radeonrx5700top画像引用元:https://www.msi.com/

管理人管理人

当記事では、「Radeon RX 5700の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。2019年7月7日に登場したグラフィックボードです。Radeon RX 590が2018年11月15日に発売されてから半年ぶりの新モデルです。

新しいアーキテクチャ”Navi 10”を採用しています。NVIDIAのRTX20シリーズに対抗する製品という位置付けです。競合製品はGeForce RTX 2060あるいはRTX 2060 Superとなります。

(+) コストパフォーマンスは良い
(+) RTX2060 Superよりも性能が低い
(-) 最適化されていないゲームに非常に弱い

Radeon RX 5700の総合性能

radeonrx5700top (2)

RX 5700は、RTX 2060よりも高い性能を持っています。これはAMDの狙い通りだと言えます。もっともSuperシリーズが登場したことで価格を下げることになったのは想定外かもしれません。RX Vega 64/Vega 56をも上回っていますので、新しいモデルとしては妥当な性能だと言えます。

Radeon RX 5700の性能スペック紹介

 RX 5700RX 5700 XTRX 590
コードネームNaviNaviPolaris
GPUNavi 10Navi 10Polaris 30
プロセス7nm7nm12nm
ダイサイズ251m㎡251m㎡232m㎡
トランジスタ数10.3億10.3億57億
CUDAコア230425602304
ベースクロック1465MHz1605MHz1469MHz
ゲームクロック1625MHz1755MHz-
ブーストクロック1725MHz1905MHz1545MHz
VRAM8GB GDDR68GB GDDR68GB GDDR5
メモリ帯域幅448.0GB/s448.0GB/s256.0GB/s
TDP185W225W225W
公式価格$349$399$229
発売日2019/72019/72018/11
RX 5700は、RX 5700 XTと同じくGPUにNavi 10を採用しています。RX 590のPolaris 30から新しいアーキテクチャになりました。プロセスが12nmから7nmへと縮小化されています。これだけでも進化を見て取ることができます。ダイサイズは大きいもののトランジスタ数が80%程度伸びていることから納得できますね。

CUDAコアは同等ですがブーストクロック周波数を引き上げることで高いパフォーマンスを発揮します。メモリ規格をGDDR6に変更していることも性能アップに貢献しています。それでいて消費電力も15%程度省電力となっているのもポイントが高いです。

Radeon RX5000シリーズからゲームクロックという値が追加されています。これまでは負荷が高い時の平均クロックをブーストクロックとしてしていました。しかし、このRX5000シリーズではそれを「ゲームクロック」とし、ブーストクロックは最大クロック数を表すようになりました。要するに、凄い負荷がかかっても大体このくらいの数値は叩き出せますよという数値ですので目安くらいに見ておきましょう。

RX 590に対して大きく性能を伸ばしています。ただ、価格はこれまでのRadeon製グラフィックボードと比べて高めに設定されています。RX 590との価格差は$120ですから比較対象としては違う気もしますね。これだけ価格に開きがあれば性能も当然上がるわけですから。ベンチマークでは、RX 590ではなくVega 56を比較対象としています。RX 5700 XTに対しては性能もコストパフォーマンスも敵いません。RX 5700の登場で選択肢も増えるかと思いましたが、どうやらそうもいかないようです。

PCI-Express gen 4.0の採用(中上級者向け)

Naviでは、PCI-Express gen 4.0を採用しています。グラフィックボードやNVMe対応SSDなどの搭載スロットです。PCIe gen 4.0は、新世代規格で先代のPCI-Express gen 3.0より2倍のバンド幅を持っています。

Ryzen 3000シリーズのCPUと同時にAMD X570チップセットのマザーボードをリリースしています。2019年末に予定されているIntelのIce Lakeが登場するまではこれが唯一PCIe gen 4.0をサポートするプラットフォームです。なお、gen 4.0に対応しているグラフィックボードは現時点でRX 5700 XTあるいはRX 5700のみです。

もちろん、Navi Radeon RX 5700 XTは、旧型のPCIeもサポートしていますが当然gen 3.0のみ対応となっています。AMDの新しい製品のパッケージでは7nmプロセスとこのPCIe gen 4.0を全面に押し出しています。まるでIntelの12nmとPCIe gen 3よりも次世代モデルということを言いたいかのようですね。

Radeon RX 5700ってどんなグラフィックボード?

競合製品に苦戦、特徴を掴みきれないグラフィックボード

RX 5700は、特徴を掴みにくく癖のあるグラフィックボードだと言えます。同じ価格のRTX 2060に対しては強く、GTX 1080には完敗しています。また、RTX 2060に対抗するにしてもリアルタイムレイトレーシングに対応しておらず、RTXシリーズよりもGTXシリーズに近い特性を持っています。

性能面では概ね上回っています。しかし、上記のレイトレーシングなどに加えて最小fpsではRTX2060より低く、安定感の無い印象がとても強いです。AMD製品に最適化されていないゲームでは著しく性能が落ち込む傾向があります。

逆に最適化されているゲームではRTX2080を上回る性能を見せることもあります。フルHDが最適なモデルで、高解像度での運用は適していません。少し安定感が気になるので高解像度でゲームをプレイする際は注意が必要ですね。

強気な価格設定でコストパフォーマンスという持ち味を捨てる

RTX 2060が$349で同じ価格になります。同じ価格で似た性能帯のグラフィックボードとなると安定感の無さ、リアルタイムレイトレーシング等の機能の無いRX 5700では対等に立つのは難しいでしょう。これまでのRadeonは対抗製品を上回りながら価格は安いというのが持ち味でした。

安定感が無くてもコストパフォーマンスがとても良く、NVIDIA製品より性能で劣っていても選択するメリットがありました。しかし、同じ価格に設定されてしまうと話は別です。北米価格と国内価格には大きな開きがありますから、結果的にRTX2060 superと同じ価格帯で販売されてしまう可能性もあります。

そしてそれは低い話ではなく往々にしてある話です。この価格設定は自信の現れなのでしょうか。

Radeon RX 5700搭載モデル使用時のフレームレート一覧

実際のゲームプレイ中のフレームレートを計測。WQHD/4K解像度+最高設定での計測を行っています。得手不得手の波の激しいRX5700がRTX2060やRTX2060 superに対してどこまで迫れるのか。一世代前のGTX1080との性能差がどれほどなのかを確認できればと思います。

*フレームレート(fps)とは、1秒間における表示可能なコマ数です。通常60fps以上の数値があれば快適だと言えます。

Assasin’s Creed Odyssey

AssassinscreedAssasin’s Creed Odyssey-rx5700

すべての解像度において僅かの差ではありますが、RTX 2060を上回るスコアを出しています。FULL HD環境なら最高設定で安定して60fps以上でのゲームプレイが可能です。RTX 2060 Superが頭一つ抜き出ていますが、ここに並べているグラフィックボードのほとんどはフルHDを超える環境に適応できません。より高い負荷をかけた場合にどうなるのかを見てもらいたいと思います。

Far Cry 5

farcry5Far Cry 5-rx5700

FAR CRY 5ではRTX 2060 Superをも上回る性能を見せています。RTX 2060 Superと比べて4%、RTX 2060と比べると15%程度高いです。ただ、高い負荷をかけると著しく性能が落ち込むことがあります。ただ、用途的には4K解像度でゲームをしなければ良いだけと捉えられますのでまだ安心ですね。

Hitman 2

hitmangtx1050tihitman2-rx5700

RX 5700の不安定さが出たスコアですね。ほぼすべての画面においてGTX 1080やRTX 2060にさえ劣っています。肝心のFULL HD環境を見えると、RTX 2060よりも6%低く、GTX 1080よりも9%低いです。ただ、これはゲームの最適化の問題でもあるので仕方がないかもしれません。この不安定な状態がRadeon製品のデメリットでもあります。もっとも、フルHDであればこんな不安定になることはありませんのでご安心ください。

Ace combat 7

acecombatAce Combat 7-rx5700

こちらもかなり厳しい結果となっています。最適化ができていないと考えた方が良いですね。色々なAAAタイトルを快適にプレイしたいと考えている方は注意しておく必要があります。

BATTLE FIELD V

battlefield5Battlefield V-rx5700

最後にBattle field 5ではずば抜けて高いフレームレートとなっています。ターゲット解像度であるFULL HD環境ではRTX 2060 Superよりも11%も高いパフォーマンスを発揮しています。RTX 2060よりも25%高いのは驚きです。4K解像度でも一つだけ60fpsを超えているのは素晴らしいですね。

Radeon RX 5700の消費電力&発熱

消費電力

watt-rx5700

RX 5700の省電力性の高さが光ります。ゲーム平均での消費電力はRTX 2060と同程度です。GTX 1080よりも消費電力が抑えられているのはさすがです。

温度

rx5700xt-temp

温度は上記の通りです。上位モデルであるRX 5700 XTよりも温度はかなり低く保たれています。


Radeon RX 5700搭載のおすすめBTOパソコン

搭載モデルはありません。RX 5700 XTはいくつかのBTOメーカーで取り扱いがあるもののRX 5700にはないのは不思議です。

Radeon RX 5700はこんな方におすすめ!

管理人管理人

Radeon製品が好きな人におすすめです。RTX 2060よりも安く入手できるならありかもしれません。しかし、機能面で劣り、性能は同等、価格も同じくらいならRTX 2060やRTX 2060 Superが無難に感じます。何よりも搭載モデルがほとんど見当たりません。

グラフィックボードの性能も今ひとつなので、RX 5700 XTの引き立て役なのではないでしょうか。あまり良いところが見つからないグラフィックボードです。これまでのRadeonのように価格が低くて選びやすいということもありません。できる限りおすすめしたいと考えていましたが、Radeon製のグラフィックボードに思い入れが無い限りおすすめできません。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページベンチマークテスト環境

CPUIntel Core i9-9900K
マザーボードEVGA Z390 DARK
メモリ16GB DDR4
SSD2x 960 GB SSD
電源ユニットSeasonic Prime Ultra Titanium 850W
冷却システムCryorig R1 Universal 2x 140 mm fan
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイAcer CB240HYKbmjdpr 24インチ
参照サイト:AMD Radeon RX 5700 XT Review(TECHPOWERUP)