THIRDWAVE VF-AD4
公式

管理人管理人

当ページでは、ドスパラの「THIRDWAVE VF-AD4S」のレビューと口コミ情報を紹介しています。税込36,980円と低価格なのが特徴です。14.0インチとコンパクトで持ち運びにも適しています。CPUにはエントリークラスのCeleron N4120を搭載しています。

価格からも分かる通り性能は低めで負荷の掛かる作業は苦手です。安いからと言って飛びつくと痛い目を見てしまうかもしれません。動画視聴・ブラウジングなど用途がはっきりしている方であれば検討する価値があると言えます。

(+) 税込36,980円と激安ノートパソコン
(+) 充実のインターフェイスで実用性が高い
(+) 本体の重さが約1.3kgと持ち運びがしやすいから
(-) キーボードの配置に少し癖がある
(-) THIRDWAVE VF-AD4と比べると人気は高くない

おすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
×
youtubervirtual
×

×

×
gamedeveloper
×
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
×
gamejikkyouwomen
×
webdesign
×

×
tvdenwa
cad
×
businessperson
性能が低いモデルだからこそできることとできないことを理解しておく必要があります。できることは動画視聴・ブラウジング・Skype(WEB会議)などです。基本的にこれら以外の作業には対応できないと考えておきましょう。デュアル環境構築やビジネスについては少しぐらいであれば対応できますが、負荷が掛かってしまうと重く感じてしまうことになります。価格的にも高望みはしてはいけません。

THIRDWAVE VF-AD4Sの基本スペック

メーカードスパラ
型番THIRDWAVE VF-AD4S
サイズ14.0インチ FHD非光沢ワイド液晶
重さ約1.30kg
OSWindows 11 Pro
価格36,980円(税込)
CPUCeleron N4120
グラフィックボードUHDグラフィックス600
メモリ4GB LPDDR4
SSD非搭載
HDD64GB eMMC
バッテリー駆動時間約8.1時間
おすすめ度★★★★★★★☆☆☆
14.0インチのコンパクトなBTOノートパソコンです。本体重量は約1.30kgと軽めです。OSはWindows 11 Proを搭載しています。税込36,980円とリーズナブルなのが特徴です。送料3,300円込みでトータル40,280円となります。ドスパラは低価格帯のモデルもしっかりとラインナップに入れていますね。CPUにはエントリークラスのCeleron N4120を搭載しています。グラフィックスはCPU内蔵のUHD Graphics 600です。

メモリは低省電力モデルのLPDDR4 4GBを搭載しています。パフォーマンスよりも省電力性を重視したモデルであることがわかります。ストレージにはeMMC 64GBが選択されています。基本的に構成のカスタマイズには対応していませんので、ストレージ容量を増やしたいならクラウドストレージサービスや外付けのHDDを活用しなければいけません。バッテリー駆動時間は約8.1時間です。持ち運びを考えている方でも選びやすいですね。おすすめ度は★7つです。

THIRDWAVE VF-AD4Sの性能

Celeron N4120(CPU)

celeronn4120

Celeron N4120は、Gemini Lake Refresh世代のCPUで2019年後半に発売されました。2017年後半にリリースされたCeleron N4100の後継モデルとなっています。クロック周波数が8%程度引き上げられ性能が3%程度高くなりました。この性能帯・価格帯のモデルについては世代ごとに大きく性能が変わることはありませんね。下位モデルのCeleron N3450よりも33%高く、Celeron N4500よりも40%近くも性能が高くなっています。Core i3-10110Uよりも38%もパフォーマンスが劣ります。Core i3シリーズとの性能差は大きいですね。

UHDグラフィックス600(GPU)

uhd600benchmark

グラフィックスはCPU内蔵グラフィックスのIntel UHD 600を搭載してます。グラフィックス処理性能がとても低く3D処理には期待できません。WEBデザインなどで3Dグラフィックスを取り扱うことはできないと考えておいて良いと思います。Iris Xe Graphicsなど現行の上位モデルに搭載されているCPU内蔵グラフィックスとの性能差は大きいです。

THIRDWAVE VF-AD4Sを選ぶ3つの理由

低価格帯の高コスパモデルだから

THIRDWAVE VF-AD4Sは、税込3万円台で購入できる低価格帯の高コスパBTOノートパソコンです。税込5万円以下の予算で考えている方は候補になるのではないかと思います。CPUにはCeleronシリーズの中でも上位のCeleron N4120を搭載しています。4コア4スレッドと低価格帯のモデルとして高スペックです。下位モデルのCeleron N3450よりもスペックが高いです。

Celeron N4000のリフレッシュモデルで開発コード名もGemini Lake Refreshとなっています。Celeron N4120はあくまでもリフレッシュモデルで飛躍的にパフォーマンスが向上しているわけでない点は理解しておきましょう。省電力性を重視したモデルでクロック周波数はそれほど高くありません。当然高い性能には期待できません。動画視聴・ブラウジング・オフィスソフト(軽負荷)などが想定されます。

本体がコンパクトで持ち運びがしやすいから

当該モデルは14.0インチとコンパクトなサイズが特徴となっています。カバンに入れやすくポータブル性が高いです。最近は15.6インチモデルに押されて14.0インチモデルはややラインナップが減少傾向にあります。そういう意味では希少なモデルです。本体重量も約1.3kgと軽めで持ち運ぶ機会が多い方に最適です。女性の方でも気軽に持ち運べますね。

私自身も14.0インチのノートパソコンを使用していますので実用性の高さは折り紙付きです。15.6インチモデルでは持ち運ぶにが嫌になっていましたが、14.0インチなら問題になることはありません。キーボードにやや窮屈さを感じるもののPC作業も問題なく行なえます。画面の小ささが気になる場合は別途モバイルモニターを用意しておくと良いと思います。1万円前後で購入することができて作業スペースを簡単に広げることが可能です。

充実のインターフェイスなど実用性が高いから

充実のインターフェイスを採用していることも選ぶ理由となります。USB 3.2 Gen1 Type-Cポートを備えUSB Power Deliveryにも対応しています。持ち運びに適したコンパクトなType-C ACアダプターが同梱されています。ノートパソコンと一緒に持ち運ぶことも容易です。もちろんスマートフォンやタブレットの充電にも活用できます。

また、microHDMI出力端子やカードリーダーも備えています。外部モニターへの出力をすれば容易にマルチモニター環境を構築できます。ただし、性能的にそれほど適しているわけではありません。カードリーダーについては、音楽の再生などに最適です。ドラレコの動画視聴は性能的に厳しいですね。ユピテルなどの場合は専用のPCビューワソフトが必要ですが、要求スペックを満たしていないからです。

THIRDWAVE VF-AD4Sの弱み

電源ボタンを配置が不便

THIRDWAVE-VF-AD4keyboard
当該モデルではJIS配列の日本語対応キーボードを搭載しているという強みがあります。デスクトップ向けのキーボードに近いモデルだと言えます。スペース的な問題とコスト的な問題からなかなか使い勝手の良いキーボードを搭載することは難しいのですが、THIRDWAVE VF-AD4Sはかなり優れたキーボードを搭載しています。

一点だけ問題があってキーボードに配置されている電源ボタンの位置です。右上の「Back Space」ボタンの上です。Back Spaceボタン自体利用する頻度が高く間違えて押してしまう可能性が高いと言えます。お仕事などで文章を打つ機会が多い方は要注意です。動画視聴やブラウジングに限定するならばそれほど大きなデメリットにはなりませんね。

THIRDWAVE VF-AD4と比べると注目度が低い

下位モデルであるTHIRDWAVE VF-AD4と比べると注目度が低いことはデメリットとなります。詳細は次の項目「THIRDWAVE VF-AD4との比較」を参考にしてくださいね。税込2万円台と3万円台ではユーザーに与える印象が異なります。THIRDWAVE VF-AD4Sの税込36,980円という価格は確かに低価格で魅力的です。

搭載しているCPUもCeleron N4120とワンランク上のものです。ただし、税込3万円台は競合モデルが増える価格帯だとも言えます。海外メーカーを中心に豊富なラインナップの中から該当のモデルを探すことが可能です。税込2万円台のモデルはほとんど競合がいませんので、圧倒的な地位を築くことができます。

>>>THIRDWAVE VF-AD4Sを購入<<<

THIRDWAVE VF-AD4との比較

ブランドドスパラドスパラ
製品名THIRDWAVE VF-AD4STHIRDWAVE VF-AD4
画像THIRDWAVE VF-AD4THIRDWAVE VF-AD4
サイズ14.0インチ14.0インチ
重さ約1.30kg約1.28kg
価格36,980円(税込)27,980円(税込)
CPUCeleron N4120Celeron N4000
GPUHDグラフィックス600HDグラフィックス600
メモリ4GB LPDDR44GB LPDDR4
ストレージ64GB eMMC64GB eMMC
バッテリー駆動時間約8.1時間約8.6時間
光学ドライブ非搭載非搭載
USB Power Delivery
JIS規格
公式公式公式
レビュー-レビュー
ドスパラの人気モデルであるTHIRDWAVE VF-AD4と比較していきます。価格差は9,000円です。やはり税込2万円台のインパクトは大きいですね。CPUにはCeleron N4000を搭載しています。Celeron N4120よりも40%程度性能が劣ります。動画視聴とブラウジングだけを考えるなら十分な性能だと思います。CPU内蔵グラフィックス・メモリ容量・ストレージは共通です。バッテリー駆動時間が長いのは性能で劣るCeleron N4000を搭載しているためです。いずれもUSB Power Deliveryに対応しているのはさすがですね。

他社メーカーの格安ノートとの比較

ブランドドスパラASUS Lenovo
製品名THIRDWAVE VF-AD4SChromebook CX1IdeaPad Slim 150
画像THIRDWAVE VF-AD4Chromebook CX1IdeaPad Slim 150
OSWindows 11 ProChrome OSWindows 11 Home
サイズ14.0インチ15.6インチ11.6インチ
重さ約1.30kg約1.80kg約1.20kg
価格36,980円(税込)35,800円(税込)
33,800円(税込)
38,247円(税込)
CPUCeleron N4120Celeron N4500AMD 3020e
GPUHDグラフィックス600UHD GraphicsRadeon Graphics
メモリ4GB LPDDR44GB LPDDR4X4GB DDR4
ストレージ64GB eMMC64GB eMMC128GB SSD
バッテリー駆動時間約8.1時間約11.0時間約8.8時間
光学ドライブ非搭載非搭載非搭載
USB Power Delivery×
公式公式公式公式
他社メーカーの同価格帯のノートパソコンと比較していきましょう。ASUSのChromebook CX1はChrome OSを搭載したノートパソコンです。Windows向けのアプリケーションなどが使用できないというデメリットがありますが、省電力性が高くスピーディーなPC作業が可能です。15.6インチで本体重量は約1.8kgとなっています。セール時はTHIRDWAVE VF-AD4Sよりも3,000円程度安いです。

CPUにはCeleron N4500を搭載しています。Celeron N4120よりも型番の数字が大きいですが、Celeron N4120の方が40%程度性能が高いです。グラフィックス性能も同等です。Chromebook CX1で採用されているメモリ規格のLPDDR4Xは、THIRDWAVE VF-AD4Sで採用されているTHIRDWAVE VF-AD4よりも省電力性に優れています。ストレージはどちらもeMMC 64GBを搭載しています。バッテリー駆動時間はChromebook CX1の方が35%程度長いです。いずれもPower Deliveryに対応しています。

最後にLenovoのIdeaPad Slim 150と比較していきます。価格差は1,267円でTHIRDWAVE VF-AD4Sの方が安価です。OSはWindows 11 Homeを搭載しています。液晶サイズは11.6インチと小さくモバイルノートパソコンに分類されます。本体重量は約1.20kgです。THIRDWAVE VF-AD4Sが14.0インチで約1.30kgとほとんど重量が変わらないのは評価できます。

IdeaPad Slim 150で採用されているAMD 3020eは2コア2スレッドと、THIRDWAVE VF-AD4Sで採用されているCeleron N4120に劣ります。GPU性能は同等です。メモリ規格はDDR4です。IdeaPad Slim 150ではSSD 128GBを搭載しています。バッテリー駆動時間はIdeaPad Slim 150の方が9%程度長くなっています。Power Deliveryには対応していません。

THIRDWAVE VF-AD4Sの価格は比較対象モデルの2つのちょうど間に収まります。THIRDWAVE VF-AD4Sの強みは14.0インチモデルで軽量化されていることとCPU性能が高いことです。また、国内BTOメーカーの安心感もありますね。これらの点に強みを感じる方に最適です。価格・バッテリー駆動時間・ストレージ容量を重視するなら比較対象モデルから選ぶと良いでしょう。

THIRDWAVE VF-AD4Sの口コミまとめ

Twitter

その他

公式サイトのレビューを引用しています。2021年12月時点で口コミ数は1件のみです。

dansei1

購入年:2021年 使用目的:記載なし

上下ボタンが少し引っかかるのが少し気になりますが、総合的に値段を考えたら満足です


>>>THIRDWAVE VF-AD4Sを購入<<<

ケースレビュー

天板

THIRDWAVE VF-AD4uragawa非常にシンプルなデザインとなっていますね。こういったモデルとしては珍しく背面にロゴもなく使う人を選ばないと言えます。高級感があって良いと思います。ぱっとみてこれが3万円台のモデルとは思わないでしょう。

液晶

THIRDWAVE VF-AD4syoumenフルHD(1920×1080)液晶モニターを採用しています。解像度が大きくオフィス作業や動画視聴も快適です。

I/Oパネル

THIRDWAVE VF-AD4iopanel薄さ14.0mm、重さ1.28kgと薄いのがポイントです。カバンに入れておけば重さも気にならないでしょう。I/Oパネルには①USB 3.2 Gen Type-C(USB Power Delivery対応)、②microHDMI出力、③USB 3.2 Gen1ポート、④カードリーダー、⑤USB 2.0ポート、⑥マイク入力・ヘッドフォン出力と充実しています。Power Delivery対応は魅力的なポイントです。

指紋認証センサー

THIRDWAVE VF-AD4simonタッチパッドに指紋認証センサーを搭載しています。起動時などパスワードを逐一入力する手間を省けます。作業を行うときにさっと起ち上げられるのは嬉しいですね。

キーボード

THIRDWAVE VF-AD4keyboardキーボードはコンパクトにまとめられています。デスクトップパソコンと比べるとどうしても操作性は劣るもののノートパソコンとして考えると及第点です。キーピッチ19mm、キーストローク1.5mmと平均以上の水準です。

本体裏側

THIRDWAVE VF-AD4uragawa裏側はシンプルです。四隅に滑り止めが付いています。ファンレスで静音性に優れているのが特徴です。性能的にも発熱量も気にする必要がなく十分です。

THIRDWAVE VF-AD4Sに関するよくある質問

SSDの増設は可能ですか?
SSD(SATA)を増設することができます。M.2 2242/2260/2280 S-ATAに対応しています。保証対象外となってしまう可能性がありますので、自己責任となります。SSD増設自体難易度は高くないですね。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、ドスパラの低価格ノートパソコンのラインナップを支える「THIRDWAVE VF-AD4」の性能レビュー及び口コミについてまとめました。税込36,980円という価格が最大の特徴です。送料をいれば40,000円前後で購入できます。CPUにはCeleron N4120を搭載しています。

14.0インチとコンパクトで本体重量も1.3kgと軽いのでパソコンを持ち運ぶ機会が多い方におすすめです。最近市場では14.0インチモデルのラインナップが減少傾向にあり希少性が高いです。同価格帯の競合モデルと比べてもCPU性能は高めです。動画視聴・ブラウジング・WEB会議・オフィスソフト(簡易)に対応できます。Core iシリーズなどと比べると性能は控え目ですので過信はしないようにしましょう。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume