THIRDWAVE VF-AD5公式

管理人管理人

当記事では、ドスパラが販売している「THIRDWAVE VF-AD5」のレビューをまとめています。2022年2月24日にCeleron N5100を搭載した格安ノートパソコンが発売となりました。税込5万円台で購入できるモデルとなっています。ブラウジング・メールチェック・動画視聴・簡単なオフィスソフト使用などに最適です。バッテリー駆動時間も長く外出時にも使用がしやすいと言えます。性能自体それほど高いわけではありませんので、注意してくださいね。キーボードもテンキー以外は標準的なものに近く使い勝手も良好です。

(+) Celeron N5100を搭載していて価格が抑えられている
(+) ファンレスモデルで静音性に優れている
(+) 指紋認証センサー搭載ですぐに起動できる
(-) 構成のカスタマイズに対応していない
(-) テンキーはキーの幅が狭く使い勝手が悪い
(-) 上位モデルと比べるとやや価格が高め

THIRDWAVE VF-AD5のスペック

THIRDWAVE VF-AD5syoumen

メーカードスパラ
型番THIRDWAVE VF-AD5
価格56,980円(税込)
モニター15.6インチ FHD
ディスプレイ色域-
重量約1.7kg
バッテリー駆動時間約13.4時間
CPUCeleron N5100
グラフィックボードIntel UHD Graphics
メモリLPDDR4X 4GB
ストレージeMMC 128GB
光学ドライブ非搭載
Wi-Fi 6
Thunderbolt 4×
おすすめ度★★★★★★★☆☆☆

>>>THIRDWAVE VF-AD5を購入<<<

THIRDWAVE VF-AD5は税込56,980円で購入できます。送料3,300円を含めると60,280円となります。比較的購入しやすい価格帯だと言えます。モニターは15.6インチFULL HD対応です。本体重量は約1.7kgとなっています。バッテリー駆動時間は約13.4時間です。CPUにはCeleron N5100を搭載しています。グラフィックスは内蔵GPUのIntel UHD Graphicsです。メモリはLPDDR4X 4GB、ストレージはeMMC 128GBです。光学ドライブは非搭載です。Wi-Fi 6に対応しています。Thundewrbolt 4には対応していませんが、USB 3.2 Gen2 Type-Cに対応しています。モニター出力や給電に対応しています。

THIRDWAVE VF-AD5のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
×
youtubervirtual
×


gamedeveloper
×
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign
×

×
tvdenwa
cad
×
businessperson
THIRDWAVE VF-AD5は性能が低いエントリークラスのモデルで対応できる幅は狭いです。用途をしっかり確認してから購入を検討する必要があります。デュアル環境構築・動画視聴(ブラウジング含む)・Skype・ビジネス用途がメインとなります。RAW現像・マンガ制作・デイトレなどは対応できないことはありませんが、これらの用途では重さを感じることもあっておすすめできません。動画編集・動画投稿・WEBデザイン・DTMなどは対応負荷です。また、グラフィックス処理性能が低いこともあってゲームプレイや3D CADも厳しいです。

THIRDWAVE VF-AD5の性能

Celeron N5100

Celeron N5100benchmark

Celeron N5100は、Jasper Lake世代の廉価モデルとなっています。10nmプロセス採用になってパフォーマンスが引き上げられています。4コア4スレッドと従来モデルのCeleron N4120と同等ですが、17%も総合性能が高くなりました。ただし、旧世代のCore i3-8130Uには届きません。やはりCore iシリーズとの性能差は大きいです。この性能帯においてはAMD製CPUよりも圧倒的に存在感を示しています。順当に進化を果たしたのは評価できますね。ブラウジングなど軽い作業であれば問題なく通用します。

Intel UHD Graphics

celeronn5100graphics

当該モデルにはグラフィックボードは搭載されておらずCPU内蔵グラフィックスのみとなっています。Celeron N5100に搭載されているIntel UHD Graphicsはクロック周波数も低く性能は抑えられています。従来モデルのCeleron N4120に搭載されていたモデルと比べて20%程度高いだけです。本格的な3Dグラフィックスの処理は苦手です。やはりブラウジングなどがメインで負荷の掛かる作業向きではありませんね。

>>>THIRDWAVE VF-AD5を購入<<<

THIRDWAVE VF-AD5を選ぶ3つの理由

最新のCeleron N5100を搭載しているから

THIRDWAVE VF-AD5では最新のCeleron N5100を搭載しています。4コア4スレッドというスペックで一般的なPC作業において最低限必要な性能を持っています。わずかながら性能も向上していて魅力的なモデルとなっています。今後Celeron N4120/Celeron N4000搭載モデルからCeleron N5100搭載モデルへと切り替わっていくでしょう。

他の国内のBTOメーカーからは搭載モデルが販売されておらず当該モデルはその先駆けと言えますね。Core i3シリーズとの性能差は大きく壁があることは理解しておきましょう。動画編集や画像編集などの作業を考えているならCore i3シリーズ以上、できればCore i5シリーズ以上を選択しましょう。

ファンレスモデルで静音性に優れているから

当該モデルはファンレスモデルを実現しています。省電力性に長けたCeleron N5100搭載モデルだからできることだと言えますね。当然ファンの音が発生しないため夜でも作業がしやすいです。小さなお子様が横にいても安心です。

また、静かなカフェやコワーキングスペースでも気兼ねなく作業できます。ただし、タッチパッドのクリック音がやや大きくそれを避けるために静音マウスを選択しましょう。一部の施設では静音マウスの使用が必須になっているので用意しておいても良いと思います。

指紋認証センサー搭載で利便性が高いから

THIRDWAVE VF-AD5shimon

本体の右側面に指紋認証センサーが搭載されています。事前にユーザー登録を済ませてWindows Helloを活用すれば指先をタッチするだけでログインが行なえます。スリープ状態や電源OFFの状態からでも容易に立ち上げることができます。パスワードを入力する手間が省けるのは便利ですね。カバンから取り出してすぐにパソコンを起動でき、外出時にも使いやすいです。セキュリティ面でもメリットがありますね。

>>>THIRDWAVE VF-AD5を購入<<<

THIRDWAVE VF-AD5の弱み

構成のカスタマイズには対応していない

基本的にTHIRDWAVE VF-AD5はカスタマイズには対応していません。オフィスソフトの追加やセキュリティソフトの追加ぐらいです。CPU・GPU・メモリ・ストレージ・光学ドライブなどのカスタマイズは不可となっています。最近はこのモデルのようにカスタマイズの選択肢が少ないモデルが増えて来ていますね。完成品と販売することで在庫のコントロールが容易になりコスト削減に繋がるのではないかと思います。

ただし、ご自身でストレージの追加を行えます。本体の底面からアクセスできドライバーさえあれば簡単にSSDを2基追加可能です。ストレージ容量を増やすのは簡単にできますね。もし、ご自身でストレージを追加した場合保証の対象外となってしまうため注意してください。

テンキーはキーピッチ(幅)が狭くタイピングしづらい

テンキーが搭載されているのはメリットですが、キーピッチが狭くタイピングしづらくなっています。これは他のキーのキーピッチを稼ぐために仕方がない対処法だと言えます。テンキーが付いているだけでも評価できるかもしれません。タッチパッドをテンキーに切り替えられるので必要に応じてそちらを活用しましょう。

性能と構成を考えるとまだまだ価格が下がる余地がある

THIRDWAVE VF-AD5は税込56,980円と低価格なのが特徴のパソコンです。性能と価格を考えるとまだまだ価格が下がる余地があるのではないかと考えています。旧世代のCeleron N4120搭載の「THIRDWAVE VF-AD4S」が39,980円なので1万円以上は安くなる可能性があります。

半導体不足や円安の影響があるためすぐに価格が下がることはないと思いますが、時間が経てば価格が下がることは間違いないでしょう。もっとも現時点ではどのメーカーでもどのモデルでも価格が高騰しているため相対的に見れば評価は高いです。

ドスパラの同性能帯のモデルと比較

ブランドTHIRDWAVE THIRDWAVE
製品名VF-AD5VF-AD4S
画像THIRDWAVE-VF-AD5syoumenTHIRDWAVE VF-AD4S
価格56,980円(税込)39,980円(税込)
液晶サイズ15.6インチ FHD14.0インチ FHD
リフレッシュレート60Hz60Hz
ディスプレイ色域--
重量約1.70kg約1.30kg
バッテリー駆動時間約13.4時間約8.1時間
CPUCeleron N5100Celeron N4120
GPUIntel UHD GraphicsUHD Graphics 600
メモリLPDDR4X 4GBLPDDR4X 4GB
SSDeMMC 128GBeMMC 64GB
HDD非搭載非搭載
Wi-Fi 6
Thunderbolt 4××
公式公式公式
レビュー-レビュー
ドスパラの同じ性能帯の「THIRDWAVE VF-AD4S」を比較していきます。THIRDWAVE VF-AD4Sとの価格差は17,000円とやや大きいです。>THIRDWAVE VF-AD4Sは14.0インチモデルということもあって本体重量が軽く1.30kgとなります。バッテリー駆動時間は約8.1時間となっています。THIRDWAVE VF-AD4Sで採用されているCeleron N4120は旧世代のCPUです。性能的にはCeleron N5100の方が上ですが、性能差を体感できるかと尋ねられると回答は難しいです。

THIRDWAVE VF-AD4Sはメモリ4GB、eMMC 64GBと最小限の構成です。Wi-Fi 6に対応しているのは共通です。Thunderbolt 4には非対応です。CPU及びストレージに差があるとは言っても17,000円の差は大きいですね。やはりTHIRDWAVE VF-AD5には価格が下がる余地があります。新世代のモデルでもそれほど性能差が大きいわけではなくこの性能帯なら価格を重視した方が良いかもしれません。

>>>THIRDWAVE VF-AD5を購入<<<

THIRDWAVE VF-AD5の口コミまとめ

管理人管理人

THIRDWAVE VF-AD5の発売日に発売記念としてプレゼントキャンペーンを実施していました。その結果1.7万件もリツイートされて話題になりましたね。新製品の発売に合わせてこのキャンペーンの実施はマーケティングとして優秀だと思います。一気に知名度が上がったのではないでしょうか。

THIRDWAVE VF-AD5のケースレビュー

正面

THIRDWAVE VF-AD5syoumen
一般的なノートパソコンに近いですが、狭額縁デザインを採用していて視認性が高いです。キーボード自体に傾斜が付いているためタイピングもしやすいです。安っぽさもなく価格を考えると十分過ぎますね。

天板

THIRDWAVE VF-AD5tenban
天板にはロゴもなくシンプルです。アルミ素材の本体が高級感を演出しています。50,000円のモデルとしては十分過ぎますね。場所を気にせず使用できると思います。

キーボード

THIRDWAVE VF-AD5keyboard
キーボードは標準の日本語キーボードに近い配列となっています。ノートパソコンはスペースの問題もあって配列が異なる事が多いですが、THIRDWAVE VF-AD5に関してはある程度対応できています。ユーザーからの要望に応える形でコストを掛けています。キーピッチも19mmと余裕がありますね。ただし、テンキーについてはかなり細くなっていて使いやすいとは言い難いです。タッチパッドをテンキーに切り替えられるので使いづらさを感じてしまう方はそちら活用しましょう。

右側面

THIRDWAVE VF-AD5right
本体右側面は指紋認証用指紋センター・micorSDカードリーダー、USB 2.0 Type-A、USB 3.2 Type-A、ヘッドホン出力/マイク入力端子が配置されています。

左側面

THIRDWAVE VF-AD5left
左側面にはUSB 3.2 Gen2 Type-C、HDMI 2.0b Type-A、USB 3.2 Gen1 Type-Aが配置されています。USB 3.2 Gen 2 Type-CはDisplayPort及びPower Deliveryに対応しています。

アダプタ

THIRDWAVE VF-AD5dengen
電源アダプタもコンパクトで持ち運びも容易です。USB 3.2 Gen2 Type-Cを活用しての充電が可能です。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、THIRDWAVE VF-AD5の性能スペック及び口コミについてまとめました。2022年2月に発売されたばかりの新しいモデルです。Jasper Lake世代のCeleron N5100を搭載しています。4コア4スレッドというスペックでクロック周波数は抑えられていますが動画視聴やブラウジングなどには十分な性能を持っています。

ファンレスモデルで静音性に優れているのも魅力的です。省電力モデルならではの仕様です。構成のカスタマイズはできず完成品として見る必要があります。初心者の方でも選びやすさがあります。現在の価格でも十分安価ですが、同じドスパラのモデルを見る限り価格調整が行われる可能性はあります。購入のタイミングを十分図る必要がありますね。

公式

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等