mouse K5
公式

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターが販売している「mouse K5」のレビューをまとめています「m-Book K700SN-M2SH2」の後継モデルです。グラフィックボードがGeForce MX250からGeForce MX350へとアップグレードされています。従来モデルよりも本体がすっきりとして持ち運びが行いやすくなりました。

グラフィックボード搭載モデルに興味を持っている方向けのコンテンツです。WEBデザインなどでPCを使用するクリエイターの方も必見です。マウスコンピューターでも売れ筋ランキング第3位にランクインしたこともある人気モデルとなっています。それではその人気の秘密を暴いていきましょう。

mouse K5のスペック

mousek5spec

メーカーマウスコンピューター
製品名mouse K5
価格136,800円(税込)
液晶サイズ15.6インチ
本体重量約1.95kg
バッテリー駆動時間約11.5時間
CPUCore i7-10750H
グラフィックボードGeForce MX350
メモリDDR4-2666 16GB
SSD512GB NVMe
HDD非搭載
備考光学ドライブ無し
おすすめ度★★★★★☆☆☆☆☆
送料3,300円を含んで税込140,100円となります。カスタマイズをしない場合この価格で購入することができます。CPUには第十世代ノート向けのハイパフォーマンスモデルであるCore i7-10750Hを搭載しています。6コア12スレッドとスペックが高いです。ただし、旧世代のモデルとなっているため現行モデルと比べるとパフォーマンスは見劣りします。

グラフィックスには、省電力性とパフォーマンスを両立させたGeForce MX350を搭載しています。ストレージにはSSD 512GBを搭載していて使い勝手が非常に良くなっています。動画や写真の保存も行いやすいです。たくさん保存したい場合はHDDのカスタマイズを検討しましょう。そうすればスマホのバックアップも余裕です。

光学ドライブは非搭載です。最近は光学ドライブの必要性は下がってきていますので、大きな問題にはならないでしょう。必要に応じてカスタマイズで追加することが可能です。コストパフォーマンスは★五個です。旧世代のモデルを搭載している割には価格が高めなため評価は低くなっています。

おすすめカスタマイズ

ここではmouse K5におすすめのカスタマイズを紹介しています。性能面でのカスタマイズは不要ですが、それ以外の部分では余裕があればやっておきたいカスマイズがあります。ぜひ参考にしてくださいね。

SSDまたはHDD ★★★★☆

mouse K5ssdorhdd

ストレージを増やすにはHDD 1TBの追加がおすすめです。税込8,800円で追加することが可能です。シングルストレージでは心許ないという方におすすめです。SSDの増量あるいは増設よりもリーズナブルです。少しでもカスタマイズ費用を抑えたいという方は外付けのHDDやクラウドストレージサービスで代用することもできます。

破損盗難補償サービス ★★★☆☆

mouse K5tounan

持ち運ぶ機会が多い方は破損盗難補償サービスへの加入がおすすめです。通常の保証ではカバーできない盗難や物理的な破損・水漏れなどにも対応しています。ノートパソコンの場合落としてしまうリスクが高いため念のため加入しておいても良いと思います。

mouse K5のパフォーマンス

用途別

デイトレ動画視聴実況CADDTMマンガ デザイン
kabufx
dougahaisin

gamejikkyouwomen
×
cad


webdesign
RAW現像動画編集Skype動画投稿ビジネスゲームデュアル

video_hensyu
tvdenwa
youtubervirtual
businessperson
gamedeveloper
×
dulamonitor
mouse K5はノートパソコンの括りで見ると性能は高い部類に入ります。デスクトップPCのCore i7シリーズに比べると性能は劣ります。それでも動画編集・マンガ・イラスト制作、WEBデザイン、RAW現像など対応可能です。

グラフィックス性能が重要になるゲームプレイ・ゲーム実況・3D CAD以外は苦手です。ゲームプレイを考えるなら最低でもGTX 1650搭載モデルを選択する必要があります。また、大規模なCADモデリングになるとノートパソコンでは厳しいですね。

Core i7-10750H

corei7-10750hbenchmark

Core i7-10750Hは、ノート向けのモデルとしてはそこそこ高い性能を持つCPUです。6コア12スレッドと高いスペックを持っています。従来モデルのCore i7-9750Hよりも10%程度パフォーマンスが向上しています。ゲーミングノートPCの場合は8コア16スレッドのCore i7-10875Hが搭載されることもありますが、ゲームプレイを考えないのであればCore i7-10750Hは魅力的なモデルとなります。省電力モデルのCore i7-10710Uと比べても25%程度性能が向上します。動画編集、RAW現像など趣味で行っている方にもおすすめです。

現行のIntel第十二世代CPUになると一気に性能が高くなり、省電力モデルのCore i5-1235UでもCore i7-10750Hを20%近くも上回っています。後継モデルであるCore i7-12700Hだと80%以上も処理性能が高いです。さすがに、二世代前のモデルとなるとやや見劣りしてしまうのも事実です。価格が抑えられていない限り積極的に選ぶ理由はありません。

GeForce MX350

mx350benchmark

GeForce MX350は、気軽にグラフィックボードを搭載したいという方に最適なモデルです。CPU内蔵グラフィックスのIntel UHD Graphicsよりも30%以上高いです。現行のCore i7-1260P搭載のIntel Xe Graphicsには劣ります。GTX 1650などの上位のグラフィックボードとの性能差は大きいですが、PhotoshopやIllustratorなどでの高速化を見込めます。ゲームをプレイするなら解像度や設定をかなり下げないと厳しいです。

>>mouse K5を購入<<

mouse K5を選ぶ3つの理由

グラフィックボード「GeForce MX350」を搭載しているから

videocard
グラフィックスにGeForce MX 350を搭載しているのは強みとなっています。GeForce MX350は、デスクトップパソコンのGeForce GT1030より15%ほど性能の高いノート向けグラフィックボードと考えると良いでしょう。そもそもGeForce MX350が搭載されているパソコンが少ないので貴重です。

Photoshopや3D CADなどのアプリケーションを使用しているクリエイターの方におすすめです。グラフィックボード非搭載だと心許ないけどそれほど高性能なものは必要ないという方に当てはまります。ただし、ゲーミング用途では性能不足なのでGeForce GTX 1650以上を選択するべきです。

基本的には性能面でのカスタマイズ不要で悩まなくて良いと思います。性能面で言えばこれ以上の性能は必要がなく、カスタマイズの必要性を感じません。mouse K5はいうなれば完成されたノートパソコンです。カスタマイズせずにこのまま購入しても安心だということです。初心者の方に嬉しいですね。初めてBTOパソコンを購入するという方にぴったりだと思います。

メモリ16GB・SSD 512GBと構成が充実しているから

メモリ16GB・SSD 512GBと構成が充実しているのは魅力の一つです。この構成であればカスタマイズをしなくても問題ないでしょう。特にメモリ容量が16GBと余裕があるのは嬉しいですね。高性能なモデルなので、メモリ容量も妥協はしたくないところです。初心者の方でも選びやすいと思います。

ストレージに関しては必要な方はカスタマイズしても良いですし、Dropboxなどのクラウドストレージを活用しても良いと思います。メモリよりも柔軟に対応できます。あとから追加しやすいので購入時点でカスタマイズを検討しなくても良いでしょう。

本体がコンパクトになったから

mousek5size
従来モデルであるm-Book K700SN-M2SH2(m-Book K700シリーズ)と比べて本体が一回り小さくなっています。液晶サイズは15.6インチと変わらないにも関わらず横幅が1.5mm、縦幅が20mm、高さが2.1mm小さいです。特に高さが2cm小さくなったので数字以上にコンパクトに見えると思います。持ち運びを考えている方にとっては嬉しい変更点ですね。

>>mouse K5を購入<<

mouse K5の弱み

二世代前のモデルながら価格が高め

mouse K5で採用されているCore i7-10750Hは、Comet Lake世代のCPUで二世代前のモデルということになります。mouse K5はそれほど価格が抑えられておらずコストパフォーマンスの観点からはおすすめしづらいです。さすがに二世代前のモデルとなると性能的に不利な面があります。その不利な面をカバーするために価格を抑えることが重要です。

現行のCore i5-1235Uや一世代後のCore i5-11400Hなどの方が性能的には上です。世代が変わると別物になります。mouse K5は価格が高めで最新モデルの方が安い可能性もあります。セールやキャンペーンなどで大幅割引がないとかなり厳しいです。

Thunderbolt 4に非対応など本体にも古さがある

CPUだけではなく本体自体にも少し古さを感じてしまいます。Thunderbolt 4は搭載されておらず、USB 3.1 Type-Cのみで画面出力・PowerDeliveryには非対応です。本体重量も約1.94kgと平均的です。Core i7-10750Hよりも高い性能を持つ省電力モデルであるCore i5-1235U搭載モデルならより軽いモデルも選択できます。省電力性の面からも見劣りしてしまいますね。

>>mouse K5を購入<<

mouse K5-MGZNと比較

メーカーマウスコンピューターマウスコンピューター
型番mouse K5
mouse K5 (2)
mouse K5-MGZN
mouse K5 (2)
価格136,800円(税込)109,800円(税込)
液晶サイズ15.6インチ15.6インチ
重量約1.95kg約1.94kg
CPUCore i7-10750HCore i7-10750H
GPUGeForce MX350GeForce MX350
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 8GB
SSD512GB NVMe256GB NVMe
HDD非搭載非搭載
おすすめ度★★★★★☆☆☆☆☆★★★★★★☆☆☆☆
公式公式公式
レビュー-レビュー
当サイトとマウスコンピューターのコラボレーションモデルであるmouse K5-MGZNと比較していきます。価格差は27,000円でmouse K5-MGZNの方が安いです。mouse K5-MGZNの方が本体重量が軽いのは構成の差ですね。mouse K5-MGZNではメモリ8GB、SSD 256GB NVMeと構成は最小限です。mouse K5と同じ構成にしても+16,500円なので、mouse K5-MGZNの方が10,500円安いことになります。

New Inspiron 15 3000 Intelと比較

メーカーマウスコンピューターDell
型番mouse K5
mouse K5 (2)
New Inspiron 15 3000 Intel 【即納】
プラチナ(大容量メモリー搭載)

New Inspiron 15 3000 Intel
価格136,800円(税込)169,500円(税込)
118,580円(税込)
送料3,300円(税込)無料
液晶サイズ15.6インチ15.6インチ
重量約1.95kg約1.63kg
CPUCore i7-10750HCore i7-1255U
GPUGeForce MX350Iris Xe Graphics
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSD512GB NVMe512GB NVMe
HDD非搭載非搭載
おすすめ度★★★★★☆☆☆☆☆★★★★★★★★★★
公式公式公式
最新のCPUを搭載したNew Inspiron 15 3000 Intelと比較していきます。海外メーカーは強力なノートパソコンのラインナップを持っていることが多いように思います。省電力モデルながら性能はCore i7-1255Uの方が高いです。価格差は18,220円でNew Inspiron 15 3000 Intelの方が安く購入できます。送料が無料なのもポイントです。どちらも15.6インチモニターを搭載しています。

New Inspiron 15 3000 Intelは、本体重量がmouse K5よりも15%程度軽く約1.63kgです。CPUにはCore i7-1255Uを、グラフィックスにはIntel Iris Xe Graphicsを搭載しています。CPUはCore i7-1255Uの方が30%高く、グラフィックスもIntel Iris Xe Graphicsの方がわずかに高いです。グラフィックス性能の差を体感することは難しいと思います。

メモリ・ストレージは共通です。やはりコストパフォーマンスでは大きな差があっておすすめ度はNew Inspiron 15 3000 Intelの方が高いです。価格が安くその上で性能が高いのですから強力なモデルだと言えます。moues K5の強みは国産ブランドということぐらいかもしれません。

mouse K5シリーズケースレビュー

正面

mouse K5syoumen狭額縁デザインを採用していて視認性が高いです。デザインも落ち着いていてオシャレですね。WEBカメラ・マイク内蔵でWEB会議にも使用することができます。

天板

mouse K5tenbanマウスコンピューターのブランドロゴがやや目立ちます。

キーボード

mouse K5keyboardテンキー付きのキーボードを採用しています。キーピッチは約19mm、キーストロークは約1.8mmと余裕があります。男性の方でも窮屈さを感じることはないでしょう。最近のモデルだとコンパクトさが追求されていてキーボードが小さくなっているので、これだけ大きめのキーボードを搭載していることは強みになります。

両側面

mousek5-interface本体左側にはUSB 3.0端子 Type-A×1、USB 2.0端子 Type-A×1、マイク端子・ヘッドホン出力端子が配置されています。本体右側にはカードリーダー、USB 3.1端子 Type-C×1、USB 3.0端子Type-A×1、ネットワーク端子が配置されています。USB PowerDeliveryには対応していません。

奥側

mousek5-okugawa本体奥側にはMini DisplayPort端子×1、HDMI端子×1が配置されています。最大3画面での出力が可能です。

mouse K5の口コミまとめ

購入年:2021年 使用目的:3D CAD、EXCELなど

外出先でAUTOCADを使用するために購入しました。ある程度スペックがないと不安なので、i7-9750Hは必須です。ノートでクアッドコアは初めてですが、性能的に不足はありません。また、MX250でも十分快適に操作することができます。また、EXCELのマクロも快適です。私のようにCADやEXCELなどを使いたいという方はぜひ検討してみてください。


dansei2

購入年:2021年 使用目的:WEBデザイン

ノートパソコンでPhotoshopを触ったり、動画編集を行ったりしたかったのでこのモデルを購入しました。i7-9750Hはやはり高性能だと思います。i7-6500Uからの買い替えですが、性能差を体感できています。Photoshopの3D処理もストレスを感じることなく行えます。外出先でもさくさくなので満足しています。本体は少し重いので持ち運びは覚悟しておきましょう。


dansei1

購入年:2021年 使用目的:仕事の資料作成

PowerPointやExcelのために使用しています。意外とCPU性能が必要になるアプリなので、妥協はしない方がよいですね。結果的に仕事の効率が上がりました。メモリが16GBなのも決め手になりました。

当記事のまとめ

管理人管理人

当ページでは、マウスコンピューター売れ筋ランキング上位に入ったこともある「mouse K5」のレビューを行いました。一時はコストパフォーマンスが高く人気モデルでしたが、今はかつての輝きは失われています。二世代前のCore i7-10750Hを搭載しているにも関わらず価格が抑えきれていないのは厳しいです。

現行モデルならもう少し安くかつより高性能なモデルを選択できると思います。GeForce MX 350を搭載していてノートパソコンとしてはまずまずの性能を持っています。メモリ16GBと余裕があるのは強みです。ウェブデザイン・動画や画像編集などで使いたい方向けです。

公式

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-12700、Core i5-1240P等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等