ryzen33100amd

管理人管理人

当記事では、「Ryzen 3 3300Xの性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。7nmプロセスのZen 2アーキテクチャを採用したRyzen 3シリーズが発売されました。

Intel Core i3シリーズをターゲットにしたCPUですが、価格帯的に直接の競合がいるわけではありません。それでも用途によっては上位のCore i5-9400Fに近いパフォーマンスを発揮できるポテンシャルを持っています。

Ryzen 3 3100やCore i3-9100では性能的に物足りないと考えている方におすすめです。APUは搭載されていませんので注意してくださいね。

Ryzen 3 3300Xの基本スペック

世代第3世代
開発コードZen 2
コア/スレッド数4 / 8
クロック周波数3.80 GHz
ブーストクロック4.30 GHz
内蔵グラフィックス非搭載
TDP65W
発売日2020年5月21日
価格$120

Ryzen 3 3300Xのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Ryzen 3 3300Xは、これまでのRyzen 3シリーズとは異なり対応できる用途が増えています。”✕”となったジャンルがなく”◯”の項目が多いことから対応力の高さがわかると思います。Ryzen 3 3100では対応しにくかったゲームプレイでも安定します。

動画編集やRAW現像にも対応できるポテンシャルを持っています。一方で、ゲーム実況や3D CADについては負荷が高くなると得意とは言えません。どのような用途での使用を考えているのかを基準にCPU選びを行うと失敗しないと思います。

Ryzen 3 3300Xのスペック比較

AMD製CPUと比較

 3 3300X5 35003 1300X
コードネームZen 2Zen 2Zen
プロセス7nm7nm14nm
コア/スレッド4/86/64/4
ベースクロック3.8GHz3.6GHz3.5GHz
ターボクロック4.3GHz4.1GHz3.7GHz
内蔵GPU非搭載非搭載非搭載
L3キャッシュ16MB16MB8MB
TDP65W65W65W
価格$120$155$115
発売日2020/05/212020/02/222017/07/28
第一世代RyzenシリーズのRyzen 3 1300Xと現行上位モデルであるRyzen 5 3500と比較しています。Ryzen 3 1300Xと比べるとアーキテクチャ(コードネーム)がZen→Zen 2へと進化しました。その間にプロセスが14nm→7nmへと半減しているのが最大の特徴です。CPUのパフォーマンスはこのプロセスの進化によって決まると言っても過言ではありません。プロセスが小さくなるとその分省電力性が高くなり、パワー効率が向上します。

今回アーキテクチャーが変わったことでベースクロックが3.5GHz→3.8GHzへと9%、ターボクロックが3.7GHz→4.3GHzへと17%引き上げられています。消費電力も同じ65Wに抑えられています。また、L3キャッシュも8MBから倍増の16MBとなっているのでポテンシャルの高さが伺えます。より効率的にCPU性能を発揮できる土台があります。

上位のRyzen 5 3500と比較していきましょう。アーキテクチャ及びプロセスは同じです。コア数が4コアから6コアへと50%アップ、スレッド数が8スレッドから6スレッドへと25%ダウンとなっています。物理コアが増えることによるメリットは大きいです。パフォーマンス的にはRyzen 5 3500の方が高いです。価格差が$35あるので、コストパフォーマンスだとRyzen 3 3300Xの方が高いです。

Intel製CPUと比較

 3 3300Xi3-9300i5-9400F
コードネームZen 2Coffee Lake-RCoffee Lake-R
プロセス7nm14nm14nm
コア/スレッド4/84/46/6
ベースクロック3.8GHz3.7GHz2.9GHz
ターボクロック4.3GHz4.3GHz4.1GHz
内蔵GPU非搭載UHD Graphics 630非搭載
L3キャッシュ16MB6MB9MB
TDP65W65W65W
価格$120$143$160
発売日2020/05/212019/05/162019/07/05
次にIntel製CPUとの違いを見ていきましょう。まずは価格の近いCore i3-9300を比較していきます。本来なら知名度の高いCore i3-9100Fを選択するべきなのですが、価格が$79と差が大きいため変更しました。Core i3-9300はプロセスが14nmと大きいですね。AMDがIntel製CPUより進んでいるのがこのプロセスです。基本的には小さい方が優れていると考えて間違いありません。

コア数は同じ4コアですが、スレッド数は8コアとRyzen 3 3300Xの方が100%多くなっています。SMTに対応していることからRyzen 3 3300Xのパフォーマンスに期待が持てます。ベースクロックは0.1GHzだけRyzen 3 3300Xの方が高いです。ターボクロックは同じです。Core i3-9300ではCPU内蔵グラフィックスが搭載されていることからCPUだけの価格を見ると妥当な価格設定だと言えます。L3キャッシュはAMDの方が余裕がありますね。

Core i5-9400Fになると6コア6スレッドと物理コアが50%アップします。Ryzen 5 3500と似たスペックだと言えます。コアが多い分ベースクロックは抑えられていて0.9GHzダウンの2.9GHz、ターボクロックは0.2GHzダウンの4.1GHzとなっています。L3キャッシュは9MBと45%低いです。コア以外はRyzen 3 3300Xの方が上回っています。

Ryzen 3 3300XってどんなCPUなの?

低価格CPUの中では幅広い用途に対応することができる

Ryzen 3 3300Xは、$100前後の価格帯において高いパフォーマンスを発揮するCPUです。低予算で自作PCを構築したいと考えている方は要チェックです。ゲームプレイから動画編集、RAW現像、DTMなど負荷の掛かる作業にも対応することができます。ゲーム適正に関してはRyzen 3 3100よりも大幅にアップします。

さらに、Intel製CPUよりもコストパフォーマンスという点でも優位性があります。ただし、使用するアプリケーションあるいはプレイするタイトルによっては思い通りのパフォーマンスが発揮できないため、事前に用途を確認しておきましょう。

例えば、Photoshopでの画像編集になるとCore i3-9100Fの方が高いです。ゲームプレイにおいてもFar Cry 5やMetro ExodusではCore i3-9100Fの方がフレームレートが安定します。一方で動画のエンコードになるとCore i5-9400Fに匹敵するパフォーマンスを発揮します。

シングルCCX搭載でRyzen 3 3100よりも性能が高い

Ryzen 3 3300Xでは、いわゆる4+0 CCX(CPU Complex)配置を採用しています。Ryzen 3 3100の2+2 CCX配置と構造が異なります。Ryzen 3 3300Xでは1つのCCXを無効化しているため、効率的にコアを活かすことができます。また、16MBのL3キャッシュもまとめられているので無駄がありません。

一方、Ryzen 3 3100の場合負荷が掛かりコアが全て稼働する状態になると2つのCCX同士のやり取りが必要でレイテンシ(遅延)が発生してしまいます。同じ4コア8スレッドというスペックですが、見えない部分でちゃんと違いを作っているのです。つまり、Ryzen 3 3100と比較したらスペック以上の差が生まれているというtこです。

Ryzen 3 3300Xの躍進はこれだけに留まりません。Zen 2コアの搭載によってRyzen 7 1700だけではなく第一世代Ryzen 5シリーズよりもパフォーマンスが高くなっています。第二世代のRyzen 5 2600XがかろうじてRyzen 3 3300Xと同じ水準にあるぐらいです。Intel製CPUでも対等に戦えるのはCore i5-9600Kモデルです。

オーバークロックがパフォーマンスに与える影響は小さい

Ryzen 3 3300Xは、オーバークロックに対応したCPUです。理論上はクロック周波数を、ターボクロック周波数を一定数超えた水準で維持することができます。ただし、オーバークロックのポテンシャルが高いRyzen 3 3100に対して、Ryzen 3 3300Xはオーバークロックをしても思う以上のパフォーマンスを発揮できません。

ハイパフォーマンスなXシリーズであることを考えると残念ですが、これはRyzen 3 3300Xのクロック周波数のコントロールの仕方によるものだと思います。オーバークロックのポテンシャルを考えるとRyzen 3 3100のコストパフォーマンスの高さが際立ちます。もっともCCXといった内部的な違いもあってRyzen 3 3100との差別化はしっかり図られています。

オーバークロックとは?
意図的にCPUに設定されているターボクロック周波数以上に引き上げることを意味します。BIOS設定などでオーバークロックをすることが可能です。オーバークロックをすると当然パフォーマンスが向上しますが、一方でパーツの保証外になったり想定以上の熱が発生し故障してしまったりとリスクもあります。初心者の方は手を出さない方が良いでしょう。

Ryzen 3 3300Xのベンチマーク

Cinebench R20

cpuryzen33100-cinebench

Ryzen 3 3300Xは、Ryzen 3 3100よりも3%程度スコアが高いです。Cinebenchでは比較的スペックに忠実にスコアが出ていてそれほどスコアに差がありません。CCXの違いが見られません。Core i5-9400Fよりもマルチスレッド性能が高いのはさすがです。6コア12スレッドのRyzen 5 2600及びRyzen 5 3600になるとワンランクパフォーマンスが向上しています。

エンコード

dougahensyuuencoding-ryzen33100

動画のエンコードに掛かる時間を計測しています。数値が少ない方が掛かった時間が短く高性能であることになります。Ryzen 3 3100との差は3%とCinebench R20と同じく性能差は小さいです。注目はCore i5-9400Fのパフォーマンスの伸びです。Intel製CPUとの相性が良いようです。

Photoshop

ryzen33100-photoshop

PhotoshopでもIntel製CPUのスコアが高いです。最適化が進んでいるのだと思います。今後はRyzenシリーズへの最適化も行われるでしょう。Ryzen 3 3100との差は8%と上記2つのベンチマークよりも差が出ました。前世代のRyzen 5 2600よりも大幅に向上したのはアーキテクチャの違いが大きいのだと思います。

Ryzen 3 3300Xのゲームプレイ時フレームレート

Battlefield 5

battlefield5ryzen3300x-battlefield

ゲーミング性能になるとRyzen 3 3300Xの強さが光ります。Ryzen 3 3100との差は17%とかなり開きました。やはりゲーミングPC用のCPUとして考えるならRyzen 3 3100よりもRyzen 3 3300Xの方が好ましいです。価格が35%高いCore i5-9400Fに近いフレームレートになっています。Battlefield 5ではAMD製CPUが健闘していると思います。

Far Cry 5

farcry5ryzen33300x-farcry5 (2)

Battlefield 5に対してFar Cry 5ではIntel製CPUが優勢です。Core i3-9100Fが二番目に位置しています。それでもRyzen 3 3300Xは、Ryzen 3 3100よりも15%パフォーマンスが高いです。Ryzen 5 2600Xよりも6%高くアーキテクチャの進化が感じられます。

Metro Exodus

Metro Exodusryzen33300x-metroexodus

Metro ExodusもIntel製CPUが総じて高いフレームレートを出しています。Core i3-9100Fでもこれだけ高いフレームレートが出ているのは相性の問題が大きのではないかと思いあmす。Ryzen 3 3300XとRyzen 3 3100との差は7%と大きいです。やはりゲームプレイに関して言うとスペック以上の差が出ることがわかります。

Ryzen 3 3300X搭載のおすすめBTOパソコン

現在搭載モデルは販売されていません。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、第三世代Ryzen 3シリーズの「Ryzen 3 3300X」の性能スペックについて紹介しました。$120という価格で優秀なCPUを手に入れられる時代になっています。4コア8スレッドでマルチコア性能も高いです。第一世代のRyzen 5シリーズ以下の所有者の方なら買い替える価値があります。

映像編集、画像編集などのクリエイター用途からゲーミングプレイまで幅広く対応することができます。もちろんWEBデザインやビジネスなどもOKです。Ryzen 3 3100との内部的な違いもあってスペック以上の差が生まれています。特にゲームプレイになるとRyzen 3 3300Xの方が良いと思います。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume