Ryzen 5 2600

管理人管理人

当記事では、「Ryzen 5 2600の性能スペックとベンチマーク」を紹介しています。Ryzen 5 2600は$199という値札が付いています。この日本円で20,000円前後の価格帯はコスパを求めるユーザーに人気があります。

その中でもRyzen 5 2600はCore i5-8400の競合モデルとしての地位を築いています。第二世代Ryzenシリーズはコスパが高いですね。もちろんBTOパソコンとしても売れ筋のCPUだと言えます。当該CPUの性能スペックから強みや弱みにも触れて解説します。購入を検討中の方はぜひ参考にしてくださいね。

(+) ハイパースレッディング対応でマルチスレッド性能が高い
(+) オーバークロックに対応している
(+) CPUクーラー同梱となっている
(-) ゲーミング性能はIntel製CPUに劣る

Ryzen 5 2600の性能スペック

 5 26007 27005 1600
世代第二世代第二世代第一世代
アーキテクチャZen +Zen +Zen
プロセス12nm12nm14 nm
トランジスタ数48億48億48億
ダイサイズ192 mm²192 mm²192 mm²
コア/スレッド6/128/166/12
ベースクロック3.4Ghz3.2Ghz3.2Ghz
ターボクロック3.9Ghz4.1Ghz3.6Ghz
L3キャッシュ容量16MB16MB16MB
対応メモリDDR4-2933DDR4-2933DDR4-2666
CPUクーラーWraith Stealth
Wraith SpireWraith Spire
TDP65W95W65W
価格$199$289$179
発売日2018年4月19日2018年4月19日2017年4月11日
Ryzen 5 2600は、Zen +アーキテクチャを採用したCPUです。12nmプロセスを採用していてRyzen 5 1600の14nmプロセスから進化しています。ただし、トランジスタ数及びダイサイズは変わっていません。

従来モデルのZenアーキテクチャを流用している側面もあるのです。それでもZenアーキテクチャのRyzen 5 1600よりもより高いクロック周波数を実現しています。メモリレイテンシも軽減してIPCが3%程度改善しました。Ryzenのボトルネックが軽減されています。

Ryzen 5 2600もRyzen 5 1600と同じ6コア12スレッドのCPUとなっています。ベースクロックが7%高く、ターボクロックも9%高いです。L3キャッシュ容量は同じ16MBです。対応メモリがDDR4-2666からDDR4-2933と変更されています。CPUクーラーはWraith Stealthへとダウングレードされています。もっともそれでも十分な冷却性能を持っています。

TDPは65Wと変わっていませんね。価格は$20アップの$199となりました。先代モデルと比べておおよそ5%程度パフォーマンスが向上しています。これぐらいの性能差だとRyzen 5 1600からの買い替えはそれほど恩恵がありません。第一世代のそれ以下のモデルからの買い替えを推奨します。価格は10%上がっているのに対して性能の伸びが小さいのは痛いですね。

上位モデルのRyzen 7 2700になるとコア数及びスレッド数がそれぞれ33%アップで8コア16スレッドとなります。ベースクロックは6%低いですが、ターボクロックは6%高いです。マルチスレッド性能が高くRyzen 5 2600よりもワンランク高い性能が手に入ります。L3キャッシュ容量が共通です。

CPUクーラーはWraith Spireへとアップグレードされます。TDPは47%高く95Wです。価格差は$90となっています。クリエイターの方など負荷の掛かる作業を考えている方におすすめです。ゲーミング用途で考えるとRyzen 5 2600の上位モデルであるRyzen 5 2600Xの方がクロック数が高くゲーム向けだと言えます。

Intel Core i5-8400と比較

 5 2600i5-8400
アーキテクチャZen+Coffee Lake
プロセス12nm14 nm
トランジスタ数48億-
ダイサイズ192 mm²-
コア/スレッド6/126/6
ベースクロック3.4Ghz2.8Ghz
ターボクロック3.9Ghz4.0Ghz
オーバークロック×
L3キャッシュ容量16MB9MB
CPUクーラーWraith Stealth
TDP65W65W
価格$199$179
発売日2018年4月19日2017年10月5日
同価格帯かつ同じくコスパが高い人気CPUであるCore i5-8400と比較しています。Core i5-8400の対抗馬としてRyzen 5 2600が発売されたと考えて良いでしょう。前世代のRyzen 5 1600の登場でミドルクラスでもコア数が6コアが一般的になったことを考えると存在意義が大きいです。

Ryzen 5 2600はそのスペックを引き継ぎ、そして競合モデルで前世代のCore i5-7400は4コア4スレッドでしたが、Core i5-8400では6コア6スレッドとなりました。Ryzen 5シリーズの影響を大きく受けていると言えます。

Ryzen 5 2600はハイパースレッディングに対応していますが、Core i5-8400は対応していません。Intel製CPUはここで上位モデルとの差別化を図っています。上位モデルであるCore i7からのハイパースレッディング対応はこれまでの世代と変わりません。ベースクロックはRyzen 5 2600の方が25%高く、ターボクロック数はCore i5-8400の方が4%高くなっています。なお、Ryzen 5 2600はオーバークロックに対応しているのも特徴です。

L3キャッシュ容量もRyzen 5 2600の方が80%多く16MBと余裕があります。スペックのまま評価するとRyzenの方が優れていると言えます。事実エンコード性能などはRyzenに軍配が上がります。一方、ゲームに関しては最適化の度合いからIntelの方が優勢です。いずれのCPUでもCPUクーラーが同梱となっていてお得感があります。価格差は$20でRyzen 5 2600の方が高いです。

Ryzen 5 2600ってどんなCPUなの?

Ryzen 5 1600X相当のCPU性能を持つ

ryzen52600benchmark
Ryzen 5 2600は、従来モデルの上位モデルであるRyzen 5 1600X相当の性能を持つCPUです。Ryzen 5 1600よりも5%程度性能が高くなっています。第一世代Ryzenの5 1600からクロック数がアップしていることはこれまで書いた通りです。第二世代になって変わったことはそれだけではありません。いわゆるRyzen+では12nmの製造プロセスが採用され、より効率的にトランジスタを搭載することができるようになりました。

14nmプロセスに比べて省電力性が11%向上して、さらに性能が16%アップしています。より高いクロック周波数を実現できているということです。また、パワー効率も良くなり性能の底上げが行われています。さらに、キャッシュ及びメモリレイテンシの改善でIPCが3%向上しました。単純にCPUとしてのパフォーマンス効率がアップしているということです。競合モデルであるCore i5-8400よりも21%性能が高いです。アーキテクチャの違いはもちろんハイパースレッディングに対応していることがプラスになっています。上位モデルのCore i7-8700相当のマルチスレッド性能を誇ります。コストパフォーマンスの高さが見えますね。

オーバークロックに対応している(中上級者向け)

The AMD Wraith Stealth Cooler

Ryzen 5 2600はオーバークロックに対応しています。Intel製CPUのように末尾にKが付いてるモデルだけといった制限がなく、どのモデルでも基本的にはオーバークロックができるのです。AMD製のCPUではいずれのモデルでもオーバークロックができるのは強みです。

ただし、CPUコアに負荷がかかったときに自然にブーストが掛かるPrecision Boost 2という機能が優秀ということもあってオーバークロックをしても爆発的にパフォーマンスを上げることはできません。

わざわざオーバークロックをしなくても高い周波数を実現できるのは嬉しいですね。オーバークロックをする場合熱対策が必要となります。標準のWraith Stealthではやや性能不足なので別途CPUクーラーを用意しておくと良いでしょう。

ベンチマークでわかるRyzen 5 2600の性能!

一般アプリケーションベンチマーク一覧

Cinebench R15

cpuryzen52600-cinebench

CinebenchはCPUにレンダリングをさせてそのパフォーマンスを計るツールです。Ryzen 5 2600は、マルチスレッド性能の高さが光ります。Core i5-8400に比べておよそ33%高い性能を持ちます。一方、シングルスレッドについては8%劣ります。従来モデルのRyzen 5 1600よりもマルチスレッド性能が11%高く、シングルスレッド性能は8%程度高いです。動画エンコードなどマルチスレッドが生かせる場面に強いCPUであることがわかります。

Handbrake

dougahensyuuencode-ryzen52600

動画のエンコードソフトです。H.264及びH.265のファイルのエンコード速度に掛かる時間を計測しています。数値が少ないほうがより高性能ということになります。Ryzen 5 2600は、Ryzen 5 1600よりもH.264では10%速く、H.265では11%速いです。H.264ではCore i5-8400よりも9%速いですが、H.265では同等のパフォーマンスとなりました。Ryzen 5 2600Xになると6%程度パフォーマンスが高くなります。クロック周波数が高い分だけパフォーマンスが伸びていますね。

7-zip

zipryzen52600-zip

Zipファイルの圧縮及び解凍速度を計測しています。数値が大きい方が高性能です。Ryzen 5 2600の性能の高さが伺えますね。Core i5-8400よりも解凍速度が55%速く、圧縮速度は19%速いです。ハイパースレッディングに対応していることもあって性能差が大きいです。従来モデルのRyzen 5 1600よりも最大10%程度速いです。

PCゲームのベンチマーク一覧

Hitman

hitmangtx1050tihitmanryzen52600

HitmanではFULL HD環境においてボトルネックが生じていて上位モデルの差がほとんどあありません。それでもIntel製CPUとAMD製CPUでは確かな差があります。Ryzen 5 2600は、Core i5-8400よりも2%程度フレームレートが落ちます。それでも従来モデルのRyzen 5 1600よりも4%程度フレームレートが向上しています。WQHD環境でもIntel製CPUが優勢です。Ryzen 5 2600とCore i5-8400の差は1%弱です。ボトルネックがグラフィックボードに移り差が少し縮まっていることがわかります。

Battlefield 1

battlefieldgtx1050tibattlefield1-ryzen52600

Battlefield 1ではFULL HD環境においてRyzen 5 1600よりも5%フレームレートが高いです。Ryzen 7 2700を上回っているのは驚きです。Core i5-8400との差は8%とやや大きくなっています。Zen +アーキテクチャになってもまだまだゲーム適性は上がっていません。WQHD環境になるとCore i5-8400との差が5%と少し縮まります。

Civilization Ⅵ

civ6gtxciv6-ryzen52600

FULL HD環境においてRyzen 5 1600よりも7%高いフレームレートを出しています。Core i5-8400よりも2%高いです。WQHD環境ではRyzen 5 1600よりも7%高く、Core i5-8400よりも1%高いです。Cilization Ⅵとの相性は良さそうですね。一つ上のモデルであるRyzen 5 2600Xになるとさらに5%高いフレームレートを出すことが可能です。

Ryzen 5 2600搭載のおすすめBTOパソコン

LUV MACHINES AG350B2N(マウスコンピューター)

LUV MACHINES iH800SN-SH2
価格:86,800円
CPU:Ryzen 5 2600
GPU:GeForce GTX1050
SSD:非搭載
HDD:1TB

非常に手頃な一台です。8万円台は魅力的ですね。グラフィックボードにはGTX1050を搭載しているので、クリエイターの方におすすめです。3Dアプリケーションもさくさくこなすことができます。SSDが非搭載となっていますので、カスタマイズで追加するのも良いでしょう。

STYLE-R0X4-R52-LNV(パソコン工房)

STYLE-R037-i3-UHS
価格:119,980円
CPU:Ryzen 5 2600
GPU:GeForce GTX1050
SSD:240GB
HDD:2TB

LUV MACHINES AG350B2Nのストレージを強化したモデルだと言えます。ただ、価格を考えるとコスパは少し劣りますね。GTX1050は趣味や仕事でPhotoshop、3D CAD、Illustratorなどのアプリケーションを使用する方に人気があります。オンボードでは物足りないという方必見です。

GALLERIA RJ5(ガレリア)

galleriadt
価格:89,980円
CPU:Ryzen 5 2600
GPU:GeForce GTX1660
SSD:240GB
HDD:1TB

ドスパラのゲーミングPCブランドの一台です。Ryzen 5 2600を搭載した貴重なモデルになっています。グラフィックボードにはGTX1660を搭載しFULL HD環境でのゲームプレイも快適です。ストレージもSSDとHDDのデュアル搭載で利便性が高いです。ゲーミングPCらしいかっこいいケースデザインも◎

当記事のまとめ

管理人管理人

Ryzen 5 2600の性能スペック及びベンチマークについて紹介しました。Ryzen 5 2600は20,000円前後のミドルクラスのCPUとして高い人気があります。競合モデルであるCore i5-8400に比べてゲーミングパフォーマンスは3%-7%程度劣りますが、総合性能で見ると上回ります。それはやはり6コア/12スレッドによるパフォーマンスが大きいですね。またクロック周波数も高くブースト能力が高いのも一因です。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当サイトの人気記事一覧

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

当ページのベンチマーク計測のテスト環境

CPUCore i7-7700K
マザーボードASUS Z270
メモリ16GB
SSDPatriot Ignite 960GB
電源ユニットAntec HCP-1200 1200W
冷却システムCryorig R1 Universal 2x 140 mm fan
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイAcer CB240HYKbmjdpr 24インチ
参照サイト:AMD Ryzen 5 2600 3.4 GHz Review (TECHPOWERUP)