geforcemx250画像引用元:https://www.geforce.com/

管理人管理人

当記事では、「GeForce MX250の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。GeForce MX150の後継モデルです。性能的にはそれほど伸びているわけではないのですでにGeFoce MX150を使用されている方は買い換える必要はありません。

決して性能の高いグラフィックボードではありませんが、オンボードGPUでは物足りないという方にとっては魅力的な選択肢となります。ラインナップ的にもGTX 1050とオンボードGPUの間を埋めている存在と言えます。デスクトップ向けのGeForce GT 1030に近い存在です。後継モデルは「GeForce MX350」です。アーキテクチャはGeForce MX250と同じPascalです。GPUがGTX 1050と同等のものになりパフォーマンスアップが見込めます。

GeForce MX250のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
×
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

tvdenwa
cad
×
businessperson
当該グラフィックボードの正当な評価は、オンボードGPUよりもワンランク性能が高いということです。価格が安く手を出しやすいのが嬉しいですね。動画編集、ゲームなど負荷の高い用途向きではありません。あくまでもライトユーザー向けのノート向けグラフィックボードだと言えます。動画編集などでは恩恵を受けることができます。オンボードGPUでは性能不足だなと思う方にとってはベストな選択肢となり得ます。高負荷のファイルを取り扱うならGTX 1050以上を選択しましょう。

GeForce MX250の性能スペック紹介

 MX250MX150GTX 1050
アーキテクチャPascalPascalPascal
プロセス14nm14nm14nm
GPUGP108GP108GP107
トランジスタ数18億18億33億
ダイサイズ74 mm²74 mm²132 mm²
CUDAコア384基384基640基
ベースクロック1518MHz1468MHz1354MHz
ブーストクロック1582MHz1532MHz1493MHz
メモリ規格GDDR5GDDR5GDDR5
メモリ容量2GB2GB2GB
メモリ速度1502 MHz1502 MHz1752 MHz
メモリバス64 bit64 bit128 bit
バンド幅48.06 GB/s48.06 GB/s112.1 GB/s
消費電力25W25W75W
発売日2019年2月21日2017年5月17日2016年10月25日
GeForce MX250は、NVIDIAのGP108 14nmプロセスで製造されています。Pascal世代のグラフィックボードです。実はGeForce MX150とほとんど変わっていません。GPU・トランジスタ数・ダイサイズ・CUDAコア数とすべて共通です。異なっているのはベースクロックとブーストクロックです。それぞれ4%・3%程度引き上げられています。メモリ周りも共通です。消費電力は25Wと変わっていませんね。

上位モデルであるGTX 1050になるとGPUがGP107になります。一回り大きくトランジスタ数は38%多く、ダイサイズも80%大きいです。CUDAコアも67%も増えて640基です。ベースクロックはGeForce MX250の方が12%高く、ブーストクロックが6%高いです。メモリ規格及び容量は共通ですが、メモリ速度が16%速いです。メモリバスは倍増の128bitで、バンド幅は2倍以上の112.1GB/sです。スペックが高くなった分消費電力は大きくなり3倍の75Wとなります。

GeForce MX250ってどんなグラフィックボード?

ノート向けエントリークラスのグラフィックボード

mx250-seinou

GeForce MX250は、ノート向けのエントリークラスのグラフィックボードです。2019年2月21日に発売されました。性能的にはオンボードGPUとGTX 1050のちょうど中間に位置します。うまくモデルの間を埋めていると言えます。このクラスの性能が必要かどうかは別の話です。

ただし、考え方によってはやや中途半端になってしまうかもしれません。それは価格差が上位モデルと比べて大きくないこと搭載されたモデルが少ないことから選びにくいモデルになっています。それでも性能面を理解しておけば十分選択肢に入るグラフィックボードです。

簡単な3Dアプリケーションを快適に使える

GeForce MX250は、Intel内蔵のGPUのパフォーマンスを向上させることを目的としています。軽いゲーム(2DタイトルやHD×低設定 etc.)をプレイしたい方や、動画・画像編集、その他GPU依存度の高いソフトウェア使用などのクリエイター向けのグラフィックボードだと言えます。

GTX 1050よりも安価で購入しやすいのは嬉しいですね。搭載されたBTOノートパソコンはそれほど多くありませんが、随時GeForce MX150から切り替わっていくでしょう。ただし、性能に期待しすぎるのは好ましくありません。それならGeForce GT X1050以上を選択する方が良いでしょう。

GeForce MX250搭載のおすすめBTOパソコン

New Inspiron 13 7000 プレミアム(MX250搭載)(Dell)

dellinspiron
価格:119,980円
CPU:Core i5-10210U
GPU:GeForce MX250
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:非搭載

非常にコストパフォーマンスの高い一台です。キャンペーン中なら税抜き10万円台で購入することができます。これならGTX1050搭載モデルとも差別化が行われていると言えます。CPUには、省電力性が魅力の第10世代Core i5-10210Uを搭載。4コア8スレッドと高い性能を持っています。SSD 256GB、メモリ8GBと構成は抑えられています。カスタマイズでより快適なPC作業を行うことができます。

GALLERIA GWL250YF(ドスパラ)

GALLERIA GWL250YF
価格:109,980円
CPU:Core i5-8265U
GPU:GeForce MX250
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:非搭載

2019年7月に新しく登場したノートPCです。CPUにはCore i5-8265Uを搭載しています。省電力性が魅力です。モバイルゲーミングノートPCというキャッチコピーですね。ただし、ゲームプレイができないことはありませんが、設定はかなり下げないと厳しいです。過度な期待はせずクリエイター向けでゲームもしようと思えばできるモデルと考えておきましょう。翌日出荷に対応しているためすぐに手に入れたいという方は必見です。ドスパラならではの強みとなっています。

ThinkPad T490:プレミアム WQHD搭載(Lenovo)

ThinkPad T490
価格:178,860円(税込)
CPU:Core i7-10510U
GPU:GeForce MX250
メモリ:DDR4 8GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載

税込み表記となっています。税抜きだとおよそ16万円ということになります。Dellあるいはドスパラのモデルと比べるとやや高いですね。このモデルの特徴は、WQHD IPS液晶を搭載しているため視認性が高い点になります。画像編集や動画編集も快適に行うことができます。バッテリー駆動時間も長く最長17.8時間使用可能です。

当記事のまとめ

管理人管理人

GeForce MX250の性能スペック及び搭載BTOノートパソコンについて紹介しました。GeForce MX150の後継モデルとなっています。当該モデルは、グラフィックボード全体で見ると知名度が高いわけではありません。それでも、オンボードGPUとエントリークラスのGTX 1050との間を埋めるという意味で重要な位置付けです。意外と需要のあるモデルだと言えます。オンボードGPUでは物足りないという方は要チェックです。例えば、ライトゲーマーや3Dアプリケーションを使いたいという方向けだと言えます。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume