cpucorei78550u

管理人管理人

当記事では、「Core i7-10710Uの性能スペックと搭載BTOノートパソコン」を紹介しています。前世代と同じ14nmプロセスを採用していますが、省電力モデルで初めて6コア12スレッドを採用した注目のCPUです。

Comet Lake世代のフラグシップモデルとなっています。ハイパフォーマンスモデルである「H」シリーズに匹敵する性能が魅力的です。動画編集やRAW現像など負荷の高い作業をメインに考えている方におすすめです。

Core i7-10710Uの基本スペック

世代第10世代
開発コードComet Lake
コア/スレッド数6 / 12
クロック周波数1.10 GHz
ブーストクロック4.70 GHz
内蔵グラフィックスUHD Graphics
キャッシュ12MB
TDP15W
発売日2019年10月
価格$443

Core i7-10710Uのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
モバイル向けのCPUとしてトップクラスのパフォーマンスを発揮します。最も負荷の掛かる動画編集・動画投稿・ゲームプレイなど幅広く対応することができます。もちろんデスクトップ向けのモデルと比べると消費電力の問題などから劣ってしまいますが、ノートパソコンに搭載するCPUとしては十分な性能を持っています。WEBデザイン、ビジネスなどでも困ることはありません。ただし、大規模な3D CADモデルを扱うなど負荷の高い作業になるとデスクトップパソコンの方が好ましいです。

Core i7-10710Uのスペック比較

Comet LakeとWhiskey Lakeを比較

 i7-10710Ui7-10510Ui7-8565U
コードネームComet LakeComet LakeWhiskey Lake
プロセス14nm14nm14nm
コア/スレッド6/124/84/8
ベースクロック1.1GHz1.8GHz1.8GHz
ターボクロック4.7GHz4.9GHz4.6GHz
内蔵GPUUHD Graphics
UHD Graphics
UHD Graphics
メモリ規格DDR4-2666DDR4-2666DDR4-2400
キャッシュ12MB8MB8MB
TDP15W15W15W
発売日Q3'19Q3'19Q3'18
単体価格$443$409$409
搭載PC価格136,933円~82,384円~94,980円~
ここではCore i7-10710Uと同じComet Lakeと前世代であるCore i7-8565U(第八世代)と比較していきます。コードネームこそ違っているもののプロセスは同じ14nmを採用しています。アーキテクチャ的には大きな違いはないと考えて良いでしょう。Ice Lakeとは異なる点だと言えます。

それでも大きく変わったところがあります。それはコア/スレッドが4/8→6/12へと50%アップしていることです。ターボクロック周波数も4.7 GHzへと引き上げられています。6コアフル稼働では3.9 GHz、4コア稼働時は4.1 GHzと十分です。ただし、消費電力を15Wという枠に収めるためにベースクロック周波数は1.1 GHzとかなり抑えられています。

また、Core i7-10710Uの他の強みはキャッシュ容量の大きさで12MBへと引き上げられています。これはIntelの6コアCoffee Lakeプロセッサーと同等です。しかしながら、CPU内蔵グラフィックスについてはアップグレードはされていません。24のEUを持つGPUで性能はお世辞にも高いとは言えず、グラフィックボードを搭載したモデルも多くなります。

Comet LakeとIce Lakeを比較

 i7-10710Ui7-1065G7
コードネームComet LakeIce Lake
プロセス14nm10nm
コア/スレッド6/124/8
ベースクロック1.1GHz1.3Ghz
ターボクロック4.7GHz3.9Ghz
内蔵GPUUHD Graphics
Iris Plus
GPU EUs2464
メモリ規格DDR4-2666DDR4-3200
キャッシュ12MB8MB
TDP15W15W
発売日Q3'19Q3'19
単体価格$443$426
搭載PC価格136,933円~119,980円~
Intelの第十世代のラインナップは少し特殊です。Core i7-10710UなどがあるComet LakeとCore i7-1065G7などがあるIce Lakeの二種類があります。Comet Lakeはすでに見てきた通りで、プロセスは14nmのままであるなど前世代のCoffee Lakeと比べてアーキテクチャ的な違いはありませんが、フラグシップモデルでは6コア12スレッドを採用するなどCPUパフォーマンス自体は高くなっています。ゲームプレイなど負荷の高い作業を考えるならComet Lakeが好ましいと言えます。

一方、Ice Lakeは10nmプロセスを採用しているのがポイントです。IPCを改善させた新しいSunny Cove CPUを搭載していて、より性能の高いGen 11グラフィックスを採用しています。コア数は4コア8スレッドに抑えられているためComet Lakeのフラグシップモデルほど性能は高くありません。それでもIris Plusと呼ばれるCPU内蔵グラフィックスはこれまでよりも30%程度性能が上がっています。

Core i7-10710UってどんなCPUなの?

モバイル向け省電力モデルのフラグシップCPU

Core i7-10710Uは、モバイル向け省電力モデル「U」シリーズのフラグシップモデルとなっています。Comet Lakeの最上位であるこのCPUは、6コア12スレッドを採用しこれまでのUシリーズよりも高い性能を発揮します。

同時期に登場したIce Lakeと比較した際の優位性がここにあります。高性能なCPUが欲しいならCore i7-10710Uがおすすめです。ハイパフォーマンスモデルである「H」シリーズに匹敵する性能は圧巻です。それでいて15Wに抑えられているのはさすがの一言ですね。

価格が高く搭載モデルはゲーミングノートPC並に

当該モデルは非常に性能が高く魅力的であることに疑いの余地がありません。しかし、$443という価格はモバイル向けのCPUとしては高価です。下位のCore i7-10510Uと比較して10%、Ice Lake世代のi7-1065G7と比較して5%高くなっています。

また、性能が高いが故にBTOパソコンのラインナップではグラフィックボード搭載のモデルが多くなり価格が高価になりがちです。15万円以上の予算が必要になるということは理解しておきましょう。安価なノートパソコンを探している方は他のCPUも合わせて検討する方が満足度が高いかもしれません。

CPU内蔵グラフィックスは従来のUHD Graphicsを採用

CPU内蔵グラフィックスにはCoffee Lake世代で採用されていたものと同じUHD Graphicsとなっています。Ice LakeではGen11のグラフィックスを搭載していて性能は向上しています。Ice Lakeと比較した際のデメリットだとも言えます。

特にグラフィックス性能を必要としない用途であれば問題ありませんが、3D処理が必要になるAdobeソフト・ゲームプレイ・3D CADなどになると厳しいです。これらの用途での使用を考えるなら外付けのグラフィックボードが必須です。

ベンチマークでわかるCore i7-10710Uの性能!

ここではベンチマークと呼ばれる指標を見ていきます。初心者の方が単純にスペックを見てもそれが何を意味するのかわかりにくいと思います。ベンチマークソフトを経由すれば数値で性能を把握することができますので、他のモデルとの比較も容易になります。Core i7-10710Uのベンチマークソフトを見る際はCore i7-1065G7との違いに注目して見てください。

Cinebench R20

cpucorei7-10710u-cinebenchr20

Core i7-10710Uは、Core i7-1065G7よりも30%程度スコアが高くなっています。コア/スレッドが50%高いことを考えると妥当な数値だと思います。また、第九世代のハイパフォーマンスモデルであるCore i5-9300Hを15%高く性能の高さが伺えます。ゲームプレイにも最適なCPUと考えて良いでしょう。

Handbrake

dougahensyuucorei7-10710u-handbrake

動画のエンコードに掛かる時間を計測しています。数値が少ないほど高性能であることを意味します。マルチスレッド性能が重要となるHandbrakeではやはりCore i7-10710Uが有利です。Core i7-1065G7と比べて12%高くなっています。Core i5-9300Hと比較しても8%高いです。さすがにCore i7-9750Hには及びませんが、十分なパフォーマンスを発揮していますね。

7-zip

zipcorei7-10710u-7zip

Zipファイルの解凍及び圧縮速度を計測してきます。数値が高いほど高性能であることを意味します。他のベンチマークソフトと同等の結果となっています。Core i7-1065G7と比べておよそ10%程度高性能です。Core i5-9300Hよりも5%性能が高くなっています。前世代のCore i7-8565Uと比較すると15%速度は速いです。

Adobe Premiere

adobeencodecorei7-10710u-adobepremier

Adobe Premiereでは他のベンチマークとは異なる結果が出ました。Core i7-1065G7が他を圧倒しています。Core i7-10710Uよりも50%程度高性能です。これはグラフィックス性能及びメモリ規格が影響していると考えて良いでしょう。Adobeのソフトの使用を考えている方はIce Lakeを選択する方が賢明かもしれません。

Core i7-10710U搭載のおすすめBTOノートパソコン

New XPS 13 プラチナプラス(4Kタッチ・フロスト)(Dell)

dellxps価格:164,980円 136,933円
CPU:Core i7-10710U
GPU:CPU内蔵グラフィックス
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:非搭載



13.3インチのBTOノートパソコンです。重さ1.23kgと持ち運びに適している一台です。今なら28,000円オフで購入することができます。デル独自の管理システムで静かさ、パフォーマンスモードなどのカスタマイズが可能です。より環境に適した使用ができるのは嬉しいですね。外出先でも作業をしたいという方に必見です。メモリ8GB、SSD 256GBと構成を抑えることで手頃な価格になっています。

Prestige 14 Prestige-14-A10SC-165JP(MSI)

MSI Prestige価格:168,080円(税込)
CPU:Core i7-10710U
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR3-2133 16GB
SSD:512GB
HDD:非搭載



クリエイター向けのPrestige 14シリーズです。グラフィックボードにはGTX 1650を搭載していて3Dアプリケーションもさくさくこなせます。Adobeのソフトを使っているデザイナーの方にもおすすめです。本体はシンプルで高級感があります。メモリ16GBと大容量なので安定した作業が可能となります。

GZシリーズ GZ83/M W6GZ83BMWB(dynabook)

dynabook GZ価格:231,000円 210,000円
CPU:Core i7-10710U
GPU:CPU内蔵グラフィックス
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB
HDD:非搭載



今なら21,000円OFFで購入することができます。色はホワイトとブラックから選択することが可能です。メモリ16GB、SSD 512GBと充実の構成が嬉しいですね。本体は約879gと非常に軽く持ち運びに適しています。顔認証もあってセキュリティもばっちりです。コワーキングスペースやシェアオフィスで働いているフリーランスの方にもおすすめしやすいです。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Core i7-10710Uの性能スペック及び搭載モデルについて紹介しています。Comet Lake世代のフラグシップモデルで高いマルチスレッド性能を持っています。6コア12スレッドと従来のCore i7-8565Uよりも飛躍的にパフォーマンスが向上しました。動画編集、動画投稿、ゲーム、CADなど負荷の高い作業を行いたいと考えている方におすすめです。CPU内蔵グラフィックスこそ前世代と変わりませんが、CPU単体で見ると飛躍的に性能が向上しています。

正直搭載BTOノートパソコンのラインナップはそれほど多くありません。価格を抑えたいならDellの「New XPS 13 プラチナプラス」がおすすめです。メモリ8GB、SSD 256GB NVMe対応と構成は控え目ながら税込み13万円台という価格は魅力です。グラフィックボード搭載モデルがいいならMSIの「Prestige 14 Prestige-14-A10SC-165JP」がおすすめです。3Dグラフィックス性能が上がってPhotoshop、Illustrator、3D CADなど幅広い用途で活用できます。メモリ容量も多く負荷の高い作業もお手の物です。ブランド及び持ち運び性重視ならdynabook「GZシリーズ GZ83/M W6GZ83BMWB」がおすすめです。価格は高いですが、本体の重さは1kgを切っています。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実していますね。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume