amdryzenchip画像引用元:https://www.amd.com/en/ryzen

管理人管理人

当記事では、「Ryzen 7 3700Uの性能スペックと搭載BTOノートパソコン」を紹介しています。4コア8スレッドとノート向けモデルとしては高いマルチスレッド性能を持つCPUです。内蔵グラフィックスの性能も高くなりよりオールラウンドに使用することができます。

第二世代になって海外メーカーを中心にRyzenシリーズ搭載のBTOパソコンが増えているので選択肢に入っているユーザーも多いのではないでしょうか。この気になるCPUについてそのスペックや特徴について詳しく検証します。

Ryzen 7 3700Uの基本スペック

世代ノート向け第2世代
開発コードPicasso
コア/スレッド数4 / 8
クロック周波数2.30 GHz
ブーストクロック4.00 GHz
内蔵グラフィックスRadeon Vega 10 Graphics
TDP15W
発売日2019年1月7日
価格-

Ryzen 7 3700Uのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
ノート向けのCPUとして考えると対応力は高いです。ゲームプレイに関してはグラフィックボード搭載モデルがないことから実質できないと考えた方が良いですね。動画編集に関してはFULL HD以下の軽いファイルであれば問題なく使用できます。RAW現像、WEBデザイン、ビジネスなどであればさくさく行えます。搭載モデルのメモリ容量を増やしておくと良いですね。ノートパソコンの場合特に総合力が重要となります。

Ryzen 7 3700Uのスペックを比較

第1世代Ryzenと比較

 Ryzen 7 3700URyzen 5 3500URyzen 7 2700U
コードネームPicassoPicassoRaven Ridge
プロセス12nm12nm14nm
コア/スレッド4/84/84/8
ベースクロック2.3GHz2.1GHz2.2GHz
ターボクロック4.0GHz3.7GHz3.8GHz
L3キャッシュ4MB4MB4MB
内蔵GPURadeon Vega 10Rasdeon Vega 8Radeon Vega 10
TDP15W15W15W
単体価格---
搭載PC価格76,956円~55,176円~-
前世代のノート向けRyzenシリーズと比較します。ノート向けに関してはRyzen 7 3○○○となっていますが第二世代です。つまり、前の世代は第1世代ということになります。第1世代のRyzen 7 2700Uから大きくアーキテクチャが変わったわけではありません。それでもプロセスが14nm→12nmに縮小化され省電力性・性能面で引き上げられています。クロック周波数以上の性能差があります。内蔵GPUについては同等です。

下位のRyezn 5 3500Uと比較するとコア及びスレッド数は同じであることがわかります。異なるのはベースクロック/ターボクロック周波数と内臓GPUです。内蔵GPUの性能差はそれほど大きくありません。軽い3Dグラフィックス処理のみ対応可能です。ゲームプレイについては負荷の軽い昔のタイトルであればHD×低設定でかろうじてゲームプレイができる程度です。

Intelと比較

 Ryzen 7 3700Ui7-8565Ui7-1065G7
コードネームPicassoWhiskye LakeIce Lake
プロセス12nm14nm10nm
コア/スレッド4/84/84/8
ベースクロック2.30 GHz1.80 GHz1.30 GHz
ターボクロック4.00 GHz4.60 GHz3.90 GHz
L3キャッシュ4MB8MB8MB
内蔵GPURadeon Vega 10UHD Graphics 620
Iris Plus Graphics
TDP15W15W15W
単体価格-$409$426
搭載PC価格76,956円~94,980円~119,980円~
発売日Q1'19Q3'18Q3'19
競合であるIntelのCPUと比較していきます。第八世代のCore i7-8565Uが元々の競合でした。プロセスも14nmと12nmの違いがあってRyzenが優勢です。性能面でもおおよそ上回っていると考えて良いですね。その後登場したIntel第十世代Core i7-1065G7はプロセスが10nmと進化しています。

Core i7-1065G7は、Ryzen 7 3700Uと比較してベースクロックが1.30 GHzと低いですが、アーキテクチャの改善によって性能が高くなっています。L3キャッシュも8MBと倍増です。内蔵GPUについても強化が図られていてIris Plus Graphicsを採用しています。Radeon Vega 10とほぼ同等の性能を持ちます。

なお、それぞれの搭載パソコンを見るとRyzen 7 3700U搭載モデルがやや割安となっています。構成などの違いがあるとしてもこれだけ価格の優位性があるのは嬉しいですね。

Ryzen 7 3700UってどんなCPUなの?

第2世代省電力モデルのフラグシップモデル

Ryzen 7 3700Uは、第二世代Ryzen Uシリーズのフラグシップモデルです。省電力モデルということで消費電力は15Wに抑えられていてコンパクトなノートパソコンでも採用されています。

Intel第八世代のCore i7-8565Uよりも高い性能を持ちます。ただし、その後発売開始された最新のCore i7-1065G7にはやや劣ります。それでもほぼ同等のパフォーマンスを発揮します。

デスクトップ向けの第3世代Ryzenとは異なる

当該CPUの注意点としてRyzen 7 3○○○とは言ってもデスクトップ向けの第三世代Ryzenとは異なるモデルだということです。ここはややこしいところですね。つまり、アーキテクチャ的には最新のデスクトップ向けモデル「Zen 2」ではなく一世代前のモデル「Zen+」を流用しているということです。

当然性能や省電力性についても第一世代のRyzenから飛躍的に向上したわけではありません。全く性能が上がっていないわけではありません。デスクトップ向けのRyzenでは7nmプロセスを採用していて12nmプロセスよりも一歩先をいっています。

搭載BTOノートパソコンのラインナップが増えている

第二世代Ryzenになって明らかに搭載モデルが増えてきました。まだまだ海外勢が中心となっていますが、今後国内のBTOメーカーから販売されることも期待されます。

Ryezn搭載のノートパソコンは、同じクラスのIntel製CPU搭載モデルよりもかなり安く購入できるのが魅力的です。第三世代Ryzenの登場も控えていますので、今後もパソコン業界は盛り上がりそうですね。

ベンチマークでわかるRyzen 7 3700Uの性能!

Cinebench R20

cpuRyzen 7 3700U-cinebenchr20

CPUのレンダリング性能を計測しています。定番のベンチマークソフトです。Ryzen 7 3700Uは、Comet LakeであるCore i7-10510Uよりも5%程度性能が高いです。シングルスレッド性能については5%劣っていますが、基本的なアプリケーションではRyzenが優勢です。なお、Core i7-1065G7と比べると2-8%劣ります。Ice Lakeのパフォーマンスは目を見張るものがあります。

Handbrake

dougahensyuuRyzen 7 3700U-handbrake

動画のエンコードに掛かる時間を計測しました。数値が少ないほど高性能となっています。Ryzen 7 3700Uは、他のCPUを圧倒するパフォーマンスを発揮しました。Core i7-1065G7よりも7%高速です。Core i7-8565Uの後継モデルであるCore i7-10510Uよりも12%程度高いです。ノート向けCPUでもRyzenが台頭してきましたね。

Ryzen 7 3700U搭載のおすすめBTOノートパソコン

HP ENVY x360 13 パフォーマンスモデル(HP)

HP ENVY x360 13sstandard価格:129,800円(118,000円 税抜)
CPU:Ryzen 7 3700U
GPU:AMD Radeon RX Vega 10 Graphics
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載



HPの13インチノートパソコンです。テントモード、タブレットモードなど用途に合わせて使い方を変えられるのが魅力です。耐久性が高く品質にも定評があります。メモリ16GB、SSD 512GB NVMe対応搭載で構成も充実しています。価格はやや高めですが、機能や構成を考えると納得できるでしょう。

HP ENVY x360 15 パフォーマンスモデル(HP)

HP ENVY x360 13sstandard価格:129,800円(118,000円 税抜)
CPU:Ryzen 7 3700U
GPU:AMD Radeon RX Vega 10 Graphics
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載



「ENVY x360 13 パフォーマンスモデル」の15インチモデルです。持ち運びのしやすさよりも作業効率の良さを重視される方におすすめです。モニターが大きいためテントモードでの動画閲覧も快適になります。メモリ16GB、SSD 512GB NVMe対応モデルと充実の構成が嬉しいですね。

Ideapad S540 – ミネラルグレー(Lenovo)

lenovo-jp-ideapad-s540-14-gallery-0426-2価格:76,956円(69,960円 税抜)
CPU:Ryzen 7 3700U
GPU:AMD Radeon RX Vega 10 Graphics
メモリ:DDR4 8GB
SSD:512GB
HDD:非搭載



Ryzen 7 3700U搭載の最安値クラスのノートパソコンです。この価格でSSDを搭載しているのは驚きです。512GBと容量もあるためある程度余裕があります。メモリ8GBとこちらも十分でしょう。動画編集など負荷の高い作業を行わないのであれば価格の安さでこのモデルを選んでも後悔しません。

ThinkPad E595:プレミアム・FHD搭載(Lenovo)

ThinkPad E595価格:107,822円(98,020円 税抜)
CPU:Ryzen 7 3700U
GPU:AMD Radeon RX Vega 10 Graphics
メモリ:DDR4 16GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:1TB



LenovoからもRyzen搭載ノートパソコンが販売されています。上記の二つのモデルに比べて価格は控え目です。オーソドックなノートパソコンで持ち運びにも適しています。SSD 256GB NVMe対応、HDD 1TBとダブルストレージが特徴です。最近はHDD非搭載のBTOパソコンが増えている中でストレージ容量を確保したい方向けです。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事ではAMD第二世代Ryzenシリーズ「Ryzen 7 3700U」の性能スペック及び搭載モデルについて紹介しました。4コア8スレッドとノート向けのCPUとしては高性能です。省電力モデルでは最高峰のCPUとなっています。競合はIntel Core i7-8565U及び最新のCore i7-1065G7です。動画視聴、オフィスソフト、クリエイターソフトの使用にも最適です。動画編集については負荷の高いファイルであれば対応できます。

現時点でRyzen 7 3700U搭載モデルは、HPの「ENVY x360 13 パフォーマンスモデル」、「ENVY x360 13 パフォーマンスモデル」とLenovo「Ideapad S540 – ミネラルグレー」、「ThinkPad E595:プレミアム・FHD搭載」です。過去には東芝やASUSからも販売されていましたが品切れとなっています。HPのモデルは2 in 1タイプで機能性が高いです。動画視聴にも適していると言えます。価格は高めですが、メインで使うノートを探している方は必見です。LenovoのIdeapad S540は税抜6万円台と最安値クラスです。Intel製のモデルと比べても割安です。ThinkPadはオーソドックスなモデルとなっています。黒色のデザインでビジネス向きです。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

14.0インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-10700、Core i5-10210U等
gpu

GTX 1650 Super, RTX 2070 Super等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume