ryzen33100amd

管理人管理人

当記事では、「Ryzen 3 3100の性能スペックと搭載BTOパソコン」を紹介しています。低価格帯いうこともあってそれなりの販売数を出せるポテンシャルを持つCPUです。低コストの自作PCを作りたいと考えている方やお得なBTOパソコンを購入したいと考えている方は必見です。

同時期に発売されたRyzen 3 3300X及び同価格帯のIntel Core i3-9100Fと比較しながらそのスペック及びパフォーマンスを見ていきましょう。特にRyzen 3 3300Xとの比較は興味深いにものになります。スペックは似ているのに中身は全く違うものなのです。

Ryzen 3 3100の基本スペック

世代第3世代
開発コードZen 2
コア/スレッド数4 / 8
クロック周波数3.60 GHz
ブーストクロック3.90 GHz
内蔵グラフィックス非搭載
TDP65W
発売日2020年5月21日
価格$100

Ryzen 3 3100のおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
これまでの$100という価格帯のCPUと比べると対応できる範囲は広がっています。ただ、苦手な分野もはっきりしていて用途に合わせて選択することをおすすめします。動画編集や動画投稿についても負荷が軽めであれば対応できます。RAW現像でも同様ですね。高解像度でなければ問題ありません。

ゲームプレイについてはやや厳しいと考えておくべきです。最も苦手な分野だと言えます。ゲームプレイを考えるのであれば内部的な違いもあってRyzen 3 3300X以上を選択するのが無難です。CADについても役不足と言えるかもしれません。

Ryzen 3 3100のスペック比較

AMD製CPUと比較

 3 31003 3300X3 3200G
コードネームZen 2Zen 2Zen+
プロセス7nm7nm12nm
コア/スレッド4/84/84/4
ベースクロック3.6GHz3.8GHz3.6GHz
ターボクロック3.9GHz4.3GHz4.0GHz
内蔵GPU非搭載非搭載Vega 8 Graphics
L3キャッシュ16MB16MB4MB
TDP65W65W65W
価格$100$120$99
発売日2020/05/212020/05/212018/09/10
Ryzen 3 3100は、これまでリリースされたRyzen 3000シリーズと同じZen 2アーキテクチャを採用しています。これが初めてZen 2を採用したRyzen 3シリーズです。以前まではRyzen 3を選択するとなるとZen +アーキテクチャのRyzen 3 2300XあるいはRyzen 3 3200Gを選択しなければいけませんでした。同じRyzen 3000シリーズでもアーキテクチャは一つ前のもので、パフォーマンス的に明らかにZen 2を採用したRyzen 3 3100が上回ります。

Ryen 3 3200Gと比べるとプロセスが12nm→7nmへと縮小化されています。これによって前世代のRyzen 3プロセッサーでデザインされた同じ65Wという制限の中でハイパースレッディングに対応させることができました。クロック周波数は劣っていてもIPCパフォーマンスの向上も相まってRyzen 3 3200Gよりも明らかに性能が向上しています。

L3キャッシュについても4倍の16MBと大容量です。これによってゲーミング性能を引き上げられます。このクラスのCPUではこういった細かいところも与える影響は大きくなります。上位のRyzen 3 3300Xになるとベースクロック及びターボクロックが10%前後高くなりより高い性能を持っています。実はこの2つのCPUにおいてはクロック周波数以上に性能に差があります。この点については後述します。

Intel製CPUと比較

 3 3100i3-9100Fi5-9400F
コードネームZen 2Coffee Lake-RCoffee Lake-R
プロセス7nm14nm14nm
コア/スレッド4/84/46/6
ベースクロック3.6GHz3.6GHz2.9GHz
ターボクロック3.9GHz4.2GHz4.1GHz
内蔵GPU非搭載非搭載非搭載
L3キャッシュ16MB6MB9MB
TDP65W65W65W
価格$100$75$160
発売日2020/05/212019/05/162019/07/05
Intel Core i3-9100F及びCore i5-9400Fと比較していきます。なお、いずれのモデルもCPU内蔵グラフィックスは非搭載です。AMD製の最大の強みはZen 2にあります。プロセスが7nmとIntel製CPUの半分の大きさです。CPUの進歩はこのプロセスの縮小と反比例の関係にあると言えます。アーキテクチャという部分ではAMDが優勢です。

Core i3-9100Fと比べるとコア数は同じ4コアですが、Ryzen 3 3100はスレッドが8コアと倍増しています。マルチスレッド性能についてはRyzen 3 3100の方が高いです。ベースクロックは同じ3.6GHz、ターボクロックは4.2GHzとCore i3-9100Fの方が高いです。シングルスレッド性能はCore i3-9100Fが優勢です。L3キャッシュについてはRyzen 3 3100が16MBと圧倒しています。

Core i5-9400Fと比べるとコア数はi5-9400Fが多く、スレッドはRyzen 3 3100が多くなっています。ベースクロックは3.6GHzのRyzen 3 3100が高く、ターボクロックは4.0GHzとCore i5-9400Fの方が高いです。L3キャッシュはやはりRyzen 3 3100の方が余裕があります。スペックを見る限りCore i5-9400Fともいい戦いになりそうです。

Ryzen 3 3100ってどんなCPUなの?

7nmプロセスのZen 2アーキテクチャを搭載した低価格帯のCPU

Ryzen 3 3100は、AMD自慢の7nmプロセス Zen 2アーキテクチャを採用した最も安いAMDプロセッサーです。初物尽くしで注目に値するモデルだと言えます。$100という価格帯で初めて4コア8スレッドのCPUを実現しました。その他にもこのクラスで初めてのPCI Express 4.0を採用したり、オーバークロックに対応したりと魅力十分です。

他のシリーズと同様にDDR4メモリをサポートしています。新しいB550チップセットのマザーボードを使えるのも嬉しいですね。AMD 400シリーズのチップセットを持つ古いマザーボードとも互換性があるので、前世代からの買い替えも用意です。また、APUを非搭載としていることから外付けグラフィックボードの使用が前提であることがわかります。ゲームプレイなどを想定しているのでしょう。

実はRyzen 3シリーズのリリースはAMDにもメリットがあります。なぜなら、高性能なCPUには不向きな小さな欠陥のあるダイを使ってプロセッサーを生産できるからです。生産がより効率的になるということです。例えば、1つのCCXに欠陥がある場合一部を無効化して対応できるRyzen 3 3100の存在意義は大きいです。

Core i5-9400Fに匹敵するマルチスレッド性能を持つ

ryzen33100seinou
Ryzen 3 3100は、マルチスレッド性能が高いCPUです。Intel Core i3プロセッサーやPentiumを大きく上回りCore i5-9400Fに近いパフォーマンスを持っています。第1世代のRyzenシリーズと比べると、RYzen 3 3100は、ミドルクラスのRyzen 5 1600にも勝ります。さらに、Zen +アーキテクチャのRYzen 5 2600と同じぐらい高速なのはさすがです。まとめるとRyzen 3 3100は、一般的なアプリケーションを使うための自宅やオフィスPCに最適です。

オーバークロックができるのもポイントと言えます。Ryzen 3 3100は比較的低い周波数で動作するという特徴があります。つまり、オーバークロックに対して余力があるということです。採用されているシリコン(CPUの元)は、上位モデルのプロセッサーと同じものです。つまり、より高いクロック周波数にも耐えうるということです。最大クロック周波数よりも10%程度引き上げられます。もしかしするとCCXが2つあることも要因となっているかもしれません。

ゲームプレイはやや苦手な部類に入る

価格帯を考えると十分な性能を持つCPUですが、ことゲームプレイになると平凡なモデルになってしまいます。確かに、FULL HD環境においてRyzen 7 1700XやRyzen 7 2600と同等のゲーミング性能を持っているので、Zen 2になってAMDがどれほど進化したのかを知ることができます。

Ryzen 3 3100の弱みは、2コアを持つCCX(CPU complex)を2つ持つ特殊な構造になっていてCCSがもう一つのCCXをデータのやり取りをするたびにレイテンシが生じることです。いわゆる2+2構造になっています。これがゲームプレイを得意としない理由です。負荷の掛かるタイトルの場合必ず2つのCCXを使用することになり、レイテンシが発生します。

この分割されたデザインは、2つのコアが8MBのL3キャッシュを共有しているという点でキャッシュにも影響を与えています。1つのCCX(4+0構造)の場合なら4つのすべてのコアが16MBのL3キャッシュを共有するので、データの重複を減らしてそれぞれのコアがより多くのキャッシュにアクセスできるようになります。Ryzen 3 3300Xでは1つのCCXを採用してこれらの制限を緩和させています。ゲームプレイを存分に楽しみたいなら上位のRyzen 3 3300Xを選択するのが賢明だと言えます。

Ryzen 3 3100のベンチマーク

Cinebench R20

cpuryzen33100-cinebench

Ryzen 3 3100は、Core i5-9400Fよりも高いマルチスレッド性能を持っています。シングルスレッドも5%高くなっています。オーバークロックをすればその差が広がることになります。Core i3-9100Fとの差は2%程度です。これがそのまま実際のアプリケーションに適応できるわけではありませんが、期待しても良い水準だと言えます。

エンコード

dougahensyuuencoding-ryzen33100

エンコードに掛かる時間を計測しています。数値が少ない方が高性能です。Core i3-9100Fを大きく上回っています。その差は30%近くと圧倒的です。マルチスレッド性能の高さをうまく活かせています。H.265でもH.264でも同じぐらいですね。オーバークロックをすればRyzen 3 3300Xと同等の性能まで引き上げられます。

Photoshop

ryzen33100-photoshop

画像編集及び映像編集の処理に掛かる時間を計測しています。こちらも数値が少ない方が高性能だということです。Photoshopになるとガクッとパフォーマンスが低下します。Core i3-9100Fとの差は画像編集で26%、映像編集で6%となっています。Intel製のCPUへの最適化が進んでいるのかAMD製CPUが苦戦していますね。用途に合わせて選択することが大切です。

Ryzen 3 3100のゲームプレイ時フレームレート

Battlefield 5

battlefield5ryzen33100-battlefield

Battlefield 5ではそれなりの性能が出ています。ただ、Ryzen 3 3300Xとの差も大きく14%となっています。Core i3-9100Fと同様にややゲームプレイには向いていないと言えます。最低でもRyzen 3 3300Xを選択するべきでしょう。

Far Cry 5

farcry5ryzen3100-farcry5

Ryzenシリーズ全般に苦戦しています。Ryzen 3 3100とCore i3-9100Fとの差は26%と大きいです。オーバークロックをしてかろうじて対応できるぐらいです。CCXが2つあることのデメリットです。Intel製CPUが強いです。

Metro Exodus

Metro Exodusryzen33100-metroexodus

Metro Exodusでも最下位となりました。Ryzen 3 3300Xとの差は7%と大きいです。Core i3-9100Fとの差は10%程度あります。今後登場するタイトルへの適応力には期待できないですね。

Ryzen 3 3100搭載のおすすめBTOパソコン

現在搭載モデルは販売されていません。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、Ryzen 3 3100の性能スペックについて紹介しました。$100という低価格帯にも関わらず4コア8スレッドとマルチスレッドの高さが魅力です。さらに、PCI Express 4.0や高性能DDR4メモリをサポートしているなど新しいCPUだけあって盛りだくさんです。

総合性能ではCore i5-9400Fに近い性能を持っていますが、Photoshopやゲームなどやや苦手なジャンルもあります。不安定なところがあるのがAMDらしさと言えるかもしれません。それでもオーバークロックの余力もありポテンシャルは高いです。

Ryzen 3 3100はCPU内蔵グラフィックスが非搭載となっています。このCPUを選ぶ多くの方はゲーム以外の用途で安価なモデルを手に入れたいと考えているはずです。そう考えると外付けのグラフィックボード搭載が前提なのは痛いですね。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume