Core i7-12700K

管理人管理人

当記事では、Core i7-12700Kの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しています。Alder Lake世代におけるCore i7シリーズ最上位モデルが発売されました。12コア20スレッドというスペックで8コア16スレッドのRyzen 7 5800Xを大幅に上回るパフォーマンスを発揮します。

Rocket Lake世代のCore i7-11700Kよりも15%以上もパフォーマンスが向上していて新しい世代のCPUに期待が持てます。AMDの一強になっていたCPU市場においてこのモデルの投入は大きいですね。ユーザーにとっても改めてIntel製CPUを選ぶ理由が生まれます。ネックとなる消費電力もCore i9シリーズに比べると抑えられていて選びやすいと思います。

(+) 12コア20スレッドと大幅にスペックアップ
(+) コストパフォーマンスが高いCPU
(+) i9-12900Kよりもパワー効率に優れている
(-) Ryzen 9 5900Xよりも消費電力が高い
(-) LGA1700対応マザーボードが必要

>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Core i7-12700Kの基本スペック

世代第12世代
アーキテクチャAlder Lake
コア/スレッド数12(8+4) / 20(16+4)
定格クロック(P)3.60 GHz
最大クロック(P)4.90 GHz
定格クロック(E)2.70 GHz
最大クロック(E)3.80 GHz
内蔵グラフィックスUHD Graphics 770
L3キャッシュ25MB
PBP125W
MTP190W
価格$419

Core i7-12700Kのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Core i7-12700Kは、2021年11月時点で購入できるモデルの中でもトップクラスの性能を持つCPUです。従来モデルのCore i9-11900Kよりも性能が高いです。基本的に対応できない用途はありません。フラグシップモデルであるCore i9-12900Kとの差別化のために動画編集・動画投稿・3D CADなどでは「◎」にしていますが、「☆」と考えて良い水準です。ゲーミングCPUとしての評価も高くオールラウンド性の高さが魅力ですね。

Alder Lake世代CPUの概要

IntelはAlder Lake世代で初めてメインストリームのデスクトップ向けCPUに10nmプロセス(Intel 7)を採用しました。Intel 7という名称から想像できる通りAMDが採用している7nmプロセスに匹敵する高い性能を持っています。Rocket Lake世代までおよそ6年も使用していた14nmプロセスからようやく解き放たれました。プロセスの微細化によって、パワー効率アップ・省電力性の向上・機能の追加などのメリットを享受できます。

今世代からハイブリッドコアアーキテクチャを採用しています。パフォーマンスコア(Pコア)とエフィシェンシーコア(Eコア)の2つのコアを搭載しているのが特徴です。用途に合わせてOS側で自動的に使い分けてくれます。14nmプロセスのままではスペース的にも余裕がなく実現できなかったでしょう。これもプロセスの微細化によって実現したアーキテクチャだと言えますね。

Golden Coveという名称が与えられたPコアは、Skylakeコアと比べIPCが28%も改善していて前世代のCypress Coveコアと比べても19%も改善されています。このPコアはゲームプレイなど負荷の掛かる用途で活躍します。一方で、Gracemontと名付けられたEコアは、Atomに起源を持ち省電力性に優れたコアです。ハイブリッドコアアーキテクチャを採用することでマルチスレッド性能と省電力性のバランスを取った形になっています。

新しいプロセッサーになってCPUソケットが「LGA1700」へと変更になりました。DDR5メモリサポートやPCIe Gen 5対応など次世代のI/Oを採用しています。Core i7-12700Kを購入するにあたってマザーボードを変更する必要がありますので注意してくださいね。旧モデルのDDR4メモリにも対応していますが、その際にはDDR4メモリに対応したマザーボードを選択しなければいけません。

Core i7-12700Kのスペック比較

Intel製CPUと比較

 i7-12700Ki9-12900Ki7-11700K
コードネームAlder LakeAlder LakeRocket Lake
プロセス10nm10nm14nm
コア8(P)+4(E)8(P)+8(E)8
スレッド数202416
定格クロック(P)3.6GHz3.2GHz3.6GHz
最大クロック(P)4.9GHz5.2GHz5.0GHz
定格クロック(E)2.7GHz2.4GHz-
最大クロック(E)3.8GHz3.9GHz-
オーバークロック
L3キャッシュ25MB30MB16MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 770UHD Graphics 770UHD Graphics 750
メモリタイプDDR5-4800
DDR4-3200
DDR5-4800
DDR4-3200
DDR4-3200
PBP125W125W125W
MTP190W241W251W
価格
(実売価格)
$419
(57,000円)
$599
(80,000円)
$409
(45,000円)
発売日2021年11月04日2021年11月04日2021年3月30日
Core i7-12700Kのスペックについて見ていきましょう。Rocket Lake世代のCore i7-11700Kの後継モデルとなっています。プロセスが14nmから10nmへと微細化されたことでより高いパフォーマンスを期待できます。8コア16スレッドから12コア20スレッドへとそれぞれ50%・25%もスペックが引き上げられています。

定格クロックはどちらも同じ3.6GHzで、最大クロックはCore i7-11700Kの方が2%高いです。Golden Coveになり19%もIPCが改善されているためクロック周波数が抑えられていても同等以上の性能を持っています。EコアはAlder Lake世代から初めて搭載されました。定格クロックは2.7GHz、最大クロックは3.8GHzとスペックは抑えられています。省電力性に特化したコアです。どちらもオーバークロックに対応しています。

L3キャッシュ容量も50%以上アップして25MBとなりました。CPU内蔵グラフィックスもUHD Graphics 750からUHD Graphics 770へとアップグレードされました。グラフィック周波数が少しだけ高くなっています。メモリタイプはCore i7-12700Kでは新しいDDR5-4800までサポートしています。PBPは125Wと共通で、MTPは24%ダウンの190Wとなっています。価格差は$10です。実売価格では12,000円程度の差がありますね。

上位モデルであるCore i9-12900Kと比較していきます。Core i9-12900Kは16コア24スレッドとCore i7-12700Kよりもさらにスペックが高いです。フルスペックバージョンということになりますね。Pコアの定格クロックはCore i7-12700Kの方が12%高く、最大クロックはCore i9-12900Kの方が7%高いです。Eコアでも定格クロックはCore i7-12700Kの方が13%高く、最大クロックはCore i9-12900Kの方が3%高いです。もちろんCore i9-12900Kもオーバークロック対応です。

L3キャッシュ容量は30MBとCore i7-12700Kよりも20%多いです。メモリタイプは共通です。PBPは125Wと変わりありませんが、MTPは26%も高いです。価格差は$180で、実売価格は23,000円の差があります。

AMD製CPUと比較

 i7-12700K7 5800X
コードネームAlder LakeZen 3
プロセス10nm7nm
コア8(P)+4(E)8
スレッド数2016
定格クロック(P)3.6GHz3.8GHz
最大クロック(P)4.9GHz4.7GHz
定格クロック(E)2.7GHz-
最大クロック(E)3.8GHz-
オーバークロック
L3キャッシュ25MB32MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 770-
メモリタイプDDR5-4800
DDR4-3200
DDR4-3200
TDP125W105W
TDP(PL2)190W-
価格
(実売価格)
$419
(57,000円)
$399
(48,000円)
発売日2021年11月04日2020年11月05日
AMDの同じ価格帯のRyzen 7 5800Xとスペックを比較していきます。Ryzen 7 5800XはCore i7-12700Kが発売となるおよそ1年前に市場に登場したCPUです。Zen 3アーキテクチャを採用していてゲーム適正が向上したことで注目されています。もちろんZen 2アーキテクチャから引き続いてマルチスレッド性能が高いのも特徴です。7nmプロセスを採用してて省電力性にも優れています。

スペック的には8コア16スレッドとなっています。Core i7-12700Kは、12コア20スレッドと大幅に強化されました。Ryzen 7 5800Xよりもコアが50%多く、スレッドも25%多いです。定格クロックはRyzen 7 5800Xの方が6%高く、最大クロックはCore i7-12700Kの方が5%高いです。Ryzen 7 5800XにはEコアに該当するコアは搭載されていません。Ryzen 7 5800Xもオーバークロックに対応しています。

L3キャッシュ容量はRyzen 7 5800Xの方が多く32MBとなっています。Ryzen 7 5800XにはCPU内蔵グラフィックスが搭載されていません。ここはCore i7-12700Kの強みだと言えます。TDPはCore i7-12700Kの125Wに対してRyzen 7 5800Xは105Wと16%も消費電力が抑えられています。価格差は$20でCore i7-12700Kの方が高く、実売価格ではCore i7-12700Kの方が9,000円高いです。

Core i7-12700KってどんなCPUなの?

Ryzen 7 5800Xを圧倒するパフォーマンスを持つ

Core i7-12700Kは、競合であるRyzen 7 5800Xよりも15%もパフォーマンスが高くなっています。$400という価格帯で最強のCPUを上回るのは圧巻です。Intelが期待以上の製品を投入したことになります。これまで動画編集・画像編集といったクリエイター作業で大幅に遅れを取っていましたが、しっかりと上回る性能を持っています。

上位モデルのRyzen 9 5900Xに匹敵するほどです。ゲーミング性能も高くRyzen 9 5900Xを上回ることも多いです。10nmプロセスとハイブリッドコアアーキテクチャの組み合わせでここまで性能が高くなるとは思いませんでしたね。ユーザー目線で言えば非常に好ましい状況だと思います。

パワー効率に優れたモデル

i7-12700kwatt

Core i7-12700Kは、Alder Lake世代の中でもパワー効率に優れたCPUの一つです。Core i7-11700Kよりも35%も消費電力が抑えられています。性能が15%程度高いことを考慮すると50%近くもパワー効率が高くなっていることになります。上位モデルのCore i9-12900Kになると一気に消費電力が33%も増えてしまいます。性能差は10%前後なのでパワー効率はやや見劣りします。

グラフィックボード非搭載BTOパソコンも選択可

ハイクラスのCPUとしては珍しくグラフィックボード非搭載モデルを選択することができます。ドスパラやパソコンショップセブンではCPU内蔵グラフィックスのみのモデルを販売中です。ゲームプレイや3D CADSなどの使用を考えていない方におすすめです。CPU内蔵グラフィックスにはUHD Graphics 770を搭載していて一般的な用途で十分な性能を持っています。

Core i7-12700Kの高い性能に魅力を感じる方にとって価格を抑えられるというメリットがあります。動画編集・画像編集・WEBデザインがメインの方におすすめです。もちろんブラウジングやオフィスソフトの使用でも恩恵があります。現在パソコンを使用していて重さを感じてしまう方は買い替えを検討してみてください。

Core i7-12700Kのベンチマーク

Cinebench R23

cpui712700k-cinebenchr23

Cinebench R23ではCore i7-12700Kは、Ryzen 9 5900Xを上回るマルチスレッド/シングルスレッド性能を持っています。マルチスレッド性能は2%高く、シングルスレッド性能は20%高いです。Ryzen 7 5800Xよりもマルチスレッド性能は42%高く、シングルスレッド性能は22%高いです。完全にAMD製CPUを圧倒する形となりました。Rocket Lake世代のCore i7-11700Kよりもマルチスレッド性能が70%程度高く、シングルスレッド性能も20%程度上回っています。

Adobe Photoshop

camerai712700k-photoshop

画像編集に掛かる時間を一覧でまとめています。Core i7-12700Kは、Core i9-12900Kに次いで高いパフォーマンスを得ていることがわかります。Ryzen 7 5800Xよりも13%程度高く、Core i7-11700Kよりも14%高いです。Core i9-11900KやRyzen 9 5900Xをも上回るのは圧巻です。シングルスレッド性能が高くなったことによる恩恵だと言えます。

Premiere Pro CC

dougahensyuui712700k-premiere

動画編集に掛かる時間をまとめています。Photoshopと同様にIntel勢が高いパフォーマンスを発揮しています。Ryzen 7 5800Xよりも12%性能が高く、Core i7-11700Kよりも14%性能が高いです。やはりCore i9-11900KやRyzen 9 5900Xを上回っています。クリエイター作業にも適したCPUです。

動画エンコード

dougahaisini712700k-encode

動画のエンコードに掛かる時間をまとめています。Core i7-12700Kは、Ryzen 7 5800XよりもH.264では24%速く、H.265では19%速いです。さらに、Ryzen 9 5900Xよりも4%-5%程度速い結果となりました。当然Core i7-11700Kよりもパフォーマンスが高くAlder Lake世代CPUの凄さを見せつけています。

Zipファイル

zipi712700k-7zip

Zipファイルでも高いパフォーマンスが出ています。解凍速度こそ競合のRyzen 7 5800Xよりも1%程度劣りますが、圧縮速度では25%も上回っています。Core i9-11900Kよりも13%-50%も性能が向上していることがわかります。Ryzenの得意分野でもIntel製CPUの存在感が出てきました。

Core i7-12700Kのゲーミング性能

Borderlands 3

borderlands3i712700k-borderlands3

Borderlands 3ではWQHD環境においてCore i7-11700Kよりも11%もフレームレートが向上しています。さすがに4K解像度ではその差は4%と縮まりますが、十分なパフォーマンスを発揮していますね。Ryzen 7 5800Xよりも18%前後もフレームレートが高いです。さらに、Core i9-11900Kよりも16%程度もフレームレートが高く圧倒しています。上位モデルであるCore i9-12900Kとの差は最大6%です。4K解像度ならほとんど差がありません。高解像度になればなるほどグラフィックボードがボトルネックとなりますのでCPUの性能差が現れにくくなります。

Far Cry 5

farcry5i712700k-farcry5

Far Cry 5では従来モデルのCore i7-11700Kよりも大幅にフレームレートが伸びています。4K解像度では1%程度の伸びに留まりますが、WQHD環境では14%高いです。高解像度になるとやはりグラフィックボードの性能がより重要になってくると考えてよいでしょう。WQHD環境やフルHD環境でのゲームプレイを考えているならCore i7-12700Kは魅力的です。投資する価値があると言えますね。

Metro Exodus

Metro Exodusi7-12700k-metroexodus

Metro Exodusではグラフィックボードがややボトルネックになっていることがわかりますね。それでもWQHD環境ではCore i7-11700Kよりも5%程度フレームレートが高いです。Ryzen 7 5800Xよりも12%高くなっていてRyzenシリーズを引き離す結果となりました。Metro Exodusでのゲームプレイを考えているならCPUよりもグラフィックボードにお金を掛ける方が満足する結果を得られるのではないかと思います。

Core i7-12700K搭載のおすすめBTOパソコン

Monarch ZE(ドスパラ)

Monarch ZE価格:149,980円(税込)
CPU:Core i7-12700K(水冷)
GPU:UHD Graphics 770
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB Gen4 NVMe
HDD:非搭載

公式
非常に珍しいグラフィックボード非搭載モデルです。この性能帯のCPUでグラフィックボードがCPU内蔵グラフィックスのみというのは価値がありますね。一般的なWEBデザインなどのクリエイター作業を考えている方向けです。当然後からグラフィックボードを購入して付けることもできます。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も抜群ですね。Monarch ZEで採用されているPCケースは「InWin GR one」です。高級感のあるデザインが人気です。

SR-ii7-9160H/S7/W10(セブン)

SR-ii5-7560HS7GFW10LW価格:186,780円(税込)
CPU:Core i7-12700K
GPU:UHD Graphics 770
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式
このモデルもdGPU非搭載モデルとなっています。Core i7-12700KのCPU性能が必要な方におすすめです。12コア20スレッドという圧巻のスペックで動画編集・画像編集などあらゆる用途で通用します。メモリ16GB、SSD 500GBという構成です。さらにDVDスーパーマルチドライブも標準搭載となっています。無線LANも標準搭載で実用性の高いモデルです。

LEVEL-R969-LC127K-RBX(パソコン工房)

LEVEL-R969-LC129K-DZX価格:228,980円(税込)
CPU:Core i7-12700K(水冷)
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式
RTX 3060×Core i7-12700K搭載のゲーミングPCです。ミドルタワーケースを採用しています。CPU性能寄りのモデルのためゲームメインの方よりもクリエイターの方におすすめです。ゲームならフルHD環境で設定を上げて対応できます。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実しています。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Alder Lake世代の上位モデルであるCore i7-12700Kの性能スペック及び搭載BTOぱそこんについて紹介しました。従来モデルのCore i7-11700Kから大幅にスペックが引き上げられて12コア20スレッドとなりました。マルチスレッド性能が大幅に向上して動画編集などの用途でもしっかりとパフォーマンスが伸びています。

同じ価格帯のRyzen 7 5800Xの性能を大きく上回りRyzen 9 5900Xと競えるほどです。ゲーミング用途でも高いパフォーマンスを発揮します。搭載BTOパソコンの中にはグラフィックボード非搭載モデルもあります。CPU性能だけを必要とする方も選びやすいモデルだと言えます。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume