lightningah5公式

管理人管理人

当ページでは、サードウェーブの「Lightning AT5(ライトニングAT5)」のレビューと口コミ情報を紹介しています。Ryzen 5 4500×GTX 1660 Super搭載のビジネスモデルです。税込10万円以下で購入できるグラフィックボード搭載モデルということで価値があります。ゲームプレイにも対応できるポテンシャルを持っています。他社メーカーではこの価格帯だとグラフィックスにGTX 1650を搭載していることが多いように思います。同等の価格でワンランク上の性能を得られます。CPU性能はそれほど高いわけではありませんが、動画編集やエンコードなどにも対応可能です。

(+) 税込94,980円で購入できるグラボ搭載モデル
(+) 今では貴重なGTX 1660 Superを搭載している
(+) 豊富なカスタマイズ項目が用意されている
(-) 価格調整の頻度が高い
(-) 少し納期が長くなっている
(-) CPU性能は価格相応に留まる

Lightning AT5のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
×
businessperson
Lightning AT5は低価格帯のモデルながらグラフィックボードを搭載していてゲームプレイにも対応できるポテンシャルを持っています。ゲーム実況については負荷の軽めのタイトルであれば問題ありませんが、適性があるわけではないです。動画編集・動画投稿・RAW現像・マンガ政策・WEBデザイン・DTM・ビジネスなどの用途にも対応できます。動画編集及び動画投稿については軽めのファイルのみ「〇」という評価です。重いファイルを取り扱うこと場合は「△」になります。重いファイルがメインならRyzen 5 5500やCore i5-12400以上のモデルが好ましいです。理想はRyzen 7シリーズ/Core i7シリーズです。価格を考えるとLightning AT5は優秀なモデルであることは紛れもない事実です。

Lightning AT5の概要

性能スペック

メーカードスパラ
型番Lightning AT5
価格94,980円(税込)
CPURyzen 5 4500
グラフィックボードGeForce GTX 1660 Super
メモリDDR4-3200 16GB
SSD500GB NVMe
HDD非搭載
電源550W 80PLUS BRONZE
チップセットA520
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
カードリーダーオプション
おすすめ度★★★★★★★★★★
Lightning AT5は、サードウェーブ(ドスパラ)によって販売されているビジネスモデルです。税込94,980円で購入できます。送料3,300円を含めるとトータル費用は98,280円です。キャンペーン中は5,000Pを獲得できます。グラフィックスにはGeForce GTX 1660 Superを搭載しています。メモリDDR4-3200 16GB、SSD 500GB NVMeという構成です。電源ユニットは550W BRONZEを搭載しています。チップセットはA520です。光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを搭載しています。カードリーダーはオプションでの対応となります。おすすめ度は★十個です。

サイズ(大きさ)

lightningah5size

Lightningシリーズは、サードウェーブのミニタワーです。サイズは190(幅)×420(奥行き)×360(高さ)となっています。一般的なミニタワーのサイズで部屋間の移動も容易です。ミドルタワーケースに比べると一回り小さくなっています。足元に置いても机の上に置いてもすっきりとした印象を与えてくれます。できる限りコンパクトなモデルを探している方におすすめです。

Lightning AT5のおすすめカスタマイズ

Lightning AT5で検討すべきカスタマイズについて解説しています。もちろんカスタマイズ自体必須ではなく、あなたの想定する用途に対して必要なものだけ選択しましょう。カスタマイズをしないのが正解の時もあるのです。

グラフィック機能 ★★☆☆☆

Lightning AT5gpu

Lightning AT5ではグラフィックボードのアップグレードができます。ドスパラのラインナップでは珍しいですね。+16,000円でAmpere世代のRTX 3050にアップグレード可能です。性能的には同等ですが、レイトレーシング・DLSSに対応しているのがポイントです。省電力性が高くなっているのも強みです。よほど新しいモデルにこだわりがある方でない限りはGTX 1660 Superのままでも良いのではないかと思います。

HDD ★★★★☆

Lightning AT5hdd

ストレージ容量を増やしたいならHDDのカスタマイズがおすすめです。+8,500円で2TBのHDDを追加できます。SSDと比べると格段に安く抑えられますね。AmazonなどでHDDを購入してご自身で追加しても良いと思います。

カードリーダー ★★★☆☆

Lightning AH5cardreader

マルチカードリーダーのカスタマイズもおすすめです。デジタルカメラやドラレコなどの動画を取り扱うことが多い方であればカードリーダーがある方が便利です。カスタマイズ費用はやや高額です。少し前までは+1,738円で追加できたのすが、今は4,378円のオウルテック製のカードリーダーのみ選択可能です。コストを抑えたいならAmazonなどで外付けのカードリーダーを購入して対応するのでもOKです。

>>Lightning AT5を購入<<

Lightning AT5の性能

Ryzen 5 4500

ryzen54500benchmark

Ryzen 5 4500は、第3世代Ryzenシリーズの後発モデルです。Ryzen 5 3500の後継モデルでアーキテクチャはZen 2のままですが、マイナーチェンジが加えられています。6コア6スレッドから6コア12スレッドへとハイパースレッディングに対応したことで性能が高くなりました。結果的にRyzen 5 3500よりも36%程度性能が高いです。

価格の近い競合モデルであるIntel第12世代のCore i3-12100と同等の性能を持っています。軽いファイルであれば動画編集や画像編集にも対応可能です。一方で、L3キャッシュ容量が半減するなどネガティブな面もあります。特にゲーム用途では競合モデルよりもややパフォーマンスが劣ってしまいます。それでもGTX 1660 SuperやGTX 1650までのグラフィックボードであれば大きくボトルネックとなることはありません。

GeForce GTX 1660 Super

gtx1660superbenchmark

GTX 1660 Superは、Turing世代のミドルクラスのグラフィックボードです。従来モデルのGTX 1060 6GBよりも19%すでに後継モデルであるRTX 3060が登場していて旧世代のモデルとなります。2023年時点ではミドルクラスではなくローエンドクラスの性能を持つグラフィックボードとなっています。

同価格帯のRX 6500 XTよりも15%程度性能が高いです。動画編集やWEBデザインなどでグラフィックボードを活かすこともできますし、FULL HD環境ならある程度ゲームプレイにも対応可能です。過度な期待をしない限りはある程度通用するのではないかと思います。

Lightning AT5を選ぶ3つの理由

GPU搭載モデルながら税込10万円以下で購入できるから

Lightning AT5を選ぶ最大の理由は、GPUを搭載しているにも関わらず税込10万円以下で購入できるからでしょう。送料3,300円を含めても98,280円に収まります。ゲームプレイや動画編集などの作業でもグラフィックボードを活かせますね。さらに、今は冬の大感謝祭キャンペーン実施中で5,000Pを獲得できます。5,000円引きと考えるとかなりお得感があります。

Lightning AT5についてはショップのランキングには入っていませんが、Twitterなどでの口コミ数の多さから注目度の高さが伺えます。CPUにはZen 2アーキテクチャ採用のRyzen 5 4500を搭載しています。Ryzen 5 3500の後継モデルでハイパースレッディングに対応となったことで性能が高くなりました。低価格帯のモデルにも関わらずオールラウンドに対応できるモデルなのは心強いです。

貴重なGTX 1660 Superを搭載しているから

グラフィックボードにGTX 1660 Superを搭載しているのは強みとなります。通常税込10万円前後で販売されているモデルではTuring世代の50番台であるGTX 1650が多く、旧世代のモデルとは言っても60番台のモデルが選択されるのは珍しいです。

そもそも最近は搭載モデルが極端に少なくなっています。GTX 1650よりもワンランク高いパフォーマンスを得られるのは魅力です。動画編集・WEBデザイン・ゲームプレイなどにおいても少しだけ余裕が生まれます。税込10万円以下ならGTX 1650搭載モデルを購入する感覚で手に入れられますね。

カスタマイズの選択肢が豊富だから

カスタマイズの選択肢が豊富なのも選ぶ理由になるでしょう。初期構成をベースにあなた好みのものに仕上げることができます。CPUグリス・グラフィック機能・電源・メモリ・SSD・ハードディスク/SSD・光学ドライブ・カードリーダー・ケースファン・5インチオープンベイ・無線LANなどが変更可能です。モニターやマウスなどの周辺機器の購入も同時にできます。

Lightning AT5の初期構成のまま使用するのであればカスタマイズは不要ですが、長く使い続けたいと考えているならカスタマイズを検討しても良いと思います。電源・ストレージ・ケースファンなどはカスタマイズの候補に挙がるでしょう。ただし、忘れてはいけないのは基本的にはカスタマイズをすればするほどコストパフォーマンスは下がるということです。一つか二つに留めておくと良いでしょう。

Lightning AT5の弱み

価格が変更される可能性が高い

Lightning AT5はコストパフォーマンスの高いモデルで当サイトとしてもおすすめ度の高いモデルです。人気の秘密は抑えられた価格にありますが、今後価格が変更される可能性が高いのではないかと思います。当該モデルもこれまで129,980円で販売されていたこともあります。そこから一時的に価格が下がってもすぐに戻ることも日常茶飯事です。

現在の94,980円という価格自体がキャンペーン価格の可能性もあります。年末年始の期間に実施されている冬の大感謝祭キャンペーンが終われば価格も変更となると予想します。購入のタイミングをしっかりと図る必要がありますね。GTX 1660 Superを搭載したモデル自体減少傾向にあり、購入できるラストチャンスかもしれません。

通常時よりも少し納期が長くなっている

2022年12月から2023年1月に掛けて納期が5日での出荷と通常よりも長くなっているのは注意すべき点だと思います。ドスパラの場合通常翌営業日出荷で、カスタマイズをしても納期が変わらないという特徴があります。年末年始という時期もあって出荷まで時間が掛かってしまうことは理解しておきましょう。この時期はドスパラに限らずほとんどのショップで同様の対応が取られるので、仕方がない部分だと言えます。

CPU性能は価格相応

当該モデルではCPUに第3世代RyzenシリーズのRyzen 5 4500を搭載しています。Ryzen 5 3500の後継モデルですが、アーキテクチャ自体はZen 2と変わっていません。つまり、二世代前のCPUということになります。Ryzen 5 4500はハイパースレッディングに対応した一方で、L3キャッシュ容量が少なくなるなど大幅に性能が高くなったわけではありません。

性能的にはRyzen 5 3500とRyzen 5 3600の間です。動画編集・動画エンコード・画像編集・ゲームプレイなどを本格的に行いたい方にとってはRyzen 5 4500では物足りなく感じてしまう可能性があります。Zen 3アーキテクチャを採用したRyzen 5 5500やRyzen 5 5600を選択するのも良いと思います。Ryzen 5 5600Xならツーランク以上性能が高くなります。Zen 4アーキテクチャのモデルがリリースされたことでZen 3アーキテクチャ採用のモデルの価格も下がっていますね。

>>Lightning AT5を購入<<

同価格帯のモデルとの比較

ブランドLightningLightningMagnate
製品名Lightning AT5Lightning AH5Magnate MT
画像magnatemhLightning AH5magnatemh
価格94,980円(税込)84,980円(税込)124,980円(税込)
納期翌日出荷翌日出荷翌日出荷
CPURyzen 5 4500Ryzen 5 4500Core i5-12400
GPUGTX 1660 SuperGTX 1650GTX 1660 Super
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD500GB NVMe500GB NVMe500GB NVMe
HDD×××
電源550W BRONZE450W BRONZE650W BRONZE
マザーボードA520A520H610
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブDVDスーパーマルチドライブDVDスーパーマルチドライブ
カードリーダー+4,378円+4,378円+4,378円
公式公式公式公式
レビュー-レビューレビュー
同価格帯のビジネスモデルと比較していきます。いずれもサードウェーブが販売している高コスパモデルですね。Lightning AH5は下位モデルに相当しグラフィックスがGTX 1650となります。価格差は10,000円です。電源ユニットも少しだけダウングレードされて450W BRONZEを選択しています。マザーボードのチップセットは共通です。10,000円差しかないのであればLightning AT5を選ぶ方が良いでしょう。ワンランク処理性能が高くなるのはメリットが大きいです。

Magnate MTは、Intel製CPUを搭載したビジネスモデルとなります。ケースなど基本的な構成はLightningと共通です。価格差は30,000円とやや大きいですが、CPUがCore i5-12400になります。性能的にはCore i5-12400の方が上です。電源ユニットも650W BRONZEへと強化されています。ただし、30,000円と価格差が大きいためやはりコストパフォーマンスはLightning AT5が上です。

Lightning AT5のケースレビュー

正面


シンプルなPCケースを採用しています。ミニタワーなので比較的小さいです。マウス及びキーボードも同梱となっています。前面にはUSB×2とヘッドフォン・マイク端子が配置されていて使い勝手も良好です。

右側

Lightning AH5right
本体右側には特筆すべき点はありません。非常にシンプルですね。

左側

Lightning AH5left
本体左側には吸気口が設けられています。発熱量が多いモデルではありませんので必要十分だと思います。

内部

Lightning AH5inside
本体内部はすっきりとしています。エントリークラスのGTX 1650なのでそれほどスペースを取ることはありません。これだけ空間に余裕があれば熱対策としても有効です。

Lightning AT5の口コミまとめ

旧世代のLightning AT5の口コミも含みます。

管理人管理人

Lightning AT5を購入することで初期投資を抑えられるのはメリットが大きいです。後からCPUやグラフィックボードを換装したり、メモリ・ストレージ増設などをしたりと強化していくことができますね。初めから電源ユニットのカスタマイズをしてグレードを上げておくとあとから対応しやすくなると思います。

管理人管理人

Lightning At5はコストパフォーマンスが高くいつの時代も人気がありますね。2020年時点のモデルだとRyzen 5 3500掛けるGTX 1660 Superを搭載しています。CPUが一つ前のRyzen 5 3500となっていますね。

管理人管理人

ゲームプレイを考えている方にもおすすめです。SwitchやPS5などの家庭用コンソールからの切り替えモデルとしても良いですね。Switchなどに比べると少し価格は上がりますが、よりこだわりのゲームプレイが可能となります。

>>Lightning AH5を購入<<

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Lightning AT5のレビュー&口コミについて紹介しました。CPUがRyzen 5 3500からRyzen 5 4500へと進化しています。ハイパースレッディングに対応したことで性能が引き上げられました。動画編集や画像編集などの作業への適性も高くなっています。Core i3-12100と同等のパフォーマンスを発揮します。

グラフィックスにはTuring世代のGTX 1660 Superを搭載しています。2023年時点ではローエンドクラスのモデルでゲームプレイにも対応可能です。税込10万円台でGTX 1660 Super搭載モデルを購入できるのは驚きです。さらに、2023年1月23日までの購入で5,000Pが獲得できます。非常にコストパフォーマンスが高く予算が合う方は要チェックです。価格が改定される可能性も高く決断は早い方が良いですね。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-12700、Core i5-1240P等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等