cpucorei78550u

管理人管理人

当記事では、「Core i7-1065G7の性能スペックと搭載BTOノートパソコン」を紹介しています。Ice Lake世代の最新のモバイル向けCPUです。Intelがプロセス技術及びアーキテクチャを同時に変えたのは初めてです。

簡単に言えばこれまでの世代のCPUと比べて一気に進化したことを意味します。ただし、パフォーマンスだけを見るとそれほど大きくは変わっていません。それでは具体的に何が変わったのかそれを見ていきましょう。

Core i7-1065G7の基本スペック

世代第10世代
開発コード Ice Lake
コア/スレッド数4 / 8
クロック周波数1.30 GHz
ブーストクロック3.90 GHz
内蔵グラフィックスIntel Iris Plus Graphics
TDP15W
発売日2019年9月
価格$426

Core i7-1065G7のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
ノート向けのモデルとしては高い性能を持っています。動画編集、ゲーム、実況など極端に負荷の高い作業でなければ対応することが可能です。RAW現像、WEBデザイン、ビジネス用途として魅力的なCPUだと言えます。

Core i7-1065G7のスペック比較

 i7-1065G7i7-8565Ui7-8550U
コードネームIce LakeWhiskey LakeKaby Lake-S
プロセス10nm14nm++14nm+
コア/スレッド4/84/84/8
ベースクロック1.3Ghz1.8Ghz1.8Ghz
ターボクロック3.9Ghz4.6Ghz4.0Ghz
内蔵GPUIntel Iris PlusUHD 620UHD 620
GPU EUs642424
メモリ規格LPDDR4-3733
DDR4-3200
LPDDR3-2133
DDR4-2400
LPDDR3-2133
DDR4-2400
TDP15W15W15W
発売日Q3'19Q3'18
Q3'17
単体価格$426$409$409
搭載PC価格119,980円~94,980円~89,980円~
Ice Lake世代から型番の味方が変わりました。Core i7-1065G7のi7はCoreシリーズの種類となっています。そこに続く”10”が世代、”65”が型番(パフォーマンス)、”G7”がオンボードグラフィックスの性能を意味します。これまでの読み方とは少し異なりますね。

Whiskey LakeからIce Lakeになって大きく変わったことの一つとしてプロセスが14nm→10nmへと縮小化されたことが挙げられます。基本的にプロセスは小さい方がパワー効率が上がりパフォーマンスが向上すると考えて良いでしょう。スペックを前モデルであるCore i7-8565U比較するとベースクロックが28%ダウン、ブーストクロックが15%ダウンとなっているものの性能はアップしています。普通ならクロック周波数も引き上げられると考えるのが普通でしょう。IPC(instructions per cycle)が改善されたことで効率が良くなり性能アップにつながっているのです。

メモリの規格も進化しています。今後 LPDDR4が主流になると考えられます。もう一つ大きな改善点は内蔵GPUです。数世代に渡りUHD 620が搭載されていましたが、Ice LakeではINtel Iris Plusへと変更されました。これによってオンボードGPUの性能が大幅にアップしてクリエイターの方にとってより魅力的なCPUへと変貌しています。詳細は次の項目で詳しく解説していきます。

消費電力は同じです。価格は$17アップとなっていますが上記のスペックを考えると妥当だと言えるかもしれません。もちろん安いに越したことはありませんが…

Core i7-1065G7ってどんなCPUなの?

前世代よりも約10%のパフォーマンスがアップ

Core i7-1065G7performance

前世代のCore i7-8565Uと比べると飛躍的に性能が向上したわけではありません。それでも性能がアップしていることは間違いありません。高性能モデルであるCore i5-9300Hには負けてしまいますね。それでも省電力モデルとしては十分でしょう。プロセス・アーキテクチャ共に変わるというのはIntelの歴史を見ても珍しく期待できますね。

Intel Iris Plusを搭載していて3Dパフォーマンスが大幅に向上

もう一つIce Lake世代で進化したのがオンボードGPUの性能です。特にCore i7-1065G7は、Intel Iris Plusの最上位グラフィックスであるG7を搭載しています。グラフィックス性能を測るGPU EUsは24→64と2.6倍と大幅に引き上げられました。

これまでのオンボードGPUと比べると80%以上パフォーマンスが向上しているため、3Dアプリケーションの使用にも最適です。性能的にはGeForce MX250とUHD 630との間です。ゲームプレイを行うことはまだ難しいです。詳細についてはベンチマークで解説しています。

年末に掛けて搭載BTOノートパソコンが増えると期待される

2019年9月時点ではまだ第八世代Whiskey Lake搭載のモデルが主流となっています。それでも今後年末に掛けて順次第10世代搭載モデルが増えていくでしょう。

グラフィックス性能も向上して使い勝手が大きく向上します。価格差がなくなればユーザーに選ばれることは間違いありません

ベンチマークでわかるCore i7-1065G7の性能!

Cinebench R15

cpuCinebench R15-i7

MaxonのCinebench R15は3Dモデリングアプリケーションです。CPUの純粋な性能を測ることができ、スレッド数が多いほどスコアが高くなります。Intelは、このベンチマークに対してやや否定的です。その理由は実際にユーザーが使う環境を反映していないからです。要はそれほど負荷の高い作業を行うことは少ないということです。

Core i7-8565Uと比べると5%程度の性能差に留まります。それでもクリック周波数が落ちていることを考慮するとやはりIPCの影響が大きいことがわかりますね。Core i5-9300Hと比較すると性能差は歴然です。ハイパフォーマンスと比べるのは適正ではないかもしれません。

Handbrake

dougahensyuuCore i7-1065G7-handbrake

エンコードに掛かる時間は大幅に短縮されました。Core i7-8565Uと比べて30%程度パフォーマンスが向上していることがわかります。

PCMARK 10 Content Creation

pcmark10Core i7-1065G7-content creation

写真編集や動画のエンコード性能を計測するベンチマークです。Ice Lake世代で大きく変わったのはこの点だと言えます。アーキテクチャの変更は大きいですね。

Sky Diver

Core i7-1065G7-sky diver

Sky Diverは、3DMarkテストの比較的軽いタイトルでのゲーミングテストです。UHD620と比べるとIntel Gen 11グラフィックスは飛躍的にパフォーマンスが向上しました。110%スコアがアップしています。

Time Spy

Core-i7-1065G7-spy time

Time Spyは比較的負荷の高いベンチマークテストです。グラフィックススコアのみを計測しています。95%パフォーマンスがアップしています。オンボードGPUの性能も大きく向上しましたね。

Counter Strike: Global Operations

Counter Strike Global

カウンターストライクオンラインでのフレームレートを計測しました。720p×高設定で平均63.8fpsを叩き出しました。Core i7-8565Uが38.2fpsであることを考えると性能差は歴然です。

Core i7-1065G7搭載のおすすめBTOノートパソコン

New Inspiron 15 5000 プラチナ(光学ドライブ無・大容量メモリー&SSD搭載)(Dell)

New Inspiron 15 5000価格:99,583円
CPU:Core i7-1065G7
GPU:Intel Iris Plus(G7)
メモリ:16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載



15.6インチのノートパソコンです。スリムベゼルを採用し視認性が向上しています。Core i7-1065G7搭載ノートパソコンとしては手頃な価格が嬉しいですね。メモリ16GB、SSD 512GBと充実の構成も魅力的です。

New XPS 13 プラチナ(大容量メモリー&SSD・シルバー)(Dell)

New XPS 13価格:131,984円
CPU:Core i7-1065G7
GPU:Intel Iris Plus(G7)
メモリ:16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載



13.3インチ液晶モニターを搭載したノートパソコンです。DELL CINEMAテクノロジーを採用しきれいな映像を体感することができます。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も十分ですね。持ち運びを重視される方におすすめです。

当記事のまとめ

管理人管理人

2019年9月に発売された最新CPU「Core i7-1065G7」について紹介しました。プロセスの縮小化と新しいアーキテクチャによって大きく変わりました。パワー効率の向上と省電力性に磨きが掛かっています。ノートパソコンに求められる性能を持っていると言えます。

また、グラフィックス性能が大きく向上しています。これまでのオンボードGPUと比較すると2倍以上パワーアップしました。3Dアプリケーションを使うWEBデザイナーの方などクリエイターの方にとって魅力的な選択肢となります。

現時点で搭載BTOノートパソコンはそれほど多くありません。Dellの「New Inspiron 15 5000 プラチナ」及び「New XPS 13 プラチナ」が選択肢となります。価格重視なら前者を、持ち運びのしやすさと映像を重視されるなら後者がおすすめです。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume