rx5504gb
画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「Radeon RX 550の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。エントリークラスのグラフィックボードとなっています。メインでゲームをしたり、3D CADなどのソフトを使用することはないけど、万が一の時のために搭載しておきたいという方にぴったりです。オンボードのグラフィックボードに比べると性能差は歴然です。エントリークラスであることを理解しておけば良い選択肢になると思います。

(+) 10,000円前後のエントリークラスグラボ
(+) GT 1030よりも高いパフォーマンスを持つ
(-) BTOパソコンのラインナップはない

Radeon RX 550の性能スペック紹介

 RX 550RX 560GT 1030
コードネームPolarisPolarisPascal
プロセス14nm14nm16nm
CUDAコア512基1024基384基
ベースクロック1100 MHz1175 MHz1227 Mhz
ブーストクロック1183 MHz1275 MHz1468 Mhz
VRAM4GB4GB2GB
メモリ帯域幅112 GB/s112 GB/s48 GB/s
TDP50W80W30 W
公式価格$79$100$79
発売日2017/82017/82016/6
参考:GeForce GT1030の性能スペック&搭載BTOパソコン紹介

RX 550の性能スペックを見ていきましょう。GeForceのエントリークラスであるGT1030が競合です。RX 550はCUDAコアが512基、ベースクロック1100 MHz、ブーストクロック1183 MHzとなっています。VRAMが4GBとライバルよりも多くなっています。これだけでもゲームプレイでは有利だということが予測できるだろう。メモリ帯域幅は112 GB/s、TDP 50Wです。上位モデルのRX 560になるとCUDAコアが倍増とスペックが上がります。

GT 1030は、AMDとは異なる攻め方をしています。CUDAコアが384基と抑えて、クロック周波数を10%-25%高いです。VRAMは同じ2GBですが、メモリ帯域幅は48 GB/sと低いです。CUDAコアが少ないこととパワー効率が良いため消費電力は40%低いです。価格はほぼ同じで、性能的にはRX550の方がわずかに上回っています。

Radeon RX 550ってどんなグラフィックボード?

定価$79の激安グラフィックボード

定価$79と非常に手頃な価格設定が魅力です。RX550には2GB/4GBモデルがあり4GBモデルはわずかに高いです。これまでグラフィックボードの購入を躊躇っていた方でも検討しやすいと思います。学生の方でも10,000円なら少しお小遣いを貯めて購入できるでしょう。

この辺りのクラスであればマイニングブームでの価格高騰もなく2018年時点でもほぼ価格は安定しています。日本円で10,000円弱となっています。ライバルのGT 1030と同水準です。性能的にはGT 1030よりも10%-20%高くなっています。コスパの高さはずば抜けています。

BTOパソコンのラインナップは皆無

RX 550搭載のBTOパソコンはラインナップにありません。もしこのクラスのグラフィックボード搭載モデルを探している方はNvidiaのGT1030を選択しましょう。ドスパラやマウスコンピューターなどの大手BTOメーカーでも取り扱っています。当記事は単体でRX 550の購入を検討している方がターゲットとなります。是非参考にしてくださいね。

Radeon RX 550のベンチマークを紹介

ゲームのフレームレートを計測しています。基本的にはHD環境+低設定となります。もし、FULL HDでもある程度ゲームをしたいという方はRX 560やGTX1050を選択肢に入れると良いですね。

Battlefield 1

battlefieldgtx1050tirx550battlefield

Battlefieldでのゲームプレイを測定。RX 550は、126FPSと余裕の数値を出しています。FULL HDでも70FPSを出していますので、ゲームプレイでも通用することがわかります。GTX 750Tiを超えるのは時代の流れを感じますね。ただし、画質の設定は最低にする必要があります。割り切ってさえいれば非常に優れたグラフィックボードだと言えます。

Far Cry 5

farcry5rx550far

GT 1030が50FPSとなっている一方で、RX 550は63FPSと高い数値になっています。FULL HDでは34FPSと伸びません。HD環境でのゲームプレイが前提です。比較的新しいタイトルになるとやはり苦戦しますね。ただそれでもRyzen搭載のVega 11よりも30%高いスコアが出ていることから選択する価値はあると思います。

Fortnite

fortnite画像引用元:https://www.androidcentral.com/
rx550frtnite

Medium設定で計測。RX 550は、110 FPSと非常に高いフレームレートとなっています。GT 1030は130FPSと20%近く高いスコアが出ています。FULL HDでもそれぞれ66、56FPSとそれなりのスコアが出ますね。タイトルによってはゲーム用途でも万全です。

Radeon RX 550の消費電力

rx550power

RX 550は高い性能が魅力です。しかし、デメリットとして消費電力の高さが挙げられます。アイドル時59W、負荷がかかった時176Wとなっています。一方、GT 1030が50W、154Wと10%程度抑えられています。これぐらいであれば電源ユニットを強化する必要はないと思いますが、デメリットとして理解しておきましょう。


Radeon RX 550はこんな方におすすめ!

管理人管理人

RX 550は、ライバルのGT 1030と比べるとマイナーなグラフィックボードです。しかし、GT 1030よりもゲームプレイでも高いフレームレートを計測しています。コスパを重視される方やAMDが好きだという方にはよい選択肢になると思います。BTOメーカーでの取り扱いはないので単体での購入及び換装が前提です。今オンボードで満足できない部分があるのであれば一度検討してみてくださいね。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページベンチマークテスト環境

CPUCore i7-7700K
マザーボードASUS Z270
メモリ16GB
SSDPatriot Ignite 960GB
電源ユニットAntec HCP-1200 1200W
冷却システムCryorig R1 Universal 2x 140 mm fan
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイAcer CB240HYKbmjdpr 24インチ
参照サイト: (TechSpot)