DAIV-DGZ530S2-SH2-VR
公式

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターが販売している「DAIV Z3」のレビューをまとめています。DAIV Zシリーズのエントリークラスのモデルです。デザイン性・実用性の高いPCケースはクリエイターからの人気が高いです。拡張性が高く長く使い続けることができます。CPUにはCore i5-12400Fを、グラフィックスにはGTX 1650を搭載しています。

クリエイターパソコンとしてはやや控え目な性能だと言えます。税込174,800円と価格はやや高めです。15,000円アップとなってしまいました。この価格でも光学ドライブ・カードリーダーは非搭載となっています。必要な方はカスタマイズを検討してください。なお、競合モデルであれば6.5万円も安く購入できます。

(+) DAIV Zシリーズの最安値モデル
(+) メモリ・ストレージなど構成が充実
(+) デザイン性・実用性の高いケースを採用
(-) 納期が最短7営業日と長め
(-) 人気のあるモデルというわけではない
(-) 光学ドライブ・カードリーダー非搭載

DAIV Z3のスペック

daiv

ブランドDAIV
製品名DAIV Z3
価格174,900円(税込)
サイズミドルタワー
CPUCore i5-12400F
グラフィックボードGeForce GTX 1650 GDDR6版
メモリDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe
HDD1TB
光学ドライブオプション(+4,180円)
カードリーダーオプション(+1,980円)
おすすめ度★★★☆☆☆☆☆☆☆
DAIV Z3は、マウスコンピューターが販売しているクリエイターPCです。税込174,800円という価格です。送料3,300円を含めるとトータル費用は178,100円となります。ミドルタワーケースを採用しています。CPUはIntel第十二世代の高コスパモデルであるCore i5-12400Fを搭載しています。グラフィックボードはTuring世代の50番台であるGTX 1650を搭載しています。

メモリDDR4-3200 16GB、SSD 512GB NVMe、HDD 1TBと構成は充実しています。デュアルストレージ採用は魅力的です。光学ドライブ及びカードリーダーは非搭載でオプションで追加可能です。おすすめ度は★三つです。コストパフォーマンスはイマイチです。

DAIV A3のおすすめカスタマイズ

リムーバブルケース ★★★☆☆

daivz7-removable

DAIV A3ではリムーバブルハードディスクベイを取り付けることができます。DAIVならではの特徴だと言えます。リムーバブルケースだけ選択しておけば後からHDDの追加を容易に行なえます。動画や画像をたくさん保存する予定のある方は必見です。ストレージ付きだと少し価格が高くなってしまいますが、それでもすぐに利用できるということを考えると悪くありません。

光学ドライブ ★★★☆☆

DAIV A7kougakudrive

当該モデルでは光学ドライブが非搭載となっています。必要な方は+3,740円でDVDスーパーマルチドライブを追加することが可能です。カスタマイズをしなくてもAmazonなどで購入してご自身で取り付けるのでも良いと思います。Blu-rayディスクドライブは10,780円となります。Blu-rayディスクをたくさん持っている方なら検討しても良いでしょう。

カードリーダー ★★★★★

DAIV A7cardreader

初期構成ではカードリーダーも非搭載です。カスタマイズ費用は1,980円です。カードリーダーがあればドラレコやデジカメなどの動画・画像を容易に取り込むことができます。これぐらいの費用であれば選択してしまっても良いと思います。外付けのカードリーダーに比べて内蔵型は利便性が高くおすすめです。

DAIV Z3のおすすめ用途

デイトレ動画視聴実況CADDTMマンガ デザイン
kabufx
dougahaisin

gamejikkyouwomen
cad


webdesign
RAW現像動画編集Skype動画投稿ビジネスゲームデュアル

video_hensyu
tvdenwa
youtubervirtual
businessperson
gamedeveloper
dulamonitor
DAIV Z3のおすすめ用途は、DTM・マンガ制作・WEBデザイン・RAW現像・動画編集・動画投稿などのクリエイター作業です。DAIVブランド自体がこういった作業をメインに考えています。Intel第十二世代になりCore i5シリーズでも高いパフォーマンスを発揮します。もちろんCore i7シリーズやCore i9シリーズと比べると見劣りますが、旧世代のCPUと比べると性能は高いです。デイトレ・Skype(WEB会議)・デュアル環境構築にも適しています。グラフィックボードを搭載しているのでゲームプレイにも対応可能です。ゲーム実況は性能的にやや厳しいです。3D CADについても適正が高いわけではありません。

>>>DAIV Z3を購入<<<

DAIV Z3の性能

Core i5-12400F

i5-12400benchmark

Core i5-12400は、Intel第十二世代の中でも人気の高いCPUです。Core i5-12400の後継モデルで人気もしっかりと引き継いでいます。特に低価格帯のモデルを支えるCPUだと言えます。スペック的には従来モデルのCore i5-11400と同じ6コア12スレッドですが、CPUコアの改良によって性能は70%近くも向上しています。

競合モデルであるRyzen 5 5600Xをも上回るマルチコア性能は圧巻です。これまでAMD製CPUの強みだったマルチコア性能でも上回っているのは素晴らしいです。動画編集・ゲーム実況・WEBデザインなどの用途にも最適です。Intel製CPUを搭載しているだけで強みになります。ゲーム向けCPUとしての評価も高いです。

GeForce GTX 1650

gtx1650benchmark

GeForce GTX 1650は、Turing世代のグラフィックボードで一世代前のモデルということになります。50番台ということでグラフィックス処理性能は控え目ですが、それでも従来モデルのGTX 1050よりも80%もパフォーマンスが高いです。動画編集などの作業でGPGPU機能を活かせます。マルチモニター環境の構築も容易ですね。現行モデルのRTX 3050になると35%程度性能が高くなります。GTX 1650にはレイトレーシング・DLSSといった機能はありません。

DAIV Z3を選ぶ3つの理由

DAIV Zシリーズの中で最も安く購入できるから

daivz3lineup
Intel製CPUを搭載したDAIV Zシリーズの中で最も安く購入できるモデルです。DAIVブランドで価格の安いモデルを探している方にぴったりです。ちなみにAMD製CPUを搭載したDAIV Aシリーズの最安値モデルであるDAIV A3は税込129,800円でDAIV Z3よりも4.5万円も安く購入できます。性能的にはDAIV Z3の方が上です。Intel第十二世代Core iシリーズになってAMDとの差が開きましたね。もっと価格を追求したいならDAIV A3を候補に入れても良いでしょう。

メモリ・ストレージなど構成が充実しているから

DAIV Z3の強みとしてメモリ・ストレージの構成が充実していることも挙げられます。メモリDDR4-3200 16GBに加えて、ストレージはSSD・HDDのデュアルストレージを採用していて性能帯を考えると優れています。この性能帯ならメモリ16GBは必要十分だと言えます。より快適にPC作業を行えます。

デュアルストレージは、たくさんのアプリケーション・動画・画像などを保存する予定のある方にとっては魅力的ですね。システムなど頻繁に利用するアプリケーションはSSDに、その他アプリケーションやファイルなどはHDDに保存するなど使い分けると良いでしょう。基本的にはメモリやストレージについてはカスタマイズをしなくても十分通用します。

デザイン性・実用性の高いケースを採用しているから

DAIV Z3はデザイン性・実用性の高いケースを採用していてそれを大きなメリットとして選ぶ理由にする方もいるほどです。光学ドライブやSDSカードリーダーもデザイン性を損ねることなく搭載可能です。I/Oパネルは本体フロントの上部にまとめられていて使い勝手が良いです。ヘッドフォン/マイク端子、USB 3.0端子、電源ボタンが配置されています。

また、本体の下側にはキャスターが搭載されていて部屋やスタジオ内での移動も容易です。ハンドルが標準装備で女性の方でも動かしやすいです。メンテナンス性についてもしっかりと考えられていて、フロントの下側に脱着式の防塵フィルターが装備されています。水洗いもできてメンテナンス性も高いです。価格が高くてもこのケースに魅力を感じる方は多いです。

>>>DAIV Z3を購入<<<

DAIV Z3の弱み

納期が最短7営業日と長め

DAIV Z3の弱みの一つは納期が最短7営業日と長めになっていることです。モデルによっては最短4営業日出荷あるいは最短翌営業日出荷のオプションが選べるのですが、DAIV Z3は対象外となっています。DAIV Z3が人気モデルになるためにはこの納期が改善される必要がありますね。

DAIVブランドのラインナップごとの納期を見る限りGTX 1650の在庫が不安定なのかもしれません。RTX 3050搭載モデルであれば基本的に納期は短いです。せっかく新しいパソコンを購入するなら少しでも手に入れたくなるのが通常の心理でしょう。吟味して検討してくださいね。

その後納期が短縮されて最短4営業日での出荷に対応しています。+2,200円の出荷日調整サービスで翌営業日出荷を選択すれば最短翌営業日出荷が実現します。競合モデルではカスタマイズなしで翌営業日出荷なのでそこは負けてしまいます。

価格がかなり高い

相場から見ても価格が高いのは明らかでコストパフォーマンスは悪いです。Core i5-12400F×GTX 1650の組み合わせで税込174,800円は厳しいですね。6.5万円も安く購入できるモデルが存在しています。セールでもそれほど大きな割引が期待できないため、ブランドにこだわりがないなら比較対象モデルを確認しておきましょう。

また、光学ドライブ及びカードリーダーが非搭載なのも痛いです。それぞれのカスタマイズ費用は+4,180円・+1,980円でトータル6,160円が掛かります。クリエイターパソコンであることを考えるとこれらは標準搭載にして欲しいですね。割高感が出てしまう要因でもあります。

Magnate MHと比較

ブランドDAIVMagnate
製品名DAIV Z3Magnate MH
画像daivmagnatemh
サイズミドルタワーミニタワー
価格174,800円(税込)109,980円(税込)
納期最短4営業日最短翌日
CPUCore i5-12400FCore i5-12400
GPUGTX 1650 GDDR6版GTX 1650 GDDR5版
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe500GB NVMe
HDD1TB非搭載
電源500W BRONZE450W BRONZE
マザーボードチップセットZ690チップセットH610
光学ドライブ+4,180円DVDスーパーマルチ
カードリーダー+1,980円×
公式公式公式
レビュー-レビュー
サードウェーブ(ドスパラ)の同性能帯のMagnate MHと比較していきます。価格差は49,820円とかなり大きいです。Magnate MHは納期が短いのも魅力です。CPUはCPU内蔵グラフィックス搭載のCore i5-12400が選択されています。GPUはどちらもGTX 1650ですが、DAIV Z3ではGPUメモリがGDDR6版で少しだけ性能が高いです。性能差を体感することは難しいと思います。

メモリ・SSDは共通です。DAIV Z3ではHDD 1TB搭載でデュアルストレージを実現しています。電源ユニットについてはDAIV Z3の方が少しだけ容量が大きいです。チップセットもDAIV Z3の方が上位規格のZ690を搭載しています。もっともCPUがオーバークロックに対応していないCore i5-12400FのためZ690を選択するメリットは小さいです。

Magnate MHのHDD 1TB追加に掛かる費用が+7,000円なので、実質の価格差は42,820円となります。光学ドライブを搭載するならまたその差が広がります。Magnate MHではカードリーダーのカスタマイズができません。さすがにこれだけの価格差があるとMagnate MHをおすすめします。どうしてもDAIVのケースに魅力を感じる方はセール対象モデルになるのを待ちましょう。

>>>DAIV Z3を購入<<<

DAIV Z3のケースデザイン

正面

daiv-syoumen
無骨なデザインを採用しています。クリエイターらしいモデルだと言えます。本体上部には取っ手が取り付けられていて持ち運びが容易です。

右側面

daiv-right
右側面には”DAIV”のロゴが映えます。比較的シンプルなデザインですね。

I/Oパネル

daiv-iopanel
I/Oパネルは上部に配置されています。マイク・ヘッドフォン端子、USB、電源ボタンがあります。足元などに置く場合利便性の高い位置にパネルが配置されていることになります。

リムーバブルケース

daiv-hdd
カスタマイズでリムーバブルケースを搭載することができます。HDDなどのストレージを容易に入れ替えることが可能です。

SDカードリーダー

daiv-sd
カスタマイズでSDSカードを搭載することができます。リムーバブルケースと合わせてDAIVブランドならではの強みだと言えます。

>>>DAIV Z3を購入<<<

DAIV Z5の口コミまとめ

現在口コミを収集中です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、DAIV Z3のレビュー&口コミを紹介しました。Core i5-12400F×GTX 1650 GDDR6版を搭載したクリエイターパソコンです。Intel第十二世代になってCore i5シリーズでも性能は高いです。従来モデルのCore i7-11700と同等以上です。動画編集や画像編集などの作業にもある程度対応できます。

グラフィックスにはTuring世代のエントリークラスであるGTX 1650 GDDR6版を搭載しています。グラフィックス処理性能は控え目ですが、簡単な3Dグラフィックスの処理なら問題ありません。ゲームプレイにも対応できます。Core i5-12400Fとのバランスは良く性能を引き出せるでしょう。

ネックとなるのは価格の高さです。性能や構成を考慮しても税込17万円台は厳しいです。他社BTOメーカーから10万台で同等のモデルが販売されています。DAIV Z3はDAIVのファンでケースに魅力を感じる方向けです。購入検討中の方はセール/キャンペーン対象になるのを待つと良いでしょう。標準価格ではコストパフォーマンスが悪すぎます。

公式

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等