Core i7-10700K画像引用元:https://www.ark-pc.co.jp/

管理人管理人

当記事では、「Core i7-10700Kの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。第十世代Comet LakeのCPUが発売開始です。Core i7-9700Kの後継モデルで期待値の高いモデルです。完成品としてのゲーミングPCではCore i9シリーズよりもCore i7シリーズの方が売れ筋になる可能性が高いです。

Core i7-10700Kの特徴をひとことで言うと25%安価に購入できる「Core i9-9900K」です。前世代の最上位モデルを気軽に購入できるというのは嬉しいですね。そういう意味ではCore i9-10900Kよりもインパクトが強いCPUだと言えます。

Core i7-10700Kの基本スペック

世代第10世代
開発コードComet Lake
コア/スレッド数8 / 16
クロック周波数3.80 GHz
ブーストクロック5.10 GHz
内蔵グラフィックスUHD Graphics 630
TDP95W
発売日2020年5月20日
価格$374

Core i7-10700Kのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Core i7-9700Kは、基本的にどのような用途でも通用するCPUです。この表が意味をなさないほど高いパフォーマンスを持っています。すべての用途において☆マークです。動画編集、RAW現像、WEBデザインなど負荷の高い作業でも問題ありません。

また、ゲームプレイ、3D CADなどにも対応可能です。もっともこれらの用途で使うのであればグラフィックボードの搭載が必須です。これまで作業中に性能不足でカクついたり、重くなったりと不満を感じていた方は必見です。

Core i7-10700Kのスペック比較

Intel製CPUと比較

 i7-10700Ki9-9900Ki7-9700K
コードネームComet LakeCoffee Lake-RCoffee Lake-R
プロセス14nm14nm14nm
コア/スレッド8/168/168/8
ベースクロック3.8Ghz3.6Ghz3.6Ghz
ターボクロック5.1Ghz5.0Ghz4.9GHz
L3キャッシュ16MB16MB12MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 630UHD Graphics 630UHD Graphics 630
メモリタイプDDR4-2933DDR4-2666DDR4-2666
最大メモリ幅45.8 GB/s41.6 GB/s41.6 GB/s
TDP125W95W95W
価格$374
(50,000円)
$580
(57,000円)
$420
(44,000円)
発売日2020年5月20日2018年11月02日2018年10月20日
Core i7-10700Kは、前世代のCoffee Lake-R「Core i7-9700K」の後継モデルです。コードネームはComet Lakeへと新しくなっていますが、プロセスは同じ14nmと共通しています。アーキテクチャ的にはほぼ同等だと考えて良いですね。ノート向けCPUの一部ではすでに10nmプロセスを採用していることを考えるとやや物足りなく思えます。CPU内蔵グラフィックスも同じです。

それでもCore i7シリーズでもハイパースレッディングに対応となり8コア16スレッドと強力です。スペック的にはCore i9-9900Kと同等以上です。当然ゲーム適性も高いです。$580のCPUが$374で手に入ると考えるとお得感がありますね。Core i9-9900Kよりもベースクロック及びターボクロック共に高いです。

Core i7-9700Kと比べてベースクロックが6%アップ、ターボクロックが4%アップしました。その他メモリサポートがDDR4-2933へとアップグレードされて最大メモリ幅が10%向上しています。価格が10%程度落ちているのも高評価です。

一方で消費電力が95W→125Wへと大幅に上がっています。これだけ消費電力が上がると電源ユニットにも余裕を持たせた方が良いですね。Core i9-9900Kをも上回っているのは驚きますね。従来モデルよりもCPU本体(ダイ)を薄くすることでヒートスプレッダーを厚くなり冷却効率がアップしています。2つのパーツをじっくりと比べない限りわからない部分ですが、Intelのこだわりが見えます。

AMD製CPUと比較

 Core i7-10700KRyzen 7 3700XRyzen 7 3800X
コードネームComet LakeZen 2Zen 2
プロセス14nm7nm7nm
コア/スレッド8/168/168/16
ベースクロック3.8Ghz3.6Ghz3.9Ghz
ターボクロック5.1Ghz4.4Ghz4.5Ghz
L3キャッシュ16MB32MB32MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 630非搭載非搭載
メモリDDR4-2933DDR4-3200DDR4-3200
CPUクーラー非搭載Wraith PrismWraith Prism
TDP125W65W105W
価格$374
(50,000円)
$329
(40,000円)
$399
(47,000円)
発売日2020年5月20日2019年07月07日2019年07月07日
第三世代Ryzenシリーズと比較していきます。Ryzen 7 3700X及びクロック周波数を引き上げたRyzen 7 3800Xと比較していきます。Ryzenではすでに7nmプロセスを採用しているのが強みですね。Intelの14nmプロセスに比べると省電力性・パワー効率共に優れています。コア/スレッド数に関しては同じ8コア/16スレッドです。Core i7-10700Kの方がベースクロックは0.2GHz高く、ターボクロックは0.7GHz高くなっています。L3キャッシュはRyzen 7 3700Xが倍の32MBと容量に余裕があります。

RyzenシリーズにはCPU内蔵グラフィックスが非搭載となっています。ただ、性能的にも立ち位置的にも外付けのグラフィックボードを搭載することが多いと思いますので、内蔵グラフィックスがないこと自体が問題になることはありません。メモリ規格はDDR4-3200とDDR4-2933と違いがあります。また、Ryzen 7 3700XやRyzen 7 3800XにはCPUクーラーが内蔵されています。オーバークロックをしないのであればこのクーラーだけで十分です。Core i7-10700Kの場合は高性能な電源ユニットを必要とします。

Core i7-10700Kは消費電力がかなり高いです。Ryzen 7 3700Xよりも2倍近く多くなっています。クロック周波数が高く消費電力の多いRyzen 7 3800Xよりも高くなっていることからもわかりますね。Core i7-10700Kは、発売されたばかりということもあって価格はやや高めです。アーリーアダプター以外の方は価格が落ち着くまで待つほうが良いと思います。

Core i7-10700KってどんなCPUなの?

ハイパースレッディング対応でゲーム+αで対応できる

Core i7-10700Kは、前モデルとは違ってハイパースレッディングに対応しているCPUです。8コア8スレッドから8コア16スレッドへと強化されています。いわゆるハイパースレッディング・テクノロジーに対応していると1つのコアをより効率的に活用できるようになります。

二世代前のCore i7-8700Kでは6コア12スレッドとこのハイパースレッディングに対応していました。それが前世代のCore i7-9700Kでは物理コアを8コアに増やす代わりにハイパースレッディングをなくしていました。競合であるRyzen 7 3700Xに合わせる形で今回ハイパースレッディングを復活させています。ユーザーも選択肢が増えるのでメリットが大きいですね。

ハイパースレッディング対応になったことで動画編集ソフトやRAW現像ソフトなどマルチコア性能が重要になるアプリケーションでパフォーマンスの向上が見込めます。ゲーム配信などにも対応しやすくRyzen 7 3700Xのような特性を兼ね備えたCPUだと考えるとわかりやすいでしょう。なお、ゲームプレイだけならCore i7-9700Kに近い性能となっています。

前世代より消費電力が大幅アップ

消費電力が大きく増えてしまったことは注意すべき点の一つです。前世代からハイパースレッディング対応に加えて、クロック周波数を引き上げるなど全体的にスペックを向上させたのだから当然ですね。14nmプロセスの限界だと言えるかもしれません。次の世代からは14nmプロセスでは対応できない可能性が高いでしょう。

Core i7-9700Kの95Wから125Wへと30%程度高くなりました。消費電力が高くなるということは、発熱量が増えやすくなりうまくコントロールしないとパフォーマンス低下に繋がってしまいます。せっかく性能が高くなったCPUなのに、熱のせいでその性能を発揮できないのなら本末転倒です。

ハイクラスのモデルに搭載される可能性が高い

当然Core i7-10700Kを搭載したBTOパソコン(ゲーミングPC)も続々と発売されています。現時点ですでにドスパラ、TSUKUMO、パソコン工房などが販売を開始しました。すでに見てきた通りCore i7-10700Kは性能の高いCPUです。8コア16スレッドでマルチスレッド性能が高くマルチに活用できます。

かつての最上位モデルであるCore i9-9900Kに匹敵するパフォーマンスを持っています。つまり、搭載されるパソコンもハイクラスのものになると考えられます。ゲーミングPCやクリエイター向けPCならRTX 2070 SUPER以上のモデルが選択されるはずです。税抜15万円以上の価格帯が中心になるでしょう。グラフィックボード非搭載モデルでも10万円前後の価格(ドスパラのMonarch ZKなど)になると思います。

Core i7-10700Kのベンチマーク

Cinebench R20

cpucorei9-10900k-cinebenchr20

Core i7-10700Kの性能の高さが際立っています。前世代のCore i7-9700Kと比べると30%以上もマルチスレッド性能が伸びました。Ryzen 7 3700Xよりも3%高く、Core i9-9900Kよりも2%高くなっています。シングルスレッド性能も高くCore i9-9900Kを上回っています。8コア16スレッドでターボクロック時の周波数が高いことによる恩恵を得られます。

7-Zip

zipcorei9-10900k-7zip

7-Zipの解凍及び圧縮でもパフォーマンスの向上が見られます。Core i7-9700Kよりも35%程度高性能です。かつての最上位モデルであるCore i9-9900Kよりも3%-13%高いです。特に圧縮性能の高さは圧巻です。解凍速度についてはRyzen 7 3700Xに劣る結果となりました。

Core i7-10700Kのゲームプレイ時のフレームレート

Grand Theft Auto 5

gtagtx1050tigta-i7-10700k

ゲームプレイ時のフレームレートではCore i7-9700Kに近いです。それでも最小fpsが5%高くなっていますので安定感が増したと言えます。Core i9-9900Kよりはゲーム適性が上がっています。一方で、上位のCore i9-10900Kが圧倒する形になりました。第十世代Comet Lakeの最強CPUの凄さを知ることができます。

Far Cry 5

farcry5farcry5-i7-10700k

Core i9-10900Kに次いで高いパフォーマンスとなりました。Core i7-9700Kよりも4%パフォーマンスが向上しています。大幅な性能アップというわけではありませんが、順当な進化だと言えますね。ゲームプレイならやはりIntel製CPUが強いです。

Core i7-10700K搭載のおすすめBTOパソコン

G-GEAR GA7J-H201/ZT(TSUKUMO)

G-GEAR
価格:194,800円
CPU:Core i7-10700K
GPU:GeForce RTX 2070 Super
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:1TB
電源:750W GOLD



RTX 2070 Super搭載のゲーミングPCです。Core i7-10700Kに合わせるグラフィックボードとしては最適だと思います。WQHD環境以上でのゲームプレイに最適です。メモリ16GB、SSD 500GB、HDD 1TBと構成も充実していて使い勝手が良いです。難点はまだ登場したばかりのモデルということもあって割高なことです。しばらく待ってから購入する方が良いでしょう。

ZEFT G10C(SEVEN)

ZEFT G10C
価格:144,800円
CPU:Core i7-10700K
GPU:GeForce GTX 1660 Super
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB
HDD:非搭載
電源:600W BRONZE



GTX 1660 Super搭載のゲーミングPCです。税抜14万円台と手頃な価格が魅力的です。メモリ8GB、SSD 240GBと構成は控え目です。ゲーム用途で使用するのであればメモリは16GBにカスタマイズしておくと良いと思います。

当記事のまとめ

管理人管理人

当ページでは、第十世代Core i7-10700Kの性能スペック及び搭載パソコンを紹介しました。Core i7-9700Kの後継モデルでハイパースレッディングに対応しているのが特徴です。8コア16スレッドは強力ですね。

ゲームプレイはもちろん動画編集やRAW現像などクリエイターの方にも扱いやすいCPUとなりました。前世代で同等の性能を持つCore i9-9900Kを25%も安く購入できるというのは魅力的ですね。Core i9に手を出せなかったという方も必見です。

なお、搭載モデルについてはまだ出揃っていないため急ぎで欲しい方でなければ待つのが吉です。まだまだ割高で選択肢が増えてからでも遅くはありません。また、価格の落ち着いているCore i7-9700KあるいはCore i9-9900K搭載モデルを購入するのも一つの手段です。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume