mx150videocard画像引用元:https://www.geforce.com/

管理人管理人

当記事では、「GeForce MX150の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。MX150は、ノート向けのロークラスグラフィックボードです。GeForce 940MXの後継モデルという位置づけです。GTX10シリーズは、モバイル向けのグラフィックボードにおいて革新的な進化を見せています。そのことから同じPascal世代であるMX150に興味を持っている方も多いでしょう。ぜひ参考にしてくださいね。

MX150のおすすめ用途

RAW現像動画編集デザインDTM CAD マンガ ゲーム 
dougahaisinwebdesigncadgamedeveloper
MX150は、RAW現像や動画編集をノートパソコンで行いたいという方に最適です。グラフィックボードが搭載されていれば効率的に作業を実行できます。これはnVIDIAも公式でターゲットにしていると発表しています。

また、ゲームに関してはライトユーザーを対象としてしているためそれほどおすすめできるわけではありません。本当にたまに負荷の軽いタイトルをするぐらいではあれば対応できる程度です。同様に3D CADなどへの適正は低いです。

MX150の性能スペック紹介

 MX150940MXGTX1050
アーキテクチャPacalMaxwellPacal
CUDAコア384基384基640基
ベースクロック1468MHz1122MHz1354MHz
ブーストクロック1532MHz1242MHz1493MHz
搭載PC価格99,800円~-109,800円~
MX150の性能スペックを見ていきましょう。Maxwell世代の940MXと比べるとクロック数が大幅にアップしたことで性能は上がっています。30%程度の性能アップです。十分体感できるレベルと言えます。

次に現行の上位モデル「GTX1050」と比較しましょう。CUDAコアが40%程度多くなっているため性能は大きくアップします。価格差も1万円程度となっていて、構成によっては同水準になることもあります。

MX150ってどんなグラフィックボード?

ノート向けGTX1050が比較対象になる

mx150seinou

上位モデルであるGTX1050とほとんど価格差がないことが、MX150を選択することを難しくしています。上記は性能を示したテーブルですが、倍以上のパフォーマンスの違いがあります。

nVIDIAは、写真編集・動画編集、軽いゲームプレイ(CSO、LoL、World of Tanks etc.)を想定しています。しかし、GTX1050を選択する方が満足度が高いと考えます。デスクトップ向けのロークラスグラフィックボードである「GT1030」と同じ立場にいます。選択する場合は慎重に行いましょう。

CPU性能を重視してノートパソコンを探すとなぜかMX150搭載モデルとなります。今はオンボードのGPU性能も高いので、外付けグラフィックボードは不要だという方も多いでしょう。MX150を選ぶならGTX1050を選択肢に入ってきます。

例えば、セールやキャンペーンでMX150搭載モデルが割安になっているのであれば選択肢に入るかもしれませんが、基本的にはGTX1050以上を選択しましょう。

GTX10シリーズで唯一のモバイル向けグラボ

laptop

基本的にGTX10シリーズは、デスクトップもノートも同じものになっています。その証拠にこれまでモバイル向けグラフィックボードには末尾に「M」が付されていました。例えば、GTX950M、GTX960Mと言った具合ですね。当然性能差があったのですが、GTX10シリーズでは大きさや多少の癖はあるものの性能的に同じだと考えて良いでしょう。

そんな中でこのMX150は、完全にノートパソコンをターゲットにした唯一のグラフィックボードです。デスクトップ向けのロークラスグラフィックボードである「GT1030」のモバイルバージョンと考えるとしっくりきます。だからどうだというわけではないのですが、そういう特徴があると知っておいてくださいね。

趣味で写真や動画の編集をしている方向け

dougahensyuu

すでに述べたように上位モデルを第一に考えるべきです。それを踏まえた上で読みすすめてくださいね。当該モデルは、動画編集に強みを発揮するグラフィックボードです。オンボード(HD620)に比べて4倍の処理能力を持っています。

スマホやタブレットの普及でより気軽に動画や写真を扱う時代なので魅力的ですね。Photoshopやライトルームなどの一般的なGPUアクセラレーション対応アプリケーションにおける編集、リマスタリング、レンダリングなどを想定しています。ただし、上位モデルと比べて性能は控えめなので、あくまでも趣味レベルでの作業向けだと考えましょう。

MX150搭載のおすすめBTOパソコン

m-Book K690SN-M2S5(マウスコンピューター)

m-booknote
価格:109,800円
CPU:Core i7-8750H
GPU:GeForce MX150
メモリ:8GB
SSD:512GB
HDD:非搭載



15.6インチのハイクラスのノートPCです。このモデルは非常におすすめしやすいと言えます。なぜなら最高峰のCPUであるi7-8750Hで安さを追求するとこのモデルしかないためです。非常にコスパが高くなっています。気軽に動画編集や画像編集をしたい方にぴったりです。価格的にもGTX1050としっかり差別化ができています。SSD 512GB搭載でこのままでも扱いやすいです。

m-Book N500SD-M2SH2(マウスコンピューター)

mousenote
価格:119,800円
CPU:Core i7-8550U
GPU:GeForce MX150
メモリ:8GB
SSD:256GB
HDD:1TB



Inspiron 14 7000と似ている構成ですが、8,000円程度安くなっています。その上SSD倍増の256GBなのは嬉しいですね。DELLにこだわりがないければこちらを選んでも良いですね。デザインはDELLの方が良いと思います。マウスコンピューターは納期が早いので選ぶ理由になります。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、GeForce MX150の性能スペック及び搭載ノートパソコンについて紹介しました。MX150は、モバイル向けのロークラスグラフィックボードで気軽にRAW現像や動画編集をしたい方にぴったりです。ゲーム用途としては心もとないので推奨しません。

搭載モデルは非常に限定的です。性能と価格的に上位のGTX1050搭載モデルと差がでにくいためです。ただ、最高峰のCPUであるi7-8750H搭載モデルに限定するとMX150が選択肢に入ります。ラインナップ的にオンボードではないからです。これはハイエンドのCPUを必要とする方は同時にグラフィックボード性能も求めるためでしょう。

マウスコンピューターの「m-Book K690SN-M2S5」は手頃な価格でGTX1050と比べても割安感があります。構成的にも充実しているためカスタマイズは考えなくて良いでしょう。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-8700、 i7-8550U等
gpu

GeForce GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume