Modern-14-B4MW-011JP

管理人管理人

当記事では、Ryzen 7 4700Uの性能スペック及び搭載BTOノートパソコンについて紹介しています。AMD第3世代のUシリーズ最上位に位置するCPUです。IntelのハイパフォーマンスモデルであるHシリーズが競合となります。省電力モデルながらHシリーズに匹敵する圧倒的なパフォーマンスが特徴です。

なお、モバイル向けAMD製CPUについては型番と世代が一致していないので注意してください。デスクトップ向けのRyzen 3000シリーズ(第3世代)と共通のZen 2アーキテクチャを採用しています。つまり、デスクトップ向けのRyzen 3000シリーズとモバイル向けのRyzen 4000シリーズが同じ世代ということになります。

Ryzen 7 4700Uの基本スペック

世代第3世代
開発コードRenoir(Zen 2)
コア/スレッド数8 / 8
クロック周波数2.00 GHz
ブーストクロック4.10 GHz
内蔵グラフィックスAMD Radeon Graphics
TDP15W
発売日2020年06月01日
搭載モデル58,410円~

Ryzen 7 4700Uのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Ryzen 7 4700Uは、省電力モデルとは言えないほどスペックが高く幅広い用途に最適なCPUです。8コア8スレッドとマルチコア性能が高く動画編集、RAW現像、マンガ制作、WEBデザインなど負荷の高い作業もこなせます。ノート向けモデルとしてみるとトップクラスの対応力を持っています。

ゲームの項目を「✕」にしているのはゲームプレイ向けのCPUとしてはそれなりの性能を持っているのですが、Ryzen 7 4700U搭載ノートパソコンに外付けのグラフィックボードを搭載したモデルがないからです。CPU内蔵グラフィックスのRadeon GraphicsではHD環境×低設定でのゲームプレイが限界です。快適にゲームがプレイできるとは言えません。

Ryzen 7 4700Uのスペック比較

AMD製CPUと比較

 Ryzen 7 4700URyzen 5 4500URyzen 7 3700U
コードネームZen 2Zen 2Zen +
プロセス7nm7nm12nm
コア/スレッド8/86/64/8
ベースクロック2.0GHz2.3GHz2.3GHz
ターボクロック4.1GHz4.0GHz4.0GHz
L3キャッシュ8MB8MB4MB
メモリDDR4-3200MHzDDR4-3200MHzDDR4-2400MHz
CPU内蔵グラフィックスRadeon GraphicsRadeon GraphicsRadeon Graphics
グラフィックコア7610
グラフィック周波数1600MHz1500MHz1400MHz
TDP15W15W15W
価格---
発売日Q2 2020Q2 2020Q1 2019
Ryzen 7 4700Uのスペックを見ていきましょう。ぱっと見るとデスクトップ向けのCPUと比べても遜色ありません。コードネームは評価の高いZen 2となっています。前世代のZen +から大きくパフォーマンスが向上しています。さらに、プロセスは12nm→7nmへと縮小化されています。プロセスが小さくなると省電力性が高まり、またトランジスタを多く配置できるためCPU性能も上げやすくなります。

Ryzen 7 3700Uでは4コア8スレッドだったものが、Ryzen 7 4700Uでは8コア8スレッドと物理コアが倍増となっています。当然仮想的なスレッドよりもこの物理コアがアップしたことによるメリットは大きいです。動画編集などマルチコアを活かせる用途で強みを発揮します。ベースクロックは2.3GHz→2.0GHzへと12%引き下げられているものの、ターボクロックは4.0GHz→4.1GHzへと3%引き上げられました。L3キャッシュも倍増の8MBとなっています。

さらに、メモリ規格についてもDDR4-2400MHzからDDR4-3200MHzへとアップグレードが図られています。CPU内蔵グラフィックスについてもパフォーマンスが向上しています。グラフィックコアは10→7へと少なくなりましたが、グラフィック周波数が1400MHz→1600MHzへと引き上げられています。TDP(消費電力)は同じ15Wに留められています。

Ryzen 5 4500Uは、コードネームやプロセスはRyzen 7 4700Uと共通です。コア/スレッドが6コア6スレッドとスペックが落ちています。ベースクロックは2.0GHz→2.3GHZと15%高く、ターボクロックは4.1GHz→4.0GHzと2%低いです。Ryzen 7 4700UをスリムダウンしたモデルがRyzen 5 4500Uと考えて良いですね。

Intel製CPUと比較

 Ryzen 7 4700UCore i7-1065G7Core i7-10710U
コードネームZen 2Ice LakeComet Lake
プロセス7nm10nm14nm
コア/スレッド8/84/86/12
ベースクロック2.1GHz1.3GHz1.1GHz
ターボクロック4.1GHz3.9GHz4.7GHz
L3キャッシュ8MB8MB12MB
メモリDDR4-3200MHzDDR4-3200MHzDDR4-2666
CPU内蔵グラフィックスRadeon GraphicsIntel UHD GraphicsIntel UHD Graphics
TDP15W15W15W
価格-$426$443
搭載モデル58,410円~
(Lenovo)
82,384円~
(DELL)
131,984円~
(DELL)
発売日Q2 2020Q3'19Q3'19
Intel第10世代CPUと比較していきます。Core i7-10710Uは、Comet Lake世代のCPUです。Comet Lakeは前世代と同じ14nmプロセスを採用しています。アーキテクチャ的にはほとんど変わっていないということです。6コア12スレッドとハイパースレッディングに対応していてマルチコア性能が高いです。ただし、マルチコア性能は物理コアが多いRyzen 7 4700Uには及びません。ベースクロックは1.1GHzと45%低く、ターボクロックは15%高いです。L3キャッシュについては12MBと50%高くなっています。メモリ規格についてはRyzen 7 4700Uの方が一歩先を進んでいます。

Core i7-1065G7は、Ice Lake世代のCPUです。10nmプロセスを採用しているのが特徴です。Ryzen 7 4700Uの7nmには劣るものの14nmからは進化しました。コア/スレッドは4コア8スレッドと控え目です。物理コアは半分の4コアに留まります。ベースクロックは35%低く、ターボクロックは4%低いです。L3キャッシュは同じ8MBでメモリ規格もDDR-3200MHzと同じです。Comet Lakeに比べて新しいアーキテクチャを採用したIce Lakeはあらゆる面で優れています。それでもRyzen 7 4700Uのスペックの高さが浮き彫りになりますね。

Ryzen 7 4700UってどんなCPUなの?

省電力モデルとして最高峰のスペックを持つ

Ryzen 7 4700Uは、末尾のUが示す通り省電力モデルとなっています。8コア8スレッドと省電力モデルとしてはかなり高スペックです。もちろんTDPは15Wに抑えられています。上位のRyzen 5 4600HやIntel Core i7-10750HなどのHシリーズとは性能面において明確な壁が存在していますが、Hシリーズに最も近い性能を持つフラグシップモデルです。

前世代のRyzen 7 3700Uから大きく性能が向上しています。コアやスレッドが増えていることはもちろんアーキテクチャがZen +からZen 2になったこともプラスに働いています。現在Ryzen 3000 Uシリーズを使っている方もこのRyzen 4000 Uシリーズへの買い替えのメリットが大きいです。

価格が安くIntelよりもコスパが高い

Ryzen 7 4700Uは、搭載モデルの価格が安いというのが強みになっています。Ryzen 7 4700U搭載モデルは最安値税抜58,410円~で購入できます。正直CPU性能からは信じられないほどの価格設定だと思います。今後もこの価格が続くかはわかりませんが、この性能帯のモデルを探している方は必見です。

Core i7-1065G7が82,384円~、Core i7-10710Uが131,984円~ということを考えると割安感があります。ノートPC本体の機能や構成の違いはあるものの安く購入できるのは魅力的ですね。必要な項目だけカスタマイズで対応することもできるからです。

海外メーカーを中心にラインナップが増えている

Ryzen 7 4700U搭載ノートパソコンは、Lenovo・HP・MSIなどの海外メーカーを中心にラインナップが増えています。国内メーカーだと富士通から販売されています。ただし、富士通のモデルは売り切れが多いことやや価格が高めなことから当サイトではそれほど強くおすすめはしません。国内のBTOメーカーはモバイル向けRyzenシリーズの搭載に消極的です。今後も海外メーカーのみとなるかもしれません。

マウスコンピューターではRyzen 5 3500Uシリーズの取り扱いがありますので、Ryzen 5 4500Uのラインナップは追加されるかもしれません。マウスコンピューターのRyzen 5 3500U搭載モデルは、コストパフォーマンスが高く売れ筋モデルです。合わせてRyzen 7 4700U搭載モデルが販売されると嬉しいですね。

Ryzen 7 4700Uのベンチマーク

Cinebench R20

cpuryzen54500u-cinebenchr20

Cinebench R20は、CPUにレンダリングをさせてそのパフォーマンスを数値化できるベンチマークソフトです。Ryzen 7 4700Uは、8コア8スレッドとマルチコア性能の高さに期待ができる。Ryzen 7 4700Uは、Core i7-10710Uよりも18%程度高いマルチスレッド性能を持っています。Core i7-1065G7と比べても58%程度高いです。

やはり8コア8スレッドというのは大きなメリットだと言えますね。Ryzen 5 4500Uよりも10%程度高くCore i7-10750Hに次いで高い性能を持っていることがわかります。前世代のRyzen 7 3700Uと比べると倍以上と圧倒的です。Zen 2アーキテクチャがいかに優れたものかということの証明です。

エンコード(Handbrake)

dougahensyuuryzen74700uencode

エンコードに掛かる時間を計測しています。数値が少ないほうが高性能ということになります。Ryzen 7 4700Uは、もはや省電力モデルではないところまで来ています。IntelのハイパフォーマンスモデルのHシリーズをも上回る性能を持っていることがわかります。

