THIRDWAVE DX-T7公式

管理人管理人

当記事では、ドスパラの「THIRDWAVE DX-T5」についてレビューと口コミをまとめています。CPUには高コスパなCore i5-1135G7を搭載しているのが特徴です。4コア8スレッドというスペックでノート向けモデルとしては高いパフォーマンスを発揮します。

税込7万円台と最安値クラスとなっているのも嬉しいポイントですね。最短翌日出荷に対応しているためすぐにパソコンが必要だという方にもおすすめです。合わせて+10,000円アップの上位モデルである「THIRDWAVE DX-T7」もチェックしておきましょう。

THIRDWAVE DX-T5のスペック

THIRDWAVE DX-T7 (2)

価格77,980円(税込)
液晶サイズ15.6インチ
重量約1.60kg
バッテリー駆動時間約8.7時間
CPUCore i5-1135G7
グラフィックボードIntel Iris Xeグラフィックス
メモリDDR4-3200 16GB
SSD256GB NVMe
HDD非搭載
おすすめ度★★★★★★★☆☆☆
税込77,980円で購入できます。送料3,300円を足して81,280円ということになります。液晶サイズは15.6インチです。本体重量約1.60kgとなっています。バッテリー駆動時間は約8.7時間です。CPUには高コスパなCore i5-1135G7を搭載しています。グラフィックスはCPU内蔵のIntel Iris Xeとなっています。メモリ16GB、SSD 256GBという構成です。おすすめ度は★7つです。上位モデルのTHIRDWAVE DX-T7と比べると少し見劣りしてしまいます。

>>THIRDWAVE DX-T5を購入<<

THIRDWAVE DX-T5のカスタマイズ

THIRDWAVE DX-T5のカスタマイズ項目について解説しています。★の数が多いほうがおすすめ度が高いということになります。

SSD ★☆☆☆☆

dx-t5ssd
SSDの増設はやや割高です。500GB NVMeへのアップグレードには6,160円が掛かります。これならHDDを追加する方が良いのではないかと思います。

HDD ★★★★☆

THIRDWAVE DX-T7hdd

ストレージ容量が必要な方はHDDの追加がおすすめです。+7,700円で1TBのHDDを追加可能です。SSDが+6,160円で+250GBしか増えないことを考えると魅力的な選択肢になると思います。動画や画像の保存であればHDDでも問題ないでしょう。

THIRDWAVE DX-T5のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
×
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

tvdenwa
cad
×
businessperson
THIRDWAVE DX-T5のおすすめ用途をまとめています。Core i5-1135G7を搭載しているのでノートパソコンとしては高い性能を持っています。ただし、デスクトップ向けのCore i5シリーズと比べると性能差が大きいことは理解しておきましょう。デュアル環境構築・動画視聴・Skypeなどであればオーバースペック気味です。デイトレやビジネスに適した性能を持っていると言えます。また、動画編集・RAW現像・マンガ制作・WEBデザイン・DTMにもある程度対応できるのが魅力です。メインでこれらの作業を考えているならCore i7-1165G7搭載モデルの方が良いでしょう。クロック周波数が高く有利に作業を行えるからです。

THIRDWAVE DX-T5の性能

Core i5-1135G7

i51135g7benchmark

Core i5-1135G7は、Tiger Lake世代における高コスパモデルです。4コア8スレッドとモバイル向けモデルとしては十分なマルチスレッド性能を持っています。最大クロック周波数は4.2GHzに到達します。L3キャッシュ容量は8MBです。従来モデルのCore i5-1035G1よりも24%もパフォーマンスが高くなっています。定格クロックが1.00GHz→2.40GHzへと、ターボクロックは3.6GHz→4.20GHzへと大幅にスペックアップした結果です。従来モデルのCore i7-1065G7よりも11%性能が高く、10nmプロセスがより洗練された形となっています。6コア12スレッドのCore i7-10710Uに匹敵する性能です。

インテル Iris Xeグラフィックス

irisxei5benchamrk

THIRDWAVE DX-T5には外付けのグラフィックボードは搭載されておらず、CPU内蔵グラフィックスのIntel Xeグラフィックスを採用しています。従来モデルのIntel Iris Plusよりも26%も高いです。GeForce MX250に匹敵するほどです。CPU内蔵グラフィックスの性能も高くなっていますが、外付けのグラフィックボードであるGTX 1050に比べると性能差は大きいです。一般的な用途でのみ対応できると考えておきましょう。

>>THIRDWAVE DX-T5を購入<<

THIRDWAVE DX-T5を選ぶ3つの理由

コスパが高く同価格帯にはライバルがいないから

THIRDWAVE DX-T5は、税込7万円台と非常に価格が抑えられたノートパソコンです。これだけでも十分選ぶ理由になりますね。Core i5-1135G7搭載モデルの中ではコストパフォーマンスが高い一台です。

海外メーカーを含めてもこの価格で提供しているところはありません。他社メーカーだと8万円台や9万円台が一般的です。コスパ重視で選びたいならTHIRDWAVE DX-T5が候補になると思います。

本体が軽くて持ち運びがしやすいから

15.6インチモデルとして非常に軽量化されているのも特徴の一つです。本体重量が約1.6kgと軽い点は評価できると思います。2.0kgを大きく下回るこの重量であれば持ち運ぶ機会が多い方でも苦労はしないでしょう。

さらに、本体も薄くわずか19.5mmです。カバンにも入れやすく女性の方でも問題ないですね。標準以上の性能を持ち本体重量も抑えられているまさに理想的なモデルだと言えますね。バッテリー駆動時間も約8.7時間と長めに設定されています。

翌日出荷に対応しているから

当該モデルは翌日出荷に対応しています。うまくいけば購入して3日後に受け取ることが可能です。ドスパラの中でも特に人気モデルの場合納期が短くなる傾向にあります。他のメーカーでドスパラほど納期が早いところはないですね。

なお、モデルのカスタマイズをしても納期は変わらずすぐに受け取ることができます。ドスパラのロジスティクスは優秀ですね。ただし、カスタマイズができる幅はそれほど広くなく、決められた項目の中から少し選べるぐらいです。

>>THIRDWAVE DX-T5を購入<<

THIRDWAVE DX-T5の弱み

同じドスパラの上位モデルにコスパで劣る

ブランドドスパラドスパラ
画像dx-c5dx-c5
製品名DX-T5DX-T7
価格77,980円(税込)87,980円(税込)
送料3,300円(税込)3,300円(税込)
納期最短翌日最短翌日
液晶サイズ15.6インチ15.6インチ
重量約1.60kg約1.58kg
バッテリー駆動時間約8.7時間約8.8時間
CPUCore i5-1135G7Core i7-1165G7
GPUIntel Iris XeグラフィックスIntel Iris Xeグラフィックス
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD256GB NVMe512GB NVMe
HDD非搭載非搭載
Wi-Fi 6
光学ドライブ搭載不可搭載不可
公式公式公式

競合となるのは同じドスパラの上位モデルであるTHIRDWAVE DX-T7です。価格差は1万円となっています。+10,000円でCPUが上位モデルのCore i7-1165G7になり、SSD容量が倍の512GBとなります。THIRDWAVE DX-T5でSSDを500GBにするのに+6,160円掛かることを考えると実質3,840円でCore i7-1165G7を選択できるということです。

少しでも予算を抑えたいという方であればTHIRDWAVE DX-T5で良いと思いますが、よりコスパを追求したい方はTHIRDWAVE DX-T7を選択しても良いと思います。特に動画編集や画像編集を本格的に行っていきたいと考えている方はCore i7シリーズは魅力的な選択肢になるでしょう。

機能面は価格相応となっている

機能面などは価格相応だということは理解しておきましょう。例えば、USB 3.2 Gen2はPower Deliveryや画面出力には対応していません。Power Delivery対応ならACアダプタがコンパクトになるというメリットもありますね。

画面出力に対応していないということはHDMIポートのみで最大画面出力は2画面ということになります。デザイン的にもやや古さを感じてしまうかもしれません。それでもWi-Fi 6に対応しているなど最低限の機能は備わっています。

New Inspiron 15 3000 Intel プレミアムと比較

ブランドドスパラDell
画像dx-c5Inspiron 15 3000 Intel
製品名DX-T5Inspiron 15 3000
Intel プレミアム
価格77,980円(税込)103,980円(税込)
81,323円(税込)
送料3,300円(税込)価格に含む
納期最短翌日3~4週間
液晶サイズ15.6インチ15.6インチ
重量約1.60kg約1.85kg
バッテリー駆動時間約8.7時間非公開
CPUCore i5-1135G7Core i5-1135G7
GPUIntel Iris XeグラフィックスIntel Iris Xeグラフィックス
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 8GB
SSD256GB NVMe256GB NVMe
HDD非搭載非搭載
Wi-Fi 6×
光学ドライブ搭載不可搭載不可
公式公式公式
同じ価格帯のDell製「New Inspiron 15 3000 Intel プレミアム」と比較していきます。キャンペーン時の価格差は3,343円ですが、Dellのモデルは送料込みとなっていますので実質同じ価格だと考えて良いでしょう。New Inspiron 15 3000 Intel プレミアムは納期が最短3週間とかなり長くなっています。これは大きなデメリットとなり、最短翌日出荷に対応しているTHIRDWAVE DX-T5が強いところです。

液晶サイズはどちらも15.6インチです。New Inspiron 15 3000 Intel プレミアムの方が15%程度重くなっています。CPU・GPUは共通です。メモリ容量についてはNew Inspiron 15 3000 Intel プレミアムは8GBとTHIRDWAVE DX-T5の半分に留まります。また、Wi-Fi 6には対応していません。比較すればいかにTHIRDWAVE DX-T5が優れているのかということがわかりますね。よほどDellが好きな方でない限り積極的に選ぶ理由は見当たりません。

>>THIRDWAVE DX-T5を購入<<

THIRDWAVE DX-T5の口コミ

Twitter

管理人管理人

サンダーバードとはいい名称です。確かにぱっと見るとサンダーバードに見えなくはありません。シンプルなデザインは万人受けするのではないかと思います。

管理人管理人

いくつかこういったツイートを見つけました。ある程度の知名度を獲得しているのでしょう。

管理人管理人

価格改定で一気に購入しやすくなりましたね。DX-T5あるいはDX-T7がおすすめです。DX-C5は旧モデルに当たりますので今はあえて選択しなくても良いのではないかと思います。

管理人管理人

本当にサブパソコンにも適していると思います。普段は高スペックなパソコンを使用しつつ、外出時に軽めのモデルが欲しいという方は必見です。もちろん性能的には十分過ぎるほどだと思います。

公式HP

パフォーマンスと価格の最高のバランスです。これからも期待しています。

管理人管理人

ドスパラのノートパソコンは総じてコストパフォーマンスが高いです。海外メーカーを含めても競合はほとんどいないのではないかと思えるほどです。

他サイトでは、見目が古臭いと評価がありましたが、実物を見て私は「メタリックでとってもカッコいい」…と思いました。 性能も自分が求めていた内容で、値段も手の届く範囲。 とても良い買い物をさせていただきました。有難うございます。

管理人管理人

デザインは賛否両論ありますね。シンプルで使う場所を選ばないというのは強みになると思います。

自宅で講義を受ける為にカメラ付きで性能もそこそこの物を探していたら、このPCを発見し購入。 ssdのおかげで起動も早いし、テンキーとLANポート付きが地味に嬉しい。 コスパ最高だと思われます。

管理人管理人

必要最低限の機能は備わっているのは嬉しいですよね。何よりもこの価格帯で考えるとこれ以上のモデルを見つけるのが難しいです。

THIRDWAVE DX-T5のケースデザイン

正面

DX-C5syoumen
とにかくシンプルなデザインですね。シルバーで落ち着いた印象を受けます。狭額縁デザインというわけでもなくチープさからやや古さを感じてしまうかもしれません。価格を考えると仕方がないですね。

天板

DX-C5tenban
天板もシンプルです。やや厚さを感じますが、キレイなシルバーが映えます。あえてロゴレスにしているのは通好みです。

左側面

DX-C5left
左側面にはHDMI×1、USB3.2 Gen2 (Type-C)x1、USB 3.2 gen1 (Type-A)x1、マイク入力・ヘッドフォン出力共用端子が配置されています。

右側面

DX-C5right
右側面にはカードリーダー、USB 3.2 gen1 (Type-A)x1、LANポートが配置されています。オーソドックスなI/Oパネルです。

キーボード

DX-C5keyboard
キーボードは価格相応です。テンキーは3列になっていますので、「+」や「-」などが上部に配置されています。利用頻度が高い方は慣れるに時間が掛かってしまうのではないかと思います。

>>THIRDWAVE DX-T5を購入<<

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、ドスパラの人気モデルである「THIRDWAVE DX-T5」の性能レビュー&口コミをまとめました。最新のCore i5-1135G7を搭載していてノートパソコンとしては高いパフォーマンスを発揮します。動画編集・画像編集・DTM・WEBデザインなどにも対応することができます。価格が抑えられていることからサブPCとしても注目されています。+10,000円でCore i7-1165G7搭載のTHIRDWAVE DX-T7を選択できますので、十分比較検討してくださいね。動画編集などがメインならより性能の高いCore i7-1165G7が好ましいでしょう。

公式

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume