raytrek 4CXF公式

管理人管理人

当ページでは、ドスパラの「raytrek 4CXF 第12世代Core搭載」のレビューと口コミ情報を紹介しています。2022年12月02日に新しいraytrek 4C Seriesがリリースされました。ケースデザインが一新されてより魅力的なモデルになったように思います。シルバーをベースとして高級感のあるデザインです。

raytrek 4CXF 第12世代Core搭載では、これまでのraytrek XFと同じCore i7-12700×RTX 3070搭載のハイクラスのクリエイターPCです。新しいモデルということもあってまだ価格は高めですが、もう少し時間が経てば安くなるのではないかと思います。コストパフォーマンス重視でパソコンを選びたい方は避けた方が良いでしょう。

(+) 2022年12月に一新されたraytrekシリーズの売れ筋モデル
(+) i7-12700×RTX 3070搭載のハイクラスクリエイターPC
(+) メモリ16GB・SSD 1TBと構成も充実している
(-) 登場したばかりで価格が高い
(-) 光学ドライブ及びカードリーダーが非搭載となっている

raytrek 4CXF 第12世代Core搭載のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
raytrek 4CXF 第12世代Core搭載は、市場全体で見て高い性能を持つクリエイターPCです。基本的にはどのような用途にも対応できます。得意としているのは動画編集・動画投稿(エンコード)・RAW現像・マンガ制作・WEBデザイン・DTMです。クリエイター向けモデルだけあってこれらの用途におすすめです。ハイクラスのグラフィックボード搭載ということもあってゲームプレイやゲーム実況にも対応可能です。3D CADについては軽い作業であれば問題ありませんが、大規模モデルでの使用を考えているならプロフェッショナル向けのNVIDIAシリーズが最適です。

raytrek 4CXF 第12世代Core搭載の概要

性能スペック

メーカーサードウェーブ(ドスパラ)
型番raytrek 4CXF
第12世代Core搭載
価格249,980円(税込)
CPUCore i7-12700
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GB
SSD1TB NVMe
HDD非搭載
電源750W 80PLUS GOLD
マザーボードH670
光学ドライブオプション
カードリーダーオプション
おすすめ度★★★★★★★☆☆☆
raytrek 4CXF 第12世代Core搭載は、サードウェーブによって販売されているクリエイターPCです。税込249,980円で販売されています。CPUにはIntel第十二世代のCore i7-12700を、グラフィックボードにはAmpere世代のGeForce RTX 3070を搭載しています。メモリDDR4-3200 16GB、SSD 1TB NVMeという構成です。HDDは非搭載です。電源ユニットは750W 80PLUS GOLDを採用しています。マザーボードのチップセットはH670です。光学ドライブ及びカードリーダーはオプションでの対応となります。おすすめ度は★七つです。もう少し価格が下がれば評価は上がります。

設置イメージ

raytrek 4CXFplace

実際の設置イメージを見るとraytrek 4CXF 第12世代Core搭載がいかに優れたデザインを持っているのかがわかると思います。足元に置いてもいいですし、デスクの上に置いてもいいですね。リビングに設置しても映えます。

raytrek 4CXF 第12世代Core搭載のおすすめカスタマイズ

検討すべきカスタマイズ項目について解説しています。すべてのカスタマイズを行う必要はなく、用途に合わせて取捨選択すると良いと思います。

メモリ ★★★★☆

raytrek 4CXFmemory

動画のエンコードやゲーム実況など負荷の高い作業をメインに考えている方はメモリ容量の増量がおすすめです。クリエイターPCではメモリ32GBを搭載したモデルも多いです。旧世代のraytrek XFではメモリ32GBを搭載したモデルも販売されていました。メモリ容量が増えればより快適に作業を行うことができます。32GBへのアップグレードに掛かる費用は16,000円となっています。費用対効果はまずまずですね。

ハードディスク/SSD ★★★☆☆

raytrek 4CXFhdd

ストレージ容量を増やしたい方はHDDの追加がおすすめです。2TBのHDDでも+8,500円とかなりリーズナブルです。1TBの選択はなくなってしまいましたね。それでもSSDと比べるとかなり安く抑えることができます。初期構成でSSD 1TBが搭載されていますので、HDDを追加しておけば鬼に金棒です。もっともHDDの追加ぐらいであれば後から行うことも容易です。必要な時にAmazonなどで購入して対応してもオッケーです。

光学ドライブ ★★☆☆☆

raytrek 4CXFdrive

+2,800円でDVDスーパーマルチドライブを搭載することができます。最近は初期構成で非搭載のモデルが増えて来ているので、必要に応じてカスタマイズで追加する必要があります。パソコンで映画鑑賞をしたい方は必見です。ドライバーのインストールにも活用できます。もちろん別途外付けのドライブを購入しても良いと思います。

5インチオープンベイ ★★★☆☆

raytrek 4CXFreader

5インチオープンベイにはマルチカードリーダーを搭載することができます。価格はやや高めですが、ドラレコやデジカメのデータを取り込みたい方は検討しても良いと思います。もちろんご自身で追加することもできます。

>>raytrek XFを購入<<

raytrek 4CXF 第12世代Core搭載の性能

Core i7-12700

i7-12700benchmark

Core i7-12700は、Intel第十二世代の高パフォーマンスCPUとなっています。12コア20スレッドとマルチスレッド性能が高くクリエイターPCに最適です。動画編集・動画投稿・画像編集などの作業も得意としています。競合モデルのRyzen 7 5800Xよりも性能が高いです。

Core i7-12700の性能があればCPU性能が物足りないと感じる機会は少ないと思います。従来モデルのCore i7-11700が8コア16スレッドでしたのでスペックの差は大きいです。性能差は70%近いです。Ryzen 9 5900Xを上回る性能は圧巻です。

GeForce RTX 3070

rtx3070benchmark

GeForce RTX 3070は、Ampere世代のハイクラスのグラフィックボードです。従来モデルのRTX 2070よりも28%も処理性能が向上しています。RTX 2080 Tiを上回る性能は圧巻です。人気の高いRTX 3060 Tiよりもワンランク高いパフォーマンスを得られます。

上位モデルであるRTX 3070 Tiよりも7%程度パフォーマンスが劣ります。動画のエンコードやWEBデザインなどにおける3D処理にも対応できます。もちろんゲームをプレイすることもできます。WQHD環境でのゲームプレイに最適です。FULL HDを高リフレッシュレートで楽しむのも良いですね。

>>raytrek 4CXF 第12世代Core搭載を購入<<

raytrek 4CXF 第12世代Core搭載を選ぶ3つの理由

クリエイター部門No.3の人気モデルだから

raytrek 4CXFranking
raytrek 4CXF 第12世代Core搭載は、サードウェーブのクリエイター部門No.3に輝くモデルです。発売されてすぐにランキング入りとなりました。今後もう少し上位に食い込む可能性もあります。旧モデルであるraytrek XFを押しのけた形となっています。

それだけショップ側としても力を入れているということです。クリエイター向けモデルではハイクラスのモデルが人気です。ドスパラは国内最大級のBTOメーカーで、このドスパラのランキングはそのままBTOパソコン全体のランキングと捉えることもできます。どのモデルが良いのか悩んでいる方はぜひ候補に入れてみてくださいね。

ハイクラスのCPU・GPUを搭載しているから

ハイクラスのCPU・GPUを搭載していて高い性能を持つクリエイターPCです。CPUには12コア20スレッドのCore i7-12700を搭載しています。従来モデルのCore i9-11900Kを上回る性能を持ち、動画編集やエンコードなどの負荷の掛かる作業への適性が高いです。競合のRyzen 7シリーズと比べても優位な立場にあります。

グラフィックスにはハイクラスのRTX 3070を搭載しています。動画編集・ゲームプレイなどの3Dグラフィックス処理にも余裕があります。Ampere世代で人気の高いRTX 3060 Tiよりもワンランク高い性能を持っています。CPUとGPUのバランスも良くオールラウンドに通用するモデルだと言えますね。

新しいケースデザインを採用しているから

raytrek 4CXF 第12世代Core搭載は、2022年12月に登場したばかりの新しいクリエイターモデルです。新しいケースを採用していてそこが魅力の一つとなっています。型番の4Cは、「for Creator」を意味しています。明確にターゲットを定義しています。

これまでのraytrekシリーズはやや古さがあり、コストパフォーマンスに優れたモデルでも避けていたという方は多いかもしれません。当サイトでもケース自体の評価はそれほど高くありませんでした。今回のケースデザインのリニューアルによって新しいユーザーの囲い込みができるのではないかと思います。

raytrek 4CXF 第12世代Core搭載の弱み

登場したばかりでプレミアム価格が設定されている

raytrek 4CXF 第12世代Core搭載の弱みの一つはプレミアム価格が設定されていることでしょう。Core i7-12700とRTX 3070の組み合わせで税込249,980円という価格は割高です。ここから一万円~二万円は下がって欲しいところです。まだ発売されて時間が経っていないため値引きなどのキャンペーンはまだまだ期待できません。

旧世代のraytrekシリーズが並行して販売されている内は我慢の時間です。プレミアム価格を支払ってでも今すぐ欲しいという方はその限りではありません。極端に高いわけではないので、今購入すること自体間違いではありません。ぜひあなたのタイミングで購入してくださいね。

光学ドライブ・カードリーダー非搭載となっている

光学ドライブ及びカードリーダーが搭載されていない点も注意が必要です。これらの機能が必要な方はオプションで対応しなければいけません。旧世代のraytrekシリーズでは標準装備でした。クリエイターPCなのでこれらの機能は標準であってほしかったですね。それぞれ2,800円、5,500円のコストが掛かってしまいます。場合によってはAmazonなどで購入してご自身で取り付けた方が安上がりでしょう。

>>raytrek 4CXF 第12世代Core搭載を購入<<

raytrek XFとの比較

ブランドraytrek raytrek
製品名raytrek 4CXF
第12世代Core搭載
raytrek XF
第12世代Core搭載
画像raytrek 4CXFraytrek XV-Tisyoumen
サイズミドルタワーミドルタワー
納期最短翌営業日最短翌営業日
価格249,980円(税込)229,980円(税込)
送料3,300円(税込)3,300円(税込)
CPUCore i7-12700Core i7-12700
GPURTX 3070RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD1TB NVMe1TB NVMe
HDD××
電源750W GOLD750W GOLD
マザーボードH670H670
光学ドライブ+2,800円DVDスーパーマルチ
カードリーダー+5,500円
公式公式公式
レビュー-レビュー
旧世代のraytrek XFシリーズと比較してみましょう。価格差は20,000円でraytrek XFの方が安く購入できます。CPU・GPU・メモリ・ストレージ・電源ユニット・マザーボードはすべて共通です。raytrek XFでは光学ドライブ及びカードリーダーが標準搭載です。raytrek 4CXFでこれらを追加するとなると合計8,300円が掛かります。価格差20,000円と合わせると28,300円となります。ケースが一新された最新モデルとは言ってもこれだけ価格差があると選ぶのも躊躇ってしまいそうです。

SENSE-F069-LC127-TAXとの比較

ブランドraytrek SENSE∞
製品名raytrek 4CXF
第12世代Core搭載
SENSE-F069-LC127-TAX
画像raytrek 4CXFSENSE-F04A-LCiX9K-XAX
サイズミドルタワーミドルタワー
納期最短翌営業日2~7営業日
価格249,980円(税込)229,700円(税込)
送料3,300円(税込)2,200円(税込)
CPUCore i7-12700Core i7-12700
GPURTX 3070RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD1TB NVMe1TB NVMe
HDD××
電源750W GOLD700W BRONZE
マザーボードH670Z690
光学ドライブ+2,800円DVDスーパーマルチ
カードリーダー+5,500円×
公式公式公式
パソコン工房のSENSE-F069-LC127-TAXとも比較していきます。こちらもミドルタワーケースを採用したクリエイターPCです。納期はやや長めになっています。価格差は20,280円でSENSE-F069-LC127-TAXの方が安いです。送料も1,100円安くなっています。CPU・GPU・メモリ・SSDは共通です。電源ユニットは750W GOLDを採用しているraytrek 4CXFの方が上です。

マザーボードについてはZ690を採用しているSENSE-F069-LC127-TAXが上です。SENSE-F069-LC127-TAXでは光学ドライブが標準搭載です。カードリーダーはオプションでも搭載できないので、外付けのカードリーダーを用意する必要があります。価格差を考えるとやはりraytrek 4CXFは選びにくいと思います。サードウェーブ(ドスパラ)のブランドや新しいケースデザインに魅力を感じる方向けです。

raytrek 4CXF 第12世代Core搭載の口コミまとめ

現在口コミを収集中です。

>>raytrek 4CXF 第12世代Core搭載を購入<<

raytrek 4CXF 第12世代Core搭載のケースレビュー

正面

raytrek 4CXFsyoumen
金属を使用したケースで高級感が演出されています。シルバーカラーにブラックのアクセントが効いていますね。クリエイターの方以外でもこのデザインに魅力を感じる方は多いのではないかと思います。

I/Oパネル

raytrek 4CXFiopanel
I/Oパネルは本体上部にまとめられています。使い勝手を考慮して斜めになっているのがポイントです。電源ボタン、USB 3.0×2、音声入出力端子が配置されています。

背面

raytrek 4CXFhaimen
背面は搭載するグラフィックボードによって変わることがあります。電源ユニットは本体下部に配置されていてバランスが良いです。

左側面

raytrek 4CXFleft
本体左側面の給気口には埃の侵入を防ぐためのフィルターが設置されています。簡単に取り外すことができメンテナンス性も担保されています。

左側面内部

raytrek 4CXFleftinside
本体内部は空間に余裕があってエアフローも考えられています。グラフィックボードを支えるステーも装備されていてRTX 4090やRTX 4080などハイエンドクラスのモデルも搭載可能です。大型水冷クーラーの搭載も可能でCore i9-13900KやRyzen 9 7950XなどハイエンドのCPUにも対応しています。将来性の高いケースだと言えます。

右側面

raytrek 4CXFright
本体右側にはraytrekのロゴが刻印されています。シルバーのデザインが高級感があります。

フィルター

raytrek 4CXFmesh
本体前面の吸気口にもフィルターが設けられています。その他左側面・本体天板・底面にもあります。

>>raytrek 4CXF 第12世代Core搭載を購入<<

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、raytrek 4CXF 第12世代Core搭載のレビュー&口コミについて紹介しました。raytrek 4Cシリーズは2022年12月に登場したばかりの新しいブランドです。主にケースデザインが一新されてよりデザイン性の高いクリエイターモデルとなっています。その中でもこのraytrek 4CXFは、ハイクラスのCPUとGPUを搭載していてオールラウンドに対応できる一台です。
動画編集・エンコード・画像編集・WEBデザイン・3D CAD・ゲーム・ゲーム実況など負荷の掛かる用途にも対応できます。

問題は価格の高さです。旧世代のraytrek XFも並行して販売されている状況でややプレミアム価格となっています。光学ドライブやカードリーダーが初期構成では搭載されておらずそこもマイナス点です。コストパフォーマンス重視なら避けた方が良いと思います。新しいケースデザインに魅力を感じる方でかつプレミアム価格でも問題ないという方は購入しても良いでしょう。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-12700、Core i5-1240P等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等