスパラ)

GALLERIA GR1650TGF-T価格:89,980円
液晶:15.6インチ 120Hz
重量:約1.9kg
駆動時間:約7.5時間
CPU:Ryzen 5 4600H
GPU:GeForce GTX 1650 Ti
メモリ:DDR4 8GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載



Ryzen 5 4600H搭載の最安値クラスのゲーミングノートPCです。税抜8万円台というのは驚きです。本体も2.0kgを切っていて持ち運びも行いやすいです。グラフィックボードにはGTX 1650 Tiを搭載しています。エントリークラスのモデルながらゲーム適性は上々です。メモリ8GB、SSD 512GB NVMeと構成は控え目ですが、価格の優位性を出すためには十分だと思います。

Bravo-15-A4DCR-058JP(MSI)

Bravo-15-A4DCR-058JP価格:108,909円
液晶:15.6インチ
重量:約1.96kg
駆動時間:非公開
CPU:Ryzen 5 4600H
GPU:Radeon RX 5300M
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載



AMD製CPUにグラフィックボードを合わせたモデルです。15.6インチで重量約1.96kgと持ち運びを考えている方にもおすすめです。モニターのサイド部分は狭額縁デザインが採用されています。Radeon RX 5300Mは、エントリークラスのグラフィックボードでGTX 1650に近い性能を持っています。設定調整を行えばFULL HD環境でのゲームプレイを行うことが可能です。メモリ16GB、SSD 512GB NVMeと価格帯を考えると充実していると言えます。

ROG Zephyrus G14 GA401IH(ASUS)

ROG Zephyrus G14 GA401IH118,164円
液晶:14.0インチ
重量:約1.65kg
駆動時間:最大10.2時間
CPU:Ryzen 5 4600HS
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4 8GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載



税抜11万円台のゲーミングノートPCです。ASUSのゲーミングノートで本体が約1.65kgと軽いのが魅力です。本体も薄くデザイン性も高いです。バッテリー駆動時間は最大10.2時間と余裕があります。グラフィックボードにはGTX 1650を搭載しています。Turing世代のエントリークラスのモデルです。Ryzen 5 4600HSは、省電力モデルで性能とのバランスが良い一台となっています。Ryzen 5 4600Hに比べると少しパフォーマンスは落ちますが、クリエイターの方などにおすすめです。

New Dell G5 15 プレミアム(120Hz・RX5600M搭載)(Dell)

New Dell G5 15 プレミア価格:149,980円
液晶:15.6インチ
重量:約2.5kg
駆動時間:非公開
CPU:Ryzen 5 4600H
GPU:Radeon RX 5600M
メモリ:DDR4 8GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載



15.6インチで重量約2.5kgと重めです。持ち運びをメインに考えるならおすすめしにくいです。グラフィックボードにはRadeon RX 5600Mを搭載したゲーミングノートPCです。AMD製パーツで合わせています。グラフィックス性能はRTX 2060を上回っています。高設定でもゲームをプレイできます。メモリ8GB、SSD 512GBと構成は控え目です。メモリ容量についてはカスタマイズの余地があります。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Ryzen 5 4600Hの性能スペック及び搭載BTOノートパソコンについて紹介しました。AMDのハイパフォーマンスモデルのエントリークラスに位置します。エントリークラスとは言っても6コア12スレッドと競合であるIntelのCore i7シリーズと同等のスペックを誇ります。実際のPC環境においても同等のパフォーマンスを発揮します。価格が抑えられているのも魅力で、税抜10万円前後のモデルを探している方は必見です。

搭載モデルは豊富でユーザーは選ぶ楽しみがあります。価格で選ぶならHPの「HP Pavilion Gaming 15」やドスパラの「GALLERIA GR1650TGF-T」が最適です。税抜8万円台という価格設定には驚くばかりです。AMD製パーツで揃えたいならMSIの「Bravo-15-A4DCR-058JP」やDellの「New Dell G5 15 プレミアム」が良いでしょう。

最後にASUSの「ROG Zephyrus G14 GA401IH」がおすすめです。14.0インチノートで重量約1.65kgと持ち運びのしやすさが魅力です。Ryzen 5 4600HSは、省電力モデルでクロック周波数を抑えています。エントリークラスのGTX 1650と合わせるのに最適です。デザイン性も高くクリエイターの方にもおすすめです。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume