cpucorei78550u

管理人管理人

当記事では、「Core i5-8265Uの性能スペックと搭載BTOノートパソコン」を紹介しています。2018年後半に登場したモバイル向けCPU(Whiskey Lake)です。

Kaby Lake RefreshのCore i5-8250Uの後継となっていて高コスパのノートパソコンを探している方必見です。スペック的にどのような違いがあるのか、性能的にはどのぐらいパワーアップしたのかを詳しく見ていきましょう。

Core i5-8265Uの基本スペック

世代第8世代
開発コードWhiskey Lake
コア/スレッド数4 / 8
クロック周波数1.60 GHz
ブーストクロック3.90 GHz
内蔵グラフィックスIntel UHD Graphics 620
TDP15W
発売日2018年10月頃
価格$297

Core i5-8265Uのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
×
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
第八世代のCore i5シリーズであれば対応できる範囲は広いです。デュアル環境を構築したり、RAW現像をしたりと一般ユーザーにとっては十分な性能だと思います。軽いものであれば動画編集をこなすことも可能です。サブPCとしても魅力的ですね。

Core i5-8265Uのスペック比較

 Core i5-8265UCore i5-8250Ui7-8565U
コードネームWhiskey LakeKaby Lake-SWhiskey Lake
プロセス14nm++14nm+14nm++
コア/スレッド4/84/84/8
ベースクロック1.6Ghz1.6Ghz1.8Ghz
ターボクロック3.9Ghz3.4Ghz4.6Ghz
内蔵GPUUHD 620UHD 620UHD 620
TDP15W15W15W
発売日Q3'18Q3'17
Q3'18
単体価格$297$297$409
搭載PC価格82,980円~74,980円~94,980円~
前モデルであるCore i5-8250Uとスペックを比較していきます。コードネームは異なるもののアーキテクチャは同じでどちらも第八世代のCPUです。プロセスが14nm+から14nm++とわずかに変更となっています。およそ1年後に発売したモデルですが、スペックで変更となったのはターボクロック周波数が3.4GHz→3.9GHzへと15%向上しただけです。性能が上がっていることは間違いありませんが、Core i5-8250Uと性能差を体感することは難しいでしょう。

上位のCore i7-8565Uと比較するとベースクロック及びターボクロックが向上しています。ベースクロックが上がりよりパフォーマンスが高くなります。その分価格も上がってしまうため、Core i5とCore i7では壁がありますね。価格を取るか性能を取るか好みで選択すると良いでしょう。ただし、価格差以上に性能差があるかというと難しいです。

Core i5-8265UってどんなCPUなの?

オールラウンドに対応できる器用なCPU

Core i5-8265Uを一言で表すと”オールラウンドに対応できる器用なCPU”です。モバイル向けCore iシリーズの真ん中に位置するCPUということであり性能は高めです。極端に負荷の高い作業を行うということ以外では高いパフォーマンスを発揮します。

上記で記載したとおりRAW現像、WEBデザイン、デイトレ、ビジネスなど幅広く対応できます。多くのCPUがあるため初めての方は悩んでしまうかもしれません。しかし、コストパフォーマンスやCPU性能のバランスを考えると賢明な選択になるでしょう。

省電力性が高く持ち運びに適している

Core i5-8265Uは、省電力性が高く消費電力はわずか15Wです。デスクトップ向けのCore i5-9400Fが65Wであることを考えるといかに省電力なのかがわかるでしょう。もちろん性能差はありますが、モバイル向けのCPUとなると性能よりも省電力であることが重要になってきます。

なぜなら持ち運びを考えた上で消費電力が大きいとバッテリー駆動時間が短くなり本末転倒だからです。型番の末尾にある”U”は省電力であることを表しています。なお、ノート向けでもハイクラスのCore i5-9300Hなど末尾に”H”のあるモデルでは45Wと性能を重視しています。当然性能は高いです。

Core i5-8250Uとの性能差は体感できない

前モデルに当たるCore i5-8250Uとの違いは、プロセスとブーストクロック周波数のみとなっています。確かに性能は5%程度伸びているものの違いを体感することは難しいと言えます。これから新しくノートパソコンの購入を考えている方には魅力的な選択肢となります。

しかしながら、すでにCore i5-8250U搭載モデルを使用している方は買い換えるほどではありません。1年経過で買い替えを検討している方は少ないと思いますが、もし性能差を体感したいのであればCore i7-8565Uを選択する方が良いでしょう。

ベンチマークでわかるCore i5-8265Uの性能!

Cinebench R15

cpucinebench-Core i5-8265U

Core i5-8250Uとの性能差はそれほど出ていませんね。これぐらいであればほぼ同等と考えて良いでしょう。上位のCore i7-8550Uとの差もマルチスレッドでは大きくありません。

Handbrake

dougahensyuuHandbrake-i5-8265u

動画のエンコードに掛かる時間を計測しています。数値が少ないほど高性能であることを表します。Handbrakeでは4%程度性能が向上しています。上位のCore i7-8550Uとの差は広がっていますね。ベースクロックとブーストクロックが増えるとそれがそのまま反映されることになります。当然物理コアが増える方が有利です。

7 Zip

7zip-Core i5-8265U

7 Zipの圧縮及び解凍速度を計測しています。Core i5-8250Uと比較して伸びはほとんどなく誤差の範囲です。Cinebench以上に実際の環境では差が出ていますね。Core i3とCore i5の差も大きいです。Core i3-8145Uと比べると50%ほど高性能です。

Adobe Premiere

Adobe Premiere-c

Lumetri エフェクトで4K動画のエンコードに掛かった時間をまとめています。数値が少ないほど高性能です。Core i5-8250Uとほぼ数値は変わっていません。Core i7-8565UとCore i3-8145Uの間に位置しています。

Core i5-8265U搭載のおすすめBTOノートパソコン

m-Book B401S-M2S1(マウスコンピューター)

mbook-b508h価格:64,800円
CPU:Core i5-8265U
GPU:UHD Graphics 620
メモリ:8GB
SSD:128GB
HDD:非搭載



税抜6万円台と低価格なのが嬉しいノートパソコンです。Core i5-8265Uのいいところが押し出されているのが魅力です。13.3インチの大きさで14インチ液晶を実現しています。ナローベゼルだからこそなし得るモデルです。メモリ8GB、SSD 128GBと最低限の構成を持っています。バッテリー駆動時間も約9.8時間と余裕があります。

STYLE-14FH055-i5-UHEG(パソコン工房)

STYLE-14FH055-i5-UHEX価格:86,980円
CPU:Core i5-8265U
GPU:UHD Graphics 620
メモリ:8GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:非搭載



「m-Book B401S-M2S1」よりも価格は上がりますがSSDに高性能なNVMe対応500GBを搭載していてストレージに余裕があります。液晶サイズは14.0インチで持ち運びにも適したノートパソコンです。白色を貴重としたデザインがおしゃれですね。大きな強みがあるわけではありませんが、無難に何でもこなせる一台に仕上がっています。

GALLERIA GWL250YF(ドスパラ)

GALLERIA GWL250YF価格:109,980円
CPU:Core i5-8265U
GPU:GeForce MX250
メモリ:8GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:非搭載



グラフィックボードにGeForce MX250を搭載したモバイルゲーミングノートPCです。狭額縁(スリムベゼル)を採用しているためすっきりとした印象を与えてくれます。ゲームを思う存分に楽しむとなるとやや物足りません。WEBデザインやRAW現像などをメインに考えている方でたまにゲームもプレイしたいというユーザー向けです。もっともそれならGTX1650搭載ノートを選択する方が賢明かもしれません。

当記事のまとめ

管理人管理人

当ページでは、ノート向けのミドルクラスCPU「Core i5-8265U」の性能スペックについて紹介しました。Core i5-8250Uの後継比較的低価格なノートパソコンを探している方におすすめのCPUです。RAW現像、WEBデザイン、ビジネス、デイトレなどで幅広く対応できる器用さが最大の特徴です。

搭載ノートパソコンは6万円台から見つけることができます。このクラスのCPUなら価格を重視した選択がベストだと思います。マウスコンピューターの「m-Book B401S-M2S1」は6万円台という安さが魅力です。構成はやや控えめですが一般的な用途であれば十分でしょう。ストレージ容量を増やしたいのであればパソコン工房の「STYLE-14FH055-i5-UHEG」がおすすめです。

ドスパラの「GALLERIA GWL250YF」はGeForce MX250を搭載したノートパソコンです。このモデルについてはやや特殊です。価格がやや強気のためGTX1650搭載モデルと合わせて検討する方が良いですね。10万円以上の価格となると選択肢も豊富でもっとコスパに優れたモデルがあります。

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-8700、 i7-8550U等
gpu

GeForce GTX1050Ti等

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume