DAIV-DGZ530S2-SH2-VR
公式

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターが販売している「DAIV Z7」のレビューをまとめています。クリエイター向けのDAIVブランドで人気があるモデルの一つです。GeForce RTX 3060×Core i7-11700を搭載しRAW現像や映像編集など幅広く使えるパソコンを探している方におすすめです。ミドルクラスながら充実の構成で24万円オーバーとやや高額です。半導体不足の影響もあってか11,000円価格が高くなってしまいました。

DAIV Z7のスペック

daiv

価格241,780円(税込)
サイズミドルタワー
CPUCore i7-11700
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-3200 32GB
SSD512GB NVMe
HDD2TB
備考光学ドライブオプション
おすすめ度★★★★★★☆☆☆☆
DAIV Z7はミドルエンドクラスのデスクトップパソコンです。価格は税込230,780円となっています。グラフィックボードにはGeForce RTX 3060を搭載しています。CPUのCore i7-11700との相性は良好です。メモリ32GB、SSD 512GB NVMe、HDD 2TBと充実の構成を採用しています。どのような用途でも活かしやすい構成だと言えます。おすすめ度は★6個です。価格がやや高めなため評価はやや厳しいです。

DAIV Z7のおすすめ用途

デイトレ動画視聴実況CADDTMマンガ デザイン
kabufx
dougahaisin

gamejikkyouwomen
cad


webdesign
RAW現像動画編集Skype動画投稿ビジネスゲームデュアル

video_hensyu
tvdenwa
youtubervirtual
businessperson
gamedeveloper
dulamonitor
ミドルクラスのグラフィックボードを搭載していることから幅広い用途に対応することができます。3D処理性能が重要になる3D CAD、動画編集、ゲームプレイなど負荷の高い作業にも対応可能です。画像編集・WEBデザインなどでもパフォーマンスを発揮しやすいです。ディスプレイ出力端子も4つあるためデイトレで複数モニターを使いたい方にもぴったりです。なお、大規模な3DモデルになるとQuadro搭載モデルの方が好ましいです。

>>>DAIV Z7を購入<<<

DAIV Z7の性能

Core i7-11700

i7-11700benchmark

Core i7-11700は、高い性能を持つCPUです。8コア16スレッドと高スペックです。CPUコアの改良によって前世代と比べてマルチスレッド性能が10%前後高くなっています。従来モデルのCore i7-10700Kを超える性能で動画編集やRAW現像などにも対応できるポテンシャルを持っています。

Ryzen 5 5600Xのマルチスレッド性能の高さが光りますが、実際のアプリケーションやゲームプレイにおいてはIntel製CPUが安定感を発揮します。実際のアプリケーションではここまでの差が出ることは稀で実際はRyzen 5 5600Xを上回っていると考えて良いでしょう。

GeForce RTX 3060

rtx3060benchmark

GeForce RTX 3060は、ミドルクラスのグラフィックボードです。GeForce RTX 2060 Superと同等でRTX 2060を大きく上回るグラフィックス性能を持ちます。ゲームプレイはもちろん動画編集やPhotoshopなどのアプリケーションにも活かすことができます。グラフィックス処理性能が求められるアプリケーションの使用を考えている方は必見です。レイトレーシングも第2世代になりパフォーマンスが向上しています。

>>>DAIV Z7を購入<<<

DAIV Z7を選ぶ3つの理由

グラフィックボード搭載で幅広い用途に対応できるから

Ampere世代のミドルクラスのグラフィックボードである「GeForce RTX 3060」を搭載しているのが特徴です。性能的にはRTX 2060より一回り高く扱いやすいと言えます。ゲームならFULL HDで快適にプレイすることができるほどのパフォーマンスとなっています。タイトルによってはWQHD以上でのゲームプレイも可能です。

WEBデザイン向けのアプリケーション(Photoshop、Illustrator etc.)や3D CADなどにも対応することができます。グラフィックボードが搭載されているだけでできることは大幅に増えます。現在グラフィックボード非搭載のパソコンを使っていて作業にストレスを感じるようになった方はぜひチェックしてみてください。CPUもCore i7シリーズを搭載していて性能を発揮しやすいモデルだと言えます。

メモリ&ストレージに余裕があって実用性が高いから

構成が充実しているのも選ぶ理由になります。ある程度構成がしっかりしていたらカスタマイズを考える必要がなくなり初心者の方でも選びやすいです。メモリ32GB、SSD 512GB NVMe、HDD 2TBとどのような用途にも対応できる構成です。メモリ容量が多ければ負荷の掛かる編集作業にも余裕が生まれます。CPUの性能をより引き出しやすくなります。

ストレージに余裕があるとたくさんの動画や画像ファイルを保存することができます。SSD 512GB NVMeは高性能なSSDで通常のものより快適に使用することができます。システムやよく利用するアプリケーションだけを入れるようにしておきましょう。HDDと使い分けることで強みを活かしやすいです。

充実サポートで初心者でも選びやすいから

マウスコンピューターは24時間365日の電話サポートを提供しています。パソコンについてあまり詳しくなくて購入するのが不安だという方にこそ選んでほしいです。わからないことがあればいつでも問い合わせを行えます。多くのユーザーにとって魅力的な性能・構成で安心して購入することができると思います。

DAIVブランド自体はクリエイターの方向けのパソコンですので、趣味や仕事でRAW現像、映像編集、WEBデザインなどのクリエイター作業を行っている方は必見です。パソコンを探している方は信頼性の高いマウスコンピューターでぜひ検討してみてください。

>>>DAIV Z7を購入<<<

DAIV Z7の弱み

マウスコンピューターの売れ筋モデルで評価の高いモデルでも弱みはあります。弱みをしっかりして購入すれば後悔することはなくなるでしょう。

納期がかなり長い

まず納期の長さは大きな弱みだと言えます。決済日から最短23営業日での出荷となります。つまり、注文をしてから手元に届くまで1ヶ月程度の時間が掛かるということです。クレジットカード以外の決済方法にするとさらに長くなる可能性があります。例えばローンで購入すると審査通過すれば決済が完了となりません。

繁忙期を除けば長くても多くのモデルが5営業日であることを考えると待つ時間が長いです。当然翌営業日出荷オプションを選択することもできません。これは売れ筋モデルの宿命と言えるかもしれません。今すぐパソコンが必要だという方には推奨しません。当該モデルより納期の早いモデルは数多くあるので、気長に待つことができる方にのみおすすめします。

性能に対するコスパは高くない

GeForce RTX 3060×Core i7-11700という組み合わせだけで見ると税込み24万円という価格設定では決してコストパフォーマンスの高いモデルとは言えません。同等の性能を持ちながらもっと安く購入できるモデルは他にもあります。例えば、ドスパラの「raytrek XV」なら構成は劣るものの同等の性能を持つパソコンが7万円以上も安く手に入ります。

DAIVブランドの価値は性能に対するコスパだけにあるわけではないのです。例えば、実用性・デザイン性の高いケースや24時間365日電話サポートなどに価値があります。また、国内生産というのも強みになると思います。性能以外に価値を見出だせる方におすすめです。

パソコン全体の消費電力が高め

当該モデルの消費電力はやや高くなっています。その要因の一つがIntel製CPUのCore i7-11700です。これは競合であるAMD製CPUと同等以上の性能を引き出すために消費電力を引き上げているからです。もう一つの要因としてはAmpere世代のグラフィックボードでしょう。性能が高くなっている分だけ消費電力は高くなっています。

結果的に700W BRONZEという大容量の電源ユニットを搭載しています。もっともこれによって電気代が大きく増えるというわけではありませんが、排熱対策などには気を付けたいですね。発熱量が増えてしまうとパワー効率が下がってしまうからです。DAIVのケースならエアフローなどの問題は十分クリアできています。

DAIV A7と比較

ブランドDAIVDAIV
製品名Z7A7
画像daivdaiv
価格241,780円(税込)230,780円(税込)
CPUCore i7-11700Ryzen 7 3700X
GPURTX 3060RTX 3060
メモリDDR4 32GBDDR4 32GB
SSD512GB512GB
HDD2TB2TB
電源700W BRONZE700W BRONZE
マザーボードチップセットZ590チップセットX570
公式公式公式
同じDAIVブランドのDAIV A7と比較していきます。DAIV A7は11,000円安く購入できます。構成などは同等ですので、この価格差を考えるとDAIV A7の方がコストパフォーマンスが高いです。最近は第3世代Ryzenシリーズの価格が下がって来ていますね。

Ryzen 7 3700Xはマルチスレッド性能が高く動画編集やRAW現像などマルチスレッドを活かせる用途において力を発揮します。後継モデルのRyzen 7 5800Xには及ばないもののIntel製CPUと比べても見劣りしません。価格を重視するならDAIV Z7、パフォーマンスを重視するばらDAIV A7を選択すると良いと思います。

>>>DAIV Z7を購入<<<

DAIV Z7のケースデザイン

正面

daiv-syoumen
無骨なデザインを採用しています。クリエイターらしいモデルだと言えます。本体上部には取っ手が取り付けられていて持ち運びが容易です。

右側面

daiv-right
右側面には”DAIV”のロゴが映えます。比較的シンプルなデザインですね。

I/Oパネル

daiv-iopanel
I/Oパネルは上部に配置されています。マイク・ヘッドフォン端子、USB、電源ボタンがあります。足元などに置く場合利便性の高い位置にパネルが配置されていることになります。

リムーバブルケース

daiv-hdd
カスタマイズでリムーバブルケースを搭載することができます。HDDなどのストレージを容易に入れ替えることが可能です。

SDカードリーダー

daiv-sd
カスタマイズでSDSカードを搭載することができます。リムーバブルケースと合わせてDAIVブランドならではの強みだと言えます。

>>>DAIV Z7を購入<<<

DAIV Z7の口コミまとめ

*旧モデルの口コミも含みます。

購入年:2020年 使用目的:RAW現像

写真が趣味で編集やデータの保存のためにパソコンを購入しました。クリエイター向けブランドということもあって選びやすかったです。SSD搭載がありがたかったです。PC起動も早くて驚きました。アプリケーションの使用ももたつかず快適です。


jyoseikutikomi

購入年:2020年 使用目的:映像編集、RAW現像

フリーランスで映像編集を請け負っています。パソコンが故障したためDAIV Z7を購入しました。仕事で使うパソコンなので信頼性の高さは重要です。マウスコンピューターの売れ筋モデルというだけで選びましたが、満足しています。趣味での写真編集でも問題なく使えています。


当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターのクリエイター向けブランドDAIVの売れ筋モデルである「DAIV Z7」について紹介しました。グラフィックボードにGeForce RTX 3060を搭載したミドルクラスのデスクトップパソコンです。性能が高くRAW現像や動画編集などにも対応することができます。メモリ32GB、SSD 512GB、HDD 2TBと構成が充実していることから初心者の方でも選びやすいと思います。

納期が長かったり、性能に対するコスパは高くなかったりとデメリットもありますが、全体で見て評価の高い一台で売れている理由がわかります。現在使っているパソコンに不満を感じている方は必見です。高い性能で快適に作業を行うことができるでしょう。

公式

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume