DAIV 6N公式

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターの「DAIV 6H」についてレビューをまとめています。2022年7月7日に発売されたばかりの新しいクリエイター向けノートパソコンです。16.0インチWQXGAモニターを搭載しています。高解像度モニターのおかげでより効率的にPC作業が行なえます。

DAIV 6シリーズのフラグシップモデルです。Core i9-12900H×RTX 3070 Ti Laptopの組み合わせでトップクラスのパフォーマンスを持っています。ノートパソコンでもデスクトップパソコンに近い性能を得られるのは魅力的ですね。問題は価格の高さでしょう。税込36万円台と高価で簡単に購入できる価格帯とは言えません。セール/キャンペーンで数万円単位での割引に期待できます。

DAIV 6Hのスペック

DAIV 6Nspec

メーカーマウスコンピューター
型番DAIV 6H
価格369,800円(税込)
モニター16.0インチWQXGA
重量約1.65kg
バッテリー駆動時間約11.5時間
CPUCore i9-12900H
グラフィックボードGeForce RTX 3070 Ti
メモリDDR5-4800 32GB
ストレージSSD 1TB Gen4 NVMe
光学ドライブ非搭載
カードリーダー
Wi-Fi 6
Thunderbolt 4
おすすめ度★★★★☆☆☆☆☆☆
DAIV 6Hは、税込369,800円で販売されています。送料3,300円を含めるとトータル費用は373,100円です。モニターは16.0インチWQXGAを搭載しています。対応リフレッシュレートは60Hzです。本体重量は約1.65kgです。バッテリー駆動時間は約11.5時間となっています。CPUにはIntel第十二世代の上位モデルであるCore i9-12900Hを、GPUはAmpere世代のハイクラスであるRTX 3070 Ti Laptopを搭載しています。

メモリはDDR5-4800 32GB、ストレージはSSD 1TB Gen4 NVMeを搭載しています。光学ドライブは非搭載でオプションでも搭載不可です。必要な方は外付けの光学ドライブで対応する必要があります。カードリーダーは標準搭載です。Wi-Fi 6対応・Thunderbolt 4搭載で実用性が高いです。おすすめ度は★四つです。やはり価格の高さがネックとなります。

>>DAIV 6Hを購入<<

おすすめカスタマイズ

DAIV 6Hのおすすめカスタマイズを解説しています。すでに構成が充実したモデルということもあって本体自体へのカスタマイズの余地はほとんどありません。基本的にはあると便利な周辺機器が候補になります。

ノートオプション ★★★☆☆

DAIV 6Nnoteoption
ショートタイプの電源コードが手元にあると外出時などに便利です。ショートタイプならカバンにも収納しやすいですね。価格も770円とそれほど高くないため購入しておいても良いと思います。

ノートPC用クーラー ★★★☆☆

DAIV 6Ncooler
こちらもあると便利な周辺機器です。DAIV 6Hはハイクラスに属するクリエイターノートPCでどうしても発熱量が多くなります。ノートPC用のクーラーがあればパフォーマンス低下を防げます。もちろん100%防げるわけではありませんが、ないよりはあった方が良いと思います。

>>DAIV 6Hを購入<<

DAIV 6Hのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin
video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
DAIV 6Hのおすすめ用途についてまとめています。性能の高いモデルで基本的にはどのような用途にも対応可能です。デュアル環境構築・動画視聴・デイトレ・Skype(WEB会議)・ビジネスなどであればオーバースペックで下位モデルでも十分です。当該モデルが真価を発揮するのは動画編集・動画投稿・RAW現像・マンガ制作・ゲーム実況・WEBデザイン・DTMなどのクリエイター作業です。

CPU・GPUともにノートパソコンとしてはトップクラスの適正を持っています。高解像度モニターを搭載しているのも強みですね。ゲームプレイについても対応可能です。注意点としてはモニターが高リフレッシュレートに対応していないためFPSなどを本格的にプレイするには不向きです。3D CADについてはプロフェッショナル向けのNVIDIAシリーズの方が好ましいですが、軽い作業であれば対応可能です。

DAIV 6Hの性能

Core i9-12900H

corei9-12900hbenchmarknew

Core i9-12900Hは、Intel第十二世代における上位モデルです。今世代からハイブリッドコアアーキテクチャを採用していてPコアとEコアの二つが組み合わされています。14コア20スレッドと高いスペックを誇ります。従来モデルのCore i9-11980HKよりも18%程度処理性能が高いです。Ryzen 9 5900HXとの性能差も9%となっています。

これだけ性能の高いCPUですので、ノートパソコンで行う作業についてはおおよそ対応できると考えて良いですね。動画編集・画像編集・マンガ制作・ゲーム実況などの負荷の掛かる作業も得意分野です。デスクトップ向けモデルで言えばCore i5-12600KとCore i5-12400の中間でCore i5-12400寄りです。

GeForce RTX 3070 Ti Laptop

rtx3070tilaptopbenchmark

RTX 3070 Ti Laptopは、Ampere世代の中でも高い性能を持つグラフィックボードです。もちろんデスクトップ向けのRTX 3070 Tiよりも性能は劣りますが、ノートパソコン向けのグラフィックボードとしてはトップクラスです。従来モデルのRTX 2070 Laptopよりも30%以上も性能が高く、RTX 3070 Laptopよりも14%性能が高いです。動画編集やゲーム実況などの用途において強みを発揮します。ゲームプレイならWQHD環境でも問題ありません。Core i9-12900Hとの組み合わせならボトルネックの心配もないでしょう。

>>DAIV 6Hを購入<<

DAIV 6Hを選ぶ3つの理由

クリエイターモデルとしてトップクラスの性能だから

DAIV 6Hは、クリエイターノートPCとして高い性能を持つモデルです。Core i9-12900H×RTX 3070 Ti Laptopの組み合わせは現行モデルの中でもトップクラスです。予算が豊富にある方であれば候補に入れても良いでしょう。国内BTOメーカーではこれ以上のモデルは数が少ないです。RTX 3070 Ti Laptopの上位にはRTX 3080 Ti LaptopやRTX 3080 Laptopがありますが、海外メーカーを中心に少し取り扱いがある程度です。

ノートパソコンでも性能面で妥協したくないと考えているユーザーの方は必見です。Core i9-12900Hはハイブリッドコアアーキテクチャを採用していて14コア20スレッドとスペックが高いです。メニーコアによって動画編集などの高負荷の作業への対応力が高いです。旧世代のモデルからの買い替えなら性能差を体感できるでしょう。グラフィックス処理性能も高くゲームプレイに対応できるほどです。

16.0インチWQXGAモニターを搭載しているから

16.0インチWQXGAモニターを搭載しているのもポイントとなります。クリエイターノートPCとして一般的なサイズである15.6インチや14.0インチモデルよりも一回り大きくPC作業が行いやすいモデルだと言えます。WQXGAは2,560×1,600ドットで、WQHDの2,560×1,440ドットよりも縦に11%程度広いです。このわずかな差がパフォーマンスに与える影響は大きいです。動画や写真を取り扱うクリエイターの方におすすめです。

また、DAIV 6Hは16.0インチWQXGAとやや大きめのモニターを搭載しているにも関わらず本体が軽いという特徴があります。本体重量は約1.65kgと軽量化されています。モデルによっては15.6インチのノートパソコンよりも軽いです。コストが掛かっていてノートパソコンとして理想的な形です。女性の方でも持ち運びがしやすいのではないかと思います。

構成がかなり充実しているから

当該モデルは、メモリDDR5-4800 32GB・SSD 1TB Gen4 NVMeと優れた構成を持っています。クリエイターノートパソコンらしさが垣間見えますね。メモリ規格も従来モデルのDDR4-3200よりもパフォーマンスが高く有利に働きます。メモリ容量が32GBと大容量なのも心強いです。動画編集・画像編集・ゲーム開発・WEBデザインなど負荷の掛かる作業を考えている方は必見です。

ストレージについてもSSD 1TBと大容量です。これならカスタマイズをしなくても十分な容量ではないかと思います。複数のアプリケーションを保存したり、動画や画像などのメディアを保存したりと使い勝手が良いです。Gen4 NVMeなどで高性能です。より高速なパソコン作業が実現します。

>>DAIV 6Hを購入<<

DAIV 6Hの弱み

RTX 3070 Ti Laptop搭載モデルとして高価

DAIV 6Hの最大のデメリットはRTX 3070 Ti Laptop搭載モデルとして価格が高いことです。Core i9-12900H×RTX 3070 Ti Laptopの組み合わせで税込369,800円はかなり高価ですね。モデル次第ではRTX 3080 Laptop搭載モデルが選択肢に入るほどです。コストパフォーマンス重視で考えている方はセール/キャンペーンを待つのも良いでしょう。

16.0インチモデルとして本体が軽いという強みに魅力を感じる方であれば納得できるかもしれません。WQXGAモニターを搭載しているのも希少です。高解像度でのPC作業にこだわりたい方におすすめです。マウスコンピューターの24時間365日のサポートも嬉しいポイントとなります。弱みと強みを知った上で購入を検討してくださいね。

SSD追加で512GBを選択できない

DAIV 6Hssd
当該モデルについては、カスタマイズ項目が制限されているのが残念です。2基目のストレージを追加する際には最低でも+25,190円とかなり高いです。さすがにカスタマイズで2.5万円は手を出しづらいです。下位モデルである「DAIV 6N」なら+13,090円で512GBのSSDが追加できます。1万円台ならまだカスタマイズを検討する余地があるのではないかと思います。できればDAIV 6Hでも512GBのカスタマイズの余地を残して欲しいところです。

スピード出荷サービスに対応していない

翌営業日出荷には対応していませんので、その点は押さえておきましょう。通常配送では決済完了後最短3営業日での出荷となります。購入してから受け取るまで1週間程度見ておく必要がありますね。パソコンが故障して今すぐ用意しなければいけないと考えている方は要注意です。場合によってはマウスコンピューターの店舗を訪れた方が早いです。ノートパソコンならまだ持って帰りやすいと思います。

>>DAIV 6Hを購入<<

raytrek R7-ZF 32GBモデルと比較

ブランドマウスコンピュータードスパラ
製品名DAIV 6Hraytrek R7-ZF
画像DAIV 6Nraytrek R7-ZF
価格369,800円(税込)299,979円(税込)
送料3,300円(税込)3,300円(税込)
液晶サイズ16.0インチWQXGA
(2,560×1,600ドット)
17.3 WQHD
(2,560×1,440ドット)
リフレッシュレート60Hz165Hz
重量約1.65kg約2.30kg
バッテリー駆動時間約11.5時間約6.6時間
CPUCore i9-12900HCore i9-12900H
GPURTX 3070 TiRTX 3070 Ti
メモリDDR5-4800 32GBDDR5-4800 32GB
SSD1TB Gen4 NVMe1TB Gen4 NVMe
HDD非搭載非搭載
Wi-Fi 6
Thunderbolt 4
公式公式公式
レビュー-レビュー
競合モデルとしてドスパラの「raytrek R7-ZF 32GBモデル」を選びました。価格差は69,821円とかなり大きいです。raytrek R7-ZF 32GBモデルの方が安く購入できます。送料はどちらも3,300円です。raytrek R7-ZF 32GBモデルではディスプレイに17.3インチWQHDモニターを搭載しています。DAIV 6Hでは16.0インチWQXGAを搭載していて違いがあります。解像度はDAIV 6Hの方が大きいです。

raytrek R7-ZFのモニターは165Hzに対応していてゲームプレイにも対応できます。コストの掛かったディスプレイだと言えます。一方で、DAIV 6Hは60Hz対応でゲームプレイよりもクリエイター作業に特化したモデルとなっています。raytrek R7-ZF 32GBモデルは本体重量が約2.30kgとDAIV 6Hよりも40%重いです。17.3インチディスプレイを搭載していることを考えると仕方ないですね。

バッテリー駆動時間はDAIV 6Hの方が70%以上長く11.5時間となります。CPU・GPU・メモリ・ストレージは全て共通です。Wi-Fi 6対応・Thunderbolt 4搭載も同じですね。DAIV 6Hにも優れた部分はたくさんありますが、7万円近い価格差があることを考えると選びづらいのが現状です。セールなどで安くなるのを待ちたいところです。

>>DAIV 6Hを購入<<

DAIV 6Hの口コミ

現在クチコミを収集中です。

DAIV 6Hのケースデザイン

正面

DAIV 6Nsyoumen
デザイン性の優れたノートパソコンです。16.0インチモニターを搭載しているにも関わらずすっきりとした印象を受けます。狭額縁デザインを採用しているのは魅力的です。

天板

DAIV 6Ntenaban
シルバーのデザインが高級感を演出しています。DAIVのロゴが刻印されていますね。それほど目立つわけではありませんので使用する場所を選びません。

キーボード

DAIV 6Nkeyboard
キーボードの配列は少し癖があります。例えば、エンターキーがやや小さいです。Shiftキーが左側にずれているのも気になりますね。ノートパソコンでは妥協するべき点です。キーボードのキーピッチは約19mm、キーストロークは約1.2mmとデスクトップパソコン用のキーボードと変わらない質感です。

左側面

DAIV 6Nleft
左側面にはUSB 3.1端子Type-C、USB 3.0端子×Type-A、カードリーダー、ヘッドホン出力/マイク入力端子が配置されています。

右側面

DAIV 6Nright
右側面にはThunderbolt 4端子、USB 3.0端子Type-A、HDMI端子、電源端子が配置されてます。Thunderbolt 4はPower Delivery及びモニター出力に対応しています。

ACアダプター

DAIV 6Nbattery
コンパクトなACアダプターが同梱となっています。従来モデルの半分以下の重量になりより持ち運びがしやすくなっています。オプションでより短いショートタイプ電源コードを選択できます。

>>DAIV 6Hを購入<<

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、DAIV 6H [ Windows 11 ]のレビュー&口コミについて紹介しました。2022年7月に発売されたばかりの最新モデルです。16.0インチWQXGAモニター(2,560×1,600ドット)を搭載しているのがポイントです。15.6インチモデルよりも一回り大きいディスプレイです。WQHDよりも縦に少し広くなっていて作業効率アップに繋がります。動画や画像の編集などに最適です。

高リフレッシュレートには対応していないためゲームプレイをメインに考えている方は注意してください。メモリDDR5-4800 32GB、SSD 1TB Gen4 NVMeと構成も抜群ですね。現行トップクラスのこのモデルで対応できないなら諦めがつくのではないかと思います。

公式

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等