DAIV-A5公式

管理人管理人

当ページでは、マウスコンピューターの「DAIV A5」のレビューと口コミ情報を紹介しています。クリエイター向けブランドであるDAIVはマウスコンピューターの売れ筋ブランドです。サポート面に定評のあるマウスコンピューターのクリエイターブランドということでユーザーからの支持も厚いです。ランキングNo.3になったこともあるモデルです。

このモデルはAMD製CPUを搭載していて高いマルチスレッド性能が自慢です。写真・映像・3DCGを取り扱っているなどCPU負荷の高い作業向けだと言えます。グラフィックボードがGTX 1650 SuperからGTX 1650 GDDR6版へと換装されています。また、CPUがRyzen 7 3700XからRyzen 5 5600Xと変更されています。キャンペーン対象になることもありますので要チェックです。

(+) Ryzen 5 5600X搭載でマルチスレッド性能が高い
(+) エントリークラスのGTX 1650を搭載している
(+) クリエイターの方から支持されている
(-) ストレージ容量は控え目
(-) 競合モデルと比べるとやや割高

DAIV A5のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
CPU性能が高いことからかなり幅広い用途に使用することができます。映像編集・RAW現像など負荷の高い作業にも対応可能です。PhotoshopやIllustratorなどにおいてGPUアクセラレーションを活用できます。現時点でこれらの作業をしていて重さを感じる方なら買い換えるメリットもあります。3Dグラフィックス性能は控え目なので高解像でのゲームプレイには適していません。それでもWEBデザインや小規模なCADモデリングなら問題なしです。

>>DAIV A5を購入<<

DAIV A5の概要

性能スペック

DAIV-DGZ520M3-SH2-CS

メーカーマウスコンピューター
型番DAIV A5
価格164,780円(税込)
CPURyzen 5 5600X
グラフィックボードGeForce GTX 1650 GDDR6版
メモリDDR4-3200 16GB
SSD256GB
HDD1TB
電源500W BRONZE
光学ドライブ非搭載
おすすめ度★★★★★☆☆☆☆☆
GTX 1650 GDDR6版×Ryzen 5 5600Xを搭載したクリエイター向けパソコンです。価格は税込164,780円となっています。半導体不足による価格高騰の影響を受けていて割高感がありますね。Ryzen 7 3700X搭載モデルからRyzen 5 5600Xになって価格維持となっていることを考えると実質値上げです。

グラフィックスにはGTX 1650 GDDR6版を搭載しています。通常のGDDR5よりも少しだけ高い性能を期待できます。メモリ16GB、SSD 256GB、HDD 1TBと構成も充実しています。SSDが標準搭載となっているので、より快適にPC作業を行えます。ダブルストレージ採用は強みになります。電源ユニットは500W BRONZEで必要十分です。評価は★5つとなっています。

外観

daiva5-gaikan

デザイン性の高いケースを採用しています。デザインにこだわりの見られる一台となっています。黒色を基調としていて存在感があります。本体の前部に取っ手が取り付けられていて社内での移動のしやすさなども考慮されています。さすが現場の声を反映して生まれたモデルだけありますね。

パソコン本体はマットな質感で無骨さがあります。傷や指紋が目立たない仕上がりになっています。また、一部にアルミパーツを採用することで高級感を醸しています。BTOパソコン=無難なデザインと見られがちですが、DAIVブランドには当てはまりません。性別を問わず幅広い方から支持されているモデルとなっています。

拡張性の高さも魅力です。カードリーダー・リムーバブルハードディスクベイ・光学ドライブなどのカスタマイズを行うことも可能です。PC環境に合わせて選択できるのはBTOパソコンの醍醐味ですね。当該モデルは、

>>DAIV A5を購入<<

DAIV A5の性能

Ryzen 5 5600X

ryzen55600xbenchmark

Ryzen 5 5600Xは、AMDの第四世代RyzenシリーズのミドルクラスのCPUです。6コア12スレッドとマルチスレッド性能が高く従来モデルのRyzen 5 3600Xよりも10%以上性能が向上しています。Intel第十一世代のCore i7-11700をも上回る性能は圧巻です。動画編集・画像編集などの用途にも対応できます。ただし、Intel第十二世代のCore i5-12400にも劣る性能です。価格面でも不利な立場に追いやられています。Ryzen 5 5600Xの優位性は完全になくなってしまったと考えて良いと思います。