前世代のRyzen 7 3700Uよりも70%近く高速化されています。8コア8スレッドのマルチコア性能が活かせる用途ということです。Intel Core i7-10710Uと比べても25%程度早いです。省電力モデルでは敵なしという状態になっていますね。

7-Zip

zipryzen74700uzip

Zipファイルの圧縮及び解凍に掛かる速度を計測しています。Zipファイルの圧縮や解凍をする機会がある方はそれほど多くないと思います。それでも性能を測る指標として見れば価値がありますね。Ryzen 7 4700Uは、Ryzen 5 4600H・Core i7-10750Hに次いで三番目に高い性能を持っています。Core i7-10750Hとの差は10%程度で十分健闘していると言えます。Core i7-10710Uとの差は30%とかなり大きいです。

PCMARK

ryzen74700upcmark

全体的にRyzenシリーズがIntel製CPUを上回る結果となりました。Ryzen 7 4700Uは、Ryzen 5 4600Hに匹敵する数値が出ています。Core i7-10750Hよりも1%上回っています。Core i7-1065G7との差は6%、Core i7-10750Hとの差は9%程度と大きいです。

Photoshop

ryzen74700uphotoshop

Puget Systems Benchmarkのスコアです。Ryzen 7 4700Uは、Core i7-10710Uよりも2%高いスコアを出しています。Core i7-10750Hに近い結果ですね。Ryzen 7 3700Uよりも60%以上パフォーマンスが高いです。

Ryzen 7 4700U搭載のおすすめBTOノートパソコン

IdeaPad Slim 350 – プラチナグレー(Lenovo)

IdeaPad Slim 350
サイズ:14.0インチ
価格:58,410円
CPU:Ryzen 7 4700U
GPU:Radeonグラフィックス
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB NVMe
HDD:非搭載



Ryzen 7 4700U搭載モデルの最安値クラスの一台です。Core i7-10710Uを大きく上回る性能を持つRyzen 7 4700Uを税抜5万円台で購入できるのは嬉しいですね。メモリ8GB、SSD 256GBと控え目ですが、価格を重視してカスタマイズはしない方が良いかもしれません。本体は約1.5kgと軽めです。持ち運びをメインに考えている方にもおすすめです。

ENVY x360 15 パフォーマンスモデル(HP)

ENVY x360 15
サイズ:15.6インチ
価格:95,000円
CPU:Ryzen 7 4700U
GPU:Radeonグラフィックス
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB
HDD:非搭載



HPのパフォーマンスモデルです。タブレットモードやテントモードなど用途に合わせて使い方を変えられます。バッテリー駆動時間が最大17時間と長いのも強みです。また、HPファストチャージ機能でわずか30分の充電で8時間の駆動が可能です。かなり実用性の高いモデルだと言えます。Lenovoのモデルに比べて価格が高いのも納得できます。メモリ16GB、SSD 512GBとノートパソコンとしては十分な構成だと思います。カスタマイズをしなくても良いでしょう。

Modern-14-B4MW-011JP(MSI)

Modern-14-B4MW-011JP
サイズ:15.6インチ
価格:107,820円
CPU:Ryzen 7 4700U
GPU:Radeonグラフィックス
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載



狭額縁デザインを採用したMSIのビジネスノートパソコンです。180°展開ができますので、様々な環境で使えます。本体は約1.3kgと軽く持ち運びがしやすいです。外出先でも動画編集やRAW現像など作業を行えますね。メモリ16GB、SSD 512GB NVMeと構成も充実しています。

LIFEBOOK WNB/E2 KC_WNBE2_A007(富士通)

LIFEBOOK WNBE2 KC_WNBE2_A007
サイズ:17.3インチ
価格:138,618円
CPU:Ryzen 7 4700U
GPU:Radeonグラフィックス
メモリ:DDR4 4GB
SSD:256GB
HDD:非搭載



唯一の国産ノートパソコンです。他のモデルと比べると40%程度価格が高いです。17.3インチの大型液晶を採用しています。重量が約2.5kgと重いので自宅やオフィスでの使用がメインになると思います。メモリ4GB、SSD 256GBと構成は必要最低限になっています。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Ryzen 7 4700Uの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。Ryzen 7 4700Uは、第3世代Ryzenの省電力モデルであるUシリーズのフラグシップモデルです。8コア8スレッドと省電力モデルとは思えないスペックの高さを誇ります。ベンチマークを見ても競合のIntel Core i7-10710UやCore i7-1065G7を上回り、ハイパフォーマンスモデルであるCore i7-10750Hに匹敵する性能の高さを見せています。

Ryzen 7 4700Uは搭載モデルの価格が安いのも魅力です。Lenovoの「IdeaPad Slim 350 – プラチナグレー」は税抜58,000円と驚きの価格です。Ryzenの最上級モデルがこの価格で購入できるのは嬉しいですね。HPの「ENVY x360 15 パフォーマンスモデル」やMSIの「Modern-14-B4MW-011JP」は税抜10万円と価格が跳ね上がりますが、その分機能性に優れています。何を重視してパソコンを選びたいかを基準に考えてみてください。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume