THIRDWAVE SA507i公式

管理人管理人

当記事では、サードウェーブが販売している「THIRDWAVE SA505i」のレビューをまとめています。2022年5月19日に新しく登場したばかりのビジネス向けノートパソコンです。15.6インチモニターを搭載していてポータブル性と実用性のバランスが取れています。

CPUにはミドルクラスのCore i5-1135G7を搭載していてあらゆる用途に対応できます。THIRDWAVE SA50xiシリーズの真ん中に位置するモデルとなっています。他のシリーズとの比較も行っていますのでぜひ参考にしてくださいね。登場時は102,980円という価格設定でしたが、33,000円価格が下がりついに6万円台に突入しました。

(+) Tiger Lake世代のCore i5-1135G7を搭載している
(+) 大幅値下げで税込69,980円で購入できる
(+) こだわりのキーボード採用で使い勝手良好
(+) Thunderbolt 4×2つ搭載で実用性が高い
(-) 構成がメモリ8GB、SSD 256GBと控えめ

THIRDWAVE SA505iのスペック

THIRDWAVE VF-AD5syoumen

メーカードスパラ
型番THIRDWAVE SA505i
価格69,980円(税込)
モニター15.6インチ FHD
ディスプレイ色域-
重量約1.70kg
バッテリー駆動時間約12.0時間
CPUCore i5-1135G7
グラフィックボードIntel Iris Xe Graphics
メモリLPDDR4x-3733 8GB
ストレージSSD 256GB
光学ドライブ非搭載
カードリーダー
Wi-Fi 6
Thunderbolt 4
おすすめ度★★★★★★★★★☆

>>>THIRDWAVE SA505iを購入<<<

製品名は「THIRDWAVE SA505i」です。モニターは15.6インチFHDです。型番のSAに続く5が15.6インチを表しています。価格は税込69,980円です。送料込みで73,280円となります。本体重量約1.70kg、バッテリー駆動時間約12.0時間となっています。製品名の最後の2つの数字がCore i5シリーズを搭載していることを意味します。つまり、採用されているCPUはCore i5-1135G7です。

グラフィックスはCPU内蔵のIntel Iris Xe Graphicsです。メモリはLPDDR4x-3733 8GB、ストレージはSSD 256GBとなっています。光学ドライブは非搭載でオプションでも対応不可です。カードリーダーは標準搭載です。Wi-Fi 6やThunderbolt 4対応で最新モデルらしさがあります。おすすめ度は★九つです。大幅値下げが適用となり評価を上げています。最新モデルと比べても見劣りしませんね。

THIRDWAVE SA505iのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
×
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

tvdenwa
cad
×
businessperson
THIRDWAVE SA505iはCPUにCore i5-1135G7を搭載していてノートパソコンとしては高い性能を持つモデルです。動画編集・RAW現像・マンガ制作・WEBデザイン・DTM・ビジネス用途でも通用します。ただし、モバイルのハイパフォーマンスモデルやデスクトップパソコンと比べると性能は抑えられていますので、特に動画編集やRAW現像をメインに考えているならCore i7-11800HやCore i5-11400Hなどを選択しましょう。

当該モデルはメモリが8GBと少なく適性が高いわけではありません。Thunderbolt 4を搭載しているためデュアル環境の構築は容易です。作業効率アップに繋がりますね。グラフィックス処理性能はCPU内蔵モデルとしては高いものの外付けのグラフィックボードと比べると性能差は大きくゲームプレイや3D CADには不向きです。

>>>THIRDWAVE SA505iを購入<<<

THIRDWAVE SA505iを選ぶ3つの理由

Intel第十一世代のCore i5-1135G7を搭載しているから

i51135g7benchmark
THIRDWAVE SA505iではCPUにIntel第十一世代のCore i5-1135G7を搭載したモデルです。4コア8スレッドと上位モデルであるCore i7-1165G7と同等のスペックを持っています。クロック周波数が引き下げられている分性能は若干劣ります。

Core i7-1165G7との性能差は6%程度でCore i5-1135G7はお得感がありますね。CPU性能だけを見れば動画編集やRAW現像にも対応できるポテンシャルを持っています。従来モデルのCore i5-10210Uよりも50%程度高いパフォーマンスを発揮します。14nmプロセスから10nmプロセスへと微細化されてよりパワー効率が向上しています。

irisxegraphics

CPU内蔵グラフィックスにはIntel Iris Xe Graphicsが搭載されています。GeForce MX330を上回る処理性能は圧巻です。WEBデザインなどでの簡単な3Dグラフィックスの処理であれば十分対応できます。Intel第十世代のIris Plusよりも30%以上もパフォーマンスが向上しています。フルスペックバージョンのIris Xe Graphicsを搭載したCore i7-1165G7と比べると5%程度の差がありますが、性能差を体感できるほどではありません。

こだわりのキーボード採用で使い勝手が良いから

THIRDWAVE SA507ikeyboard
ノートパソコンでネックとなりやすいのはキーボードです。スペースの問題でキーが小さくなったり、配列が変わってしまったりと仕方がない部分だと言えます。ところが、THIRDWAVE SA505iではその弱点を克服しています。具体的にはキーピッチを約19.6mmと広く取ってタイピングがしやすくなっています。男性の方でも窮屈さを感じづらいと思います。ストロークは1.2mmです。

また、配列も一般的なデスクトップ向けのキーボードと同等です。テンキーについてはかなり細くなっていますが、搭載されているだけでプラスになります。タッチパッドをテンキーとして使用できるのもポイントです。リフトアップヒンジデザイン採用でキーボードに傾斜が付く仕組みです。手首への負担軽減で長時間のPC作業もお手の物です。

Thunderbolt 4搭載で実用性が高いから

Thunderbolt 4端子を二つ搭載しているのも強みです。USB PD電源・Display Port 1.2対応で実用性が高いです。Power Deliveryを活用すれば大きなアダプターを持ち運ばなくても気軽に充電ができます。映像出力に対応しているのも嬉しいですね。HDMIと合わせてマルチモニター環境を簡単に構築できます。自宅やワークスペースなどで効率よく作業を行えます。

>>>THIRDWAVE SA505iを購入<<<

THIRDWAVE SA505iの弱み

税込10万円オーバーとなっている

THIRDWAVE SA505iの税込102,980円という価格がもったいないように思います。下位モデルのCore i3-1115G4搭載のTHIRDWAVE SA503iでは10万円を切っているのですが、できればCore i5シリーズから10万円を切って欲しかったですね。会計上10万円未満のパソコンであれば消耗品となり、購入した年の経費として一括計上できます。これは個人事業主として中小企業としても重要なポイントとなります。

もっとも少額減価償却資産の特例を活用すれば30万円未満のパソコンを一括償却できますが…この特例が適用とならない方にとっては10万円を基準にパソコンを探すでしょう。THIRDWAVE SA505iはビジネスPCを謳っていますので、今後10万円を切るかどうかを注視します。

その後2022年9月になって33,000円の値引きが適用となり10万円を切るどころが、一気に7万円以下になりました。これだけ価格が下がれば言うことなしです。最近はノートパソコンの価格も上昇傾向にあり、希少性が高いです。

構成がメモリ8GB、SSD 256GBとかなり控えめ

構成が最小限に抑えられているのはデメリットとなります。メモリ8GB、SSD 256GBとかなり控えめですね。Core i5-1135G7の性能を考えるとメモリ16GBが好ましいです。動画編集や画像編集などの作業をメインに考えている方は要注意です。パフォーマンスが低下してしまう可能性があります。

せめてカスタマイズでアップグレードできれば良かったのですが、このシリーズは一切カスタマイズができなくなっています。ストレージも同様でクラウドストレージや外部ストレージで対応しなければいけません。場合によっては上位モデルである「THIRDWAVE SA507i」の購入を検討しましょう。価格は高くなってしまいますが、メモリ・ストレージがそれぞれ倍増となります。

THIRDWAVE SA50xiシリーズを比較

ブランドTHIRDWAVE THIRDWAVE THIRDWAVE
製品名SA505iSA507iSA503i
画像SA507iSA507iSA507i
価格69,980円(税込)109,980円(税込)69,980円(税込)
液晶サイズ15.6インチ FHD15.6インチ FHD15.6インチ FHD
リフレッシュレート60Hz60Hz60Hz
重量約1.70kg約1.70kg約1.70kg
バッテリー駆動時間約12.0時間 約12.0時間 約12.0時間
CPUCore i5-1135G7Core i7-1165G7Core i3-1115G4
GPUIris Xe GraphicsIris Xe GraphicsUHD Graphics
メモリLPDDR4x-3733 8GBLPDDR4x-3733 16GBLPDDR4x-3733 8GB
SSD256GB NVMe512GB NVMe256GB NVMe
HDD非搭載非搭載非搭載
Wi-Fi 6
Thunderbolt 4
カスタマイズできないできないできない
公式公式公式公式
レビュー-レビューレビュー
他のTHIRDWAVE SA50xiシリーズと比較していきます。当ページで紹介しているTHIRDWAVE SA505iはシリーズの中で真ん中に位置するモデルとなっています。下位モデルであるTHIRDWAVE SA503iとの価格差は5,000円です。CPUが異なるだけで構成は同じです。Core i5-1135G7とCore i3-1115G4では50%程度の性能差がありますので、+5,000円ならCore i5-1135G7の方がおすすめです。内蔵グラフィックスもUHD Graphicsとパフォーマンスが低いです。

上位モデルであるTHIRDWAVE SA507iになると価格差は+35,000円です。CPUが省電力モデルのフラグシップモデルであるCore i7-1165G7になります。さらに、メモリ・SSDがそれぞれ倍増です。構成の差も考えるとこの35,000円の価格差はやや割高だと言えます。メモリ16GBへのアップグレード相場が8,000円、SSD 512GBへのアップグレード相場が5,000円です。つまり、実質+22,000円でCore i7-1165G7を選択できるということです。価格を取るか性能・構成を取るかで決めてしまっても良いと思います。

ドスパラの同性能帯のモデルと比較

ブランドTHIRDWAVE THIRDWAVE
製品名THIRDWAVE SA505iTHIRDWAVE DX-T5
画像SA507iDX-T7
価格69,980円(税込)88,980円(税込)
液晶サイズ15.6インチ FHD15.6インチ FHD
リフレッシュレート60Hz60Hz
重量約1.70kg約1.58kg
バッテリー駆動時間約12.0時間 約8.8時間
CPUCore i5-1135G7Core i5-1135G7
GPUIris Xe GraphicsIris Xe Graphics
メモリLPDDR4x-3733 8GBDDR4-3200 16GB
SSD256GB NVMe500GB NVMe
HDD非搭載非搭載
Wi-Fi 6
Thunderbolt 4×
カスタマイズできないできる
公式公式公式
レビュー-レビュー
ドスパラでは価格重視のDXシリーズで同じCore i5-1135G7を搭載したモデル「THIRDWAVE DX-T5」があります。THIRDWAVE SA505iが大幅に値下げされたことで価格が逆転となりました。価格差は19,000円でTHIRDWAVE SA505iの方が安いです。両者には構成に大きな差があります。メモリ・SSD共に倍増でそれぞれ16GB、SSD 500GBとなります。

価格差を考えるとTHIRDWAVE SA505iの方がコスパが高いですね。ただし、THIRDWAVE SA505iはカスタマイズができないためメモリやストレージ容量を増やしたいならTHIRDWAVE DX-T5が魅力的な選択肢となります。モニターは15.6インチで共通です。本体重量はTHIRDWAVE DX-T5の方が7%程度軽いです。バッテリー駆動時間はTHIRDWAVE SA505iの方が40%近く長く12.0時間となります。

THIRDWAVE SA505iでは機能を重視していてThunderbolt 4に対応しているのも魅力です。Power Delivery・モニター出力対応で実用性が高いです。THIRDWAVE DX-T5ではメモリ・SSD・HDDなどのカスタマイズができます。新しいものが好きで機能重視ならTHIRDWAVE SA505iがおすすめです。

>>>THIRDWAVE SA505iを購入<<<

THIRDWAVE SA505iの口コミまとめ

THIRDWAVE SA505iのケースレビュー

正面

THIRDWAVE SA507isyoumen
シンプルなノートパソコンだと言えます。狭額縁デザインを採用していてモニターの視認性が高いです。WEBカメラ搭載でWEB会議にも最適です。使用しない場合はシャッターを閉じるてセキュリティを守ることもできます。

天板

THIRDWAVE SA507itenban
天板もシンプルでロゴもありません。場所を選ばず気兼ねなく使用できると思います。本体が薄いこともわかりますね。

キーボード

THIRDWAVE SA507ikeyboard
キーボードは使い勝手が考えられたものになっています。キーピッチは19.6mmと余裕があります。手の大きな男性の方でも窮屈さを感じません。テンキーについては補足なっています。使いづらいと感じる方は代わりにタッチパッドをテンキーとして使用することもできます。電源ボタンは右上に配置されていて誤動作を防げます。

側面

THIRDWAVE SA507iside
リフトアップヒンジデザインを採用していてキーボードに角度がつく工夫が見られます。手首の負担を軽減できます。デザインよりも実用性を取っていると言えますね。

I/Oパネル

THIRDWAVE SA507iiopanel
I/Oパネルは非常に充実しています。本体左側には、USB 3.2 Gen2 Type-A、Thunderbolt 4×2、HDMIが配置されています。Thunderbolt 4は、Power Delivery及びDisplay Port 1.2に対応しています。本体右側には指紋認証、microSDカードリーダー、USB 2.0 Type-A、USB 3.2 Gen1 Type-A、マイク入力・ヘッドフォン出力共用端子が配置されています。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、サードウェーブが2022年5月にリリースしたTHIRDWAVE SA505iのレビューを行いました。最新モデルらしく非常に実用性の高いモデルに仕上がっています。キー配列及びキーピッチにこだわったキーボード、PD・モニター出力対応のThunderbolt 4搭載とユーザーが欲しいと思うものが揃っています。

CPUも高パフォーマンスなCore i5-1135G7を搭載しています。Core i7-1165G7と同等のスペックであらゆる用途に対応できます。33,000円の値引きが適用となり一気に購入しやすくなりました。税込69,980円という価格は嬉しいですね。メモリやストレージなど構成面が控えめなのも気になるところです。

動画編集や画像編集をメインに考えているなら上位モデルである「THIRDWAVE SA507i」を検討すると良いと思います。CPUがCore i7-1165G7になり、メモリやストレージも倍増となります。負荷の掛かる作業への対応力が増します。

公式

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等