gt1030画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「GeForce GT1030の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。実にGT730 以来2世代ぶり(およそ3年ふり)の廉価グラフィックボードに新モデルが登場することになりました。もうこのクラスは、ライバルのRX550の独壇場かと思っていました。

エントリークラスのグラフィックボードであるGT1030を待ちわびていた方も多いのではないでしょうか。買い替えや新しくパソコンを購入するに当たってこのグラフィックボードについて知りたいという方向けのコンテンツです。

GT1030の性能スペックまとめ

 GT1030GT730GTX1050
アーキテクチャPacalKeplerPacal
CUDAコア384基384基640基
ベースクロック1227MHz902MHz1354MHz
ブーストクロック1468MHz-1455MHz
GPUメモリ2GB1GB2GB
TDP30W23W75W
単体価格12,000円7,500円17,000円
搭載PC価格66,980円~-75,000円~
早速GT1030の性能スペックを見て行きましょう。いつもどおり比較対象をピックアップしています。前々世代のGT730と現行のGTXシリーズエントリークラスのGTX1050を選びました。GTXはゲーミングなどより性能の高いモデルです。これらと比較することでGT1030の立ち位置がより明確になると考えています。

まずは、前々世代であるGT730と比較していきましょう。CUDAコアに関しては同じですが、ベースクロック及びブーストクロックで圧倒していることがわかります。Pascal世代になったことで確かな性能向上が見られます。TDPについては、クロック数の向上やGPUメモリ数のアップによって30%アップしています。それでも30Wと省電力なのは魅力的ですね。買い替え対象としては、GTX650、GT730、GT740など旧世代のエントリークラスのグラフィックボードを使用していた方であれば性能の違いを体感することができます。

次に、上位モデルのGTX1050との違いを見ていきます。GTX1050はゲーミング用あるいはクリエイター向けのグラフィックボードだと考えて良いですね。一方、GT1030は4K解像度でのモニター使用や気軽にデュアルモニターにしたい方を対象としています。

それを踏まえてスペックを比較します。CUDAコアが50%アップとなっています。その上ベースクロックが10%程度高くなっていますので、性能の差は歴然です。ゲームを快適にプレイしたいというのであればGTX1050を選択するべきでしょう。ただし、GTX1050搭載モデルを選択すると電源ユニットに多少コストが掛かりますので、当然価格が上がります。

GT1030ってどんなグラフィックボード?

現行モデル(Pascal世代)で最も安く手に入るグラボ

videocard

現行のグラフィックボードで最も安く1万円弱で購入することができます。気軽にグラフィックボードを搭載してみたいという方やエントリークラスからの買い替えを検討している方に最適な選択肢になります。具体的にはGPU性能はそれほど重要ではないけど、外付けのグラフィックボードが必要だという方ですね。

消費電力も低いのでランニングコストも気にならないと思います。ただし、現在の価格だとGTX1050も視野に入るので単体での購入を考えている方は10,000円を切るまで待つというのも良いかもしれません。

気軽にマルチモニターにしたい方向け

dualmonitor

GT1030には、DVD-D端子及びHDMI端子があります。そのため気軽に4K解像度でのマルチモニターにも対応できます。オンボードと合わせることでトリプルモニターも実現可能です。

GT1030には動画支援サポートと呼ばれる機能があります。これはGPUの補助でCPUの負荷を下げる機能のことで、例えばYoutubeでHDDや4K解像度の映像を観ながら、エクセルやPhotoshopなどで作業をしたりということもできます。

ゲームでも軽いタイトルなら対応できる!

gamedeveloper

ここは気になる方が多いポイントだと思います。GT1030はライトゲーマー向けとして考えると悪くないと言えます。設定を下げることは必須ですが、例えばドラクエ、FF14、PSO2、AVAなどであればプレイできます。

しかし、ゲームプレイをメインに考えるのであればコスパの良いグラフィックボードだとは言えません。本当にたまにしかゲームをしないという方であれば問題ないですが、そうでないのであればGTX1050搭載モデルを検討すると良いですね。数千円あるいは1万円程度お金を掛けると段違いのパフォーマンスを発揮するパソコンが手に入ります。

GT1030搭載のおすすめBTOパソコン

Thunderstorm AC5(ドスパラ)

Monarch-X ZK
価格:84,980円
CPU:Ryzen 5 2600
GPU:GeForce GT1030
メモリ:8GB
SSD:非搭載
HDD:1TB



CPU性能を大きく向上させたモデルです。6コア12スレッドとマルチスレッド性能が高いCPUとなっています。RAW現像をしたり、動画編集をしたりという方に最適です。当該CPUはオンボードGPU非搭載モデルです。そのためグラフィックボードを搭載することでCPU負荷を下げながら効率的に作業を行えます。少し贅沢な感じもしますが、余裕があれば十分選択肢に入る一台だと思います。

AeroStream RM5A-C180/T(TSUKUMO)

AeroStream RA5JG180T
価格:89,980円
CPU:Ryzen 7 2700
GPU:GeForce GT1030
メモリ:8GB
SSD:非搭載
HDD:1TB



CPU性能を大きく向上させたモデルです。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高いCPUとなっています。RAW現像をしたり、動画編集をしたりという方に最適です。当該CPUはオンボードGPU非搭載モデルです。そのためグラフィックボードを搭載することでCPU負荷を下げながら効率的に作業を行えます。少し贅沢な感じもしますが、余裕があれば十分選択肢に入る一台だと思います。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、GT1030の性能スペック&搭載BTOパソコンを紹介しました。いかがでしたでしょうか。こんなことも知りたいなどご要望があればお気軽にご連絡いただければと思います。

GT1030は、ロープロファイル規格に準拠したグラフィックボードです。価格が安く買い替え対象としても人気があります。ただ、現在の価格ではGTX1050との差が小さく、少し中途半端に感じます。それでも、オンボードでは性能不足を感じたり、機能的に不満がある方で気軽にグラフィックボードを搭載したいという場合初めに選択肢に入るでしょう。

2世代前の同じクラスであるGT730と比べて大幅な性能アップとなっています。ライトなゲームであれば十分対応可能ですが、ゲーム用とではコスパは良くありません。GT1030が輝くのは、4K解像度などでの動画視聴、デュアルモニター実現などです。

BTOパソコンのラインナップは意外と豊富です。このモデルを探しているユーザーが多いということですね。2019年になってラインナップが減少傾向にあります。CPU依存度の高い作業(エンコードなど)も思う存分に行いたいという方にはTSUKUMOの「AeroStream RM5A-C180/T」や「AeroStream RM5A-C180/T」が選択肢に入ります。6コアCPU搭載で確かな性能を体感できるでしょう。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume