mouse B4-i7公式

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターの「mouse B4-i7」についてレビューをまとめています。2022年11月10日にマウスコンピューターからインテル第十二世代CPUを搭載した14.0インチモデルが登場しました。本体が軽くバッテリー駆動時間も約10.0時間と長めなので持ち運びもしやすいです。

CPUにCore i7-1260Pを搭載していて高いパフォーマンスを持っています。12コア16スレッドと高スペックです。同時にCore i5-1240Pを搭載した「mouse B4-i5」もリリースされています。価格を抑えたい方は候補に入れても良いと思います。

mouse B4-i7のスペック

mouse B4-i7spec

ブランドマウスコンピューター
製品名mouse B4-i7
価格・通常価格
159,800円(税込)

・セール時
144,800円(税込)
液晶サイズ14.0インチ
重量約1.38kg
CPUCore i7-1260P
グラフィックボードIntel Iris Xe グラフィックス
メモリDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe
HDD非搭載
光学ドライブ非搭載
バッテリー駆動時間約10.0時間
保証基本1年
サポート24時間365日電話サポート
おすすめ度★★★★★★★☆☆☆
mouse B4-i7は、マウスコンピューターが販売しているノートパソコンです。通常価格は159,800円ですが、セール時は15,000円OFFの144,800円で購入できます。セール時なら送料3,300円を含めると148,100円となります。液晶サイズは14.0インチです。本体重量は約1.38kgとなっています。持ち運びも容易なサイズ感だと言えます。

CPUにはIntel第十二世代のCore i7-1260Pを搭載しています。グラフィックボードは非搭載で、グラフィックス処理はCPU内蔵のIntel Iris Xe Graphicsが担います。メモリDDR4-3200 16GB、SSD 512GB NVMeという構成です。HDDは非搭載となっています。カスタマイズではSSDを追加できるだけでHDDは追加不可です。

光学ドライブも非搭載です。最近では非搭載が当たり前になっていますね。特に14.0インチモデルなど本体が小さいモデルの場合は物理的に搭載することが難しいです。バッテリー駆動時間は約10.0時間です。基本保証は1年間となっています。サポートが手厚く24時間365日の電話サポートを受けられます。おすすめ度は★七つです。まずまずコスパの高いモデルでおすすめしやすいです。国内ブランドとしての安心感があるのも良いですね。

>>mouse B4-i7を購入<<

mouse B4-i7のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
×
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
mouse B4-i7は性能の高いモデルでほとんどの用途において高いパフォーマンスを発揮します。動画編集・動画投稿(エンコード)・RAW現像・マンガ制作・デイトレ・WEBデザイン・ビジネスなどの用途に最適です。動画編集や動画投稿ではハイブリッドコアアーキテクチャを活かせます。デュアル環境構築・動画視聴・Skype(WEB会議)ではオーバースペックとなります。グラフィックス処理性能はそれほど高くないため、ゲームプレイ・ゲーム実況・3D CADには対応できないと考えておきましょう。

mouse B4-i7の性能

Core i7-1260P

corei7-1260pbenchmark

Intel第十二世代のCore i7-1260Pを搭載しています。12コア16スレッドとモバイル向けモデルとしては驚異的なスペックを誇ります。今世代からはPコアとEコアの二つのコアを組み合わせたハイブリッドコアアーキテクチャを採用しています。Core i7-1260Pでは4つのPコアと8つのEコアを搭載しています。従来モデルのCore i7-1165G7が4コア8スレッドだったので、コア数は3倍でスレッド数も2倍となりました。

処理性能的には75%も高くなっています。下位モデルであるCore i5-1240Pとの性能差は10%程度です。実はCore i5-1240Pとはコア・スレッド数は共通でクロック周波数が異なるだけです。それでもハイパフォーマンスモデルであるCore i7-11800HやRyzen 5 5600Hを上回る性能を持っているのは素晴らしいですね。これだけマルチスレッド性能が高くなれば動画編集や動画のエンコードなどの用途にも対応しやすいです。競合モデルのRyzen 7 6800Uはさらに高い性能を持っています。

Intel Iris Xe Graphics

irisxegraphicsbenchmark

Core i7-1260Pに搭載されているIntel Iris Xe Graphicsがグラフィックス処理を行います。geForce MX350よりも10%程度処理性能が向上しています。競合モデルのRadeon 660MやRadeon Graphicsよりも性能が高いです。従来モデルのCore i7-1165G7よりも13%程度上回っています。CPU内蔵グラフィックスはこれまでと比べて大きく向上しているわけではありません。簡単なWEBデザインなどであれば問題ありません。外付けのグラフィックボードとの差は大きいですね。

>>mouse B4-i7を購入<<

mouse B4-i7を選ぶ3つの理由

Intel第十二世代のCore i7-1260Pを搭載しているから

mouse B4-i7の最大の魅力はCPUにCore i7-1260Pを搭載していることだと思います。このPシリーズは、ハイパフォーマンスモデルのHシリーズと省電力モデルのUシリーズの中間に位置していてバランスが良いシリーズだと言えます。

性能のところで見た通り、今世代からハイブリッドコアアーキテクチャを採用していてより高いパフォーマンスを持っています。動画編集・動画投稿(エンコード)・RAW現像・マンガ制作・デイトレ・WEBデザインなどの用途にも対応できます。古いモデルからの買い替えならメリットが大きいです。特にポータブル性の高いモデルを探している方におすすめです。

これまで省電力モデルでは性能に物足りなさがありましたが、かなり高い水準まで到達しているように思います。下位モデルのCore i5-1240Pとスペックが似ているためコストパフォーマンスではCore i5-1240Pが有利ですが、少しでも高みを目指したいならCore i7-1260Pを搭載しているmouse B4-i7を選ぶのは理にかなっています。

14.0インチモニター搭載でポータブル性・実用性が高いから

mouse B4-i7は、14.0インチモニターを搭載したモデルでポータブル性及び実用性が高いモデルです。型番の「B4-i7」のB4は14.0インチモデルでらうことを意味しています。持ち運びのしやすい14.0インチモデルは希少です。最近はテレワーク需要の拡大で16.0インチや17.3インチなど大型モニターを搭載したモデルが増えているように思います。

筆者は14.0インチと16.0インチのノートパソコンを使い分けています。14.0インチモデルは本体も小さくカバンにも入れやすいです。さっとパソコンを取り出して作業ができるのは魅力的です。狭額縁デザインを採用していて視認性も高いです。持ち運びのしやすいモデルを探している方は要チェックです。

最短翌日出荷サービスに対応しているから

yokueigyoumouse
mouse B4-i7は、通常納期も決済日より最短3営業日と比較的出荷の早いモデルとなっています。さらに、+2,200円の翌営業日出荷サービスを選択すれば翌営業日での出荷が可能となります。つまり、最短で購入した翌々日にパソコンを受け取ることができます。

パソコンが故障した場合などすぐにパソコンを用意しなければいけない方にとって魅力的な選択肢となります。マウスコンピューターの全てのモデルがこの翌日出荷サービスに対応しているわけではありません。評価の高いmouse B4-i7が対応しているのは十分選ぶ理由になるでしょう。

>>mouse B4-i7を購入<<

mouse B4-i7の弱み

標準価格だとやや割高感がある

mouse B4-i7の弱みは価格の高さです。特に海外BTOメーカーのモデルと比べるとCore i7-1260P搭載モデルとしては15%-20%程度高いです。もう少し価格を抑えたいならCore i5-1240P搭載モデルの「mouse B4-i5」が選択肢に入ります。定価だと30,000円も安く購入できます。

Core i7-1260PとCore i5-1240Pの性能差が10%前後なので、14%程度安く購入できるmouse B4-i5の方がコスパが高いです。ただし、こちらも海外メーカーのモデルよりも少し高いです。セール対象となったモデルを確認しておくと良いと思います。

カスタマイズ費用が高額で手を出しづらい

mouse B4-i7はカスタマイズ費用が高めになっているのも弱みだと言えます。これはどちらかというとmouse B4-i7個別の弱みというよりはマウスコンピューター全体の戦略なのかもしれません。あえてカスタマイズ費用を高くする理由は見つかりませんが…

例えば、SSDを1TBへアップグレードするのに掛かる費用は18,700円です。2ndストレージとしてSSD 512GBの追加は14,300円となっています。これだけ高額だとカスタマイズは選択肢に入れなくても良いと思います。初期構成のまま購入するのが一番お買い得ですね。

>>mouse B4-i7を購入<<

Inspiron 13プラチナと比較

ブランドマウスコンピューターDell
製品名mouse B4-i7
mouse B4-i5
Inspiron 13プラチナ
(大容量メモリー)

dell Inspiron 13
価格159,800円(税込)
144,800円(税込)
209,000円(税込)
136,080円(税込)
送料3,300円(税込)無料
液晶サイズ14.0インチ13.3インチ
解像度FULL HD
(1,920×1,200)
Quad HD
(2,560×1,600)
重量約1.38kg約1.25kg
バッテリー駆動時間約10.0時間非公開
OSWindows 11 HomeWindows 11 Home
CPUCore i7-1260PCore i7-1260P
GPU Iris Xe グラフィックスIris Xe グラフィックス
メモリDDR4-3200 16GBLPDDR5-4800 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
Wi-Fi 6
Thunderbolt 4
光学ドライブ××
公式公式公式
性能の近いDell製Inspiron 13プラチナと比較していきましょう。Inspiron 13プラチナの場合常にキャンペーンが実施されていますので、割引後の価格が定価と考えても良いと思います。mouse B4-i7についてはセール後で8,720円高いということになります。通常価格だと価格差は23,720円と大きいですね。Inspiron 13プラチナは送料が掛からないのも強みです。

Inspiron 13プラチナではmouse B4-i7よりも一回り小さな13.3インチディスプレイを搭載しています。解像度はQuad HDとより高解像度のディスプレイを搭載していてより効率的にPC作業を行えると思います。ただし、モニター自体が大きいわけではないのであまり解像度を上げすぎると文字が小さくなってしまう可能性があります。もちろんその場合でも解像度を下げて調整可能ですが、Quad HDモニターを搭載しているメリットが失われてしまいますね。

Inspiron 13プラチナの方が本体重量は10%程度軽いです。CPU・GPUは共通です。メモリについてはLPDDR5-4800を搭載しているInspiron 13プラチナの方が上です。SSD容量は同じですね。Wi-Fi 6対応・Thunderbolt 4対応は代わりありません。光学ドライブ非搭載は仕方ないですね。

>>mouse B4-i7を購入<<

mouse B4-i7の口コミ

比較的新しいモデルということもあってまだまだ口コミは少ないです。今後一定の口コミが集まり次第ここに追記します。

>>mouse B4-i7を購入<<

mouse B4-i7のケースデザイン

正面

mouse B4-i5syoumen
狭額縁デザインを採用したノートパソコンです。液晶上部にはWEBカメラ及びデュアルレイマイクを搭載しています。ステレオスピーカーも内蔵でWEB会議などでも大活躍間違いなしです。Windows Hello 顔認証にも対応しています。

天板

mouse B4-i5tenban天板にはマウスコンピューターブランドのロゴが刻印されています。シンプルなでデザインだと言えます。

カラー

mouse B4-i5color
カラーはオリーブブラックとシャンパンゴールドの二色から選択できます。どちらも高級感のあるデザインとなっています。

キーボード

mouse B4-i5keyboard
キーボードは標準的なものです。エンターキーがやや小さいもののデスクトップと同等の使用感を得られます。テンキーはなしです。

背面

mouse B4-i5haimen
背面には吸気口が設けられています。それほど熱を持つモデルではないため排熱に対してそれほど神経質になる必要はありません。

>>mouse B4-i7を購入<<

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、mouse B4-i7のレビュー&口コミについて紹介しました。2022年11月10日にマウスコンピューターから発売された新しいモデルです。14.0インチモニターを搭載していてポータブル性が高いです。本体重量も約1.38kgと軽いですね。女性の方でも持ち運びがしやすいと思います。

CPUにはIntel第十二世代の高性能モデルであるCore i7-1260Pを搭載しています。12コア16スレッドとスペックが高く動画編集やエンコードなどの用途にも対応可能です。メモリ16GB、SSD 512GB NVMeと構成も必要十分です。Core i7-1260P搭載モデルとして見ると価格がやや高いためセール/キャンペーンを狙うのも良いですね。国産ブランドとしての信頼性・安心感もあります。

公式

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-12700、Core i5-1240P等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等