Ryzen 5 2600
画像引用元:https://www.amazon.co.jp/(Amazon.co.jp)

管理人管理人

当記事では、「Ryzen 5 2600の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。20,000円前後の価格帯はコスパを求めるユーザーに人気があり、その中でもRyzen 5 2600はi5-8400の競合としての地位を築いています。もちろんBTOパソコンとしても売れ筋のCPUだと言えます。当該CPUの性能スペックから強みや弱みにも触れて解説します。購入を検討中の方はぜひ参考にしてくださいね。

(+) ハイパースレッディング性能が高い
(+) オーバークロックに対応している
(+) CPUクーラー同梱となっている

Ryzen 5 2600の性能スペック

 5 26007 27005 1600
世代第二世代第二世代第一世代
コア/スレッド6/128/166/12
ベースクロック3.4Ghz3.2Ghz3.2Ghz
ターボクロック3.9Ghz4.1Ghz3.6Ghz
TDP65W95W65W
価格$200$290$180
第一世代であるRyzen 5 1600と比べると7%-8%クロック周波数がアップしています。総合すると先代モデルから10%性能が上がっているます。ただ、これぐらいだとRyzen 5 1600からの買い替えはそれほど恩恵がありません。第一世代のそれ以下のモデルからの買い替えを推奨。価格は10%上がっているのはこの価格帯としては痛いですね。

Ryzen 7 2700と比べるとコア数及びスレッド数が33%ダウン、ベースクロック5%アップ、ターボクロック5%ダウンとなります。コア数及びスレッド数が増えたことによって消費電力も45%アップとなっています。価格差が90%と大きいですね。クリエイターの方や一般的な使用であればRyzen 7 2700を選択肢に入れるのも良いと思います。ただし、ゲーミングで考えるとRyzen 5 2600Xの方がクロック数が高くゲーム向けだと言えます。価格差も$30と小さいのも良いですね。

Intel Core i5-8400と比較

 5 2600i5-8400
世代Zen+Coffee Lake
コア/スレッド6/126/6
ベースクロック3.4Ghz2.8Ghz
ターボクロック3.9Ghz4.0Ghz
TDP65W65W
価格$200$180
同価格帯かつ同じくコスパが高い人気CPUであるi5-8400と比較しています。Ryzen 5 2600の対抗馬としてi5-8400が発売されました。Ryzen 5 2600の登場でコア数が6コアが普通となったので大きな影響を与えたと言えます。Ryzenはマルチスレッドに対応していますが、i5-8400は対応していません。上位のi7からのマルチスレッド対応はこれまでの世代と変わりません。ベースクロックはRyzenの方が25%高く、ターボクロック数はIntelの方が4%高くなっています。

スペックのまま評価するとRyzenの方が優れていると言えます。事実エンコード性能などはRyzenに軍配が上がります。一方、ゲームに関しては最適化の度合いからIntelの方が優勢です。また、AMD製CPUにはCPUクーラーが同梱となっていますので、通常の使用であれば熱対策を考える必要がありません。Intel製のCPUに比べた優位な部分だと言えます。

Ryzen 5 2600ってどんなCPUなの?

第一世代Ryzenから進化している

第一世代Ryzenの5 1600からクロック数がアップしていることはこれまで書いた通りです。しかし、第二世代になって変わったことはそれだけではありません。いわゆるRyzen+では12nmの製造プロセスが採用され、より効率的にトランジスタを搭載することができるようになりました。

14nmプロセスに比べて11%省電力に、さらに16%性能がアップしています。結果的にクロック周波数のアップに貢献しています。また、パワー効率も良くなり性能の底上げが行われています。さらに、キャッシュ及びメモリレイテンシの改善でIPCが3%向上しました。単純にCPUとしてのパフォーマンス効率がアップしているということです。

オーバークロックに対応している(中上級者向け)

The AMD Wraith Stealth Cooler

Ryzen 5 2600はオーバークロックに対応しています。AMD製のCPUではいずれのモデルでもオーバークロックができるのは強みです。しかし、CPUコアに負荷がかかったときに自然にブーストが掛かるPrecision Boost 2という機能が優秀なため爆発的にパフォーマンスを上げることはできません。わざわざオーバークロックをしなくても高い周波数を実現できるのは嬉しいですね。

ベンチマークでわかるRyzen 5 2600の性能!

一般アプリケーションベンチマーク一覧

Cinebench R15

cpuryzen52600

CinebenchはCPUにレンダリングをさせてそのパフォーマンスを計るツールです。マルチスレッド性能の高さが光ります。Core i5-8400に比べておよそ33%高い性能を持ちます。一方、シングルスレッドについては8%劣ります。動画エンコードなどマルチスレッドが生かせる場面に強いCPUであることがわかります。

Handbrake

dougahensyuuryzen52600encode

動画のエンコードソフトです。H.264及びH.265のファイルのエンコード速度を計測しています。数値が低い方が高性能ということになります。いずれのファイルでもRyzen 5 2600の方が優勢です。クリエイターの方には最適な選択肢となります。1%-10%程度のパフォーマンス向上を見込むことができます。

7-zip

zipryzen526007zip

Zipファイルの圧縮及び解凍速度を計測しています。数値が大きい方が高性能です。Ryzen 5 2600の性能の高さが伺えますね。上位のCore i5-8600をも上回る性能です。i5-8400と比較すると圧縮で24%、解凍で60%上回ります。

PCゲームのベンチマーク一覧

Hitman

hitmangtx1050tiryzen52600hitman

ゲームになるとやはりi5が優勢ですね。それでも第一世代のRyzen 7を上回る性能はさすがです。オーバークロックをしてもそれほどスコアが伸びないのはPrecision Boost 2の恩恵だと言えます。オーバークロックをしなくても性能を引き出しやすくなっているということです。

Battlefield 1

battlefieldgtx1050tiryzen52600battle

i5-8400の方が5%ほどスコアが高いです。ゲームはやはりIntelへの最適化が進んでいるようでスペック通りの数値とはなりません。単純にスペックだけをみるとRyzen 5が優勢ですが、これは仕方のない部分ですね。ここを理解した上で選択するべきCPUです。

Ryzen 5 2600搭載のおすすめBTOパソコン

LUV MACHINES AG350B2N(マウスコンピューター)

LUV MACHINES iH800SN-SH2
価格:86,800円
CPU:Ryzen 5 2600
GPU:GeForce GTX1050
SSD:非搭載
HDD:1TB



非常に手頃な一台です。8万円台は魅力的ですね。グラフィックボードにはGTX1050を搭載しているので、クリエイターの方におすすめです。3Dアプリケーションもさくさくこなすことができます。SSDが非搭載となっていますので、カスタマイズで追加するのも良いでしょう。

STYLE-R0X4-R52-LNV(パソコン工房)

STYLE-R037-i3-UHS
価格:119,980円
CPU:Ryzen 5 2600
GPU:GeForce GTX1050
SSD:240GB
HDD:2TB



LUV MACHINES AG350B2Nのストレージを強化したモデルだと言えます。ただ、価格を考えるとコスパは少し劣りますね。GTX1050は趣味や仕事でPhotoshop、3D CAD、Illustratorなどのアプリケーションを使用する方に人気があります。オンボードでは物足りないという方必見です。

GALLERIA RJ5(ガレリア)

galleriadt
価格:89,980円
CPU:Ryzen 5 2600
GPU:GeForce GTX1660
SSD:240GB
HDD:1TB



ドスパラのゲーミングPCブランドの一台です。Ryzen 5 2600を搭載した貴重なモデルになっています。グラフィックボードにはGTX1660を搭載しFULL HD環境でのゲームプレイも快適です。ストレージもSSDとHDDのデュアル搭載で利便性が高いです。ゲーミングPCらしいかっこいいケースデザインも◎

当記事のまとめ

管理人管理人

Ryzen 5 2600の性能スペック及びおすすめのBTOパソコンについて紹介しました。Ryzen 5 2600は20,000円前後のミドルクラスのCPUとして高い人気があります。i5-8400に比べてゲーミングパフォーマンスは3%-7%程度劣りますが、総合性能で見ると上回ります。それはやはり6コア/12スレッドによるパフォーマンスが大きいですね。またクロック周波数も高くブースト能力が高いのも一因です。

BTOメーカーではあまりRyzen搭載モデルは充実していないのですがRyzen 5 2600はまだラインナップが多いです。その中でマウスコンピューターの「LUV MACHINES AG350B2N」は税抜き8万円台と低価格で人気があります。また、ゲーミングブランドの「GALLERIA RJ5」も高いグラフィック性能を持ち幅広い用途で活躍します。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

当ページのベンチマーク計測のテスト環境

CPUCore i7-7700K
マザーボードASUS Z270
メモリ16GB
SSDPatriot Ignite 960GB
電源ユニットAntec HCP-1200 1200W
冷却システムCryorig R1 Universal 2x 140 mm fan
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイAcer CB240HYKbmjdpr 24インチ