corei912900k

管理人管理人

当記事では、Core i9-12900Kの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しています。Intel第十二世代Alder Lakeのフラグシップモデルが登場しました。16コア24スレッドと従来モデルからスペックが引き上げられています。やや期待外れだったCore i9-11900Kから大幅に飛躍したモデルに仕上がっています。8コア16スレッドでは競合のRyzen 9シリーズと戦うには厳しかったですね。

(+) 16コア24スレッドと高スペックCPU
(+) 現行最強のマルチ/シングルスレッド性能を誇る
(+) ゲーミングCPUとしての評価が高い
(-) 省電力性はやや見劣りしてしまう
(-) 11%程度値上がりとなっている

>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Core i9-12900Kの基本スペック

世代第12世代
アーキテクチャAlder Lake
コア/スレッド数16(8+8) / 24(16+8)
定格クロック(P)3.20 GHz
最大クロック(P)5.10 GHz
定格クロック(E)2.40 GHz
最大クロック(E)3.90 GHz
内蔵グラフィックスUHD Graphics 770
L3キャッシュ30MB
PBP125W
MTP241W
価格$599

Core i9-12900Kのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Core i9-12900Kは現行最強の性能を持つCPUです。基本的に対応できない用途はありません。動画編集・RAW現像・マンガ制作・WEBデザイン・DTMなどで負荷の掛かる作業でも問題なく使用可能です。3Dグラフィックス処理性能が必要になる用途においてはグラフィックボードを搭載する必要があります。例えば、ゲームプレイ・ゲーム実況・3D CADなどが該当します。CPU内蔵グラフィックスだけでは対応できません。もちろん高性能なグラフィックボードさえあればこれらの用途に必要なCPU性能を持っています。

Alder Lake世代CPUの概要

Alder Lake世代ではメインストリームのデスクトップ向けCPUとして初めて10nmプロセス(Intel 7)を採用しています。これまでおよそ6年も使用されていた14nmプロセスから脱却したことになります。プロセスの微細化によってより効率的にCPUダイを活用できることになります。一般的にはクロック周波数の引き上げ・省電力性の向上・機能の追加が容易になるといった恩恵を受けられます。

今世代からハイブリッドコアアーキテクチャを採用しています。パフォーマンスコア(Pコア)とエフィシェンシーコア(Eコア)の2つのコアを搭載しているのが特徴です。用途に合わせて自動的に使い分けてくれるイメージです。これもプロセスの微細化によって実現したアーキテクチャだと言えますね。

Golden Coveという名称が与えられたPコアは、Skylakeコアと比べIPCが28%も改善していて前世代のCypress Coveコアと比べても19%も改善されています。このPコアはゲームプレイなど負荷の掛かる用途で活躍します。一方で、Gracemontと名付けられたEコアは、Atomに起源を持ち省電力性に優れたコアです。ハイブリッドコアアーキテクチャを採用することでマルチスレッド性能と省電力性のバランスを取った形になっています。

新しいプロセッサーになってCPUソケットが「LGA1700」へと変更になりました。DDR5メモリサポートやPCIe Gen 5対応など次世代のI/Oを採用しています。Core i9-12900Kを購入するにあたってマザーボードを変更する必要がありますので注意してくださいね。旧モデルのDDR4メモリにも対応していますが、その際にはDDR4メモリに対応したマザーボードを選択しなければいけません。

Core i9-12900Kのスペック比較

Intel製CPUと比較

 i9-12900Ki9-11900K
コードネームAlder LakeRocket Lake
プロセス10nm14nm
コア8(P)+8(E)8
スレッド数2416
定格クロック(P)3.2GHz3.5GHz
最大クロック(P)5.2GHz5.3Ghz
定格クロック(E)2.4GHz-
最大クロック(E)3.9GHz-
オーバークロック
L3キャッシュ30MB16MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 770UHD Graphics 750
メモリタイプDDR5-4800
DDR4-3200
DDR4-3200
PBP125W125W
MTP241W251W
価格
(実売価格)
$599
(95,900円)
$539
(68,000円)
発売日2021年11月04日2021年3月30日
Core i9-12900Kは、Alder Lake世代のハイエンドモデルです。Core i9-11900Kの後継モデルとなっています。プロセスが14nmから10nmへと微細化されました。さらに、2つのコアを搭載するハイブリッドコアアーキテクチャ採用によってコア/スレッド数共に大幅に増えています。8コア16スレッドから16コア24スレッドと高スペックです。内訳はPコア8+Eコア8で、Pコアのみハイパースレッディングに対応しています。

Core i9-12900KのPコアとCore i9-11900Kのコアが同じ役割を果たしていると考えて良いですね。定格クロックは8%ダウンの3.2Ghzで、最大クロックは1%ダウンの5.2GHzとなっています。IPCが改善していますので、クロック周波数が下がっても実際のパフォーマンスは高いです。Core i9-12900Kを含むAlder Lake世代から新しく採用されたEコアは定格クロック2.4Ghz、最大クロック3.0GHzとなっています。やはりPコアに比べるとクロック周波数は抑えられていますね。

L3キャッシュ容量は90%アップの30MBとなっています。これはPコア及びEコアで共有される形になります。CPU内蔵グラフィックスはUHD Graphics 750からUHD Graphics 770へと格上げされました。少しだけグラフィック周波数が高くなりましたが、性能差を体感することはできないと思います。その他メモリ規格も変更となっています。新しい規格であるDDR5-4800もサポートしています。

PBP(ベース消費電力)は125Wと従来と変わりません。MTP(最大ターボ消費電力)は241WとCore i9-11900Kよりも4%程度抑えられています。消費電力はこれまでのTDPとTDP(PL2)からそれぞれPBP(Processor Base Power)とMTP(Maximum Turbo Power)へと変わりました。価格はCore i9-11900Kよりも11%高く$599となっています。

AMD製CPUと比較

 i9-12900K9 5950X
コードネームAlder LakeZen 3
プロセス10nm7nm
コア8(P)+8(E)16
スレッド数2432
定格クロック(P)3.2GHz3.4GHz
最大クロック(P)5.2GHz4.9GHz
定格クロック(E)2.4GHz-
最大クロック(E)3.9GHz-
オーバークロック
L3キャッシュ30MB64MB
CPU内蔵グラフィックスUHD Graphics 770非搭載
メモリタイプDDR5-4800
DDR4-3200
DDR4-3200
PBP125W105W
MTP241W142W
価格
(実売価格)
$599
(95,900円)
$749
発売日2021年11月04日2020年11月06日
AMDのフラグシップモデルであるRyzen 9 5950Xとスペックを比較していきます。Ryzen 9 5950Xは最新のZen 3アーキテクチャを採用しています。7nmプロセスのおかげで省電力性の高さが特徴です。16コア32スレッドと高いスペックを誇ります。Core i9-12900Kでは2つのコアを搭載することで物理コアは同じ数値になりました。スレッド数は25%低く24となっています。物理コアが追いついただけでも進歩ですね。従来モデルと比べてIPCが改善したことでパフォーマンスに期待が持てます。

定格クロックはRyzen 9 5950Xの方が7%高く、最大クロックはCore i9-12900Kの方が7%高いです。いずれのCPUもオーバークロックに対応しています。オーバークロックを考えている方はCPUクーラーなどに気を使う必要があります。L3キャッシュ容量はRyzen 9 5950Xの方が2.1倍多く64MBとなっています。メモリタイプはDDR5-4800に対応しているので、Core i9-12900Kの新しさがわかりますね。

消費電力についてはRyzen 9 5950Xが優秀です。PBPでは16%低く105Wで、MTPは41%低い142Wとなっています。7nmプロセスを採用しているのは伊達ではありません。価格差は$150と大きいです。コストパフォーマンスの観点からはCore i9-12900Kが優れています。

Core i9-12900KってどんなCPUなの?

Ryzen 9 5950Xを超える性能を持つ現役最強CPU

Core i9-12900Kは、16コア24スレッドというスペックを冠して高いパフォーマンスを発揮するCPUです。Rocket Lake世代のCore i9-11900Kでは8コア16スレッドというスペックでしたので、大幅にスペック向上が図られています。ここ最近の王者だったRyzen 9 5950Xよりも高い性能を持っています。

コア/スレッドを大幅に増やしたのはこのRyzen 9 5950Xに対応するためだと言えますね。ゲームプレイだけではなくクリエイター作業でも活躍すること間違いなしです。Rocket Lake世代からだけではなくそれより前のCPUを使用している方も買い替え対象となるでしょう。

消費電力は高いが従来モデルよりは改善されている

i9-12900kwatt

Core i9-12900Kは非常に消費電力の高いCPUとなっています。特にマルチスレッドでの作業中では299Wとラインナップの中で最も高い消費電力となりました。Ryzen 9 5950Xとの差は66%とかなり大きいです。Zen 3アーキテクチャの省電力性の高さには驚くしかありません。マルチスレッド性能の差が10%未満なので省電力性ではRyzen 9 5950Xの圧勝です。一方で、シングルスレッド性能においては比較的消費電力が抑えられています。Ryzen 9 5950Xとの差は8%です。

また、マルチスレッドではCore i9-11900Kよりも14%も消費電力高いです。ただし、性能が70%以上も高いので省電力性という点ではCore i9-12900Kの方が優れています。シングルスレッド性能での消費電力の差は6%です。シングルスレッド性能はCore i9-11900Kよりも22%高く十分進化していると言えますね。これなら電源ユニットに神経質になる必要はありません。

搭載BTOパソコンのラインナップは豊富

Core i9-12900Kのメリットは搭載BTOパソコンのラインナップが豊富なことでしょう。同じ倍率ロックフリーモデルであるCore i7-12700KやCore i5-12600Kと比べても圧倒的にラインアップが多いです。フラグシップモデルということもあって扱いやすさがあるのではないかと思います。基本的にグラフィックボード搭載モデルのみでRTX 3070やRTX 3080を搭載していることが多いです。

ハイエンドクラスのゲーミングPCやクリエイターPCを探している方におすすめです。ドスパラ・TSUKUMO・パソコン工房など大手BTOメーカーですでにラインアップが用意されています。今後G-Tuneでも取り扱いが始まるでしょう。好きなメーカーや構成からぜひ選択してくださいね。

Core i9-12900Kのベンチマーク

Cinebench R23

cpui912900kcinebench

Cinebench R23ではCore i9-12900Kが圧倒的なスコアを叩き出しました。Ryzen 9 5950Xよりもマルチスレッド性能が7%高く、シングルスレッド性能も22%高いです。16コア32スレッドのモンスターCPUを上回ったのはさすがです。従来モデルのCore i9-11900Kよりもマルチスレッド性能が71%高く、シングルスレッド性能は22%高いです。Core i9-11900Kを完全に過去のものにしてしまいました。これならRocket Lake世代からの買い替えでもメリットがありそうですね。

Adobe Photoshop

camerai912900k-photoedit

画像編集においても高いパフォーマンスを発揮しています。従来モデルのCore i9-11900Kよりも9%程度パフォーマンスが高いです。Ryzen 9 5950Xとの差は13%と大きいです。シングルスレッド性能が高くなったことによる恩恵だと言えます。RAW現像を考えている方にとってはメリットがあります。

Premiere Pro CC

dougahensyuui912900k-premiere

動画編集においても高いパフォーマンスを発揮しています。Core i9-11900Kよりも20%高性能で、Ryzen 9 5950Xよりも17%高性能です。Eコアがうまく機能しているのではないかと想定されます。Adobeソフト全般に強くなったように思います。

動画エンコード

dougahaisini912900k-handbrake

Ryzenシリーズが席巻していた動画のエンコード速度も同等以上のパフォーマンスを叩き出しました。Ryzen 9 5950XよりもH.264では3%速く、H.265では1%速いです。24スレッドとRyzen 9 5950Xよりも少ないですが、PコアとEコアの融合によってうまく性能を引き出せています。従来モデルのCore i9-11900Kよりもおよそ40%も高性能になっています。下位モデルのCore i7-12700Kとの差は最大24%程度とやや開いていますね。

Zipファイル

zipi912900k-7zip

Zipファイルの解凍及び圧縮速度を見ていきます。解凍速度ではRyzen 9 5950Xが圧倒的なスコアを出しています。Core i9-12900Kよりも50%近くもパフォーマンスが高いです。一方で、圧縮速度ではCore i9-12900KがRyzen 9 5950Xを30%以上上回ります。従来モデルのCore i9-11900Kよりも解凍速度は38%速く、圧縮速度は74%も速いです。

Core i9-11900Kのゲーミング性能

Borderlands 3

borderlands3i912900k-borderland3

Borderlands 3ではトップのフレームレートを出しています。Core i9-11900KよりもWQHD環境では24%高く、4Kでは19%高いです。下位モデルのCore i7-12700Kとの差は最大6%です。高解像度になるとその差はほとんどなくなります。ゲームをメインに考えているならCore i7-12700Kでも十分目的を達成できるのではないかと思います。Ryzen 9 5950Xとの差は20%程度と大きいです。

Far Cry 5

farcry5i912900k-farcry5

Far Cry 5でもトップクラスのパフォーマンスを発揮しています。Core i9-11900KよりもWQHD環境では17%高く、4K解像度では1%高いです。Far Cry 5ではCore i9-10900Kの方が性能が高いですね。それでもCore i9-12900Kが10%以上上回ります。Ryzen 9 5950Xよりも最大25%もフレームレートが高いです。やはり4KになるとCPUの性能差が縮まります。それはグラフィックボードがボトルネックとなるからです。

Metro Exodus

Metro Exodusi912900k-metroexodus

Metro Exodusでは二世代前のCore i9-10900Kがトップです。どのCPUでも差がそれほど現れておらずグラフィックボードがボトルネックになっていると考えてよさそうです。それでもWQHD環境ではRyzen 9 5950Xよりも5%程度フレームレートが高くなっています。こういったタイトルではCPUではなくグラフィックボードにお金を掛けた方が満足度が高くなります。

Core i9-12900K搭載のおすすめBTOパソコン

G-GEAR GA9J-J214/ZB(TSUKUMO)

G-GEAR価格:324,800円(税込)
CPU:Core i9-12900K
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:DDR4-3200 32GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式
RTX 3070×Core i9-12900K搭載のゲーミングPCです。オーソドックスなミドルタワーケースを採用しています。RTX 3070に合わせるにはややCPU性能が高すぎるかもしれません。もちろんコスト面に目を瞑ればそれほどデメリットとなるわけではありません。メモリ32GB、SSD 1TBと構成も充実しています。ゲームプレイだけではなくCPU負荷の高いゲーム実況や動画編集などの作業も行いたいと考えている方におすすめです。

GALLERIA UA9C-R38(ドスパラ)

GALLERIA UA9C-R38価格:399,980円(税込)
CPU:Core i9-12900K
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:DDR5-4800 32GB
SSD:1TB Gen4 NVMe
HDD:2TB

公式
ガレリアの最上位シリーズです。アルミ製ケースを採用していて質感が高いです。グラフィックスにハイクラスのRTX 3080を搭載したゲーミングPCです。Core i9-12900Kに合わせるならこのぐらいの性能は欲しいですね。4K解像度でも快適にゲームをプレイすることができます。メモリはDDR5-4800を搭載していてIntel第十二世代CPUのパフォーマンスを100%引き出せます。メモリ容量32GB、SSD 1TB Gen4 NVMe、HDD 2TBと構成も完璧に近いです。税込40万円と高額ですが、その価格に見合うモデルだと言えます。

LEVEL-R969-LC129K-DZX(パソコン工房)

LEVEL-R969-LC129K-DZX価格:405,980円(税込)
CPU:Core i9-12900K
GPU:Radeon RX 6900 XT
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式
パソコン工房のミドルタワーケースです。グラフィックスにはRadeon RX 6900 XTを搭載していて4K解像度でのゲームプレイに適しています。CPUとの相性も良いです。メモリ16GB、SSD 1TBという構成です。価格を考えると少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Intel第十二世代のフラグシップモデルであるCore i9-12900Kの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しました。Alder Lake世代になって2つのコアを搭載するハイブリッドコアアーキテクチャを採用しています。Pコア8+Eコア8で物理コアは16に到達します。Pコアのみハイパースレッディングに対応していてスレッド数は24となります。これで競合であるRyzen 9 5950Xと対等に戦える土台ができあがりました。実際には10%近く性能が高いです。シングルスレッド性能では大幅に上回ります。

2021年11月時点で多くの搭載BTOパソコンが販売されています。基本的にはハイクラス以上のグラフィックボードが搭載されていてゲーマーやクリエイターの方向けのCPUだと言えますね。価格はやや高めで30万円以上の予算が必要になります。予算が合う方であればその高い性能に満足できるでしょう。場合によっては下位モデルのCore i7-12700Kを検討してみても良いかもしれません。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

15.6インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-11700、Core i5-1135G7等
gpu

RTX 3070、RTX 3060等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume