Core i3-9350K-seinou画像引用元:https://www.scan.co.uk/

管理人管理人

当記事では、「Core i3-9350Kの性能スペックと搭載BTOノートパソコン」を紹介しています。第9世代のライトクラスであるi3シリーズ最上位モデルで2019年4月に登場しました。

現在i3-9350Kを搭載したBTOパソコンはほとんど存在していません。性能的にも価格的にも中途半端な位置づけということもあり候補に上がりにくい残念なモデルとなっています。自作ユーザーなら選択肢に入るかもしれません。

(+) Core i3シリーズ最上位モデル
(+) オーバークロックに対応している
(-) Core i5-9400Fなどと比べてやや立ち位置が難しいCPU
(-) 搭載BTOパソコンはほとんどない

>>>>>Amazonで価格をチェックする

Core i3-9350Kの基本スペック

ブランドIntel
世代第9世代
開発コードCoffee Lake-R
コア/スレッド数4 / 4
クロック周波数4.00 GHz
ブーストクロック4.60 GHz
内蔵グラフィックス搭載
TDP91W
発売日2019年4月頃
価格$173

Core i3-9350Kのおすすめ用途

デュアル動画視聴動画編集動画投稿RAW現像マンガ ゲーム 
dulamonitor
dougahaisin

video_hensyu
youtubervirtual


gamedeveloper
デイトレ実況デザインDTM SkypeCAD ビジネス
kabufx
gamejikkyouwomen
webdesign

tvdenwa
cad
businessperson
一般的な用途には十分対応できる性能があります。i3シリーズとしては非常に性能が高く、前世代のi5-8400に迫るほどの性能となっています。ですので、オフィスソフトはかなり快適に動作し、ビジネスモデルであれば十分な性能と言えますね。

クロック数が高いのでゲームもある程度プレイできます。ただ、ゲームでも得手不得手がはっきりでてくるのでゲームをメインとして考えるのはおすすめできません。CAD、RAW現像などのアプリケーションを使用する用途では、クロック数の高さや処理性能の高さからi5シリーズよりも有利に働くことがあります。

Core i3-9350Kのスペック比較

 i3-9350Ki5-9400Fi3-9100Fi3-8350K
コードネームCoffee Lake-RCoffee Lake-RCoffee Lake-RCoffee Lake
世代第九世代第九世代第九世代第八世代
コア/スレッド4/46/64/44/4
ベースクロック4.0GHz2.9GHz3.6GHz4.0GHz
ターボクロック4.6GHz4.1GHz4.2GHz-
L3キャッシュ8MB9MB6MB8MB
内蔵GPUUHD630非搭載非搭載UHD630
TDP91W65W65W91W
単体価格19,900円~16,500円~9,200円~17,600円~
搭載PC価格89,640円~45,980円~--
当該CPUのスペックについて見ていきましょう。上位のCore i5-9400F、下位のCore i3-9100F、前世代のCore i3-8350Kと比較しています。Core i3-8350KからCore i3-9350Kになったことで変化した部分はターボクロックに対応したことです。それでも基本的な性能は変わっていないので、単純に第9世代仕様に変更されただけということになります。i3シリーズとして、価格に大きな変化を望みたかったですね。

次に、上位モデルとなるi5-9400Fとの比較です。コア数、スレッド数はi5-9400Fがそれぞれ2つずつ上回っています。ベースクロックはi3-9350Kが37%ほど高くなっており、ターボクロックは約12%上回っています。シングルコアで見ればi3-9350Kの方がi5-9400Fよりも優れていて、総合性能はi5-9400Fの方が優れているということになります。

このクロック数が高いことが消費電力の高さに繋がっていて、i5-9400Fよりも40%ほど高くなってしまっています。一番のネックは下位モデルであるはずのi3-9350Kのほうが上位モデルのi5-9400Fよりも価格が20%以上高いことにあります。これにより、i3-9350Kはシングルコアを活かす一点のみとなり、需要がかなり限られています。

最後に、下位モデルのi3-9100Fと比較します。L3キャッシュ、ベースクロック、ターボクロックでi3-9350Kが上回っていて、性能ではかなりの差があります。ただ、価格は半額以下で、省電力性も高いというメリットがあります。ですのでi3-9100Fはi3-9350Kよりも低価格で用途も広いことで需要も圧倒的に高くなっています。これらのことからも分かる通り上にも下にもi3-9350Kの良さを奪う製品があるのは厳しいでしょう。

Core i3-9350KってどんなCPUなの?

i5シリーズに近いi3シリーズCPU

corei3-9350KF-seinou
Core i3-9350Kはエントリーモデルでもミドルクラスとも言えない中間のモデルです。性能を求めるならi5-9400Fのほうが良いですし、コストパフォーマンスを求めるならi3-9100Fのほうが優れています。中間なのは性能だけで、価格はi5-9400Fのほうが高いので良いところはあまりありません。

時代が進むにつれてマルチコア、マルチスレッドに対応したアプリになっていきます。そのため、シングルコアの性能に優れるi3-9350KFが活かせる場面はかなり少なくなっています。i5-9400Fのほうが性能もコスパも高く、搭載モデルも多いので良いでしょう。

ターボクロック対応もi3の良さを潰す

第9世代になり、初めてi3にもターボクロック対応しました。ターボクロックは使用していないコアを停止し、一つのコアに力を注ぐことでシングルコアの性能を高める機能です。これで大きく性能を伸ばしましたが、同時に価格と消費電力もアップしてしまい、i3シリーズのコスパと省電力性が失われました。

i3-9350Kはi5に近づき過ぎました。元々i5とi3は選択肢に交わることがほとんどなく、用途や価格で選ぶというものでした。価格が近づくどころか飛び越えてしまったことで、どちらを選ぶかという選択ではなくなりました。一方で、下位モデルのi3-9100はi3の良さと特徴を持っています。

性能、価格、省電力性、CPUに求められる全ての点でi5-9400Fが上回り、i3-9350Kは選択する価値すらも失い、市場でもほとんど見かけません。

i3最上位モデルに見る将来性

i3-9350Kはおすすめできません。しかし、第9世代が目指したi3の形というのは従来のi5シリーズを超えるというところにあったのかもしれません。i3-9100Fはi3の良さを引き継ぎ、i3-9350Kはi5シリーズの代替として、より幅広く選択できるように登場したとも考えられます。

i3では性能が足りず、i5では性能が高く予算も合わない。そんなニーズに対し、性能の高いi3を登場させることで安いパソコンの受け皿を広げようとしていたのかもしれません。もしもそうであるならば、第10世代のi3は今のi5を大きく超えることになるでしょう。i3-9350Kを選択するメリット、良さはありません。ですが、次に繋ぐ試金石としては十分な可能性を残せたのではないでしょうか。

ベンチマークでわかるCore i3-9350Kの性能!

Cinebench R15

cpuCore-i3-9350K-cinebench

CPUのレンダリング性能を計測しています。CPUの基本性能と考えると良いでしょう。性能的には妥当でCore i3-8350Kよりも5%程度向上しています。特にマルチスレッド性能でのCore i5-9400Fとの差は大きいですね。

Handbrake

dougahensyuuHandbrake-i3-9350k

動画のエンコードに掛かる時間を表にまとめました。数値gあ少ない方が高性能ということになります。スペック通りの内容になっていると思います。Core i3-8350Kよりも7%高速化されています。Core i5-9400Fとの差は22%と大きめです。Core i3-9100よりもCore i5-9400Fに近い性能だということになります。

PCMark 10 Photo Editing

pcmark10PCMark 10 Photo Editing-i3-9350k

写真編集速度を計測しています。明るさ、コントラストなどを適応してその速度を計測しています。クロック周波数よりもマルチスレッド性能が重視されます。Core i3-8350Kとの性能差はそれほど多くなく3%程度です。Core i5-9400Fとの差は13%差です。

3DMark Time Spy (CPU Test)

timespycpu3DMark Time Spy-i3-9350k

定番のTime SpyにおけるCPUパフォーマンスを計測しています。Core i5-9400Fとの差は28%とやや大きいですね。Core i3-8350Kと比べて4%程度高いです。

VRMark

vrmarktopvrmark-i3-9350k

VRの適正を測ることができるベンチマークです。クロック周波数が高い方が有利です。ゲーム全般に言えることですが、VRにも当てはまるようです。Core i3-8350Kとの性能差は4%程度とそれほど高くありません。Core i5-9400Fとの性能差は28%です。

FAR CRY 5

farcry5farcry5-i3-9350k

Far Cry 5でのフレームレートを計測(FULL HD×最高設定)しています。Core i5-9400Fとの性能差は9%とそれほど大きくありません。ゲームプレイではクロック周波数の高さが重要ですね。Far Cry 5では4コア4スレッドでも通用します。

Core i3-9350Kの消費電力

Core i3-9350K-watt

高負荷時及びアイドル時の消費電力をまとめています。クロック周波数が高い分消費電力が高めですね。それでもCore i5-9400Fよりは抑えられています。


Core i3-9350K搭載のおすすめBTOパソコン

Core i3-9350K搭載モデルがないためCore i3-9350KF搭載モデルをピックアップしました。末尾にFが付いたモデルは、内蔵GPU非搭載というだけで基本的なスペックは同じです。

BR-IC4B36MG1-SH(ark)

BR-IC4B36MG1-SH価格:91,300円(税込)
CPU:Core i3-9350KF
GPU:GeForce GT 710
メモリ:DDR4 8GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載



GT 710を搭載したモデルです。クリエイター向けのモデルと考えると良いでしょう。Core i3-9350KF搭載モデルとして十分価格も抑えられていますね。メモリ8GB、SSD 512GB NVMe対応で構成も必要十分でしょう。WEBデザイン、RAW現像などで活躍すること間違いなしです。

BR-IC4B36AG1-S(ark)

BR-IC4B36AG1-S価格:111,100円(税込)
CPU:Core i3-9350KF
GPU:GeForce GT 710
メモリ:DDR4 8GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:2TB



BR-IC4B36MG1-SHのストレージを強化したモデルです。PCケースには、「Silverstone PRECISION SST-PS14B ATX」を採用しています。エアフローもしっかりと考えられているためオーバークロックを考えている方にもぴったりです。ストレージも十分で使い勝手が良いと思います。

当記事のまとめ

管理人管理人

当記事では、ライトクラスのCore i3シリーズである「Core i3-9350K」の性能スペックについて紹介しました。ターボクロックに対応したことで性能は大きく向上しました。しかし価格がi5-9400Fを超えてしまったのは致命的で、いくら機能面での成長があったとしても上位モデルには届きません。

内蔵GPU非搭載はグラフィックボードが必須になるので低価格CPUにとっては致命的です。一般的な用途、それ以上の用途でもある程度の性能を発揮できるCPUなので、今後価格が大きく下がれば評価も変わることでしょう。

BTOパソコンでの搭載モデルはそれほど多くありません。arkの「BR-IC4B36MG1-SH」、「BR-IC4B36AG1-S」の二種類です。Core i3-9350KF=Core i3-9350K-内蔵GPUと考えておけばOKです。

売れ筋BTOパソコンをチェック

btoosusume

あなたに合うBTOパソコンを探す

用途などでBTOパソコンを選ぶ

セール使用用途
sale

GWセール、年末セール等
business

ビジネス、動画編集等
即納サイズ・形状
haitasu

ドスパラの即納モデル等
webdesign

13.3インチノート、スリムタワー等

BTOパソコン特徴やショップを比較

価格ショップ
kakaku

5万円以下、5万円-10万円等
omise

ドスパラ、パソコン工房等
CPUグラフィックボード
cpu

Core i7-9700、 i7-8565U等
gpu

GTX1650, GTX1050Ti等

ベンチマークテスト環境

グラフィックボードGeForce RTX 2080 Ti
マザーボードX570
メモリ2x8 GB DDR4 3200
電源ユニット1200 Watt Platinum Certified Corsair AX1200i
ソフトウェアWindows 10 64-bit
ディスプレイDell 3007WFP
ASUS PQ321 native 4K UHD Monitor
データ参照サイト:Intel Core i3-9350KF Review (bit-tech)