dynabookCore i7-1260P

管理人管理人

当記事では、Ryzen 7 6800Uの性能スペック及び搭載BTOノートパソコンについて紹介しています。Ryzen 7 5800Uの後継モデルが発売されました。Ryzen 7 6800Uは次世代モデルのZen 4ではなく、既存のZen 3のリフレッシュモデルでZen 3+と命名されています。

Ryzen 7 5800Uと比べて大幅に性能が引き上げられたわけではありませんが、これから購入するならRyzen 7 6800Uを候補に入れると良いですね。競合モデルであるIntel第十二世代Core iシリーズと比べても優位性があります。CPU内蔵グラフィックスの性能も高くクリエイター作業にも対応可能です。今回のアップグレードはグラフィックスの進化の方が大きいかもしれません。

Ryzen 7 6800Uの基本スペック

世代第4世代
開発コードZen 3+
(Rembrandt)
コア/スレッド数8 / 16
クロック周波数2.70 GHz
ブーストクロック4.70 GHz
内蔵グラフィックスRadeon 680M
TDP15W-28W
価格-
発売日2022/01

Ryzen 7 6800Uのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin
video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Ryzen 7 6800Uはモバイル向けモデルの中でも高い性能を持ち対応できる幅も広いです。デュアル環境構築・動画視聴・Skypeだけであれば完全にオーバースペックとなります。動画編集・RAW現像・デイトレ・WEBデザイン・DTM・ビジネスなどにも対応できます。動画投稿・マンガ制作なども対応可能です。

CPU内蔵グラフィックスのRadeon 680Mはまずまずの性能を持っていますが、ゲーム・ゲーム実況・3D CADを行うには十分な性能を持っているとは言えません。これらの用途ではかなりの妥協が必要であることを理解しておきましょう。場合によってはデスクトップパソコンも検討しましょう。

Ryzen 7 6800Uのスペック比較

AMD製CPUと比較

 Ryzen 7 6800URyzen 7 5800U
コードネームZen 3+
(Rembrandt)
Zen 3
(Cezanne)
プロセス6nm7nm
トランジスタ数-107億
ダイサイズ208 mm²180 mm²
コア/スレッド8 / 168 / 16
ベースクロック2.7GHz1.9GHz
ターボクロック4.7Ghz4.4Ghz
L3キャッシュ16MB16MB
メモリ規格DDR5-4800
LPDDR5-6400
DDR4-3200
内蔵GPURadeon 680MRadeon Vega 8
GPU EUs128
グラフィックス周波数2.20 GHz2.00 GHz
TDP15W-28W15W-25W
発売日2022/012021/01
単体価格--
搭載PC価格143,312円~86,790円~
Ryzen 7 6800Uは、RembrandtベースのZen 3+アーキテクチャを採用したCPUです。従来モデルのZen 3のリフレッシュモデルという位置付けです。プロセスが7nmから6nmへと微細化されています。より進化したアーキテクチャとなりました。ダイサイズは15%程度大きくなって208m㎡です。Radeon 680Mを搭載している分だけ大きくなっていますね。

8コア16スレッドというスペックは共通です。ベースクロックは43%高く、ターボクロックも7%高くなっています。L3キャッシュは16MBと共通です。対応メモリはDDR4-3200からDDR5-4800・LPDDR5-6400へとアップグレードされています。データの転送効率が向上してさらに帯域幅も拡張されています。同じCPUなら当然DDR5メモリを搭載している方が性能的に有利になります。

内蔵GPUは大きく変わっています。Radeon Vega 8からRadeon 680Mへアップグレードされています。GPUの実行ユニットが8から50%アップの12となっています。また、グラフィックス周波数も10%引き上げられて2.20GHzです。TDPは15W-25Wから15W-28Wへと変更されています。搭載PCの価格差は大きいですね。ラインナップが増えてくればもう少し安くなるのではないかと思います。

Intel製CPUと比較

 Ryzen 7 6800UCore i7-1260P
コードネームZen 3+
(Rembrandt)
Alder Lake
プロセス6nm10nm
トランジスタ数--
ダイサイズ208 mm²-
コア/スレッド8 / 1612(4+8) / 16
ベースクロック2.7GHz2.1Ghz
ターボクロック4.7Ghz4.7Ghz
ベースクロック(E)-1.5Ghz
ターボクロック(E)-3.4Ghz
L3キャッシュ16MB18MB
メモリ規格DDR5-4800
LPDDR5-6400
LPDDR5-5200
DDR5-4800
LPDDR4x-4267
DDR4-3200
内蔵GPURadeon 680MIris Xe Graphics
GPU EUs1296
グラフィックス周波数2.20 GHz1.40 GHz
TDP15W-28W28W-64W
発売日2022/012022/02
単体価格-$438
搭載PC価格143,312円~148,995円~
競合モデルであるIntel第十二世代のCore i7-1260Pとスペックを比較していきます。10nmプロセスを採用しています。6nmプロセスを採用しているRyzen 7 6800Uは二歩ぐらい先を歩いています。Core i7-1260Pはハイブリッドコアアーキテクチャを採用していて12コア(4Pコア+8Eコア)16スレッドというスペックです。

Eコア4つでPコア1つ相当のため、Ryzen 7 6800Uと同等のスペックだと考えられます。ベースクロックはRyzen 7 6800Uの方が30%高く、ターボクロックはどちらも4.7GHzと共通です。Core i7-1260PにはEコアがありベースクロック1.5GHz、ターボクロック3.4GHzとなっています。L3キャッシュはCore i7-1260Pの方が13%多く18MBです。

Core i7-1260PではDDR5メモリだけではなくDDR4メモリもサポートしています。DDR5のみをサポートしているRyzen 7 6800Uとは異なりますね。内蔵GPUはIris Xe Graphicsです。GPUの実行ユニットの数はアーキテクチャが異なるため参考程度にとどめておきましょう。Radeon 680Mの方が性能が高いです。TDPについてはRyzen 7 6800Uの方が抑えられています。6nmプロセス採用による恩恵です。

Ryzen 7 6800UってどんなCPUなの?

省電力モデルにおいてトップクラスの性能を持つ

ryzen76800ubenchmark
Ryzen 7 6800Uは、省電力モデルの中でもトップクラスのパフォーマンスを持つCPUです。上位にはIntel第十二世代のCore i7-1280Pがありますが、性能差はそれほど大きくありません。また、Core i7-1280Pは搭載モデルの多いモデルではなく選びづらさがあります。ラインナップ的には下位モデルのCore i7-1260Pの方が一般的ですね。そのCore i7-1260Pよりも10%以上も性能が高いです。

従来モデルのRyzen 7 5800Uよりも5%程度パフォーマンスが高いです。Zen 3からZen 4になったわけではなくあくまでもマイナーチェンジのZen 3+なのでそれほど性能の伸びがあるわけではないです。それでも省電力モデルの中では高いパフォーマンスを持っていることは事実です。ノートパソコンで動画編集・画像編集・WEBデザイン・デイトレなどの作業を考えている方に最適です。

CPU内蔵GPUのRadeon 680Mの性能が高い

radeon680mbenchmark
Ryzen 7 6800Uの最大のハイライトは、CPU内蔵グラフィックスに高性能なRadeon 680Mを搭載していることでしょう。CPU性能自体は従来モデルのRyzen 7 5800Uから大きく伸びているわけではありませんが、内蔵グラフィックスの性能は飛躍的に向上しています。Ryzen 5000シリーズで搭載されていたRadeon Graphicsよりも60%以上も性能が高いです。

Core i7-1260Pで搭載されているIntel Iris Xe Graphicsよりも20%以上も上回っています。これまではIntel製CPUの内蔵グラフィックスが優勢でしたが、Radeon 680Mの登場で一気に逆転しました。グラフィックス性能が向上したことで動画編集などのクリエイター作業への適性も向上しています。設定を下げたり、解像度を下げたりすることでゲームプレイにも対応できるポテンシャルがあります。

搭載モデルのラインナップが極端に少ない

2022年6月時点で搭載モデルはLenovoから1機種リリースされているだけです。今後Dell・HP・ASUSなど海外メーカーを中心に搭載モデルが発売されるのではないかと思います。旧世代のRyzen 7 5800Uが併売されているので、Ryzen 7 6800Uを搭載したモデルが揃うまでもう少し時間が掛かりそうです。

そもそも国内BTOメーカーからはRyzen 7 5800Uを搭載したモデルがそれほど多くなかったことからRyzen 7 6800Uを搭載したモデルのラインナップも限定的になるでしょう。国内BTOメーカーはIntel製CPUの取り扱いが多いですね。AMDの様々なモデルから選びたいなら海外メーカーを視野に入れると良いと思います。

Ryzen 7 6800Uのベンチマーク

Cinebench R23

Cinebench R20ryzen76800u-cinebenchr23

Cinebench R23で客観的にCPUの性能を見ていきましょう。従来モデルのRyzen 7 5800Uよりもマルチスレッド性能が4%高く、シングルスレッド性能が1%程度高いです。Intel製Core i7-1260Pよりもマルチスレッド性能は8%高いですが、シングルスレッド性能は22%低いです。マルチスレッド性能が高いことで動画編集などのクリエイター作業に適しています。ハイパフォーマンスモデルであるCore i7-12700HやRyzen 9 6900HSとの差は大きいですね。あくまでも省電力モデルとしてパフォーマンスが高いということです。用途に合わせてCore i7-1260P搭載モデルとしっかり比較検討すると良いと思います。

PCMark 10

pcmark10ryzen76800u-pcmark

PCMark 10でのパフォーマンスを見ていきます。オフィスソフトなど一般的なPC作業を想定したベンチマークソフトです。従来モデルのRyzen 7 5800Uよりも1%だけスコアが伸びていますが、これだけの差だと誤差の範囲と言えるかもしれませんね。プロセスの微細化などがあったもののあくまでもマイナーチェンジということで納得できると思います。Intel Core i7-1260Pよりも10%程度パフォーマンスが劣ります。シングルスレッド性能が重視される用途だと考えて良いでしょう。

Handbrake

dougahensyuuryzen76800u-handbrake

動画のエンコードにおけるパフォーマンスを見ていきましょう。エンコードはRyzen 7 6800Uが得意とする分野で省電力モデルの最高峰のパフォーマンスを発揮しています。Ryzen 7 5800Uよりも27%もパフォーマンスが高いです。競合モデルであるCore i7-1260PやCore i7-1280Pと比べても上回っています。これは純粋なCPU性能で伸びているというよりは、グラフィックス性能の差が出ている形です。それだけRadeon 680Mの性能が高いということです。Ryzen 7 6800Uはオールラウンドに対応できるモデルだと言えますね。

7-Zip

zipryzen76800u-zip

7-Zipでも高いパフォーマンスを発揮しています。従来モデルのRyzen 7 5800Uよりも解凍速度が3%程度高くなっています。圧縮速度は同等です。Core i7-1260Pよりも解凍速度が30%高く、圧縮速度も29%高いです。解凍速度については現行トップクラスだと言えますね。圧縮速度についてはApple Mi Proが強力です。Ryzen 7 6800Uよりも50%以上もパフォーマンスが高いです。

Adobe

adoberyzen76800u-adobe

利用者の多いアドビソフトでのパフォーマンスを見ていきます。Photoshopはシングルスレッド性能が、Premiere Proはマルチコア性能及びグラフィックス性能が重要な役割を果たすソフトウェアです。Photoshopではシングルスレッド性能の高いIntel製CPUが高いスコアを出しています。Core i7-1260Pは、Ryzen 7 6800Uよりも7%高いです。Core i7-1280Pになるとその差は12%まで広がります。一方で、Premiere ProではRyzen 7 6800UがCore i7-1260Pを32%上回ります。Core i7-1280Pよりも20%近くも高いです。アドビソフトを使うならRyzen 7 6800Uは魅力的な選択肢となるでしょう。

Ryzen 7 6800Uのゲーム性能

Gears 5

gear5ryzen76800u-gears5

Gears 5では41fpsとまずまずのフレームレートが出ています。従来モデルであるRyzen 7 5800Uよりも76%もフレームレートが高いです。Radeon 680Mを搭載している本領発揮です。やはりグラフィックス処理性能は大幅に向上していると考えて良いと思います。競合モデルであるCore i7-1260Pよりも70%以上もフレームレートが高いです。ハイパフォーマンスモデルのCore i7-12700Hでさえも上回っています。

Tom Clancy’s Rainbow Six Siege

rainbow six siegeryzen76800u-rainbow

Tom Clancy’s Rainbow Six Siegeなら設定を下げればある程度ゲームプレイを楽しめそうです。平均fpsは80で、最小fpsは63と十分な数値が出ています。従来モデルのRyzen 7 5800Uよりも75%もフレームレートが高いです。CPU内蔵グラフィックスとしてはトップクラスだと言えますね。

Watch Dogs Legion

watch dogs legionryzen76800u-watchdogs

Watch Dogsでは38fpsとやや苦戦しています。Watch Dogsをプレイしたいと考えているならグラフィックボードは必須です。それでもRyzen 7 5800Uよりも60%以上もフレームレートが高いです。Core i7-1260Pよりも80%もフレームレートが高くなっています。

Ryzen 7 6800U搭載のおすすめBTOノートパソコン

Lenovo Yoga 770 – ストーンブルー(Lenovo)

Lenovo Yoga 770価格:143,312円(税込)
CPU:Ryzen 7 6800U
GPU:Radeon 680M
メモリ:LPDDR5-6400 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式

Lenovoからすでに搭載モデルがリリースされています。14.0インチ 2.8K OLEDディスプレイを搭載した高級モデルです。90Hz対応です。ここまで高性能なディスプレイが搭載されたモデルは珍しいですね。メモリはLPDDR5-6400 16GBが選択されています。クリエイター作業などに最適です。ストレージはSSD 1TBを搭載しています。構成も充実していておすすめ度は高いです。本体重量約1.42kg、バッテリー駆動時間は約17時間と実用性も高くなっています。

当記事のまとめ

管理人管理人

Ryzen 7 6800Uの性能スペック&搭載BTOノートパソコンについて紹介しました。Ryzen 7 5800Uの後継モデルでZen 3+アーキテクチャを採用しています。CPU性能自体はそれほど大きく変わっているわけではありませんが、省電力モデルとしてトップクラスの性能を誇ります。競合モデルのCore i7-1260Pを上回る性能を持っています。また、内蔵グラフィックスにはRadeon 680Mを搭載していて内蔵モデルとしては十分すぎる性能です。動画編集などGPUを活かせる用途に強いです。もちろん設定などを妥協すればゲームプレイにも対応できます。

搭載BTOノートパソコンはまだまだ数が少なく今はLenovoの「Lenovo Yoga 770 – ストーンブルー」のみです。機能的にも優れていておすすめのモデルです。価格は高めですが、もう少し時間が経てば価格が下がるのではないかと思います。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等