gtx1630ghost画像引用元:https://www.gainward.com/

管理人管理人

当記事では、「GeForce GTX 1630の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。2022年6月にTuring世代のグラフィックボードが発売されました。GeForce GTX 1650のダウングレードモデルで、立ち位置的にはGeForce GT 1030の後継モデルだと考えると良いですね。初めて30番台で”GTX”を冠したグラフィックボードとなりました。

GTX 1630は、本体が小さく補助電源不要ということでGT 1030やGT 730などエントリークラスのグラフィックボードからの換装も行いやすいです。ただし、発売されたばかりということもあって価格が高めなので、今は買い時ではありません。もう少し時間が経ってから購入を検討しましょう。GTX 1650・GTX 1050 Ti・Radeon RX 6400などが競合モデルとなります。

(+) GT 1030の後継モデルとなる
(+) 本体がコンパクト
(+) 補助電源が不要なモデルもある
(-) GTX 1050 Tiに処理性能で劣る
(-) 価格が高くコスパは低い

>>>Amazonで最新価格をチェック!!

GeForce GTX 1630の性能スペック紹介

GeForce製グラフィックボードと比較

 GTX 1630GTX 1650GTX 1050 Ti
コードネームTuringTuringPascal
GPUTU117TU117GP107
プロセス12nm12nm14nm
トランジスタ数47億47億33億
ダイサイズ200 mm²200 mm²132 mm²
SM数8146
CUDAコア512896768
RTコア---
Tensorコア---
ベースクロック1740 MHz1485 MHz1291 MHz
ブーストクロック1785 MHz1665 MHz1392 MHz
メモリ容量4GB4GB4GB
メモリ規格GDDR6GDDR5GDDR5
メモリ速度12 Gbps8 Gbps7 Gbps
メモリバス64 bit128 bit128 bit
メモリ帯域幅96.00 GB/s128.1 GB/s112.1 GB/s
TDP75W75W75W
バスインターフェースPCIe 3.0 x8PCIe 3.0 x16PCIe 3.0 x16
出力1x DVI
1x HDMI 2.0
1x DisplayPort 1.4a
1x DVI
1x HDMI 2.0
1x DisplayPort 1.4a
1x DVI
1x HDMI 2.0
1x DisplayPort 1.4a
公式価格$149(予想)$149$139
国内価格23,443円~24,800円~18,980円~
発売日2022/06/282019/04/232016/10/25
GTX 1630は、Turing世代のグラフィックボードです。GPUはTU117となっています。トランジスタ数は47億・ダイサイズは200m㎡です。これらは全てGTX 1650と同等です。3年前に発売されたモデルと同じスペックというのは驚きです。GTX 1630ではSM数が8つのGTX 1650よりも6つ少なく、CUDAコア数も43%少なく512に留まります。ベースクロックはGTX 1630の方が17%高く、ブーストクロックもGTX 1630の方が7%高いです。CUDAコアが少ない分クロック周波数で押し上げています。

GPUメモリ容量は4GBと共通ですが、メモリ規格がGDDR5からGDDR6へとアップグレードされています。メモリのデータレート(速度)も50%高く12 Gbpsとなりました。一方で、メモリバスは半減の64 bitでメモリ帯域幅は25%狭く96.0 GB/sとなっています。TDPは75Wと共通です。バスインターフェースはPCIe 3.0×8です。出力は共通です。GTX 1630の公式価格は発表されていませんが、GTX 1650と同等となるのではないかと思います。半導体不足の影響もあって定価はあってないようなものですね。今はGTX 1650との価格差が小さくGTX 1630を選ぶ理由はありません。

Pascal世代のGTX 1050 Tiでは、CUDAコアが768とGTX 1630よりも50%多いです。ベースクロックはGTX 1630の方が34%高く、ブーストrクオックもGTX 1630の方が28%高いです。メモリ容量は4GBと共通です。GTX 1050 Tiで採用されているメモリ規格は一世代前のGDDR5です。メモリ速度も7 Gbpsと抑えられていますが、メモリバスが128 bitでGTX 1630の倍です。メモリ帯域幅もGTX 1050 Tiの方が17%程度広いです。TDPは75Wと共通です。バスインターフェースはPCIe 3.0×16となっています。出力は共通ですね。価格は$139でGTX 1630よりも$10安いです。国内価格は税込18,980円~と安価です。

Radeon RX 6400と比較

 GTX 1630RX 6400
コードネームTuringRDNA 2.0
GPUTU117Navi 24
プロセス12nm6nm
トランジスタ数47億54億
ダイサイズ200 mm²107 mm²
SM数812
CUDAコア512768
RTコア-12
Tensorコア--
ベースクロック1740 MHz1923 MHz
ゲームクロック-2039 MHz
ブーストクロック1785 MHz2321 MHz
メモリ容量4GB4GB
メモリ規格GDDR6GDDR6
メモリ速度12 Gbps16 Gbps
メモリバス64 bit64 bit
メモリ帯域幅96.00 GB/s128.0 GB/s
Infinity Cache-16MB
バスインターフェースPCIe 3.0 x8PCIe 4.0 x4
出力1x DVI
1x HDMI 2.0
1x DisplayPort 1.4a
1x HDMI 2.1
1x DisplayPort 1.4a
TDP75W53W
公式価格$149(予想)$159
国内価格23,443円~19,800円~
発売日2022/06/282022/04/20
競合モデルであるAMDのRadeon RX 6400のスペックと比較していきましょう。RX 6400は、RDNA 2.0アーキテクチャを採用したグラフィックボードです。GPUにはNavi 24を搭載しています。プロセスは6nmとGTX 1630の半分です。トランジスタ数がGTX 1630よりも15%多いにも関わらずダイサイズは46%も小さいです。RX 6400のSM数は12でCUDAコア数は768です。RTコアは12でレイトレーシングに対応しています。ここはGTX 1630にはない強みです。ベースクロックはRX 6400の方が10%高く、ブーストクロックも30%高いです。

GPUメモリ容量及び規格は共通です。メモリ速度はRX 6400の方が33%高く16 Gbpsとなります。メモリバスは64 bitと共通でメモリ帯域幅はRX 6400の方が33%広く128.0 GB/sです。RX 6400にはInfinity Cacheを16MB搭載していて実際のメモリ帯域幅はもう少し広いです。バスインターフェースはPCIe 4.0×4をサポートしています。RX 6400はDVIには対応していません。TDPは53WとGTX 1630よりも30%抑えられています。定価はRX 6400の方が$10高いですが、国内価格はRX 6400の方が20%近くも安価です。

GeForce GTX 1630ってどんなグラフィックボード?

GeForce GT 1030の後継モデルとしての期待が掛かる

GeForce GTX 1630は、GeForce GT 1030の後継モデルとして見るのが良さそうです。要はゲームプレイをメインに考えるのではなくメディアを取り扱う作業向けだということです。ハードウェアエンコード及びデコードに対応しているのも強みです。H.265・H.264などのメディアに対応しています。ただし、次世代コーデックのAV1には対応していない点は注意してください。

出力端子も豊富でマルチモニター環境の構築も容易になります。グラフィックス処理性能は確かにGTX 1650のダウングレードモデルとは言ってもスペック差以上に性能差があってGTX 1650寄りの処理性能を持っているとは言えません。Pascal世代のGTX 1050 Tiにも及ばないのは残念です。

本体がコンパクトかつ補助電源不要で導入しやすい

当該グラフィックボードの強みは本体が小さく補助電源が不要なことです。本体が小さいことでミニタワーやスリムタワーなどスペースに制限のあるケースでも導入しやすいです。また、補助電源が不要ということで電源ユニットを買い替える必要性がありません。コスト面でも有利ですね。

また、PCIe 3.0をサポートしているのも強みになり古いシステムを使用している方でも気軽に換装できます。GTX 1030・GT 730・GT 710など旧世代のグラフィックボードからの買い替えを考えている方も必見です。なお、ベンダーのモデルによっては補助電源が必要な場合があります。購入前に確認しておきましょう。

価格が高くコストパフォーマンスが低い

GeForce GTX 1630は、価格が高くコストパフォーマンスの悪いグラフィックボードとなっています。国内販売価格を見ると税込23,443円で販売されている状況です。GeForce GTX 1630搭載PC使用時のフレームレート一覧

実際のゲームプレイ中のフレームレートを計測しています。FULL HD環境、WQHD環境、4K環境の3つのパターンでのfpsをまとめています。すべて最高設定です。

*フレームレート(fps)とは、1秒間における表示可能なコマ数です。通常60fps以上の数値があれば快適だと言えます。

Far Cry 6

farcry6gtx-1630-farcry6-1

GT 1030よりも3倍近いフレームレートとなっています。一方で、GTX 1050 Tiよりも17%程度フレームレートが低いです。さらにGTX 1650及びRadeon RX 6400との差は60%以上とかなり大きいです。クロック周波数を引き上げてもCUDA数の少なさとメモリ周りのダウングレードはカバーしきれません。最高設定でのゲームプレイは厳しく低設定を基準にしなければいけません。

Hitman 3

hitman3gtx1650-Hitman 3

Hitman 3でもGT 1030との性能差は大きく最新モデルらしさがあります。一方で、GTX 1050 Tiよりも20%-27%程度フレームレートが低いです。高解像度になるほどその差が大きいです。GTX 1650よりも35%程度フレームレートが低いです。Radeon RX 6400との性能差も大きくゲーム向けのモデルとは言えません。

Borderlands 3

Boarderland 3gtx1630-Borderlands-3

Borderlands 3ではFULL HD環境でも24.5fpsと大苦戦です。数値を見てわかる通りWQHD環境でのゲームプレイは対応できません。GT 1030よりも2倍近くパフォーマンスが向上していますが、GTX 1050 Tiに15%程度劣ります。GTX 1650との差は38%とかなり大きいです。価格差がない現状ではGTX 1650やRadeon RX 6400を選ぶのが吉です。

Elden Ring

Elden Ringgtx1630-Elden Ring

Elden RingでもFULL HD環境で23.0fpsとなります。GT 1030よりも2.5倍近くパフォーマンスが向上します。一方で、GTX 1050 Tiよりも18%程度パフォーマンスが低いです。GTX 1650との差は35%以上です。

Cyberpunk 2077

cyberpunk2077gtx1630-Cyberpunk 2077

Cyberpunk 2077でもGT 1030よりも3倍近くフレームレートが高いです。GTX 1050 Tiよりも14%程度低く、GTX 1650よりも35%程度劣ります。ここまでベンチマークを見てきた中でやはりゲームプレイ向きのグラフィックボードという評価は下せないですね。


GeForce GTX 1630のその他ベンチマーク

消費電力

gtx1630watt

GTX 1630は消費電力の抑えられたグラフィックボードとなっています。マルチモニター環境では12WとGTX 1650やRX 6400よりも消費電力が高いです。一方で、ゲームプレイ時の消費電力はGTX 1650よりも30%以上も抑えられています。GTX 1050 Tiよりも10%程度消費電力が低いです。これぐらいの消費電力であれば旧システムでの換装も容易です。

GeForce GTX 1630搭載のおすすめBTOパソコン

記事の執筆時点で搭載モデルは発売されていません。各BTOメーカーでの取り扱いが始まり次第追記します。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、GeForce GTX 1630の性能スペック&搭載BTOパソコンについて紹介しました。GTX 1630は、2019年に発売されたGTX 1650のダウングレードモデルです。まさか3年経ってからこの世代のグラフィックボードがリリースされるとは思いませんでした。初めて30番台でGTXを冠したモデルとなっていますが、基本的にはGT 1030の後継モデルと考えると良いでしょう。

発売されたばかりということもあって価格が高くGTX 1650と変わらない価格設定です。50%以上の性能差がありますので今はGTX 1650を選ぶ方が良いですね。同様にRadeon RX 6400やGTX 1050 Tiも魅力的な選択肢となります。搭載BTOパソコンはまだリリースされていません。ゲーミングPCとしてではなくビジネスモデルとしてラインナップが拡充されるのではないかと思います。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等