Ryzen 5 PRO 4650G

管理人管理人

当記事では、Ryzen 3 PRO 4350Gの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しています。当該モデルは、AMDが誇る高コスパのAPUです。第3世代RyzenシリーズでZen 2アーキテクチャーを採用しています。4コア8スレッドと標準的な性能を持ち、ライトユーザーの方にとって魅力的な選択肢となるでしょう。

Ryzen 3 PRO 4350Gは少し特殊な販売形態を持っています。基本的にはOEM供給がメインでドスパラやHPなどのBTOメーカー向けのモデルです。そのため、バルクでの販売だったり、CPUクーラーが搭載されていなかったりといった特徴があります。日本は例外で海外とは異なりパーツショップから購入することもできます。ただし、その場合も一部制限があります。

Ryzen 3 PRO 4350Gの基本スペック

世代第3世代
アーキテクチャZen 2
コア/スレッド数4 / 8
クロック周波数3.80 GHz
ブーストクロック4.00 GHz
内蔵グラフィックスRadeon Graphics
キャッシュ4MB
Operatin Range65W
発売日2020年7月21日
価格 $149

Ryzen 3 PRO 4350Gのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Ryzen 3 PRO 4350Gは、4コア8スレッドというスペックを持つAPUです。デュアル環境構築・動画視聴・デイトレ・Skypeなど負荷の軽い用途は余裕で対応できる性能を持っています。RAW現像・マンガ制作・ビジネス用途に最適です。動画編集は上位モデルと比べるとやや遅さを感じてしまうことになります。比較的負荷の軽い作業向けだと考えておきましょう。

Radeon Graphics(CPU内蔵グラフィックス)が搭載されているということもあって基本的には外付けのグラフィックボードが搭載されることはありません。ゲームプレイ・ゲーム実況・3D CADなどはCPU内蔵グラフィックスでは対応しきれないと考えておきましょう。WEBデザインであればRadeon Graphicsでも対応できます。CPU性能的にも問題はありません。

Ryzen 3 PRO 4350Gのスペック比較

AMD製CPUと比較

 3 PRO 4350G5 3400G3 3200G
コードネームZen 2Zen+Zen+
世代第3世代第2世代第2世代
プロセス7nm12nm12nm
コア/スレッド4/84/84/4
ベースクロック3.8 GHz3.7GHz3.6GHz
ターボクロック4.0 GHz4.2GHz4.0 GHz
オーバークロック×××
L3キャッシュ4MB4MB4MB
メモリ規格DDR4-3200DDR4-2933DDR4-2933
内蔵GPURadeon GraphicsRadeon Vega 11Radeon Vega 8
グラフィックコア6118
グラフィック周波数1700 MHz1400 MHz1250 MHz
CPUクーラー×Wraith SpireWraith Spire
TDP65W65W65W
定価$149$149$99
搭載PC価格59,819円~--
発売日2020年7月21日2019年7月7日2019年7月7日
Ryzen 3 PRO 4350Gは、Ryzen 3 3200Gの後継モデルとなっています。アーキテクチャがZen +からZen 2へとアップグレードされました。プロセスも12nm→7nmへと縮小化されています。Ryzen 3 PRO 4350Gはハイパースレッディング対応となりRyzen 3 3200Gよりもスペックが向上しています。実質Ryzen 5 3400Gの後継モデルと考えても良いですね。ベースクロックが6%アップ、ターボクロックは同じ4.0GHzとなっています。

L3キャッシュは4MBと共通です。メモリ規格がDDR4-2933からDDR4-3200へと上位規格に変わっています。Radeon Graphicsについては、前世代のRyzen 3 3200Gと特性が変わっていることがわかります。グラフィックコアが2つ減っていますが、グラフィック周波数が36%高くなり1700MHzに到達しました。十分カバーできる範囲になっていると言えます。消費電力は65Wと標準的な範囲に収まっています。Ryzen 3 3200GはプロモデルではないためCPUクーラーが搭載されています。それでいて価格は$99と抑えられています。

Ryzen 3 PRO 4350Gの価格が$149なのでやはりRyzen 5 3400Gの後継モデルと考えて良いですね。4コア8スレッドというスペックや価格面からRyzen 5 3400Gは比較する価値があります。Ryzen 3 3200Gと同じようにZen +→Zen 2へと変わり、プロセスも12nm→7nmへと変わっています。ベースクロックが0.1GHzがアップしている一方で、ターボクロックが0.2GHzダウンしました。

アーキテクチャーのリニューアルのおかげでスペック以上にパフォーマンスが向上しています。CPU内蔵グラフィックスについては、グラフィックコアが11から6コアへと40%ダウンしています。グラフィック周波数が22%高く同等以上のグラフィックス性能を発揮します。Ryzen 5 3400Gから順当な進化を遂げています。

Intel製CPUと比較

 3 PRO 4350Gi3-10100
ブランドRyzenIntel
プロセス7nm14nm
コア/スレッド4/84/8
ベースクロック3.8GHz3.6GHz
ターボクロック4.0GHz4.3GHz
オーバークロック××
L3キャッシュ4MB6MB
メモリ規格DDR4-3200DDR4-2666
内蔵GPURadeon GraphicsUHD 630
CPUクーラー×
TDP65W65W
定価$149$122
搭載PC価格59,819円~48,800円~
発売日2020年7月21日2020年5月20日
非常にスペックが似ているIntel Core i3-10100と比較していきます。Core i3-10100は、いまだに14nmプロセスを採用しているCPUです。アーキテクチャー面ではRyzenシリーズが進んでいると言えます。コア/スレッドは4コア8スレッドと共通です。ベースクロックはRyzen 3 PRO 4350Gのほうが6%高いですが、ターボクロックについてはCore i3-10100の方が8%高いです。

L3キャッシュはCore i3-10100の方が2MB多くなっています。メモリ規格はRyzen 3 PRO 4350Gの方が上位のDDR4-3200となっています。DDR4-2666よりも少しだけ高性能です。CPU内蔵グラフィックスはRadeon Graphicsの方が優れています。AMDが誇るAPUというだけのことはあります。Intel UHD 630と比べて40%以上高性能です。ここに魅力を感じる方にとって魅力的だと思います。消費電力はどちらも65Wとなっています。

Core i3-10100はコンシューマー向けモデルということもあってCPUクーラー同梱となっています。Ryzen 3 PRO 4350Gの場合は別途用意する必要がありますね。価格も$122とRyzen 3 PRO 4350Gよりも$27安価です。CPUクーラーも含めれば価格面での優位性は高いと思います。搭載BTOパソコンの価格でも11,000円程度の価格差があります。

Ryzen 3 PRO 4350GってどんなCPUなの?

実質Ryzen 5 3400Gの後継モデルとなる

Ryzen 3 PRO 4350Gは、スペック的にはRyzen 5 3400Gの後継モデルということになります。価格も$149とRyzen 5 3400Gと同じです。型番的にはRyzen 3 3200Gの後継モデルですが、4コア4スレッドから4コア8スレッドとなり後継モデルを超えたパフォーマンスアップが見られます。CPU内蔵グラフィックスグラフィックス性能も引き上げられています。

第3世代Ryzenシリーズになって性能の底上げと価格の引き上げが行われました。つまり、現時点ではRyzen 3 3200Gに位置する$100以下のモデルが登場していないということになります。そのような背景もあってこの価格帯を埋めるためにRyzen 3 3200Gを搭載したBTOパソコンも継続して販売されています。Ryzen 3 PRO 4350Gが候補になっている方は同時にRyzen 3 3200G搭載モデルも検討しましょう。

Ryzen 5 PRO 4650Gに比べると驚きは少ない

Ryzen 3 PRO 4350Gは優れたCPUですが、上位モデルであるRyzen 5 PRO 4650Gに比べるとインパクトは小さいです。Ryzen 5 PRO 4650GはAMDのAPUとして初めて6コア12スレッドに到達したという偉業を達成しています。CPU性能的にはRyzen 5 3600よりも高くインパクトが大きいです。

Ryzen 3 PRO 4350GはあくまでもRyzen 5 3400Gの性能を少しだけ引き上げたモデルです。Ryzen 5シリーズと同等とは言っても価格が上がっているので魅力に乏しいという側面があります。もし価格が安いのであれば旧型のRyzen 5 3400Gを選択するという可能性があって革新的な何かがあったわけではありません。

BTOパソコンでは上位モデルとの価格差が小さい

Ryzen 3 PRO 4350G搭載BTOパソコンは59,819円~購入することができます。比較的価格が抑えられていますが、上位モデルのRyzen 5 PRO 4650Gは68,910円~で購入できます。9,000円の差ならRyzen 5 PRO 4650G搭載モデルが魅力的に映るのではないかと思います。

4コア8スレッドと6コア12スレッドでは性能差が大きいですね。+9,000円でスペックがこれだけ変わるなら検討する価値があります。価格を抑えたいと考えているなら48,800円~で購入できるCore i3-10100搭載モデルが選択肢に入ります。特にCPU内蔵グラフィックスを重視されない方は必見です。

