Core i7-11700K

管理人管理人

当記事では、Core i7-11700Kの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しています。Rocket Lake世代のCore i7シリーズの最上位モデルが登場しました。オーバークロック対応の倍率ロックフリーです。8コア16スレッドと従来モデルを踏襲しつつCPUコアの改良によってパフォーマンスが引き上げられています。動画編集・RAW現像・WEBデザインなど様々な用途で使用可能です。

(+) 8コア16スレッドの高パフォーマンスモデル
(+) Ryzen 7 5800Xよりも安価で購入しやすい
(-) 消費電力が大きくパワー効率が悪い
(-) 従来モデルよりも価格が高い

>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Core i7-11700Kの基本スペック

世代第11世代
アーキテクチャRocket Lake
コア/スレッド数8 / 16
クロック周波数3.60 GHz
ブーストクロック5.00 GHz
内蔵グラフィックスUHD Graphics 750
L3キャッシュ16MB
TDP125W
発売日2021年03月30日
価格$419

Core i7-11700Kのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Core i7-11700Kは、8コア16スレッドの高パフォーマンスモデルとなっています。動画編集・RAW現像・マンガ制作・ゲーム・ゲーム実況・DTM・3D CADなどパソコン作業の中でも負荷の高い用途でも問題なく使用できます。動画編集やRAW現像などで重さを感じてしまう方は買い替えの候補になり得ます。

特にお仕事でこれらのアプリケーションを使用している方は業務効率の改善に繋がると思います。ゲーム・ゲーム実況・3D CADなどはグラフィックボードありきです。あくまでもCPU性能のみは必要な基準をクリアしているということです。

Core i7-11700Kのスペック比較

Intel製CPUと比較

 i7-11700Ki9-11900Ki7-10700K
コードネームRocket LakeRocket LakeComet Lake
プロセス14nm14nm14nm
コア/スレッド8/168/168/16
ベースクロック3.6GHz3.5GHz3.8GHz
最大ブーストクロック5.0GHz5.3Ghz5.1GHz
Turbo Boost 2.04.9Ghz5.1GHz5.0GHz
Adaptive Boost-5.1GHz-
Turbo Boost Max 3.05.0GHz5.2GHz5.1GHz
Thermal Velocity Boost-5.2GHz-
オーバークロック
L3キャッシュ16MB16MB16MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 750UHD Graphics 750UHD Graphics 630
メモリタイプDDR4-3200DDR4-3200DDR4-2933
最大メモリ幅50.0 GB/s50.0 GB/s45.8 GB/s
CPUクーラー非同梱非同梱非同梱
TDP125W125W125W
価格
(実売価格)
$419$539$374
発売日2021年3月30日2021年3月30日2020年5月20日
Core i7-11700Kは、Rocket Lake世代のハイパフォーマンスモデルです。Comet Lake世代のCore i7-10700Kの後継モデルとなっています。プロセスは同じ14nmを採用しています。8コア16スレッドというスペックも共通です。実はCore i7-10700K→Core i7-11700Kではクロック周波数が低くなっています。ベースクロックは5%低く、最大ブーストクロックも0.1GHz低いです。

Rocket Lake世代では高いIPCを持つCypress Coveを採用しています。これは10nmプロセス向けのSunny Coveを14nmプロセスにバックポートしたものです。数値上クロック周波数は低いもののCPUコアの改良でIPCが高くなりパフォーマンスが向上しているというわけです。L3キャッシュ容量は同じ16MBとなっています。

CPU内蔵グラフィックスがUHD Graphics 630からUHD Graphics 750へとアップグレードされています。グラフィックス処理性能がおおよそ50%向上しています。メモリタイプもDDR4-2933からDDR4-3200になりました。CPUクーラーは非同梱です。TDPは125Wと仕様上は変わっていませんが、実際の環境においてはより消費電力が高くなっています。価格は$45引き上げられています。CPU内蔵グラフィックスの強化などでコストが上がっているということでしょう。

Rocket Lake世代のフラグシップモデルであるCore i9-11900Kと比較しています。今世代ではCore i9-11900Kは10コア20スレッドから8コア16スレッドへとダウングレードされました。Core i7-11700Kと同じだということです。Core i9-11900Kの差別化のポイントは、Adaptive BoostやThermal Velocity Boostなどのブースト機能です。

熱や消費電力がコントロールできていればより高いクロック周波数を実現することができます。TDPは125Wです。当然実環境ではCore i7-11700Kよりも消費電力が高くなります。価格差は$120です。Comet Lake世代と比べるとCore i9-11900Kの評価は高くありません。

AMD製CPUと比較

 i7-11700K7 5800X
コードネームRocket LakeZen 3
プロセス14nm7nm
コア/スレッド8/168/16
ベースクロック3.6GHz3.8GHz
最大ブーストクロック5.0GHz4.7GHz
オーバークロック
L3キャッシュ16MB32MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 750×
メモリタイプDDR4-3200DDR4-3200
CPUクーラー非同梱非同梱
TDP125W105W
価格
(実売価格)
$419$449
発売日2021年3月30日2020年11月5日
競合となるAMDのRyzen 7 5800Xと比較していきます。Ryzen 7 5800Xは、Zen 3アーキテクチャを採用したCPUで7nmプロセスを採用しています。Intelが今でも14nmプロセスに固執している間にAMDはプロセスの微細化に注力していました。考え方によっては旧世代の14nmプロセスで7nmプロセスに匹敵する性能を引き出せていることはIntelの凄さが見える部分だと思います。

Ryzen 7 5800Xも8コア16スレッドというスペックを持っています。ベースクロックはRyzen 7 5800Xの方が6%高く、最大ブーストクロックはCore i7-11700Kの方が7%高いです。いずれのCPUもオーバークロックに対応しています。L3キャッシュ容量はRyzen 7 5800Xが、Core i7-11700Kの倍の32MBです。

Ryzen 7 5800XにはCPU内蔵グラフィックスが搭載されていません。Core i7-11700KにもCPU内蔵グラフィックス非搭載のCore i7-11700KFもラインナップされています。ユーザーが選べるということですね。CPUクーラーはどちらも非同梱です。

TDPはCore i7-11700Kの方が20%高いです。これは14nmプロセスを採用していることのデメリットです。7nmプロセスを採用しているRyzen 7 5800Xの強みだと言えます。価格差は$30でRyzen 7 5800Xの方が高いです。

Core i7-11700KってどんなCPUなの?

i9シリーズと同じ8コア16スレッドの高性能CPU

Core i7-11700Kは、8コア16スレッドの高パフォーマンスモデルです。一部ブースト機能などで差別化されているものの8コア16スレッドというスペックはフラグシップモデルであるCore i9-11900Kと共通です。動画編集・RAW現像・ゲームプレイなどあらゆる作業に対応できる性能を持っています。このCPUで性能不足を感じる機会はほとんどないのではないかと思います。

2世代前のCore i7-9700Kでは8コア8スレッドとハイパースレッディングに対応していませんでした。その後Core i7-10700Kで8コア16スレッドとハイパースレッディング対応でCPU性能が大きく向上しました。Core i7-11700KではCPUコアの改良で性能の底上げが行われています。

消費電力は高いがCore i9シリーズより扱いやすい

Core i7-11700Kは、他のRocket Lake世代のCPUと同様に14nmプロセスを採用しています。やや古いプロセスでAMDで採用されている7nmプロセスに比べると省電力性に劣る面があります。結果的にCore i7-11700Kはこれまでで最も消費電力の高いCore i7シリーズになりました。ただし、Core i7-10700Kも省電力性に優れているわけではありません。

Rocket Lake世代になってCPUコアの改善などで純粋な性能が引き上げられているため、消費電力が上がってしまうこと自体は仕方ありません。14nmプロセスの限界に到達していると言えます。それでもフラグシップモデルのCore i9-11900Kよりは幾分消費電力が抑えられていて扱いやすさがあります。

Ryzen 7 5800Xと比べて価格面で優位性がある

Core i7-11700Kは、競合であるAMD Ryzen 7 5800Xと比べて価格が安く選ばれる理由があります。定価では$30の違いがありますが、実売価格だと5,000円程度の差が生じています。CPU内蔵グラフィックス非搭載モデルのCore i7-11700KFを選べば$374で、価格差は$75と大きくなります。CPUクーラーを購入しても安く抑えることができますね。

また、搭載BTOパソコンになるとより価格差が大きくなる傾向にあります。価格あるいはコストパフォーマンスで選べばCore i7-11700KFが優勢です。CPUの総合性能ではRyzen 7 5800Xが僅かに上回っていますが、ゲームプレイに限定すればCore i7-11700KFの方が上回ります。

Core i7-11700Kのベンチマーク

Cinebench R23

cpui7-11700k-cinebenchr23

Core i7-11700Kは、従来モデルであるCore i7-10700Kよりもマルチスレッド性能が22%高いです。シングルスレッド性能も19%引き上げられています。クロック周波数が落ちていてもこれだけスコアが伸びているのはCPUコア改善による恩恵でしょう。

Core i9-10900Kと比べても上回っています。シングルスレッド性能では19%も高いです。Ryzen 7 5800Xとの性能差は1%-6%です。第4世代Ryzenシリーズの性能の高さは眼を見張るものがあります。

画像編集

camerai7-11700k-photoedit

Adobe Photosohopで画像編集に掛かる時間をまとめています。数値が少ない方が高性能ということです。従来モデルのCore i7-10700Kよりも10%程度パフォーマンスが向上しています。Core i9-10900Kと比べても6%高いです。Ryzen 7 5800Xとの性能差は1%です。最新モデルとして十分なスコアが出ていますね。

動画編集

dougahensyuui7-11700k-dougahensyu

Adobe Premiere Proにおける動画編集に掛かる時間を計測しています。Ryzen 7 5800Xよりもスコアが高いのは驚きです。Core i7-10700Kよりも14%高性能であることがわかります。Core i9-10900Kよりも7%高いです。Core i7シリーズで従来モデルのフラグシップモデルを超えています。

動画エンコード

dougahaisini711700k-encode

動画のエンコードに掛かる時間を計測しています。メニーコアが強みになるベンチマークです。8コア16スレッドのCore i7-11700Kが、10コア20スレッドのCore i9-10900Kよりも速くなっています。H.265においてCore i7-10700Kよりも16%高性能です。H.264でも14%速くなっています。8コアでも十分通用することがわかります。Ryzen 7 5800Xとの性能差は5%程度です。Zen 3アーキテクチャの凄さがわかります。

Zipファイル

zipi711700k-7zip

7-ZipではCore i7-10700Kよりも3%-10%程度パフォーマンスが高いです。他のベンチマークに比べると伸びは緩やかです。Ryzen 7 5800Xとの性能差は大きく最大25%となっています。

Core i7-11700Kのゲーミング性能

Borderlands 3

borderlands3i7-11700k-borderland3

Borderlands 3ではIntel第十世代CPUの方がフレームレートが高い傾向にあります。特にCore i9-10900Kはトップクラスの性能を誇ります。WQHD環境においてはCore i7-10700Kよりも6%フレームレートが高いです。一方で、4K解像度では1%フレームレートが劣ります。Ryzen 7 5800Xと比べるとWQHD環境では僅かに劣りますが、4K解像度では上回ります。ゲーム用のCPUとして魅力的であることは間違いありません。

Far Cry 5

farcry5i711700k-farcry5

Far Cry 5ではCore i9-11900Kと同等以上のフレームレートを叩き出しました。Core i7-10700Kと比べても最大2%程度高いです。Ryzen 7 5800Xとの性能差は大きく最大7%です。これらの結果を見るとIntel第十世代CPUのパフォーマンスの高さが目に付きますね。

Metro Exodus

Metro Exodusi711700k-metroexodus

Metro ExodusでもIntel第十世代CPUがトップを占めています。Core i7-10700Kとの性能差は2%-3%です。まさか新世代のCPUが負けてしまうとは予想外です。Ryzen 7 5800Xとの性能差は2%程度です。ゲーム用途ではIntel勢が強いです。

Core i7-11700K搭載のおすすめBTOパソコン

STYLE-R059-117K-UHX(パソコン工房)

STYLE-R059-117K-UHX価格:130,878円(税込)
CPU:Core i7-11700K
GPU:UHD Graphics 750
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式
Core i7-11700K搭載のBTOパソコンです。グラフィックボードレスモデルは希少です。動画編集・RAW現像などCPU性能を重視したいと考えているユーザーにおすすめです。また、内蔵グラフィックスがUHD Graphics 750にアップグレードされて性能が向上しています。極端に負荷が高い作業でなければWEBデザインなども得意です。メモリ16GB、SSD 500GBという構成です。

raytrek XV 11700K搭載モデル(ドスパラ)

raytrek ZQ2価格:179,980円(税込)
CPU:Core i7-11700K
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式
RTX 3060×Core i7-11700K搭載のクリエイターPCです。ミドルクラスのRTX 3060を搭載していてWEBデザインや3D CADなどにも対応できます。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実しています。光学ドライブ・SDカードリーダー搭載で機能性の高さがクリエイターモデルらしいです。

raytrek XF 11700K搭載モデル(ドスパラ)

raytrek ZQ2価格:214,980円(税込)
CPU:Core i7-11700K
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4 32GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載

公式
ハイクラスのクリエイターPCとなっています。グラフィックボードにRTX 3070を搭載しています。Core i7-11700Kとの相性も良く評価の高いクリエイターモデルです。ゲームプレイにも対応できるほどの高いグラフィックス性能を持っています。メモリ32GB、SSD 512GBと圧倒的な構成です。動画編集など負荷の高い作業においてパフォーマンスを発揮しやすいです。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Rocket Lake世代の高パフォーマンスモデルであるCore i7-11700Kの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。8コア16スレッドとフラグシップモデルであるCore i9-11900Kと同等のスペックを誇ります。Core i9-11900Kと比べてブースト機能のいくつかが省略されているもののその分消費電力を抑えられるというメリットがあります。

必要に応じてオーバークロックができるのも魅力です。競合であるRyzen 7 5800Xと比べても価格が安くそれでいて同等の性能を持ち選びやすいCPUだと言えます。搭載BTOパソコンのラインナップも多く人気があります。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume