DAIV-A5公式

管理人管理人

当ページでは、マウスコンピューターの「DAIV A3」のレビューと口コミ情報を紹介しています。DAIVは、マウスコンピューターのクリエイター向けブランドです。このDAIV A3はそのDAIVブランドのラインナップの中で最も安く購入できるモデルとなっています。

DAIVブランドでは実用性の高いケースを採用していてリムーバブルハードディスクベイを追加すれば気軽にストレージの追加が行なえます。デザイン性も高く人気があります。CPUにはRyzen 5 4500を、GPUにはGTX 1650 GDDR6版を搭載したクリエイターPCです。動画編集やWEBデザインなどで強みを発揮します。

(+) DAIVブランドの低価格帯モデル
(+) 最新のRyzen 5 4500を搭載している
(+) デザイン性・実用性の高いケースを採用
(-) DAIVブランドでは目立たない存在
(-) GTX 1650搭載モデルとして価格が高い
(-) 翌日出荷サービスには非対応

DAIV A3のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin
video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
DAIV A3はある程度の用途に対応できるモデルです。デュアル環境構築・動画視聴・デイトレ・ビジネスなどの作業では余裕があります。Ryzen 5 4500もハイパースレッディングに対応となり動画編集・動画投稿・RAW現像・マンガ制作・WEBデザイン・DTMなどの作業でも問題ありません。また、エントリークラスながらグラフィックボードを搭載していることから動ゲームプレイにも対応できます。

ゲーム実況と3D CADについてはグラフィックス処理性能がそれほど高くないことから得意ではありません。これらの用途ではより高性能なモデルを選択するべきでしょう。3D CADではプロフェッショナル向けのNVIDIA Tシリーズ/RTX Aシリーズが最適です。

>>DAIV A3を購入<<

DAIV A3の概要

性能スペック

DAIV A5

メーカーマウスコンピューター
型番DAIV A3
価格139,800円(税込)
129,800円(税込)
CPURyzen 5 4500
グラフィックボードGeForce GTX 1650 GDDR6版
メモリDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe
HDD非搭載
チップセットX570
電源500W BRONZE
光学ドライブオプション
カードリーダーオプション
おすすめ度★★★★☆☆☆☆☆☆
DAIV A3はマウスコンピューターが販売しているクリエイターパソコンです。定価は税込139,800円でセール期間中は10,000円OFFの129,800円で購入できます。送料3,300円を含めると133,100円となります。CPUには第四世代のRyzen 5 4500を搭載しています。グラフィックボードはGeForce GTX 1650 GDDR6版を搭載しています。

メモリはDDR4-3200 16GB、SSD 512GB NVMeです。HDDは非搭載です。チップセットはX570です。電源は500W BRONZEとなっています。光学ドライブ及びカードリーダーはオプションでの対応です。おすすめ度は★四つです。やや価格が高めなのでこの評価となりました。

外観

daiva5-gaikan

デザイン性の高いケースを採用しています。デザインにこだわりの見られる一台となっています。黒色を基調としていて存在感があります。本体の前部に取っ手が取り付けられていて社内での移動のしやすさなども考慮されています。さすが現場の声を反映して生まれたモデルだけありますね。

パソコン本体はマットな質感で無骨さがあります。傷や指紋が目立たない仕上がりになっています。また、一部にアルミパーツを採用することで高級感を醸しています。BTOパソコン=無難なデザインと見られがちですが、DAIVブランドには当てはまりません。性別を問わず幅広い方から支持されているモデルとなっています。

拡張性の高さも魅力です。カードリーダー・リムーバブルハードディスクベイ・光学ドライブなどのカスタマイズを行うことも可能です。PC環境に合わせて選択できるのはBTOパソコンの醍醐味ですね。

>>DAIV A3を購入<<

DAIV A5の性能

Ryzen 5 4500

ryzen54500benchmark

Ryzen 5 4500は、第四世代Ryzenシリーズの高コスパモデルです。低価格帯で人気の高かったRyzen 5 3500の後継モデルです。アーキテクチャは変わっておらずZen 2が採用されています。ハイパースレッディングに対応となり6コア12スレッドとスペックが引き上げられています。その結果CPUの処理性能は35%程度高くなってRyzen 5 3600に近づきました。

動画編集・画像編集などの作業への対応力が増しています。クリエイターパソコンに適したCPUだと言えます。もっとも動画編集などを本格的に行うならRyzen 7シリーズの方が好ましいです。8コア16スレッドスペックが高くなりより効率的に作業を行えます。ゲームプレイに関してはやや苦手としています。L3キャッシュ容量がRyzen 5 3500の半分の8MBとなったことが要因だと考えられます。ゲーム適正ではCore i3-12100Fの方が上です。

GeForce GTX 1650

gtx1650benchmark

GeForce GTX 1650は、Turing世代のエントリークラスのグラフィックボードです。2019年4月発売とすでに3年以上の月日が経過していますが、今でも搭載モデルは豊富です。性能的には従来モデルのGTX 1050よりも80%程度も上回っています。GTX 1050 Tiよりも40%以上高いです。競合モデルであるAMDのRadeon RX 6400と同等です。動画編集やWEBデザインなどの作業であれば十分活かせる性能だと言えます。ゲームプレイに関してはFULL HD環境で設定を下げれば対応可能です。

>>DAIV A3を購入<<

DAIV A3を選ぶ3つの理由

DAIVブランドで最も安価なモデルだから

daivseries
DAIV A3は、税込139,800円(セール時129,800円)とDAIVブランドの中で最も安価なモデルとなっています。当然性能的には一番下ということになります。Aの後の数値がCPUを指します。DAIV A3→DAIV A5→DAIV A7→DAIV A9と性能が高くなります。テーブルで見ると、右に行くとCPU性能が高くなり上に行くとグラフィックス性能が高くなります。

DAIV A3は、一番左下に属していて性能は高くありませんがDAIVに魅力を感じていてできる限り予算を抑えたい方にとっては魅力的なモデルとなります。趣味で動画編集や画像編集をしたり、お仕事でWEBデザインなどの作業をしたりしたい方にぴったりだと思います。極端に負荷の掛かる作業でなければ問題なく対応できます。

最新のRyzen 5 4500を搭載しているから

2022年4月に発売されたばかりの最新のRyzen 5 4500を搭載しているのは強みになります。従来モデルのRyzen 5 3500と同じZen 2アーキテクチャですが、ハイパースレッディングに対応するなどスペックが引き上げられています。6コア6スレッドと6コア12スレッドでは性能差が大きくなります。

Ryzen 5 3500搭載モデルと同等の価格でより高い性能を得られるというのは魅力的ですね。動画編集や画像編集などの作業への適性が上がっています。一方で、ゲームプレイ時のパフォーマンスはやや低めなのでその点は理解しておきましょう。基本的にはクリエイター用途やビジネス用途に適したCPUだと考えると良いと思います。

デザイン性・実用性に優れたケースを採用しているから

DAIVシリーズでは特徴的なPCケースを採用していてここに魅力を感じる方も多いのではないかと思います。クリエイターの方の意見を取り入れて生まれたモデルです。ブラックを基調とした無骨のデザインがおしゃれです。本体右側にはDAIVのロゴがかっこよく刻印されています。I/Oパネルは前面上部にまとめられていて使い勝手が良いです。電源スイッチはダイヤル式を採用しています。

拡張性も高くカスタマイズで光学ドライブ・カードリーダー・リムーバブルハードディスクベイなどを搭載できます。本体前面下部には水洗いができる防塵フィルターが標準搭載でメンテナンス性も考慮されています。ヘビーな使い方でも安心して使用できますね。

DAIV A3の弱み

DAIVブランドの中でも目立たない存在

daivz3sale
DAIV A3が輝くのはセール時です。上記ランキングはセール時のものでランキング第三位にランクイン中です。価格の安さが際立つこの時期が買い時だと言えます。通常時はDAIV A3はDAIVブランドの中でそれほど目立つ存在ではありません。

つまり、売れ筋モデルということではないということです。その要因としてよりクリエイターパソコンを探している方は性能の高いモデルを選ぶ傾向があるからでしょう。セールになってようやく注目されるのです。上位モデルであるDAIV A5やDAIV 7の方が人気が高いです。

翌営業日出荷サービスには非対応

マウスコンピューターのウリである翌営業日出荷サービスには対応していません。最短でも決済完了後14営業日での出荷と少し納期が長めになっています。モデルによっては最短4営業日出荷となっていることを考えると悩ましいです。DAIV A3については購入から受け取りまで3週間程度見ておきましょう。DAIV A3の購入を考えている方は日程に余裕があるか確認しておくと良いですね。これも売れ筋モデルであるDAIV A5やDAIV A7と比べた時の弱みになります。

GTX 1650搭載モデルとしては価格が高い

GTX 1650搭載モデルで12万円台はやや価格が高いのではないかと思います。他社BTOメーカーのモデルを見ればもっと安く購入できるモデルはあります。相場よりも10%~20%程度高いです。DAIV A3は、価格だけで判断するモデルではありませんね。

DAIVブランドやマウスコンピューターのサポートなどに魅力を感じる方向けです。特にDAIVブランドは、クリエイターブランドとして他のBTOメーカーにはない存在感を示しています。24時間365日の電話サポートは初心者の方でも安心ですね。                                           

>>DAIV A3を購入<<

Lightning AH5との比較

ブランドDAIVTHIRDWAVE
製品名DAIV A3Lightning AH5
画像DAIV-A5Lightning AH5
価格139,800円(税込)
129,800円(税込)
99,980円(税込)
CPURyzen 5 4500Ryzen 5 4500
GPUGTX 1650 GDDR6版GTX 1650 GDDR5版
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe500GB NVMe
HDD非搭載非搭載
電源500W BRONZE450W BRONZE
マザーボードチップセットX570チップセットA520
光学ドライブ+4,180円DVDスーパマルチ
カードリーダー+1,980円
公式公式公式
レビュー-レビュー
比較対象モデルとしてドスパラ(THIRDWAVE)の「Lightning AH5」をピックアップしました。このモデルはクリエイターPCではなくビジネスPCカテゴリーに属しています。グラフィックボードを搭載しているのでクリエイターパソコンとして使用しても問題ありません。セール時でも価格差は3万円とかなり大きいです。Lightning AH5の方が安く購入できます。

ミニタワーケースで問題ないならLightning AH5を選ぶと良いと思います。CPUはどちらもRyzen 5 4500を搭載しています。グラフィックスはどちらもGTX 1650ですが、DAIV A3ではGDDR6メモリ搭載バージョンで少しだけ性能が高いです。ストレージ容量は同等です。電源ユニットは、容量がDAIV A3の方が50Wだけ大きいです。チップセットもDAIV A3の方が上位です。

グラフィックスにしても電源・チップセットについてもその差を体感することは難しく価格を抑えることを重視したLightning AH5の方が優秀です。光学ドライブ及びカードリーダーが標準搭載なのも強いですね。DAIV A3はいずれもカスタマイズでの対応となり費用がかさみます。DAIV A3の魅力はデザイン性・実用性に優れたケースにあると言えますね。ここに魅力を感じる方なら候補に入れても良いでしょう。

DAIV A3の口コミまとめ

dansei1

購入年:2022年 使用目的:映像編集

DAIVのケースに魅力を感じて興味を持ち検討しました。趣味で映像編集をするだけなので性能よりも価格を重視してDAIV A3を選びましたが、満足しています。


当記事のまとめ
管理人管理人

当記事では、DAIV A3のレビュー&口コミについて紹介しました。DAIV A3は、マウスコンピューターのDAIVブランドの中で最も安価な一台となっています。CPUにはRyzen 5 4500を、グラフィックスにはGTX 1650を搭載していてクリエイター作業にも対応可能です。Ryzen 5 4500は、Ryzen 5 3500の後継モデルで性能が引き上げられています。動画編集・画像編集などの用途にも通用します。

グラフィックボードを活かして動画編集を効率的に行うこともできます。マルチモニター環境の構築も容易です。GTX 1650搭載モデルとしては価格が高いため、基本的にはDAIVブランドのケースやマウスコンピューターのサポートに魅力を感じる方向けだと言えます。価格を重視するならドスパラの「Lightning AH5」がおすすめです。3万円以上安く購入でき、同等のパフォーマンスを得られます。

公式

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等