rx590

管理人管理人

当記事では、「Radeon RX 590の性能スペックとベンチマーク」を紹介しています。2018年11月16日に発売となったミドルクラスのグラフィックボードです。2017年4月にリリースされたRX 580の上位モデルということになります。

AMDファンの方で気になっている方も多いでしょう。型番的にはハイクラスなのかと思いきやそれほど性能は高くありませんでした。競合のGeForce GTX1060 6GBと比較しながらその特徴について見ていきます。

(+) GeForce GTX 1060よりも高い性能を持つ
(-) 今の時期に出す必要があったのか疑問
(-) RX 580と比べてコストパフォーマンスが悪い

Radeon RX 590の性能スペック紹介

 RX 590RX Vega 56RX 580
コードネームPolaris 30Vega 10Polaris 20
プロセス12nm14nm14nm
ダイサイズ232m㎡484m㎡232m㎡
トランジスタ数57億個125億個57億個
CUDAコア2304基3584基2304基
ベースクロック1469MHz1156MHz1257Mhz
ブーストクロック1545MHz1471MHz1340Mhz
VRAM8GB GDDR58GB HBM28GB GDDR5
メモリクロック8 Gbps1.6 Gbps8 Gbps
メモリバス256 bit2048 bit256 bit
メモリ帯域幅256.0 GB/s409.6 GB/s256.0 GB/s
TDP225W210W185W
公式価格$279$399$229
発売日2018/112017/82017/4
Radeon RX 590は、2017年に発売されたRadeon RX 580の上位モデルという位置付けです。RX 580のコードネームはPolaris 20でしたが、RX 590ではpolaris 30に変わりました。プロセスも12nmと小型化されているのはさすがです。ポイントはプロセスが小さくなっているにも関わらずダイサイズが変わっていないということですね。実はアーキテクチャ的には流用されていると考えて良いですね。構造的な部分は初心者向きではありませんので、ここではこのぐらいにしておきます。詳細は次の項目で見ていくことにします。

スペック的に見ると、トランジスタ数やCUDAコアの数は同じです。ベースクロックが17%高く、ブーストクロックが15%高いです。メモリ周りも共通です。プロセスの縮小化によってパワー効率が上がりクロック周波数を上げることに成功しました。性能自体が引き上げられ、RX580よりも11%性能が高くなり期待以上だと言えます。元々はほとんど変わらないだろうと言われていたのでこの結果は良かったですね。GPUメモリ容量8GBというのはこの性能帯では十分すぎると思います。

Radeon RX Vega 56はRadeon RX 590の上位モデルとなります。Vega 10を採用しています。プロセスは14nmです。ダイサイズはRX 590よりも2倍以上で484m㎡となっています。トランジスタ数も圧倒的です。CUDAコアは55%多いです。ベースクロック・ブーストクロックともにRX 590の方が高いです。RX Vega 56のメモリ規格は次世代規格のHBM2です。より広いメモリ帯域幅を実現できています。メモリクロックは1.6 Gbpsと抑えられていますが、メモリバスは2048 bitと8倍です。TDPは210WとRX 590よりも抑えられていますね。価格差は$120です。

中身が2年前のRX 480と大きな違いはない(中上級者向け)

RX 590は、RX570やRX 580の単なるリニューアルモデルというわけではありません。この新しいRX 590のGPUでは12nmのプロセスを採用しています。その結果省電力と高周波数を実現しています。しかし、AMDは今回のRX 590では以前までと同じダイサイズを採用しました。トランジスタ数及びダイサイズは全く同じものです。大きく変わったのは発熱対策と電源効率だけです。

正直言うとなぜこのタイミングでRX 590をリリースしたのか疑問です。2年以上前のアーキテクチャから変わっていないのは残念ですね。プロセスの縮小だけに留まらず根本的な改革に当たるトランジスタ数やダイサイズは変えて欲しかったですね。もちろんクロック周波数の200MHzのブーストは歓迎するニュースですが新しいモデルとしては不満があります。

ビジネス的な側面で考えると今からアーキテクチャを抜本してしまうと開発コストが掛かってしまうということはあります。そう考えるとRX 590はあくまでもつなぎで2019年にはいってから本命をリリースするのかもしれません。NVIDIAが新しくミドルクラスのグラフィックボードをリリースするでしょう。その対抗馬であることを考えると物足りません。マイニングブームの終焉でRX580の価格が下がっていることもマイナスですね。

Radeon RX 590ってどんなグラフィックボード?

GeForce GTX 1060 6GBを超えるパフォーマンスを持つ

rx590benchmark

Radeon RX 590は、競合であるGeForce GTX 1060 6GBよりも7%程度高いゲーミング性能を持っています。Radeon RX 580でも同等の性能でしたが、タイトルによっては負けることもありました。RX 590は完勝と言っても良いでしょう。RX 580よりも性能が高く完全に上位互換だと言えます。これでNVIDIAの上位のグラフィックボードであるGTX 1070との差は15%、AMDの上位モデルであるRX Vega 56との差は16%となっています。

RX 590にもデメリットがないわけではありません。まず、消費電力が高くなっていることと価格がやや高くコストパフォーマンスが悪いことです。アーキテクチャを維持したままでクロック周波数を上げたので当然の結果です。また、7%の性能アップのためにプレミアムな価格が設定されていると言わざるを得ません。

ラインナップ拡充のためのグラフィックボードだが…

RX 590の$279という価格設定はミドルクラスに属します。Radeon RX Vega 56($399)とRadeon RX 580($249)の価格差が$150と大きくなっていたのでこの間にぶつけた形ですね。NVIDIAも、GTX 1070 TiとGTX1060 6GBで同様の課題を抱えています。そう考えると非常に妥当な価格だと言えます。

ライバルのNVIDIAは先制してGTX 1080 Ti以下の全てのグラフィックボードの価格を$10-$25程度引き下げて来ました。例えば、GTX 1060 6GBは$260→$230に下がり、GTX 1070は$390→$360に下がったいます。AMDにプレッシャーを掛けてきています。

また、AMD自身のラインナップからもプレッシャーは掛けられています。RX 570は$150、RX 580は$200と安くなりました。マイニングブームが終わったことで通常の価格に戻ったということになります。$280のRX 590は魅力的な選択肢と言えますが、理想を言えば$250ぐらいまで下がらないと厳しいですね。

搭載モデルは販売されていない

Radeon RX 590を搭載したBTOパソコンはありません。中小メーカーでもほとんど取り扱いがないようです。性能が伸びているとは言ってもRadeon RX 5000シリーズの発売も控えていて取り扱いづらさがあるのではないかと思います。BTOパソコンの購入を考えているならGeForce GTX 1060搭載モデルを選択しておくのが無難です。

Radeon RX 590のベンチマークを紹介

FULL HD&WQHD環境でのフレームレートを計測しました。4K解像度ではスペック不足となるため表示していません。RX 590についてはXFX製Radeon RX 590 Fatboy 8GBモデルを使用しています。

Battlefield 1(DirectX 12)

battlefieldgtx1050tirx590battlefield

Radeon RX 590は、RX 580とGTX 1060 6GBよりも6%高いスコアとなっています。WQHD環境だと10%と差は大きくなっているのはさすがです。DirectX 12は特にAMDとの相性が良くRX590でもそれが顕著に表れています。上位のGTX 1070との差も16%へと縮まっています。Radeon RX Vega 56よりも23%程度劣ります。やや性能差が大きいですね。

Far Cry 5(DirectX 11)

farcry5rx590farcry5

競合であるGTX 1060よりも5%程度アップ、RX 580よりも12%アップとなっています。上位クラスとの差は大きいですが、縮まっていることに間違いありません。FULL HD環境だけではなくWQHD環境でのゲームプレイもこなせそうです。

Civilization VI(DirectX 11)

civ6gtx1050tirx590civ6

RX 580より14%高いスコアを計測しています。GTX 1060とはほぼ同等ですね。これでRX Vega 56との差は15%へと縮まりました。WQHD環境でも60FPSを超えているのは評価できます。

Grand Theft Auto V(DirectX 12)

gtagtx1050tirx590gta5

RX580よりも性能は10%アップとなっています。GTX 1060と比べても8%ほど高くなっています。GTA5では上位との差が大きいですね。GTX1070と比べると30%近くの差があることになります。

Hitman(DirectX 12)

hitmangtx1050tirx590hitman

HitmanでもRX 580よりも10%アップとなっています。GTX 1060よりも20%も高くなっていることからやはりRX 590の性能アップは期待以上です。全てのタイトルで上回っていることから完勝と言っても良いでしょう。Radeon RX Vega 56との差は40%とかなり大きいです。

Radeon RX 590の消費電力&発熱

消費電力

rx590watt

RX 590の弱点の一つが消費電力の高さです。なんとNVIDIAの最新のRTX 2080を超える消費電力量です。FULL HDが前提のグラフィックボードでこの消費電力の高さはいただけません。競合のGTX 1060 6GBと比べると高負荷時で2倍程度の差が付いてしまっています。電源ユニットに少しお金を掛ける必要があると思います。

温度

rx590temp

温度については競合と比べてやや高めですが気にする必要はないでしょう。むしろ消費電力の高さを考えると健闘していると言えます。


Radeon RX 590はこんな方におすすめ!

管理人管理人

当記事では、Radeon RX 590の性能スペックについて紹介しました。2018年後半に新しく登場したグラフィックボードですが、後発のわりにはそれほど魅力的なモデルとは言えません。その理由として、価格が割高でコストパフォーマンスが高くないためです。マイニングブームで高騰していたグラフィックボード価格が落ち着いている中では$279は高いと感じます。

性能面を見ると期待以上だと思います。あらゆるタイトルにおいてGTX 1060 6GBを上回るベンチマーク結果となっていることからAMDの思惑通りだと言えます。ただ、2019年になればNVIDIAもRTX20シリーズの新しいミドルクラスのグラフィックボードを投入してくるでしょう。その時に立ち位置がどう変わるかが楽しみですね。今ならRX 590を購入するよりもGTX 1060 6GBあるいはRX 580を購入する方が満足度が高いと思います。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

当ページベンチマークテスト環境

CPUCore i7-7700K
マザーボードASUS Z270
メモリ16GB
SSDPatriot Ignite 960GB
電源ユニットAntec HCP-1200 1200W
冷却システムCryorig R1 Universal 2x 140 mm fan
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイAcer CB240HYKbmjdpr 24インチ
参照サイト:XFX Radeon RX 590 Fatboy 8 GB (TECHPOWERUP)