GeForce GTX 1650

gtx1650benchmark

GeForce GTX 1650は、Turing世代のエントリークラスのグラフィックボードです。従来モデルのGTX 1050よりも80%も処理性能が向上しています。WEBデザイン・動画編集などの作業においてグラフィックボードを活かすことができます。ゲームプレイも設定次第で対応可能です。後継モデルに当たるRTX 3050になるとより高い性能を得られます。RTX 3050はレイトレーシングやDLSSに対応しているのもポイントですね。GTX 1650搭載モデルは価格で勝負しないと厳しい立場にあります。その点において、DAIV A5はもう少し価格が安くならないと選ばれないかもしれませんね。

>>DAIV A5を購入<<

DAIV A5を選ぶ3つの理由

マルチスレッド性能が高いRyzen 5 5600Xを搭載しているから

DAIV A5は、6コア12スレッドとマルチスレッド性能が高い「Ryzen 5 5600X」を搭載しているのが最大の特徴です。ゲームプレイからRAW現像・映像編集まで幅広く対応できる高パフォーマンスが魅力です。

Intel製のCPUと比べてマルチタスクを得意としています。クリエイターの方にもおすすめです。AMDのRyzenシリーズも第四世代になってより性能が高くなっています。負荷が高ければ高いほど強みを発揮するタイプです。ゲームプレイ時のパフォーマンスも向上しています。

グラフィックボードのアップグレードで性能が高くなったから

これまで搭載されていたローエンドクラスのGTX 1650 GDDR5版から後発モデルのGTX 1650 GDDR6搭載モデルへと切り替わりました。メモリ周りが強化されたことで通常のGTX 1650よりもパフォーマンスが高いです。ただし、エントリークラスという枠組みには変わりありません。

50番台とは言っても数年前のモデルに比べて遥かに性能が向上しています。ゲームプレイへの適正も高いです。もちろん3Dグラフィックスを扱うアプリケーション(Photoshop、3D CADなど)への対応力も向上しました。GeForce GTX 900シリーズやそれより以前の50番台からの買い替えでも性能差を体感できると思います。価格も安くなっていますので、ユーザーからするとメリットが大きいですね。

クリエイターの方に嬉しい装備を増設できるから

クリエイター向けのモデルだけあって拡張性・実用性の高さが魅力です。5インチオープンベイ×3と3.5インチオープンベイ×1を搭載し拡張性が高いです。光学ドライブ・リムーバブルハードディスクベイの搭載ができたり、カードリーダーを搭載することもできます。

ここまで自由度の高いカスタマイズができるのは魅力的です。また、I/OパネルにはUSB3.1ポート×2、USB3.0ポート×6と充実しています。マウス・キーボードだけではなく、外付けハードディスクやヘッドセットなど余裕を持って使うことができます。ケースデザインからもこだわりが見られますね。

DAIV A5の弱み

DAIVブランドの売れ筋モデルだがやや割高

DAIV A5は、DAIVブランドの中でもトップクラスの売れ筋モデルとなっています。このモデルは価格だけを見ると割高で評価されているのは価格以外の面だと言えます。例えば、DAIVのブランドとしての価値、PCケースの拡張性などまで含めてみると特別高いとは感じないでしょう。DAIVブランドはマウスコンピューターのクリエイター向けブランドでサポート面でも安心感があります。

BTOパソコンを購入する上では搭載されているパーツだけではなくブランドやPCケースまで総合的に評価すると良いですね。価格面を比較すると競合モデルの方が有利です。2022年になっても半導体不足の影響は大きくBTOパソコン全体の価格が上昇しています。DAIV A5もCPUがRyzen 7 3700XからRyzen 5 5600Xになり実質の値上げが行われています。Intel第十二世代Core iシリーズが登場したことで第四世代Ryzenシリーズの魅力が半減となっています。

ストレージ容量はやや控え目

クリエイター向けのモデルとして見るとストレージ容量は少なく感じてしまうかもしれません。SSD 256GB、HDD 1TBのダブルストレージを搭載していますが、全ストレージ容量は1.25TBに留まります。

たくさんの動画や画像データを保存したいと考えている方は全体で2TB前後はあった方が良いでしょう。カスタマイズでHDDを追加するかクラウドストレージサービスを活用するのが得策です。

>>DAIV A5を購入<<

raytrek ATとの比較

ブランドDAIVraytrek
製品名A5MX 第12世代Core搭載
画像DAIV-A5raytrek LC-M EM041
価格164,780円(税込)144,980円(税込)
CPURyzen 5 5600XCore i7-12700
GPUGTX 1650 GDDR6GTX 1650 GDDR5
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD256GB NVMe500GB NVMe
HDD1TB非搭載
電源500W BRONZE550W BRONZE
マザーボードチップセットX570チップセットB660
光学ドライブオプション
カードリーダーオプション
公式公式公式
ドスパラのクリエイター向けブランドのraytrek MX 第12世代Core搭載と比較していきます。価格差は19,800円でraytrek MX 第12世代Core搭載の方が安いです。CPUはIntel第十二世代のCore i7-12700を搭載しています。12コア20スレッドとマルチスレッド性能が高くRyzen 9 5900Xをも上回る高い性能を持っています。Ryzen 5 5600Xでは勝負になりません。

GPUはGDDR6版を搭載しているDAIV A5の方が上ですがほぼ同等だと考えて良いでしょう。メモリも同じ16GBです。クリエイターモデルであればこの辺りが最低基準となります。ストレージを見るとDAIV A5はSSD 256GB+HDD 1TBに対してraytrek ASはSSD 512GBとなっています。ストレージ容量的にも利便性的にもDAIV A5の方が勝ります。最近はダブルストレージ搭載モデルも少なく希少性が高いです。

電源ユニットはraytrek MX 第12世代Core搭載の方が少しだけ高容量のものを搭載しています。マザーボードはDAIV A5がフラグシップモデルのX570を搭載しているので評価できます。raytrek MX 第12世代Core搭載はIntel向けの廉価モデルであるB660を搭載しています。一般的な用途ではそれほどデメリットになることはありません。

raytrek MX 第12世代Core搭載では光学ドライブ及びカードリーダーが標準搭載となっているのはポイントです。両方追加するとなると5,000円以上の費用がかかりますので、コストパフォーマンスの高さが光ります。ブランドや知名度ではDAIV A5が優勢ですが、価格差が19,800円と大きいのでraytrek MX 第12世代Core搭載の方がおすすめしやすいです。それでもクリエイターブランドについてはマウスコンピューターがうまくブランディングしていますね。価格を高くしてもそれなりに販売台数を増やすことができる状況です。

DAIV A5の口コミまとめ

dansei1

購入年:2020年 使用目的:映像編集

仕事でYoutubeなどの動画編集を請け負っていて以前使っていたモデルの性能不足を感じていました。Twitter広告でDAIVのことを知って購入を決めました。エンコード速度も飛躍的に向上して満足しています。私の使い方なら十分ですね。


jyoseikutikomi

購入年:2020年 使用目的:RAW現像、イラスト制作

写真撮影が趣味で様々な写真の編集に活用しています。編集アプリにはAdobeを使っています。さくさく動かせるので満足度が高いです。イラスト制作でも不満はありません。ストレージ容量が多いのも決め手となりました。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、DAIVブランドの売れ筋ランキング第三位の「DAIV A5」のスペック及び性能についてレビューしました。グラフィックボードがGTX 1650 SuperからGTX 1650 GDDR6版に換装されました。性能的には劣りますがメモリ周りが強化されている点はプラスです。エントリークラスのグラフィックス性能を持ち3Dアプリケーションの使用からゲームプレイまで幅広く対応することができます。

CPUはRyzen 5 5600Xです。ゲーミングPCにも搭載されることの多い高性能CPUです。6コア12スレッドとマルチスレッド性能が高く幅広い用途に通用します。動画編集や画像編集などマルチスレッドを活かせるアプリケーションの使用を得意としています。まさにクリエイターの方向けのCPUだと言えます。

Intel第十二世代Core iシリーズがリリースされてRyzenシリーズはかなり厳しい状況となっています。DAIV A5の価値はクリエイター向けブランドとしての価値及びマウスコンピューターのサポート体制・ケースデザイン及び拡張性でしょう。長く使っていくことを考えると強みになるのではないかと思います。

公式

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume