radeonrxvega56
画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「Radeon RX Vega 56の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。NvidiaのGTX10シリーズがゲーミングPC業界に旋風を巻き起こしました。AMDも遅れること一年ついにハイクラスのグラフィックボードをリリースしました。なお、VegaはベースとなっているGPUアーキテクチャのことで、後ろの56という筋はコンピューターユニット(CU)の数のことを表しています。RX Vega 64の廉価版ということです。気になるVega 56について詳しく見ていきましょう。

(+)GTX1070を圧倒する高い性能を持つ
(+)コスパが非常に高く人気がある
(-)搭載BTOパソコンがほとんどない

Radeon RX Vega 56の性能スペック紹介

 RX Vega 56RX Vega 64GTX1070
コードネームVega 10Vega 10Pascal
プロセス14nm14nm16nm
ダイサイズ484mm2484mm2314mm2
トランジスタ数125億個125億個72億個
CUDAコア3584基4096基1920基
ベースクロック1156MHz1247MHz1506 Mhz
ブーストクロック1471MHz1546MHz1683 Mhz
VRAM8GB HBM28GB HBM28GB GDDR5
メモリ帯域幅409.6 GB/s483.8 GB/s256 GB/s
TDP210W295W150W
公式価格$399$499$379
発売日2017/82017/82016/6
Vega 10は、R9 FuryシリーズのFijiのようにマルチチップモジュールを採用しています。このモジュールではVegaアーキテクチャに基づく大きなGPUダイに2つのHBM2メモリースタックを搭載。GTX1080Tiよりも大きいダイサイズとなっています。合計8GBのメモリを搭載しているのはさすがのハイクラスGPUだと言えます。64個ある次世代コンピューターユニットの内56個が有効で、ストリームプロセッサーは3584基となっています。RX Vega 64に比べてクロック数が10%低く、そしてメモリクロックも15%低く抑えられています。スケールダウンによってエネルギー効率を高めています。

比較対象となるのはNvidiaのGTX1070となります。GTX1070は、RX Vega 56とは違ってコアが45%少ない代わりにクロック周波数を30%高くしています。消費電力も40%低くなっているのはさすがです。企業によってこれほど戦略が異なるのは興味深いですね。ついに、AMDは$400という価格でGTX1070が独占していた主要クラスに入ることができたというわけです。Nvidiaにとってもこのパフォーマンスの高さは想定外で、すぐにGTX1070Tiをリリースしたという裏話があります。そもそもGeForceでは70Tiシリーズは普通ラインナップになかったので異例だったと言えます。

Radeon RX Vega 56ってどんなグラフィックボード?

GTX1070を圧倒する高い性能を持つ

RX Vega 56は、GTX1070よりも10-12%ほど高いパフォーマンスを持っています。消費電力という点ではNvidia製グラフィックボードに劣るもののとにかく高い性能が欲しいという方におすすめです。WQHD環境を前提とするのであれば最適なグラボの一つだと言えます。

事実焦ったNvidiaは急遽GTX1070Tiをリリースして対抗しました。ユーザーにとっては選択肢が増えたのでやはり競争は良い社会を生みます。ただし、ノイズの小ささという点ではGTX1070に軍配が上がります。GTX1070Tiはパワー重視で電源効率は少し悪化しています。

RX Vega 64よりおすすめしやすい

RX Vega 56は、Vega 64の姉妹モデルです。RX Vega 64よりも20%安い価格で、ストリームプロセッサーはわずか12.5%減に留めています。さらに、クロック周波数も抑えています。Vega 10シリコンのカットの影響はそれほど大きく苦なく、パフォーマンス面ではRX Vega 54よりも11%低いだけです。浮いたお金でモニター(FreeSync対応など)を買い替えたり、SSDに交換したりする方が現実的でしょう。

性能面以外でもクロック周波数を低くしていることで省電力となっています。全体的にGeForceよりは消費電力が高いですが、最適な環境であればGTX1070に匹敵する省電力性を発揮します。電源効率が上がればパワーロスも小さくなり結果的に発熱も抑えられます。つまり、クーラー駆動を抑えられファンノイズも小さくなります。

コンパクトなnanoモデルもある

rxvega56nano画像引用元:http://ascii.jp/
サイズが2/3になったRX Vega 56 nano Editionも登場しています。スペック的には通常モデルと同じです。コンパクトになったというメリットが大きいモデルだと言えます。BTOパソコンで購入したいならnanocモデルしかラインナップにありませんが、デメリットはないと考えて良いでしょう。

Radeon RX Vega のベンチマークを紹介

各タイトルについてWQHD及び4K解像度でのフレームレートを計測しています。すべて最高設定となっています。一般的には60FPS以上あると安定していると言われています。なお、60FPS以下でも設定を落とせば十分なフレームレートを出すことも可能です。

Battlefield 1(DirectX 12)

battlefieldgtx1050tirxvega64battle

GTX1070よりも20%以上高いスコアを出しています。4K解像度でも53.0FPSは驚きです。4K解像度ではGTX1080をも上回る数値となっています。RX Vega 64との差は10%弱です。WQHD環境前提なら十分期待に答えてくれるでしょう。

DOOM(Vulkan)

doomgtx1050tirx64doom

WQHD環境ではほぼ100FPSと高いスコアを計測しています。GTX1070よりも30%高く性能を発揮。最新のAPIであるVulkanはAMD勢が得意とする分野です。RX Vega 64なら4K解像度でもさくさくゲームを楽しむことができます。

Civilization VI(DirectX 11)

civ6gtx1050tirxvega64civ

DirectX 11はNvidiaが優勢です。GTX1080、GTX1070とNvidiaが上位を独占。また、WQHD環境ではRX Vega 56が64を上回るという奇妙な現象が起きています。ただ、4K解像度では順当なスコアが出ているため誤差の範囲でしょう。

Grand Theft Auto V(DirectX 12)

gtagtx1050tirx64gta5

GTX1070よりも3-6%高いスコアが出ています。RX Vega 64やGTX1080になると4K解像度でも安定して60前後の数値が出ます。前世代のフラグシップモデルであるR9 Fury Xよりも20%以上性能が高くなっていることがわかります。2年待たせただけあってAMDも本気ですね。

Hitman(DirectX 12)

hitmangtx1050tirx64hitman

キレイに性能通りのスコアが出たタイトルです。DirecX 12の最新APIを採用。GTX1070よりも5%高く、R9 Fury Xよりも18%高いスコアが出ています。WQHDあるいはFULL HDなら満足のいくゲームプレイが可能です。

Radeon RX Vega 56の消費電力&発熱

消費電力

rx56consumption

R9 Fury Xよりも省電力性に磨きがかかっていることがわかります。性能的にも20%以上高くなっていることを考えるとこれは素晴らしいですね。ただし、ライバルのGTX1070はもっと省電力です。Nvidia製グラフィックボードの長所の一つです。RX Vega 56も負荷をうまくコントロールすることができればもう少し抑えることが可能です。

温度

rx56temp

高負荷時にはGTX070の方が温度が高くなる傾向にあります。ただ、温度に関しては環境の依存度も高く参考程度にしておくと良いと思います。


Radeon RX Vega 56 nano搭載のおすすめBTOパソコン

LEVEL-C0B6-i7-VFR(パソコン工房)

levelcclass
価格:182,980円
CPU:Core i7-8700
GPU:Radeon RX Vega 56 Nano
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:240GB
HDD:1TB



RX Vega 56 nanoを搭載したゲーミングPCです。唯一Vegaシリーズのパソコンを販売しているのがパソコン工房です。LEVEL∞ブランドはコスパの高さと構成の豊富なラインナップが魅力です。Radeonシリーズは充実していませんが、ラインナップとしてある時点で他のメーカーとは違いますね。CPUにはi7-8700を搭載し高いパフォーマンスを発揮します。メモリ16GB、SSD 240GB、HDD 1TBと構成面も充実。カスタマイズなしで快適なゲームプレイが可能です。

Radeon RX Vega 56はこんな方におすすめ!

管理人管理人

RX Vega 56の性能レビュー及びおすすめBTOパソコンについて紹介しています。Vega 56は、GTX1070よりも高い性能を持つグラフィックボードです。現在BTOメーカーではラインナップはほとんどありません。取り扱っているのはパソコン工房のみでコンパクトサイズのnano Editionのみが対象です。

Intel Core i7-8700を搭載している「LEVEL-C0B6-i7-VFR」が選択肢に入ります。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-8700、 i7-8550U等
gpu

GeForce GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページベンチマークテスト環境

CPUCore i7-7700K
マザーボードASUS Z270
メモリ16GB
SSDPatriot Ignite 960GB
電源ユニットAntec HCP-1200 1200W
冷却システムCryorig R1 Universal 2x 140 mm fan
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイAcer CB240HYKbmjdpr 24インチ
参照サイト: (TECHPOWERUP)