rtx2060_top画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「GeForce RTX2060の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。2019年1月15日に登場となりました。RTX2070が2018年10月に発売開始となってから3ヶ月後のリリースですね。GTX1060、GTX960と過去の60番台を見ると売れ筋のグラフィックボードが揃っていることがわかります。それでは詳細を早速見ていきましょう。

(+) GTX1070Tiに匹敵する高いパフォーマンスを持つ
(+) レイトレーシングやDLSSを活用できる
(-) 従来モデルと比較して$100高い価格設定

GeForce RTX2060の性能スペック紹介

 RTX 2060RTX2070GTX1060
コードネームTuringTuringPascal
プロセス12nm12nm16nm
ダイサイズ445mm2445mm2200mm2
トランジスタ数106億個108億個44億個
CUDAコア1920基2304基1280基
RTコア3036-
Tensorコア240288-
ベースクロック1365MHz1350MHz1506MHz
ブーストクロック1680MHz1635MHz1709MHz
VRAM6GB GDDR68GB GDDR66GB GDDR5
メモリ帯域幅336.0 GB/s448.0 GB/s192.2 GB/s
TDP160W175W120W
公式価格$349$499$249
発売日2019/12018/92017/7
RTX2060は、スペックの高さが際立つグラフィックボードです。Pascal世代のGTX1060と比較するとCUDAコア(性能に直結)が50%アップと上げ幅が大きくなっています。ベースクロックは10%ダウン、ブーストクロックも2%ダウンもCUDAコアのアップで十分お釣りが来ます。これなら性能面でも非常に期待ができますね。

プロセスが16nm→12nmと小型化されたもののダイサイズ(GPU本体の大きさ)は2倍以上となっています。これは他のRTXシリーズと同様に今回から新しく搭載されたRTコアとTensorコアによるものです。これらの新技術についてグラフィックボードの特徴で詳しく見ていきましょう。

その他大きな変更点としては、メモリ規格がGDDR6になったことです。より高性能になりメモリ帯域幅も70%アップしています。これだけスペックでの変更点があれば消費電力が160Wと35%上がっているのも納得できると思います。また、価格も$100上がっていてこれが市場にどのような影響を与えるのかにも注目です。

GPUにはRTX2070と同じTU106を採用(中上級者向け)

最大のポイントはRTX2070と同じGPU TU106を採用していることだと思います。Pascal世代では70番台とは異なっていましたので高い性能がここからも見受けられます。フルスペックのTU106では36つのストリームプロセッサを搭載。

RTX2060では、それらの内6つのストリームプロセッサを無効化することでRTX2070とは差別化しています。つまり、RTX2070の80%程度のスペックになっていてCUDAコア1920(64×30)、Tensorコア240、RTコア30に繋がります。

GeForce RTX2060ってどんなグラフィックボード?

これまでの60番台とは一線を画するグラボとなる

Pascal世代までは60番台=ミドルクラスのグラフィックボードとなっていました。Steamでの利用者が最も多い人気のモデルです。しかし、RTX2060は、ラインナップ的にはちょうど真ん中に位置しているものの性能的にはハイクラスに相当します。スペックが非常に高く前世代のGTX1070Tiを時に超えるパフォーマンスを発揮します。

もうひとつ前世代と比較して価格が$100(約12,000円)高くなっていることも大きく異なっています。人気が出るグラフィックボードは50番台あるいは発売が期待されるGTX1160となるかもしれません。ただ、次に解説する最新技術を体験するという意味では理想的なモデルだとも言えます。

レイトレーシングやDLSSを気軽に体感できる

RTX2060にもTensorコア及びRTコアが搭載されています。RTX2070などと比較して手頃な価格で最新技術を体感できるということになります。BTOパソコンの価格も2万円以上抑えられるので予算を抑えたい方には魅力的な選択肢となりえます。

性能的にもRTX2060がレイトレーシングなどでパフォーマンスを活かせるラインだと思います。60番台以下ではRTコアは搭載されないのではないかと予想しています。新しい技術を取り入れたいアーリーアダプターの方はぜひチェックしてみてくださいね。

GeForce RTX2060のベンチマークを紹介

実際のゲームプレイでのフレームレートをまとめています。注目はレイトレーシングに対応しているBattlefield 5です。レイトレーシングをONにした状態でのフレームレートを計測しています。RTX2060でどのぐらい対応できるのかをチェックしてくださいね。その他のタイトルについてはWQHD/FULL HD×最高設定での数値となっています。

Battlefield 5(DirectX 12)

battlefield5rtxbattlefiled

Battlefield 5はNVIDIAのデモでも使われていて、レイトレーシングを体感するのに最適なタイトルだと思います。フレームレートを見るとわかりますが、DirectX Raytracing(DXR)をONにするとLowでも影響を受けます。1080pでも27%フレームレートが低くなります。1440pだと31%と大きくなり、4Kだとどの設定でも30fps以下と厳しいですね。

レイトレーシングを有効にした場合低設定からMediumでは17%フレームレートが下がります。しかしながら、MediumからHighであればその差はわずかです。これは非常に興味深いですね。RTX2060でレイトレーシングを有効にしたいならHighまでがおすすめです。

Far Cry 5(DirectX 11)

farcry5rtx2060farcry5

GTX1060 6GBとの差を体感しやすいタイトルです。特にWQHD環境では52.7fps→81.1fpsと55%向上しています。これなら最高設定でもヌルヌル動かすことができます。WQHDでもFULL HDでもほぼGTX1070Tiと同水準ですね。

Civilization VI(DirectX 11)

civ6gtx1050tirtx2060civ6

GTX1060 6GBと比較するとおよそ50%数値が良くなっています。GTX1070Tiには及びませんが、価格が安いことを考えると十分です。レイトレーシングも搭載されていてこの数値なら大満足です。RTX2070になるとさらに20%数値が高くなります。

Grand Theft Auto V(DirectX 12)

gtagtx1050tirtx2060gta5

GTA5ではGTX1070Tiを超えるパフォーマンスを発揮しています。RX Vega 64に匹敵する性能ということがわかります。WQHD環境でも100fpsを超えてくるのはさすがです。やはりGTX1060は比較対象とはなりません。

Hitman(DirectX 12)

hitmangtx1050tirtx2060hitman

RTX2060の性能の高さがはっきりとわかります。FULL HDだと133.0fpsと高いフレームレートを計測しています。これなら144Hz対応モニターも最大限活かすことができます。GTX1060と比較すると50%以上の性能アップとなっています。

GeForce RTX2060の消費電力&発熱

消費電力

rtx2060watt

RTX2060は消費電力が非常に高くなっています。GTX1060と比較すると35%-40%高くなっています。GTX1070Tiと同等の消費電力です。性能面を考えるとGTX1070Tiと同等以上であることを考えると不思議ではないと思います。このことから消費電力には余裕を持たせておきたいところですね。

温度

rtx2060temp

発熱は非常に抑えられています。プロセスが小さくなり電源効率も上がりそれに伴い発熱量も小さくなっています。これぐらいの発熱量なら小型PCやスリムタワーでも問題ないと思います。室温が以上に高いなど特殊な環境でない限りそれほど気にしてなくても良いでしょう。


RTX2060搭載のおすすめBTOパソコン

GALLERIA XV(ガレリア)

galleriaxj
価格:149,980円
CPU:Core i7-8700
GPU:GeForce RTX2060
メモリ:DDR4 8GB
SSD:500GB
HDD:2TB



RTX2060×i7-8700を搭載した一台となっています。GTX1070Tiと同じ性能であったことを考えると2万円以上安く購入できるのは魅力的です。DDR4 8GB、SSD 500GB、HDD 2TBとドスパラでは標準的な構成です。長く使うことを考えるとメモリは16GBにカスタマイズしておくと良いかもしれません。

GALLERIA ZV(ガレリア)

galleriaxj
価格:179,980円 159,980円
CPU:Core i7-9700K
GPU:GeForce RTX2060
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB
HDD:2TB



GALLERIA XVに+10,000円でCore i7-9700Kにアップグレードすることができます。8コア8スレッドの最新CPUです。また、メモリも16GBになるのでXVよりコスパに優れていると言えます。ゲームプレイはもちろんクリエイター作業も得意としています。キャンペーンが開始してそのオトクさは格段にアップしました。

LEVEL-R039-i5K-ROVI(LEVEL∞)

level-r
価格:144,980円
CPU:Core i5-9600K
GPU:GeForce RTX2060
メモリ:DDR4 16GB
SSD:250GB 512GB NVMe対応
HDD:1TB



CPUにCore i5-9600Kを搭載することで価格を下げています。クロック周波数が高いためゲームプレイだけなrCore i5でも十分でしょう。SSDにNVMe対応M.2 512GBを採用しているのが強みです。高性能なSSDでより快適なPC作業を行えますね。

GeForce RTX2060はこんな方におすすめ!

管理人管理人

多くのユーザーが待望していた60番台のグラフィックボードが登場しました。性能的にはGTX1070Tiと同じぐらいで非常に高いパフォーマンスを発揮します。価格も2万円程度安くなっていることを考えるとコスパが高いです。60番台でもWQHD環境までなら十分対応可能です。また、レイトレーシングやDLSSといった最新技術を手頃な価格で体感できるのも魅力の一つです。

BTOパソコンもどんどん揃ってきました。最もおすすめなのはキャンペーン対象となった「GALLERIA ZV」です。メモリ16GB、SSDとHDDのダブルストレージと構成面も優れています。総合ランキングでも上位に食い込めるポテンシャルを持っています。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-8700、 i7-8550U等
gpu

GeForce GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページベンチマークテスト環境

CPUCore i7-7700K
マザーボードASUS Z270
メモリ16GB
SSDPatriot Ignite 960GB
電源ユニットAntec HCP-1200 1200W
冷却システムCryorig R1 Universal 2x 140 mm fan
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイAcer CB240HYKbmjdpr 24インチ
参照サイト:NVIDIA > ( (TECHPOWERUP)