Ryzen 3 PRO 4350Gのベンチマーク

Cinebench R20

cpucinebenchr20-3pro4350g

RYzen 3 PRO 4350Gは、Ryzen 5 3400Gよりもマルチスレッド性能が13%高くなっています。シングルスレッド性能でも9%高いです。同じ価格でCPU性能が引き上げられているのは魅力的です。Core i3-10100と比べても6%程度高いです。これだけのスコアが出ていればある程度の作業に対応できると考えて良いと思います。6コア以上のCPUと比べるとはっきりとスコア差が出ていますね。動画編集などを考えるなら6コア以上のCPUを選択しましょう。

Photoshop

cameraphotoshop-3pro4350g

Photoshopにおける作業のベンチマークスコアをまとめています。Ryzen 3 PRO 4350Gは、Ryzen 5 3400Gよりも12%高くなっていることがわかります。Core i3-10100と比べても10%高いです。Ryzen 5 PRO 4650Gと比べると26%程度スコアが変わっています。それでもクリエイター作業に関しても極端に負荷が掛からないのであれば対応できます。最低限必要なパフォーマンスを持っています。

Ryzen 3 PRO 4350Gのゲームプレイ時フレームレート

CPU内蔵グラフィックスであるRadeon Graphics 6でのゲーミングパフォーマンスを計測しています。いずれもHD環境でのフレームレートです。Fortniteは中設定で、Far Cry 5は低設定となっています。

Fortnite

fortnite3pro4350gfortnite

Ryzen 5 3400Gと比べるとほぼ同等のフレームレートとなっています。性能差を感じるのは難しいですね。Ryzen 5 PRO 4650Gになると最小fpsが10%程度上がるという意味で性能は高いです。Ryzen 3 3200Gと比べると8%高いです。それほど飛躍的にパフォーマンスが向上しているとは言えません。それでもIntel製CPUと比べると性能差は歴然です。

Far Cry 5

farcry53pro4350gfarcry5

Far Cry 5ではRyzeen 5 3400Gよりも1.6%程度フレームレートが高いです。最小fpsは同水準となっています。Ryzen 3 3200Gよりも9%高いです。CPU内蔵グラフィックスとして十分なパフォーマンスだと思いますが、GeForce GTX 1650と比べるとその差が大きいことに気付きます。ゲームプレイメインでの使用は推奨しません。

Ryzen 3 PRO 4350G搭載のおすすめBTOパソコン

AeroSlim RS3A-B204/T(TSUKUMO)

aeroslim価格:59,819円
CPU:Ryzen 3 PRO 4350G
GPU:Radeon Graphics 6
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB
HDD:非搭載

公式

Ryzen 3 PRO 4250G搭載モデルの中で最も安価なBTOパソコンとなっています。税抜5万円台で購入することができます。サブPCやライトユーザーの方でも少しでも安く購入したいと考えている方におすすめです。スリムタワーケースで場所を選ばず設置することができます。構成は必要最低限でメモリ8GB、SSD 240GBとなっています。

Regulus AR3(ドスパラ)

Regulus AR3価格:68,980円
CPU:Ryzen 3 PRO 4350G
GPU:Radeon Graphics 6
メモリ:DDR4 8GB
SSD:250GB NVMe
HDD:非搭載

公式

ドスパラからもRyzen 3 PRO 4350G搭載モデルが販売されています。メモリ8GB、SSD 250GB NVMeという構成です。RAW現像やWEBデザインに十分対応できます。「AeroSlim RS3A-B204/T」と比べるとやや割高感があります。コスパを重視される方向けとは言えません。ドスパラファンの方向けのモデルだと言えます。

SOLUTION-MWB5-RP34-EZX(パソコン工房)

SOLUTION-MWB5-RP34-EZX価格:75,980円
CPU:Ryzen 3 PRO 4350G
GPU:Radeon Graphics 6
メモリ:DDR4 8GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式

パソコン工房のビジネス向けモデルです。構成が充実していてメモリ8GB、SSD 500GB NVMeとなっています。たくさんのファイルを保存する予定の方などまさにビジネスパーソンを対象としたモデルです。高性能なNVMe SSDなので通常のSSDよりもより快適に作業を行えます。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、第3世代Ryzenシリーズである「Ryzen 3 PRO 4350G」の性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。Ryzen 3 3200Gの後継モデルですが、スペックや価格を見るとRyzen 5 3400Gの後継モデルだと言えます。Ryzen 5 3400GよりもCPU性能・GPU性能共に高くなっています。ただし、Ryzen 5 3400Gの方が安く購入できるのでコストパフォーマンスが高いというわけではありません。

RAW現像・WEBデザイン・ビジネスなどでの使用を考えている方におすすめです。搭載BTOパソコンも各メーカーから発売されていて選択肢が豊富です。このCPUに関しては構成を落として価格を抑えているモデルが良いでしょう。性能よりも価格を重視したCPUだからです。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume