mouse DT6-G公式

管理人管理人

当記事では、マウスコンピューターの「mouse DT6-G」についてレビューをまとめています。GT6はミドルクラスのCPUを搭載していることを意味します。mouse DT6-Gは、Ryzen 5 5600Xを搭載した高パフォーマンスな一台です。139,800円と価格が高めなのがネックです。

実は従来モデルではCPUにRyzen 5 3500を搭載していて税込76,780円という価格で販売されていました。CPUがRyzen 5 5600Xになりメモリ・SSD容量も増えています。今回のリニューアルで価格帯が全く別物になっています。CPU性能を重視したいクリエイターの方向けのモデルだと言えます。

mouse DT6-Gのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
当該モデルは、GTX 1650 GDDR6×Ryzen 5 3500を搭載しています。エントリークラスの性能を持っていると考えて良いでしょう。ゲームプレイや3D CADにも対応することができます。ゲームプレイに関してはFULL HD環境までとなります。その上で設定を落とす必要があります。それ以上になると快適とは言えなくなります。

動画編集・RAW現像・Photoshop・Illustratorなどクリエイターの方にもおすすめです。幅広い用途に対応できるオールラウンドなモデルとなっています。動画投稿やゲーム実況ではCPU・グラフィックボード共にやや性能が物足りません。

mouse DT6-Gのスペック

mouse DT6-G2

価格139,800円(税込)
サイズミニタワー
CPURyzen 5 5600X
グラフィックボードGTX 1650 GDDR6版
メモリDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe
HDD非搭載
電源500W BRONZE
光学ドライブオプション
おすすめ度★★★★★☆☆☆☆☆
mouse DT6-Gは、税込139,800円となっています。送料3,300円を含めるとトータル143,100円となります。税込15万円以下で購入できるのはポイントです。CPUにはRyzen 5 5600Xを、GPUにはGTX 1650 GDDR6を搭載しています。GPUメモリが通常のGDDR5ではなくGDDR6を搭載していて性能で強化されています。

メモリ16GB、SSD 512GBという構成です。HDDは非搭載です。光学ドライブはオプションで選択することができます。意外とカスタマイズの幅が広く色々試してみると良いと思います。おすすめ度は★5つです。構成を考えると価格がやや高めなため評価は伸びません。

>>mouse DT6-Gを購入<<

mouse DT6-Gのカスタマイズ項目まとめ

当該モデルのカスタマイズ項目について解説しています。各項目についておすすめ度をまとめていますのでぜひ参考にしてくださいね。すべてを選ぶというよりは使用環境などに合わせて必要なものを選択していくイメージです。

SSDまたはHDD ★★★★☆

mouse DT6-Gssd+5,390円で1TBのHDDを追加することができます。価格も割高感がなくストレージ容量を増やしたいと考えている方におすすめです。SSDとのダブルストレージは魅力的です。

ケース ★☆☆☆☆

mouse DT6-Gcase
+6,490円でメッシュパネル採用ケースを選択することができます。前面からの吸気が効率的になりますので、エアフローの改善に繋がります。mouse DT6-Gの性能を考えると発熱をそれほど気にする必要がなく必要性は薄いです。

光学ドライブ ★★★★☆

mouse DT6-Gdrive
+4,180円で光学ドライブを追加することができます。ディスクの読み込みや書き込みを行いたいと考えている方におすすめです。Amazonなどで購入すれば2,000円前後で購入できるのでご自身での増設を考えても良いとおもいます。

カードリーダー ★★★★☆

mouse DT6-Gcard
カードリーダーも最近は必須のカスタマイズと言えるでしょう。+1,980円でカードリーダーを搭載することができます。microSDにも対応しています。

翌営業日出荷サービス ★★★★★

mouse DT6-Gyokueigyoubi
2,200円で翌営業日出荷となります。平日13時までの注文が対象です。土日祝日の申込みの場合は少し時間が掛かります。通常は出荷まで5営業日以上の日数が掛かりますので、4日程度早く受け取ることができます。エリアによっては購入した翌々営業日に受け取ることが可能です。

mouse DT6-Gの性能

Ryzen 5 5600X

ryzen55600xbenchmark

Ryzen 5 5600Xは、Zen 3アーキテクチャを採用したAMD製CPUです。6コア12スレッドとマルチスレッド性能が高く動画編集や画像編集にも対応可能です。これまで採用されていたRyzen 5 3500との性能差は大きく60%程度の差があります。従来モデルのZen 2採用のRyzen 5 3600よりも15%程度性能が向上しています。Core i3シリーズや第2世代以前のRyzenシリーズからの買い替えもおすすめです。性能差を体感することができると思います。競合モデルの上位モデルであるCore i7-11700を上回っています。Intel第十二世代Core iシリーズと比べるとやや不利です。価格の安いCore i5-12400に劣る結果となっています。次世代モデルが登場するまでは苦しい状況が続きそうですね。

GeForce GTX 1650 GDDR6

gtx1650benchmark

GTX 1650 GDDR6は、Turing世代のロークラスのグラフィックボードです。GTX 1650のGPUメモリを強化したモデルとなっています。GDDR6とGDDR5でその差を体感することは難しいですが、パフォーマンスが向上しています。前世代のGTX 1050 Tiよりも40%近くも高いパフォーマンスを持っています。GTX 1050と比べると80%程度性能が高いです。50番台の底上げがしっかりと行われていますね。ゲームプレイや動画編集にも通用するグラフィックボードとなっています。Ryzen 5 5600Xとの相性も良好です。

>>mouse DT6-Gを購入<<

mouse DT6-Gを選ぶ3つの理由

Ryzen 5 5600Xを搭載しているから

mouse DT6-Gの最大の魅力は、Zen 3アーキテクチャを採用したRyzen 5 5600Xを搭載していることにあります。Zen 2アーキテクチャからZen 3アーキテクチャになって高いパフォーマンスを得られます。6コア12スレッドと従来モデルのRyzen 5 3600と同等のスペックですが、アーキテクチャの進化で性能が高くなっています。ゲーミング性能も大きく向上しました。

また、グラフィックボードを搭載しているので動画編集などのアプリケーションにおいてRyzen 5 5600Xを補完してくれます。GTX 1650 GDDR6はロークラスながら性能面ではCPU内蔵グラフィックスよりも格段に上回ります。ゲームプレイ・WEBデザイン・3D CADなど3Dグラフィックス処理を行う方におすすめです。

カスタマイズの自由度の高いモデルだから

mouse DT6-Gは、カスタマイズの自由度が高いモデルとなっています。なかなかこれだというモデルに出会えないという方は一度見てみてください。すでにまとめた通り当該モデルではCPUグリス・メモリ・ストレージ・PCケース・光学ドライブとかなり幅広いカスタマイズに対応することができます。以前はグラフィックボードの変更もできていましたが、今は対応していません。

意外とCPUのカスタマイズができるBTOパソコンはそれほど多くありません。さらに、mouse DT6-Gでは一つ一つのカスタマイズについても多くの選択肢が用意されていてカスタマイズを楽しめると思います。BTOパソコンでもこれほどカスタマイズの項目が多いモデルは希少です。BTOパソコンのベースモデルに最適です。色々試してみてあなただけの一台を作り上げてください。カスタマイズがわからない場合は上記のカスタマイズの項目をチェックしてくださいね。

最短翌営業日出荷に対応しているから

納期が早いのも選ぶ理由になると思います。パソコンの故障などですぐにパソコンが必要だという方は必見です。通常マウスコンピューターのパソコンの納期は5営業日ですが、オプションで翌営業日出荷サービスを選択すれば購入翌日に出荷されます。

うまくいけば翌々営業日にパソコンを受け取ることが可能です。カスタマイズをしても納期は変わりません。中には納期が長く設定されているモデルもありますので、翌営業日出荷に対応していることは強みになります。

>>mouse DT6-Gを購入<<

mouse DT6-Gの弱み

付属のマウス・キーボードは使い勝手が良くない

mouse DT6-Gにはマウスとキーボードが付属されています。ただし、それほど品質が高い製品ではないので、別途デバイスを購入されることを推奨します。特にマウスは3ボタン式で5ボタン式に比べると利便性に劣ります。

また、カスタマイズでマウス・キーボードレスにしても割引がないのが痛いですね。他のショップでは付属のマウスやキーボードを選択しない場合数百円の値引きが適用となります。考え方によってはこのマウスとキーボードはマウスコンピューターからのプレゼントということでしょう。入門モデルには最適です。

カスタマイズのオススメを選ぶと費用がかさむ

一部のカスタマイズ項目ではオススメのモデルが強調されています。初心者の方がカスタマイズの参考にするのは良いと思いますが、オススメの項目を参考にしてすべてを選んでいくと費用がかさみます。見たところそれほど必要性がないものもオススメ表記があって親切とは言えません。

mouse DT6-Gは、価格の安さが特徴のBTOパソコンです。カスタマイズは一つか二つに留めるのがおすすめです。価格が上がってしまっては本末転倒です。三つ以上のカスタマイズをするのであれば上位モデルも比較検討しましょう。

オーソドックス過ぎるケースデザイン

mouse DT6-Gのケースデザインは良くも悪くもシンプルです。高級感があってオシャレなパソコンが欲しいという方向けとは言えません。もちろんシンプルであることそれ自体が悪いわけではありません。人によってはあえてシンプルなデザインを選びたいと考える方もいらっしゃると思います。

いずれにしてもPCを使用する上で必要な機能が備わっていますので、日常使いで困ることはないでしょう。クリエイターらしさやゲーミングPCらしさを求めている方は要注意です。ケースにこだわりたいならDAIVブランドのモデルを選択すると良いかもしれません。

Magnate MHと比較

ブランドマウスコンピュータードスパラ
画像DT6-GMagnate MH
製品名mouse DT6-GMagnate MH
価格139,800円(税込)109,980円(税込)
CPURyzen 5 5600XCore i5-12400
GPUGTX 1650 GDDR6GTX 1650 GDDR5
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe500GB NVMe
HDD非搭載非搭載
電源500W BRONZE450W BRONZE
チップセットB550H610
公式公式公式
ドスパラの「Magnate MH」と比較していきます。mouse DT6-Gの方が29,820円高いです。Magnate MHではCPUに最新のCore i5-12400を搭載しています。Ryzen 5 5600Xよりも高い性能を持ちゲームプレイなど様々な用途での使用を考えている方におすすめです。Ryzen 5 5600Xも性能の高いCPUですが、Core i5-12400と比べると見劣りしてしまいます。ゲーム適正でもCore i5-12400が上です。

GPUは同じロークラスのGTX 1650を搭載しています。GPUメモリの規格が異なっていますが同等だと考えて良いでしょう。SSD容量は同じ512GB NVMeを搭載しています。500GBでも同じものだと考えて良いと思います。電源ユニットについては、mouse DT6-Gの方が少しだけ容量が多いです。総合的に見れば価格が3万円近くも安く同等以上の性能を持つMagnate MHが優勢です。マウスコンピューターのサポートなどを重視したい方はmouse DT6-Gを選択すると良いですね。

>>mouse DT6-Gを購入<<

mouse DT6-Gの口コミ

Twitterの口コミでもmouse DT6-Gの人気の高さが伺えますね。購入しやすい価格帯ということもあって注目度も高いです。性能よりも価格に魅力を感じている方が多いようです。

管理人管理人

旧世代のモデルですね。非常に人気の組み合わせだったと言えます。この時のモデルに比べると3万円以上価格が高くなってしまいました。

管理人管理人

今よりもコストパフォーマンスが高いモデルだったときですね。

管理人管理人

Twitterでも非常に人気がありました。現行モデルはかつてほどの人気があるわけではありません。

管理人管理人

高コスパなモデルと言えば名が挙がるモデルでした。Ryzen 5 5500がリリースされればかつての栄光を取り戻せるかもしれません。

mouse DT6-Gのケースデザイン

正面

mouse DT6-Gsyoumen
オーソドックスなデザインです。オフィスで使うにも最適だと思います。

メッシュパネル

mouse DT6-Gmesh
オプションで前面をメッシュパネルにすることも可能です。エアフローの改善及びメンテナンス性の向上に効果的です。

I/Oパネル

mouse DT6-Giopanel
本体の前面にI/Oパネルが配置されています。イヤフォン、マイク入力、USB 2.0×2、電源ボタンがあります。

背面

mouse DT6-Gback
背面からも熱を排出します。USB 3.0×4、USB 3.1×2、マイク入力と端子も豊富です。

光学ドライブ

mouse DT6-Gdrive
オプションで光学ドライブを搭載することもできます。

>>mouse DT6-Gを購入<<

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、mouse DT6-Gのレビューを行いました。CPUにはミドルクラスのRyzen 5 5600Xを搭載しています。6コア12スレッドというスペックながらアーキテクチャの進化もあって高いパフォーマンスを発揮します。マウスコンピューターのデスクトップ部門で上位にランクインすることもあるほどの人気モデルとなっています。Ryzen 5 5600X×GTX 1650 GDDR6搭載のモデルでゲーミングPCとしても通用します。

動画編集・RAW現像・WEBデザイン・ビジネスなど幅広い用途に使用することができます。グラフィックボードを搭載していればそれだけアプリケーションの使用が快適になりますね。構成についてもメモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実しています。カスタマイズの自由度が高めなのでベースモデルとしてカスタマイズを楽しむのも一つです。ただし、あれもこれもとカスタマイズしてしまうと上位モデル並の価格になってしまうので一つか二つだけにしておくと良いでしょう。

公式

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等