ryzen95900x

管理人管理人

当記事では、Ryzen 9 5900Xの性能スペック及び搭載BTOパソコンについて紹介しています。ついに、2020年11月6日にRyzen 5000シリーズが発売開始となりました。Ryzen 9 5900Xは、Ryzen 5000シリーズにおいてRyzen 9 5950Xと同じくハイエンドモデルとなっています。

12コア24スレッドのRyzenらしさ全開のCPUは、用途を選ばず扱いやすさが魅力です。特徴という面では前世代のRyzen 9 3900Xと共通する部分も多く新しい世代を象徴するCPUになりそうです。クリエイターの方にもおすすめです。

Ryzen 9 5900Xの基本スペック

世代第4世代
開発コードZen 3
コア/スレッド数12 / 24
クロック周波数3.70 GHz
ブーストクロック4.80 GHz
内蔵グラフィックス非搭載
TDP105W
発売日2020年11月06日
搭載モデル173,800円~
*第4世代Ryzenですが、型番は4000番台ではなく5000番台となっていることに留意してください。第3世代が3000番台だったことを考えるとイレギュラーな形になっています。

Ryzen 9 5900Xのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
Ryzen 9 5900Xは用途を選びません。何をするにも高い対応力で快適な動作を約束してくれます。4KやWQHDなどの高解像度の動画編集も軽く行えます。ゲームプレイに関してはWQHD以上を推奨します。FULL HD環境では性能を持て余す可能性があります。

これはゲーム以外にも言えることで、過剰な性能ですがコスト面を無視できればデメリットにはなりません。何でもこなすためには高い性能が必要です。対応力の広さが性能過剰を生んでいるだけで、それこそがRyzen 9 5900Xの魅力と言えます。特殊な用途になるRAW現像・WEBデザイン・CADなどにも余裕を持って対応可能です。

Ryzen 9 5900Xのスペック比較

AMD製CPUと比較

 9 5900X9 3900XT9 3900X
コードネームZen 3Zen 2Zen+
世代第4世代第3世代第2世代
プロセス7nm7nm7nm
コア/スレッド12/2412/2412/24
ベースクロック3.7GHz3.8GHz3.8GHz
ターボクロック4.8GHz4.7GHz4.6GHz
L3キャッシュ64MB64MB64MB
内蔵GPU非搭載非搭載非搭載
TDP105W105W105W
定価$549$499$499
国内価格77,000円~59,000円~58,000円~
搭載PC価格156,800円~139,800円~127,980円~
Ryzen 9シリーズは第3世代からの登場です。基本的に第3世代と第4世代の違いはアーキテクチャがZen 2かZen 3の差でしかありません。コア/スレッド数もL3キャッシュもTDPも同じです。内蔵GPUがないのも共通です。クロック数にしても、同等と言える差です。最新の第4世代では価格が大幅にアップしています。コストパフォーマンスが魅力のRyzenシリーズにとっては少し思い切った価格設定ですね。

従来のCPUとスペックを比較しても、性能差があるように見えません。実際には相応の性能差があります。CPUはアーキテクチャが全てだということがよく分かる事例ですね。TDPに関しては消費電力を表しているわけではありません。実際に使用すると消費電力に差は生じます。この差はそのまま性能差となるので、消費電力には注目したいところです。

Zen 3アーキテクチャを採用した一番の変化はL3キャッシュとCPUコアを結びつけるCCX(Core Complex)の構成が変わったことです。ZenとZen 2では4基のCPUコアを16MBの共有L3キャッシュを1つにまとめてCCXを構成していました。そして、2基のCCXを1つのシリコンダイとしていました。

これをZen3では8基のCPUコアと32MBの共有L3キャッシュを1つしたCCXへ変更しました。第3世代のRyzenが特定の場面で性能を落とす原因として、このCCXの構成に問題があったのではと指摘されています。第4世代のZen3アーキテクチャでは、前世代までにあった弱点を補う設計がされています。

スペックだけ見ると誤差の範囲内であっても、中身は大きく異なります。処理性能の向上とアクセス遅延を軽減したZen3は強化版Zen 2という位置付けです。最新のアーキテクチャとしては少し弱い印象もありますが、弱点を補いパフォーマンスを向上させているのなら十分と言えるでしょう。

Intel製CPUと比較

 9 5900Xi9-10900KF
ブランドAMD
(Ryzen)
Intel
(Core )
プロセス7nm14nm++
コア/スレッド12/2410/20
ベースクロック3.7GHz3.7GHz
ターボクロック4.8GHz5.3GHz
オーバークロック
L3キャッシュ64MB20MB
内蔵GPU非搭載非搭載
TDP105W125W
定価$549$474
国内価格(税抜)65,000円~52,000円~
搭載PC価格(税抜)173,800円~138,800円~
対抗製品であるIntel第10世代のCore i9-10900KFと比較します。Core i9-10900KFはCPU内蔵グラフィックスが非搭載となっているので、Ryzen 9 5900Xの比較対象としてばっちりだと思います。プロセスは7nmと14nmという違いがあります。これはプロセスの大きさを表しています。同じ大きさのCPUに収めるなら、7nmの方が14nmに比べて50%多く搭載できます。これがL3キャッシュ容量の多さに繋がっています。

また、コア/スレッド数でも12/24と10/20でRyzen 9 5900Xが多くなっています。コア数は処理機構、スレッドは補助機構で、この数が多いほど複雑な処理を円滑に行えます。スペック上ではRyzen 9 5900XがCore i9-10900Kを圧倒している形となります。

続いて、クロック数ではCore i9-10900Kが最大5.3GHzで優位に立っています。これは1つのコアあたりの最大処理速度に近いです。仮に全てのコアとスレッドを総動員できるならコアとスレッドに勝るRyzen 9 5900Xが有利ですが、全て使いきれる場面はほとんどありません。用途によってはCore i9-10900Kの性能が高くなる要因とも言えます。

L3キャッシュはRyzen 9 5900Xが圧倒しています。これはRyzenシリーズがより小さなプロセスを採用していることに起因します。様々なの用途で高いパフォーマンスを発揮する理由は余裕のあるL3キャッシュによるものとも言えます。TDPでは20WほどRyzen 9 5900Xが低いです。

前述の通り、これは消費電力をそのまま表しているわけではありません。負荷が掛かる場面ではCore i9-10900Kを上回ることもあります。基準程度に見ておく方がよいですね。CPUはアーキテクチャの仕様が全てと言えるので、表面的なスペックの比較は必ずしも性能を表すものではありません。あくまでもスペックの比較です。

Ryzen 9 5900XってどんなCPUなの?

用途を選ばない高い処理性能が魅力のCPU

Ryzen 9 5900Xは、一般モデルに採用されるCPUの中で最も高い処理性能を持つCPUです。特にマルチスレッド性能が高く12コア24スレッドは最多です。最高クラスの処理性能と合わせて、用途を選ばないモデルだと言えます。ゲームをプレイすることにも、専門的なアプリケーションを操作することにも適しています。

クリエイティブな作業では最も高いパフォーマンスを発揮します。3Dグラフィック系のアプリケーションを使用するには最適です。特定の用途に限定せず、趣味から作業まで幅広くカバーしたいなら選んでおきたいCPUですね。Intel製CPUにはない魅力を兼ね備えています。

コストパフォーマンスが非常に高い

Ryzen 9 5900Xは、前世代のRyzen 9 3900Xと比べて価格は高くなりましたが、その価格以上に性能も高くなったのでコストパフォーマンスは良好と言えます。アーキテクチャの改善はインパクトが大きいですね。ゲーミング性能についてはツーランクパフォーマンスが引き上げられています。CPUを選ぶ上で価格に対する性能を重視される方は多いはずです。その点においてRyzen 9 5900Xは優位性があります。

この先5年・10年と使用していく上で、性能不足になりにくいというのもコストパフォーマンスを決める要素です。買い替える時期が伸びれば、それだけ費用を抑えることに繋がります。例えば下位のRyzen 5 5600XとRyzen 9 5900Xでは3万円ほどの価格差です。当然Ryzen 5 5600Xの方が寿命が早く来るためパソコン本体の買い替え頻度が多くなります。コストパフォーマンスを重視することは、ハイエンドユーザー以外にもメリットがあると言えます。

Ryzenシリーズの魅力は半減

性能が高く、コストパフォーマンスにも優れているのはRyzen 9 5900Xの魅力です。ただ、わずか$50とは言っても前モデルから価格自体が上がっているのは良いこととは言えません。Ryzenシリーズの良さはIntelのCore iシリーズに対して、性能が高くて価格が安いことにありました。CPUファンが付属しなくなった上に、Core iシリーズよりも高くなってしまったのは魅力半減と言わざるを得ません。

価格が上がった以上に性能は向上しましたが、価格自体の上昇は誰にとっても嬉しいものではありません。コスト面でCore iシリーズにリードを許すようになると、これまで持っていたRyzenの特徴を奪われる可能性があります。

例えば、価格が逆転してしまえばCore iシリーズの評価はRyzenシリーズに対して、同等の性能で価格が安いという風になります。価格に関しては先に登場したCPUの方が早く安くなります。この点においてRyzen 9 5900Xは少し不利な状況にあると言えます。

Ryzen 9 5900Xのゲームプレイ時フレームレート

Shadow of the Tomb Raider

Shadow of the Tomb Raiderryzen95900x-shadow

RyzenシリーズがCore iシリーズを超えるスコアを出しています。Ryzen 9 5900Xは、IntelのフラグシップモデルであるCore i9-10900Kより3%-4%高いです。下位のRyzen 7 5800Xよりも6%高く差別化が行われているように思います。前世代のRyzen 9 3900Xと比べると27%もスコアが伸びていることからアーキテクチャの進化を感じられます。Ryzen 5シリーズのみ競合のCore i5-10600Kに劣るもののおおよそCore iシリーズよりもパフォーマンスが高いです。

Far Cry 5

farcry5ryzen95900x-farcry5

Far Cry 5ではCore i9-10900Kが高い数値を示しています。Ryzen 9 5900Xとの差は6%とやや開いていますね。第4世代のRyzenシリーズがゲームに強くなったと言っても、FULL HD・WQHD環境では届きません。Ryzen 9 5900XはRyzen 7 5800XにもFULL HD環境では劣っています。この辺りは前世代と同じ傾向にありそうです。

一方で、前世代のRyzen 9シリーズからすると大幅な成長を見せています。おおよそ25%高いです。他のゲームでもここまでの伸びを見せていないので、アーキテクチャによる影響というよりもゲームの最適化の影響でしょうか。CPU負荷が高まるほどパフォーマンスによる影響が出るので、Ryzen 9 5900Xは負荷が高いほど真価を発揮しそうです。パフォーマンスは伸びませんが、落ちにくいという意味で安定したCPUと言えます。欲を言うならCore i7-10700Kには並んでおきたかったですね。

Ryzen 9 5900Xのベンチマーク

Cinebench R20

cpuryzen95900x-cinebench

Cinebench R20ではRyzenシリーズが高い数値で圧倒的です。Ryzen 9 5900Xは従来のRyzen 9 3900Xと比べて、マルチスレッドの性能は18%ほど伸びています。そして、シングルスレッドの性能でもCore i9-10900Kを上回る数値です。これまでIntelの牙城だったシングルコア性能ですら上回っているのです。スコア600超えは圧巻です。総合的な処理性能ではRyzen 9シリーズが群を抜いていると言えますね。

Handbrake

dougahensyuuryzen95900x-handbrake

Ryzenは動画のエンコードで最も体感できる性能を生み出します。マルチコア性能と処理性能が求められるエンコードはRyzenシリーズの長所が活かされます。H.265ではCore i9-10900Kよりも20%ほど短縮されます。処理性能が求められる用途ではRyzen 9 5900Xは一段違いランクにあると言えるでしょう。従来のRyzen 9 3900Xと比べても20%以上の短縮です。格段に性能の差を見せつけています。これはCCXの構成を変更したことによる影響でしょうか。レイテンシの軽減がこれほどまでに影響を与えるとは思いませんでした。

Ryzen 9 5900X搭載のおすすめBTOパソコン

ZEFT R28A(セブン)

ZEFT R28A価格:173,800円
CPU:Ryzen 9 5900X
GPU:GeForce GTX 1650 Super
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB
HDD:非搭載



Ryzen 9 5900X搭載最安値のゲーミングPC。メモリが8GBなのでRyzen 9 5900Xの性能を活かしにくいです。ゲームをプレイするにも、作業をするにも少し中途半端ではあります。メモリを既に所持しているなら、お得に選択できるゲーミングPCとなります。全体的に控えめな構成ながら、CoolerMaster製の水冷CPUクーラーが標準搭載されています。ベースモデルとしての選択であれば有用なモデルです。ゲーミングPCですが、ゲームをメインとするにはあまりおすすめできません。Ryzen 9 5900Xの性能を活かした作業向けのモデルです。

LEVEL-R0X5-R59X-DXXH(パソコン工房)

level-r価格:198,980円
CPU:Ryzen 9 5900X
GPU:Radeon RX 5700 XT
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:2TB



ハードなゲームプレイに適したゲーミングPCです。CPUとGPUが同じAMD社製ですので相性は抜群です。CPUファンは高冷却のオリジナルサイドフロー型CPUファンが搭載されています。メモリも16GBあるのでRyzen 9 5900Xの性能は活かしやすいでしょう。全体的にバランスの取れたゲーミングPCで、ゲーム以外へも対応しやすいのが特徴です。ゲーマーだけでなく、クリエイターにも適したモデルです。

ZEFT R28T(セブン)

ZEFT R28T価格:
CPU:Ryzen 9 5900X
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:DDR4 32GB
SSD:500GB NVMe Gen4
HDD:2TB



ゲームから作業まで、Ryzen 9 5900Xの性能を活かしきるためのゲーミングPCです。メモリ32GB、CoolerMaster製の水冷CPUクーラー標準搭載で、増設やカスタマイズの必要性がありません。搭載されているSSDはGen4対応モデルです。Ryzen 9 5900Xのために構成されたモデルと言えます。何にでも対応できるという特徴をフルに引き出しています。パフォーマンスを重視するならおすすめのゲーミングPCです。

当記事のまとめ

管理人管理人

Ryzen 9 5900Xは第4世代RyzenシリーズのハイエンドクラスのCPUです。用途を選ばない高い性能は人も選びません。Zen 3へと進化したアーキテクチャは、これまで苦手だったゲームへの対応力も大幅に底上げしました。少しまだ苦手な要素は残っていますが、これ以上を求めるのは贅沢と言えるくらいまで伸びています。

一方で、価格が競合製品のCore i9-10900Kを超えるまでになりました。合わせて従来のRyzen 9 3900X搭載モデルと比べて価格が高めに設定されるようになったのは少しネックと言えます。CPUファンが付属しなくなったことも合わせて、魅力を損なう部分もあります。それでも、総合的な性能はそれらのデメリットを飲み込むには十分と言えるでしょう。ゲームも作業も何もかもをこなしたい欲張りユーザーにおすすめのCPUです。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume